あおり運転の男に18年の懲役判決!短い?妥当?「23年でも短い」の声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 神奈川県大井町で昨年6月に起きた東名高速道路の「あおり運転」事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた無職石橋和歩被告(26)(福岡県中間(なかま)市)の裁判員裁判で、横浜地裁は14日、懲役18年(求刑・懲役23年)の判決を言い渡した。

深沢茂之裁判長は、争点となった危険運転致死傷罪の成立を認めた。

事故は昨年6月5日夜に東名高速下り線で発生。

石橋被告が乗用車でワゴン車の前に割り込んで減速する「あおり運転」を4回繰り返し、追い越し車線で停車させた。

その2分後、後続の大型トラックがワゴン車に追突し、萩山嘉久さん(当時45歳)(静岡市清水区)と妻の友香さん(当時39歳)が死亡、長女と次女がけがを負った。

危険運転致死傷罪は「通行中の車に著しく接近し、かつ重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」を要件の一つとしている。

弁護側は「停車後の事故には適用できない」として、同罪について無罪を主張していた。

深沢裁判長は判決理由で、「4回にわたって妨害した行為は危険運転にあたる。

死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と指摘。

停車前の「あおり運転」と追突事故の因果関係を認め、検察側の主張を採用した。

一方で、「高速道では時速ゼロも危険な速度に含まれ、停車も危険運転にあたる」との主張については、「該当しない」と退けた。

その上で、懲役18年とした量刑理由を「複数人が死傷した事案でも、重い部類に入る」と説明。

嘉久さんに駐車方法を非難され、腹を立てたことが動機だったとして、「常軌を逸している。

身勝手で自己中心的、短絡的な犯行で、くむべき余地はない」と述べた。

検察側は危険運転致死傷罪が適用されなかった場合に備えて、監禁致死傷罪を予備的訴因として追加し、同罪などでも懲役23年を求刑。

弁護側は同罪の適用も争っていた。

石橋被告は、嘉久さんへの暴行罪、山口県での交通トラブルを巡る強要未遂罪2件、器物損壊罪1件にも問われ、併せて懲役18年を言い渡された。

東名あおり、懲役18年…「危険運転」認める(読売新聞) - Yahoo!ニュース
神奈川県大井町で昨年6月に起きた東名高速道路の「あおり運転」事故で、自動車運転死 - Yahoo!ニュース(読売新聞)

『東名あおり、懲役18年…「危険運転」認める』のニュースに世間の声は

司法も頑張ったとは思うが量刑が全然ダメ。
短すぎる…高裁に行くと思うが高裁では求刑通り23年にしてほしい。

裁判官は、これまでの通例ということで、初犯だから求刑の8掛けの判決を出したのだろうが、被告はこれまで逮捕されてないが、何度もあおり運転をしており、いわば常習犯である。このようの者に、過去の通例を適用する必要はない。単純な解釈でなく、総合的な視点からの判決を出してほしい。

この結果。国民の考えとはやはり違いがある。果たして国会議員、内閣はこの違いについて、どう反応するだろうか。
個人的な意見としては、18年は軽い。遺族の苦しみは生涯消えることのないもの。行きすぎた厳罰化はダメだと思うが、改善しなければならないことだと思う。
遺族の方のことを考えたらつらい。

人を2人も殺して18年は短すぎると思う。あおり運転を撲滅させないと両親を失った子供達が報われません。良い判例になるかと期待しましたが日本の司法はやっぱり時代に合ってないようですね…

18年はかなり甘いと思います。
司法と一般人の受け取り方に、かなり温度差があるように感じます。

今までの中では危険運転致死まで適用できてるので頑張ったと思うが本人が若いので出てきても同じ事をするし、反省できるには刑期が短い。せめて23年頑張って欲しかった。

日本は甘過ぎます
人殺しなのですから10数年程度では軽いと思います
他国を見習うべきです
この判決に誰が喜びますかね?
残念ながら喜ぶのは被告人だけです、18年と軽くなったのですから
いろいろとそうですが殺人を犯した者への罪を重く改正すべき時ではないでしょうか

