あおり運転の被告に懲役23年を求刑!市民感情では軽い?妥当?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 神奈川県大井町の東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が10日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、検察側は懲役23年を求刑した。

同被告は起訴内容を大筋で認める一方、弁護側は同罪と予備的訴因の監禁致死傷罪はいずれも成立しないと主張している。
判決は14日。

検察側は冒頭陳述で、被告が高速道路上に車を止めたことは、危険運転致死傷罪の「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たり、死傷事故との因果関係もあるなどと主張。

暴行により夫婦の車の再発進を困難にしたことから、監禁致死傷罪も成立するとした。

弁護側は、危険運転致死傷罪は走行中の行為を前提としていると主張。
暴行で足止めした時間が約2分であることなどから、監禁に当たらないとして、両罪の無罪を主張している。

起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。

時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000028-jij-soci

『あおり運転の男に懲役23年求刑=東名夫婦死亡事故―横浜地裁』のニュースに世間の声は

あくまでも法律の解釈でいえば、どちらも適用されない気がします。
ただ、じゃあ暴行罪が妥当かと言われればそれも違う。
非常に難しいと思いますが、
個人的には極刑にしてほしい。

石橋は反省しないのではないかと思う。
一方で被害者が路駐を注意したのが本当に、邪魔だボケ!と言ったのならそれは注意じゃなくて挑発と取られても仕方ない。正義感かわからないけど、子供家族でいる時にするべき行動ではなかったと思う。常識ない行動するような輩なんだから、家族でいるなら関わるべきではなかった。裁判前の事件の印象より避けられた事のような気がして残念。
当然だからといって石橋がした事は、正当化されるものでもないし、死刑で十分だと思うけど。

23年でも 短いくらいだがしょうがない。気持ち的に死刑でいいくらいですが。
14日どのような判決が出るか…お願いだから、少しでも長くなりますように。
じゃないと、両親と子供達が報われない。

何とかして、こいつを重罪にしようとする皆んなの気持ちが、少しは実を結んだかな。
それでも軽いと思うけど…

「交通事故」として考えれば「重い求刑」になったが、これは自動車を使った「殺人事件」で社会的注目度も高い。類似の犯罪を防ぐためにも、裁判官には厳罰で判決に臨んで欲しい。

個人的には最低でも懲役30年は欲しかったが、しかし司法の限界。
検察はがんばってくれたと思う。
二度と社会に出てきてほしくないが、刑務所で反省して欲しい。

「停まっているから危険運転致死ではない」
こんな屁理屈がまかり通る司法であってほしくない。
残された子供のことを思うと、胸が痛い。
遺族の気持ち考えたら言葉もでない。
どんな判決が出ても遺族が納得できる判決はないと思うけど責め少しでも遺族の気持ちを考えた判決が出ることを願う。

心情的にはもっと重くて当然だと思うが・・・

車・交通が絡んだ未必の故意の殺人ような感じがする。
厳密にいえば違うようにも思うが、だからこそこういう事例をもとにこういう加害者を罰するものが必要になるのではとも思う。
量刑としては、このくらいなのかもしれないが、感情ではもっとかな…

道交法で懲役23年は道交法裁判史上最長クラス。これだけ悪質な煽り運転からの死者が出ているので、判決が重いのは当たり前だが、個人的には死刑で妥当。この男は反省もしていないし、免許証再交付も絶対にしないでもらいたい。

止まっている車を動かす以上、安全なところに止めるまでが運転行為。
高速道路の路肩ならともかく、車が故障して動かなくなったわけでもないのに、追い越し車線に停車させるなど、安全に運転を終えていない危険運転行為である。
運転という行為を動かしている間だけでなく、合理的な環境にきちんと停止、駐車させるところまでと判例を出してほしい。
高速道路の追い越し車線にとめるなど、危険運転の極みである。

「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」
まぁスピードを出す以外にも、高速道路上で停止する=速度0で危険を生じさせる速度ではあるな。法律を作る時にどこまで考慮していたか分からないけど、法律は文字面だけでなく本質的なところを押さえて 「書いていないことはいい」じゃなくて「書いていないけどダメな方に含まれる」という解釈ができればいいのに。まぁ書いていなかったら最大量刑にはできないだろうけど。
判決で前例ができないと適用が難しいのかもしれないが、随時法律を見直して実情に合わせて運用しやすくしていけばいいのに。
危険運転罪を適用されて困るのは誰?危険運転罪を望むのは誰?

