アカニシの珍しい変異体を発見した熊本の小学4年生!行動力がスゴい!

時事ニュース

小学4年生の少女が、巻き貝「アカニシ」の珍しい変異体を見つけたというニュースが話題となっています。

 

このことを伝えるニュースがこちら。

 

このニュースに対する世間の反応も。

 

熊本市北区の城北小4年の堀田亜弥さんが、同市西区河内町の海岸で、巻き貝「アカニシ」の殻全体が朱色になった珍しい変異体を見つけた。

 

通常、殻の外側は茶褐色で、内側だけ赤みを帯びることがある。日本貝類学会員の松本達也さん(65)=同市=は「初めて見た。遺伝子の突然変異で色素が欠けて白化した『アルビノ』より希少性がある」とみている。

 

アカニシはアッキガイ(悪鬼貝)科で、日本や中国の浅い海でアサリなどを捕食。殻高15センチ前後に成長し、食用としても流通する。

 

堀田さんは1日、同町の河内漁港北側の海岸で母親や伯父と約100個を採集し、うち1個が変異体(殻高約6センチ)だった。色が気になって食べずに、同市の熊本博物館に持ち込み、松本さんの鑑定を受けたという。

 

「珍しさが分かってうれしい。岩の間に隠れている貝を一生懸命探してよかった」と堀田さん。変異体は同博物館の標本になる予定だ。(猿渡将樹)

引用:熊本日日新聞

 

スポンサーリンク

『Yahoo!ニュース 珍しい巻き貝、見つけた!! 城北小の女子児童 殻全体が朱色「アカニシ」変異体 』のニュースに世間の声は

>色が気になって食べずに、同市の熊本博物館に持ち込み、見つけるのも凄いけどこの行動力が凄い。

俺だったらそのまま食うか捨てる。


よく気づいたね。
なんでっていう疑問を持つことも素晴らしいし、博物館に尋ねることを多分家族の人も協力しただろうしそれが、子供を成長させることにつながると思う。

そんな面倒なことしなくていいじゃんっていう大人がいたらこの大発見はなかったかもしれない。


すごい観察力だなぁ
海の変化が大きいので
貝・魚の生き方も変わるはず
何故って新しい気持ちがないと
見つけられない。


よくみつけたあっぱれ

フタバスズキリュウの化石発見も、中高の生徒だったような、、。

自然を観察して気がつく、素晴らしいです。


50年以上貝殻の収集をしていますが、アカニシは食用貝なので珍しくないので収集対象にはなっていません。
しかしよく観察し特徴を把握していたんですね。
おめでとうございます!

すごいね。
日頃から貝類を食べ慣れているのかなぁ?アサリなんかでも色々な模様があってみんな違うけど、、、。
だいたい普通になる。
時々ちょっとステキなのに出会うけど翌日になると大した事なくなってる。

なかなか見られないのを見つけるってすごいね。


こういうのを聞くと、大人がいかに頭が凝り固まって、視野が狭まっているかを痛感する。

純粋な気持ちと好奇心を持つ子供の方が、日常の変化には気が付きやすいという代表例。


子供の頃は良く貝採りにいったり蟹探したり、魚捕まえたりウニ拾ったりしてたんだけど、何処からどこまでが密漁なのかわからなくて大人になってから海に近付いてない。

過去に人の目に触れた変異個体は、何個かあったはずだと思う。
それらは味噌汁の具になったり、漁師汁の中で歴史の汁の中に消えていったのだろう。

大いなる発見は、皆が見もしない道端に転がっている事もある。

確か世界一のダイヤモンド原石も道端に転がっていたはずである。

【発見し、不思議に思い、調べる】ここまでの道のりが何とも遠いものである。

この小学生だから見つかった奇跡だと思う。
賞賛に値する偉業である。

世の中にスレてない子供の感性はすごい
コロナに絡めて恐縮ですが、子供の素直な意見や感想を取り入れて対策してた方が、今頃より良い状況になってたと思ってしまうのは、私だけでしょうか

バナナマンと芦田愛菜ちゃんの番組で博士ちゃんってのがあるけど、子供が自分の好きな事を一生懸命調べたり集めたりしていてすごく生き生きして立派に発表している。
取材の様子を見ていると、くだらないとかお金がかかるとかやめろという意見をいう親は全くおらず一緒になってやっていて、あぁ親も子も偉いなと思った。

きっとこの家族もそういった家族なんだろうね。


すごく綺麗な朱色
砂浜に落ちてるちっちゃい貝殻を想像してたけど、6cmって結構大きめなんですね
食用と聞いて納得です
博物館の方と、とても珍しい貝だよと言われて喜ぶ亜弥さんのやりとりを想像すると心がほっこり
博物館に展示されている物って、どうしても探検家が集めてるイメージ(笑)だけど、こういう風にして展示されていくんですね

違いに気付き、疑問は調べて解決する、
子供の探究心を伸ばしてあげれる環境…全てが素晴らしいですね。


子供のなぜ?には、親として、いつも向き合ってあげたいと思うけど、なかなか全てに対応してあげれないのが事実。


些細な疑問にも答えてあげれる為に、私も日々学びが必要だなぁと思いました。


清少納言か何かの著作に子供が目ざとくホコリを見つけてそれがかわいい云々みたいなのがあったような気がするが、子供の発見力や好奇心というのには、大人は本当にかなわないなあ。

テレビ番組の博士ちゃん見てると思うのが、家庭の環境次第でこどもの成長はこんなにも素晴らしいんだなと思います。
この小学生の子もきっと、ご両親の育て方や、普段から好きなことに没頭できる環境があるんだろうなって思います。
我が家はゲーム大好きな環境に…。
自分の両親はたくさん経験をさせてくれたのになと反省です。

物の変化は、大なり小なり常に起こっている。
それを発見するのは優れた観察力によるものでしょう。
素晴らしい発見だと思います。

コロナも感染すれば大なり小なり新たな変異が起こる。


人間でも全く同じ人は生まれてこない。


類い稀な観察・発見が世界を変えることだってある。


素晴らしい、そしてすごい発見でした。


もしかしたら、多くの人がこんな感じで偶然にも
希少種に出会ってるかも知れない。


見ることもせず、ほとんどの人がそのチャンスを
スルーしているかも知れないな。


 

error: Content is protected !!