危険運転を適用した司法の判断は評価しますが、それでも、18年は軽い。

懲役18年は少ないぐらいだと思うが、高裁で減刑される事が多いので心配だな。市民感情を司法にという当初の目的に則って高裁でも正しい判断(23年以上でもよし)をしてもらいたい。

昨今では煽り運転が大々的に報じられていますが、煽り運転が減少している感じは一切受けないというのが正直なところです。
おそらく、煽り運転をする輩は「自分のは煽り運転ではない」とか「相手の車がトラブルのきっかけを作ったので、自分はそれに対して抗議しただけ」などと思っているのではないでしょうか?
これでは自分が罰せられるという危機感を持つはずも無く、煽り運転は一向に減らないでしょう。
とにかく当分の間は煽り運転と疑わしき車を片っ端から検挙しまくって、全ドライバーが「自分の運転は煽り運転になっていないか?」と自己啓発や注意を払わねばならない風潮にした方が良いかと思います。

人の命てそんなに軽くないと思うんだけどな。ましてまだ親が必要な時期の子供が居るのに。残されたお子様達がこの事件に深い傷を負いこの先も生きて行かなければないと思うと、胸が苦しくなる。

あまりにも軽すぎると言わざるを得ない。
40半ばで外に出しても、同じ事を繰り返すに決まっている。
少なくとも無期懲役以上が妥当です。
司法は、もうすこし被害者の気持ちに寄り添い、また、アオリ運転の抑止効果も考えて刑量を考えて頂きたかった。

今の司法に対して、「危険運転」が今回認められた事は大きいと思う。以前なら絶対にそうなってないと思う。
言い方は悪いとは思うが沢山の事件が被害者の思いがこの結果を生んだことは間違いないと思います。
量刑としてはとても納得できたものではないが、これを機に、大きく変わるきっかけが出来たと思う。
国がそれをしっかりサポートし、形に変えていくことが後は必要だと思います。

あまりにも刑期が短すぎる。30年でも足りないぐらい。
これでは被害者が殺され損に近い状態です。
もし二審があるなら、検察庁は殺人罪適用でやってほしい。

危険運転が認められたことは評価したい。
ただやはり個人的には死刑にしてほしい。

現行の法律制度の中で検察は頑張ったことは評価したい。量刑がそもそも不当なのは一般市民としては当然の感覚だが、非難先を間違えてはいけない。
罰が軽いのは法律の量刑が悪いのであり、ここまで悪質でないと適用できない危険運転防止法がザル法だということ。つまり無能で現実の感覚とかけ離れている政治家が一番の問題なのだ。

危険運転が認められたのは良かったけど、18年は短過ぎる。
やった行為を考えれば殺人罪が適用されてもいいくらい。
これまでも何度も何度も同じような行為を繰り返していて悪質極まりないし、ご夫婦2人の命を奪い子供達にも怪我をさせた罪はもっともっと重い。

あおり運転は、飲酒運転並みに刑罰を重くするべき。同乗者も罰金にしたら少しは抑止力にもなるでしょ。20歳以上の同乗者は罰金。20歳未満の同乗者ならその人数分を割り増しで当の運転者が負担とかね。本当に一歩間違えば大事故にだってなりかねないのだから。こんなつまらない事で人が無くなってしまうなんて、もっと重視するべき問題だと思う。
今回、致死罪に当たるかどうかなんてあったようだけど、間違いなくあおりがきっかけで停車し事故につながる事態になったのだから、そんなのを問う必要性なんてないと思ったけどね。止まってたのだから致死罪にはならないなんてそういう問題ではないでしょ。それでも18年の刑が着いたのは良かったと思う。もしかしたら5,6年で終わってしまうのかと思っていたから。18年でも軽いという意見が多いけど、それが世論ならやはりそうなんだと思う。むしろ重くなるならそれは必然だと思う。

>検察側は危険運転致死傷罪が適用されなかった場合
こういう場合、どの罪状が適用されるべきなのかを争えるような司法制度と、被害者や親族等を守る制度を導入して欲しい。検察側の主張が通らないと無罪では、誰もが納得いかないと思うし、被害者等が報復を恐れて生きていかなきゃならないのは、おかしいと思う。