求刑通りでも軽いとは思うが、無罪と言う説もあった中ではとにかく重罪にしないといけない事案だと思うので・・・

個人的な気持ちとして求刑が23年は少ない。
判決で最高刑がそれを上回らないだろうから、出所した時ご遺族の少女が危険にさらされる可能性があり終身刑が最低限の処罰にしておくべきでしょう。

時速100キロの世界で2分の足止めは十分監禁にあたると思われる。
なぜ弁護側は情状酌量を望むことなく真向から戦おうとするのか。
事実として彼が道路上で停車しなければ救われている可能性の高い命である。
法の世界では正論かもしれないが、どう考えても無罪ではないのに無罪を主張し続け、それを弁護するのか。
人として事件の筋道を正しく理解させ、納得させることが弁護人の仕事でもあると感じるのだが…

正直終身刑で良いとも思うけど現行の法律の中て検察はかなり頑張ったよ
それだけこの事件が社会に与えた影響は大きいし、世論がこの男に対して極刑を望んでる現れだと思う

亡くなったご両親は、立派なお嬢さんを残したものだ。
証言を聞く度にそう思う。

懲役23年でも軽いくらいだと思うが、検察としては頑張ったと思う。実際の判決が気になりますが、ほぼ求刑通りであって欲しい。執行猶予なんていらない(実際は、そうもいかないかもしれないが...)。

国民の多くが石橋を死刑にしたいと思っているし、個人的にも死刑でいいと思うが、現実問題として石橋が直接手にかけたわけではないから死刑は難しい気がする。石橋を擁護してるわけではなく、法律に則ってできる範囲で最も重い刑にしてほしい。二度と外に出してはならない。

国民の多くが石橋を死刑にしたいと思っているし、個人的にも死刑でいいと思うが、現実問題として石橋が直接手にかけたわけではないから死刑は難しい気がする。石橋を擁護してるわけではなく、法律に則ってできる範囲で最も重い刑にしてほしい。二度と外に出してはならない。

危険運転致死傷罪の定義を変えるべき。
走行中の行為が前提という解釈ならば、少なくともこの事案は高速道路上で起きた事件であり、走行途中である事に違いは無い筈。またたとえ一般道であったとしても、危険運転である以上同様の解釈をしなければこの法律そのものの意味が問われるのではないか?
今回の事件のみならず、残された遺族の事を考えると被害者よりも加害者の人権ばかり優先する今の法曹界そのものが疑問ではあるが。

出来れば無期懲役を求刑して欲しかったですが・・・。ただ、判決は恐らく大幅に減刑される可能性が大きいです。下手をすると17年とか18年くらいに。それだけは許してはなりませんね。

検察は今できる法律の中で最大限の求刑をしてくれたように思います。本当はもっと重刑を希望しますが。あとは裁判官がどう判断してくれるかですね。加害者は反省もしてないし更生の余地はないと思います。被害者家族の心情、世間に与えた影響も踏まえてどうか検察側の求刑通りにしてほしいです。

人ではなく、法が裁くという原則はわかる。
が、「原則とは特別な場合は別として」である。
日本国民が、この事件を受けてドライブレコーダーを購入したのは危険を感じた。警察なども国民からの対応に追われた。
特別な場合に相当すると思う。

更生させること自体は否定しませんが、ケース・バイ・ケースかと。
26歳のこの被告の場合、26年間積み重ねられた被告の鬼畜性を、わずか23年の懲役で更生させるなんて、不可能だと思いますね。
過去に何度も同じようなことを繰り返していて、挙句の果てに、今回の重大事故を起こし、更にこの死亡事故の後にも同じ行為を。
そういう資質の持ち主であることは、誰の目から見ても明白でしょ。
更生の余地なんて全く無いし、極刑に処すのが妥当だと思います。
また、このような行為をする人間には、運転免許を与えてはいけない。
1度でも起こしたら、免許は永久にはく奪、また車の購入、所持、借りることも、全て永久に出来ないよう、厳罰に処すべきです。
「反省」という名の「演技」など、見たくもない。

