自販機のサブスク「acure pass」1日1本月980円からの定額制が面白い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 JR東日本ウォータービジネスは2019年8月29日(木)、自動販売機のサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を10月から開始すると発表しました。

同社によると、自販機業界で自社アプリを活用してサブスクリプションサービスを提供するのは日本初とのこと。

利用者は、専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信されるQRコードを、JR東日本エリアの駅構内に約400台設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」にかざすと、対象の商品を1日1本受け取ることができます。

プランは月2480円の「プレミアムプラン」と、月980円の「アキュアメイドプラン」のふたつです。

「プレミアムプラン」は、自販機で取り扱う全商品が対象。

一方「アキュアメイドプラン」は、JR東日本ウォータービジネスが展開する商品ブランド「アキュアメイド」の商品限定です。

この「アキュアメイドプラン」の利用期間は1人1か月までで、その後は「プレミアムプラン」に自動移行します。

たとえば150円の飲み物を30日間買うと計4500円かかりますが、「every pass」だとそれより安く利用できます。

サービス開始にあたり、9月2日(月)から16日(月・祝)まで、サービス利用者の募集が行われます。

募集人数は両プラン合わせて500人です。

応募はスマホアプリ「acure pass」で行われます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00089165-norimono-bus_all

『日本初、駅自販機に定額制サービス 1日1本、月980円から JR東日本エリアで10月開始』のニュースに世間の声は

選択肢の一つなんだから、良いと思う人は使えばいいし、合わないと思ったら使わなければいい。

営業マンはどうしても外で飲み物買う機会が多いから、月980円で毎日1本飲めるならいいんじゃないかな。

と思ったら1ヶ月で強制的に2,480円コースになるようなので、興味が無くなった。


通勤、通学で駅を使う人でも月に駅へ行くのは20日程度。

1日1本なら月2480円は数字だけならお得かもしれない。


しかし、その自販機に自分の欲しいものがなかったときは最悪であり、それなら最初からコンビニなどへ行くかもしれない。


出勤時にペットボトル1本を買いたいのに、レジが予想以上に混んでいて買えなかったので構内の自販機で買った…なんて事があったりもするし、面白い取り組みだな。

ただ2つのプランがあると言いつつ、継続して使えば翌月強制でプレミアムプランに移行ってなんとなく微妙…?
恒常的にプランの選択が出来れば意外と定着しそうだとも思ったけど。


飲料メーカーが顧客獲得のために導入すると良いかもしれない。

2400円だと1本約80円換算だからスーパーで売ってる値段から考えると安い。


駅利用限定ではなく街中の自販機でも利用可能なら、1ヶ月丸々利用できる機会が増え、利用するハードルが低くなると思う。


サブスクリプション化したところで、結局は購入時にスマホをかざさなければいけないのなら、都度購入するのと手間自体は変わらないね。

それに帰宅時とか休みの日にスーパーで安いのを買って翌日以降に持参したほうがお得だと思う。


最初良いかもと思ったけど2480円になるならお得じゃないね。
毎日買える人ならいいけど。

休みの日とかわざわざ対象の自販機ある駅まで行かないと行かなかったり、定額とは言っても、1日1本。

んー。


お得感があまりないかなぁ。


最近はコンビニとかでも安売りしてるし。


普及しない気がする。


浸透すれば利用したい。
が種類や自販機の場所がたくさんあればよいが時間がない中でそこまで買いにいく労働力と近くの普通の100円自販機とくらべたら近くを選択するだろうな。
西日本にもた浸透していつしか当たり前ぐらいになってくれたらなぁ。
最初は携帯電話だって我慢から始まりいまや持ってない人探すほうが難しい時代。
今後に期待。