18年と減刑されているが、仮釈放により実質それ以下となることだろう。
逮捕は初犯ではあるが、事故後もあちこちで煽り運転をしていた事を考えると常習性が高く、モラルの低さが伺えるから減刑するべきでは無かったと思う
ただ、裁判員制度での判決でなかったら、もっと軽いか危険運転致死は適用されなかった可能性がある

これは立法の作った穴で、司法はむしろ滅茶苦茶頑張った方なんだよなぁ。
これまでの判例や学説は弁護士の言う通り20~30キロ以上を「運転中」の基準に設定してる。
それを高速道路上という特殊性を引き出して時速ゼロを運転中に認定した、本当に細い線上を歩くような判決。
ただし、法律の条文に穴が有るのは確実なので、弁護側も引けない。検察側もこれを無罪になんて出来ないから、最高裁までは確実に行くだろう。
ただし、最高裁はこれを判例にした場合、一般道で同じ事が起きた場合に適用出来なくなる可能性まで考慮することになる。そうなると非常に厳しい結果になる。願わくは、最高裁に行く前に立法が法改正の動きを見せてくれること。そうすれば最高裁も判断しやすくなる。
一番良いのは被告が最高裁まで行く前に判決を受け入れる事だが、こいつの場合やらんだろうな。

危険運転致死傷罪の要件には速度が規定されています。今回の裁判ではこの速度がどうだったかが争点になったようですが、果たして速度の問題なのかと考えてしまいます。
周囲の車を重大な事故に巻き込む危険運転、後続車から追突の恐れのある危険があるにもかかわらず道路上で停車する行為など。速度の有無では計り知れない危険運転行為は厳しく罰する法改定が望まれそうです。

現在の法律ではコレが限界なんだろうか
歯がゆいね
爺さんに成るまでブチ込むべきだと思うし
見せしめ的な厳しい判決を望んでいただけに残念です

この事件を機に煽り運転に対する罰則が強化されればいいと思うけど、そもそも煽り運転か否かの認定が難しいというね。
速度に対する適切な車間距離って開けられない場合が多いし、煽り運転だとする判断基準もほぼ主観でしかない。煽ってる気が無くても、相手が煽られたと思えば、煽り運転となるわけで、法整備するのは間違いないだろうが、どんな内容になるか興味深いね。

個人的な心情で言えば、この被告には終身刑なり極刑がふさわしいと思いますが、心情だけで量刑を決めるようであれば、お隣の国の司法と同じ「感情が法律を超越する」というレベルまで堕ちてしまいます。
危険運転を認めつつも、現在の法律や規制では18年が限界だったのかもしれません。
これを機会に、煽り運転や危険運転、加えて飲酒運転に対する罰則を大幅に強化して欲しいです。

自分はむしろ検察も裁判員の方々もはじめよく頑張ったと思います。控訴審は裁判官のみの判断になるのでむしろ心配です。この男の顔を見るたびに懲役23年でも軽いとは思うのですが、法律上は解釈で無罪になりかねない余地もあるのは事実ですから。もちろん厳しい判決が維持されることを切に希望します。

求刑23年、実刑18年。確かに甘いと感じるかもしれない。
ただ、事故の起因は主に石橋被告ではあるけれどそれでも石橋の過失は7割程度。
停車していた車に追突した奴の前方不注意、これが直接の被害者の死亡原因なので2割
後は停車していた時ハザードは点けていたのか?
「コイツやばいな」と思った時点で路肩に寄り、やり過ごすなり通報するなり被害者が本当に石橋被告の煽り運転を回避する術はなかったのか?と言う点が1割。
と言う過失割合の問題でしょう。
感情的にみれば懲役18年は短いと感じるかもしれないが石橋被告の過失割合が100%でない中、それでも危険運転致死罪を適用出来たのは検察、裁判所が頑張った結果だと思う。