この男のがずっと煽り追っかけたりしなきゃ、まだまだ未来ある 2人の人が もう亡くなっているのに、石橋が極刑でないのは やはり ご遺族も納得できる事ではないと思う。
娘さんは ”あのまま家族4人で死んでしまえば どんなに良かったか と何度思ったか‥重い刑を望みます”と述べたと‥。 これからも沢山の家族の思い出が作れるはずだった娘さんは達は ずっとこんな気持ちを抱えて生きていくんだ と思うと、本当に せめて娘さん達の願いが叶う事だけを 心から願う。。
これ以上 ご両親を奪われた辛い事以外で 姉妹が苦しむ事は させないであげて欲しい‥。

厳密な法解釈と言うよりも社会的影響が大き過ぎる。実際に追突したトラックも高速上に止まっていなかったら、起こさなくてもよかった事故で運転手も被害者と言える。
この人の行動がなん人もの人生に悪影響を与えたことを重大に考えて欲しいね。

できれば求刑通りの判決が出て欲しいが、検察としては20年以上出れば成功でしょう。
20年切るとなると検察は控訴を考えた方がいいと思う。
逆に求刑近く出れば、石橋被告が控訴するだろうから、正念場は裁判官のみの審理となる第二審からだと思う。

私も極刑を望みますが検察が主張する危険運転と監禁はかなり難しいといえる。
たとえ今回の裁判で「新解釈」という形で重い判決が出ても高裁、最高裁と裁判が続けば覆る可能性は十二分にある。

検察側の求刑は 市民感情を考えたら妥当だと思う これで判決は懲役20年というものが出せる 個人的にはこんな男は死刑でも良いのだが現行の道路交通法では 精一杯だと思う 最近のあおり運転の多さには驚かされるものがあるが これで多少は歯止めがかかると思う。


資本家の判断は難しいのは解る
ただ、殺人と同じ事をした人にはかわりないと思う
とても幼稚な人だと思うし
極刑で妥当だと思うが
20年経って出てきた時に社会的抹殺はされるし
ろくな人生は送れない。
その方がキツイ。
長く入っててもらった方が良い

今の司法だとここまでか?
個人的には死刑でいい思うがこんな奴を何十年も生かしておく価値を考えると税金の無駄

今回は法律の条文的に厳しいかもなあ
今後 類似のケースでの逃げ道を防ぐような法改正を一刻も早くしてほしい

娘さんたちのそのときの心境を考えたら本当に涙がでる。
親が殺されるかもしれないという恐怖、そして事故にあい、両親が消えたと認識していた。
さらに死亡したと告げられ将来真っ暗になっただろう。
幸せだったはずの家族に自分勝手な理由で逆ギレして、事故を引き起こして死なせた罪は重い。
判決が待ち遠しい。
危険運転で裁かれることを望みます。
停車しちゃいけないところに停車するのは危険運転に含まれる!
でないとおかしいよ!

本来なら感情的には死刑で妥当と思う。しかし検察も頑張った。23年が法律的には限界なんだろう。石橋被告だけには恩赦や特赦は決して与えてはならない。
まぁ、どうせ模範囚にはなれないだろうけど。
危険運転の解釈を柔軟に考えるべき。弁護側は詭弁に過ぎない。その前に既に危険運転を繰り返していたのだから。

重罪で良いがきっとこの人は反省はしない。
法律云々は知らないが個人的には、東名の追い越し車線で車を停める時点で大事故が起きる事が簡単に想像できるから殺人罪で良いと思う。

検察は頑張ったと思うから、あとはどのような判決になるかですね。
無期にならない限りいずれは社会復帰する。石橋からすれば長く感じるだろうが、遺族や市民からしたら23年でも短く感じると思う。

求刑としては最大限に近いと思います。ただ、実際判決が出ても間違いなく控訴するだろうし、最高裁までいくのでは?その時にどうなっているのか?注目してみたい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!