「いずれにせよ元々ここの自販機で毎日ドリンク買ってる」というものすごく限られた層にはとてもいいサービスだと思う。

ただ、「これのためにここで毎日ドリンク買おう」とはなかなかなりづらそう。


ちょっとケチな感じはしますね。

1日1本じゃなくて 月の日数分の本数(31日の月は31本)を好きな時にとすればいいのに。

1日1本欲しいとは限らないし。
いらない日もあれば、2本欲しい日もある。

取り組みとしては面白いですね

色々なことを考え付くんだね。

問題点が多い気がするけど、まずはやってみないとわからないしね。


自販機はその時に欲しいと思うから買うわけであって、義務感が生まれると購買意欲薄れる。

あと、980円ならお得ですが、2480円はないな。


実にくだらない。

人数限定で話題作り、宣伝のための施策。


何でもサブスクにすればいいってものではないし、本来のサブスクとは意味合いが異なる気もする。


こんなことよりも、新幹線・特急グリーン車なら飲み物フリーとか、もっと旅客サービスでやるべきことはあるはずだ。

車内販売の廃止などもってのほか。

1日1本っていうのが、企業側の損はしたくないし、1人で何本も買われても、、、みたいなのがミエミエで嫌だ。

せめて「1日2本」にならなかったのかな。

買う側にも色々選択肢ができるし、使わない日があってもまぁいっか、と思えるのに。

サブスクリプションはよく考えてみると割高の場合があるのよね。
意外と出費増えてません?
通勤日数で考えるとイマイチ。


普及したとして自動販売機の容量ならすぐ売り切れになりそうだ
補給する側の負担も考えて欲しいとは思う

対応する自販機がJ東エリア全駅に拡大する
計画なら良いですね。


山手線と一部の在来線主要駅だけだと、ちと不便。


今は様子見かな。


高めの物を毎日買われたら利益が出なくなるなんてコメントあるけど,飲料の原価なんてたかが知れてる。
確実に売り上げが上がるので,良いアイデアだと思います。

駅を30日使う人は少ないのでは?出勤日なら約20日。
そして夏はいいけど、冬はそんなに飲みたいか、など。
ホットはボトルタイプも種類も少ないし、やっぱり欲しい時に買うのがいいかなー。

1日に1本限定じゃなく、月に30本までにしたほうが良い。
1日2本飲む日もある。
誰かに奢りたい日もある。

ケチケチしてる定額サービスだと広まらない。


通勤客に…という考え方なのかもしれないが、20日で160円の飲料を購入してもらって3200円が2480円になるというレベル。

だったら、コンビニ(NewDays)に立ち寄るよねぇ、という話になってしまうような感じも。

主要ペットボトル飲料が129円になってるわけだし。

プレミアムプランで200円級の品を30日持って行かれたら、正直言って粗利はほとんど無くなってしまうのではないだろうか。


グループ内でカニバリゼーションするのは非常に良くないと思う。


定額サービスで満足感を得られるのは時間が無い人やめんどくさがりの人。

損得でだけで考えると誰も幸せになれないサービスなのに、メディアは損得を煽るだけ。


アンケートをとったら、
「アキュメイドプランがずっとだったら利用する」
が1番割合が高そう。


ただ、飲料販売も商売。


理想的な落とし所が必要ですね。


定額制って、利用する側からしたら、ほとんどが損が出る。

欲しい時に欲しいものだけを買う方が、賢い。


これは一定層に向けた人へ絶大な効果を誇る。
そもそも自販機で買う人は10円100円の高い安いは気にしない部類に入る。
手軽さと日常へのリンクという観点から見るとこのサービスは成功をおさめるだろう。
また、自販機自体が日本独特のサービスになるので、グローバル的にも最先端を切ったといっても過言ではない。

暑いこの時期は毎朝駅でポカリ買ってるけど
涼しくなればその必要はなくなるしなあ
せめて定期のように毎月更新手続きがあるといいな
カードによる自動更新だと、普段買わない時期も契約しちゃうわ

30日で割ると一本80円ほどだが、これはスーパーで買うのとあまり変わらない金額。
私はそれなら別のところで好きな飲み物を買うかな。

飲み物はスーパーもしくは安売り店でケース買いだ。

コンビニ、自販機は高いから滅多に購入しない。


値段を気にしない層にはウケるかもしれないが、利用できるのは1本/1日だ、普通に考えてお得感は薄いよな。


このプランをフルで使ってお得に感じるのって、駅員さんくらいじゃないのかね?
使える自販機も少ないし、使う気にならないな。


Coke ONで同じプランが導入されるなら使うことも考えるけど。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!