> 「高速道では時速ゼロも危険な速度に含まれ、停車も危険運転にあたる」との主張については、「該当しない」と退けた。
ここを認めるべきだった、と思うなあ。
例えば発電所は走らないけど『運転』と表現するわけで、『運転』とは『その機械等を使用すること』と理解できる。
『運転』の意味を、弁護側の言う『ある程度のスピードの走行』と限定するのは、それこそ日本語と法の恣意的な運用だ。
懲役18年という量刑が重いか否か、つったら、軽くはないだろう。
ただ、軽くない量刑で被告が何か変わるかったら、何も変わらないんじゃないかな、と思う。
難しいね。

高速道路は流れの中で最低速度以下で走る事自体が危険行為。まして、停止状態なんて最悪の危険行為。その状態を継続させられるなんてどんな恐怖か。
18年は短すぎ。
23年でも短い。
現実問題として、(確定判決の年数後には)出所はあるのだが、切れやすい人などは必要に応じて、再犯防止のためにも、切れなくするような精神科系の教習を受けるべきだと思う。他の事件・事故などでも適用できるようにして、完全に習得をさせることは非常に重要。
この事件に関しては運転免許と車の購入は出所後も禁止で。

余罪があれば懲役は上乗せしたらいいと思います。
支払い能力があるとは考えにくいですが、当然民事でも賠償金を請求しましょう、既にしているのかもしれませんが。
あおり運転は重罪であり、重い量刑をもっとこれからも下してほしいですね。

残された幼い娘さん二人の心情は届かずか。
司法には新しく厳罰の判例を作ってほしかった。

危険運転致死を認めたのは大きいが、量刑18年は今の司法の限界かな。
石橋はあおり運転の常習者だし、社会に与えた影響は大だし、個人的感情は死刑や無期懲役に値すると思う。
ただ感情的になって法の主旨を拡大解釈したら、悪しき前例となりとんでもない事態に発展しかねない。下手をしたら権力者にとって都合よく解釈されかねない。
これは本当に悩ましい問題だ。
あくまでも個人的には死刑でも構わないとは思いますが

まあ、そんなところか。
というのが素直な印象。
減刑されても20年くらいかな?と思ったけれど、18年ですか…
ご両親を亡くされた二人の娘さんと、ずっと煽り運転を無くしたいと訴えていらっしゃったお母さんを思うと無念でならない。
まだ問われている罪もあるとの事。
量刑が加算されて、十二分に反省する時間を被告に与えて欲しい。
そして被告は自分が何をしたのか、時間をかけて反省して欲しい。
一時の感情の高まりを抑えられなかった。
たったそれだけの事で、どれだけの人が悲しむのか。
命を奪うという事がどういう事なのか。
何十年という時間、自問自答して欲しい。

危険運転と認めたことは評価しますが、直接の原因として認めなかったのは評価できない。高速道路を走ったことのある人なら誰でもわかると思いますが、走行車線でブレーキを踏むことだけでも神経を使う。まして停めさせるなどの行為は、いつ追突されるかもわからない殺人に値する。作ったときのいきさつではなく、「高速道路では速度0も危険な速度」という法解釈をして、今後のための判例を作ってほしかった。高裁に期待します。

量刑をしてもいいけど、18年間、お亡くなりなった被害者と同じ状態を味合わせたら良いと思う。
そうじゃなければ、税金で養わせるなんておかしいよ。
18年間毎日、己被害者にしたような恐怖を経験させて、命があるという事がいかに有り難いか、己のしたことがいかに愚かさを18年間覚えさせる。
たまに本当に事故させて痛い思いもさせたら良い。
でないと、出所した後、また同じような運転するよ。
被害者のせいにしたような卑怯な奴だから。
残された子供の気持ちも考えて欲しい。

現行の法律にスキがありすぎる。
頭を捻って別の角度から罪名を考え訴えるのではなく、ずばり「煽り運転」そのものを罪とする厳格な法律を作るべき。
18年なんてあまりに軽すぎる。
こんな軽い刑しか与えることが出来ない現在の日本の法律を恥じ、これを期に「煽り運転」を罰する法律を作るべき。
二人の娘さんが、本当にお気の毒。
少しでもお元気になられることをお祈りしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!