日大の反則問題で選手会見「もうアメフトやらない」指導者の責任を問う声が多数

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日本大と関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で、悪質な反則行為があったことが話題になっていますが、タックルした選手本人が記者会見を開き、このような反則行為をしてしまった経緯を語ったというニュースが入ってきました。

そのニュースがこちら。

アメリカンフットボールの悪質反則問題で、関学大QBを負傷させた日大DL宮川泰介選手(20)が22日、都内で会見を開き、事情説明。

悪質プレーの背景に、19日付で辞任届が受理された内田正人前監督(62)とコーチの指示があったことを明らかにした。

会見冒頭、代理人は「顔を出さない謝罪はないと会見を決意した」と説明。「反則行為の指示があったことを明らかにするのが会見の趣旨」だとした。

宮川選手は、試合前の3日前からの経緯を説明。今月3日の実戦練習でのプレーが悪かったと、監督、コーチからメンバーから外されたといい、同4日には、内田前監督から「日本代表に行っちゃダメ」と大学世界選手権大会の辞退を指示されたとし、監督に理由を聞くことができなかったとした。

同5日、コーチを通じて内田正人前監督から「相手のクオーターバックを1プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と指示を受けたと説明。

「ここでやらなければ後がない」と思い、悪質なタックルをする意思を伝えたことに対し、試合直前にも内田前監督から「『やらなきゃ意味ないよ』と話した」と語り、コーチからも「できませんでしたじゃすまされない」と言われたと説明した。

今回のプレーに至ってしまったことについて、宮川選手は「監督、コーチの指示があったとはいえ僕がやったことは変わらない。

とても反省しています。

プレーに及ぶ前に自分で正常な判断をするべきだった」と反省の弁。

内田前監督との関係について「日本代表に行くなと言われても『なぜですか?』と理由を聞ける関係ではなかった」と話した。

日本中に物議を醸した反則プレー。

内田監督の指示の有無が最大の焦点になっていた。

日大広報部は内田監督が学内の調査に「違反しろとは言っていない」と述べたと発表。

また、15日付の関学大への回答書には「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」としていた。

内田監督は19日に関学大を訪れ謝罪したが、指示については明言を避けていた。

この日、宮川選手は「指示はしていない」とする内田監督に真っ向から反論。首脳陣の指示に基づいて反則したことを主張した。

問題が起きたのは、6日に行った両校の51回目の定期戦。パスを投げ終えて無防備な状態だった関学大のQBに対し、宮川選手が背後から走り込んでタックル。関学大の選手は全治3週間のけがを負った。

宮川選手はさらに反則行為を続け、資格没収(退場)になっていた。

日大選手 “反則は監督、コーチの指示”主張 内田前監督に真っ向反論(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
アメリカンフットボールの悪質反則問題で、関学大QBを負傷させた日大DL宮川泰介選 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

日大選手 “反則は監督、コーチの指示”主張 内田前監督に真っ向反論


監督だけでなくコーチ陣も加わった組織的パワハラ。
宮川選手はよく話したと思う。
相手選手とこの青年の人生を狂わせた監督はどう責任を取るのか?
一歩前進ですね
この会見には意味がある
宮川くん、ご苦労さま
20歳の成人といってもまだ学生で絶対的な立場の監督・コーチに逆らえるはずがないというのは世間一般に普通に想像できる内容でこの会見がほぼ真実なんだろうなと思う。大人が汚い。指導者という立場の人間が汚い。もうこれはある意味犯罪に近いと思う。
大学生とはいえ、必ずしも正しい判断ができるとは限らない。
監督やコーチはこの学生をなんだと思ってたのか。
監督もコーチも逮捕もんやな
監督も、それを庇った日大もメンツが丸つぶれ。
これはひどい。
ここまで追い詰めていたのか。
前途ある学生にこんな記者会見させて、内田さんどうおもっているの?見ているか?この会見。あなたたちよりよっぽど立派だ。やってしまった行為は取り返しがつかないが、彼にもアメフトをやらせてほしい。
この勇気を超えられる大人はどれだけいるの?
応援してあげたいよ。
宮川くんの反省と覚悟は伝わった。
20歳で会見に臨む覚悟は並大抵の事ではない。
確かに指示通りやってしまった判断はダメだったが、会見見てたら切なくなった…
会見を見ていて泣けてしまいました。
したことは許されないこと。
だけど、この子がどれほど追い詰められていたのか。
指示通りに動いた後、どれだけ悩み苦しんだのか。
きっと好きで続けていたであろうアメフトが、もう好きではなくなったと言った彼。
この先することはないとまで言った彼。
20歳の学生をここまで追い込んだ責任を監督やコーチ、周りの大人はどう取るつもりなのか。
ちゃんと話してくれたね!
辛い経験やけど、社会人になってこれが役に立つことを願う
そしてケガさせた選手の一刻も早い回復を願う
この選手をこのまま消え去らせてはいけないぞ。やった行為、相手に怪我をさせた事実は消えないがきっと日本中のみんなが理解してくれると思う。フットボールが嫌になったと言ってるがぜひ続けて本当に好きだったこの競技を全うしていってください。
監督とは真逆の態度で、素直な気持ちと態度。
言葉一つ一つに重みがあり涙が出そうになった。
監督、コーチの事何も反論、責めもせず自分の事だけを反省し思い悩んでいた事本当に心が痛みます。未来ある学生、日本代表にもなった子なのにアメフトを嫌になり辞める形になり本当に残念。是非とも続けてほしい。
監督、コーチどれだけ責任が重いか!
日本大学の発表では、一方的に、指示取り違えによる選手の一方的な暴走、のように言われた訳で、それを否定するためには学生の立場で記者会見に臨むのはやむを得ない判断だったのだと思う。このような状況にしてしまった関係者、特に日本大学当局者はどう責任を取るのだろうか?
関西学院ファイターズとの定期戦がなくなってもいいから、相手QBを潰せば、
日大フェニックスにとって得だという井上コーチの言葉に唖然。
もうこれはスポーツの世界ではあり得ないわな
日大フェニックス首脳陣がここまで腐っていたとは、スポーツマンとしてフェアプレー精神を教えてた故篠竹さんが知ったらどれだけ嘆くことか。
長年、日大フェニックスを応援してきてたけど、残念で仕方ない。
宮川氏のやったことは許されないが、会見では誠心誠意答えていると思う。
次は監督、コーチの番。
涙が出る。誠実に話したと思う。
きっと彼が愛したアメフト、環境の運が悪くてこんなことになってしまって、気の毒。
これから良いことあると信じて、良い大人との出会いがあることを願いたい。
勇気を持って話していると思う。
成人とはいえ、学生の身でこんな会見を開かざるを得ない立場に追い込まれたことを気の毒に思う。
やった事は最低の事だったが、本当の事をすべて話し日大アメフト部の膿を全部出してほしい。
それにしてもこの子を守る気がさらさらないチームも大学も最低だな。

楽しかったアメフトが楽しくなくなっていたというのは切ない…

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!