東名高速のあおり運転の男側が無罪主張!横浜地裁の良識ある判決を望む声多数

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、乗用車にトラックが追突し、夫婦が死亡した事故をめぐり、あおり運転で無理やり停車させ事故を引き起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の初公判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であり、弁護側は同罪について無罪を主張した。

罪状認否で、同被告は起訴内容を大筋で認め、弁護側は事実関係は認める一方、同罪と予備的訴因の監禁致死傷罪はいずれも成立しないと指摘した。
判決は14日の予定。

起訴状によると、石橋被告は昨年6月5日夜、東名下り線のパーキングエリアで、静岡市清水区の自営業萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車方法を非難されたことに憤慨。

時速約100キロで萩山さん一家が乗った車を追い抜き、車線変更して進路をふさぐなどの運転を繰り返し、追い越し車線上に停車させて追突事故を誘発、萩山さんと妻友香さん=同(39)=を死亡させたほか、娘2人にもけがをさせたとされる。

危険運転致死傷罪は運転、走行行為が対象だが、検察側は直前のあおり運転と停車後の事故に明白な因果関係があるとして、適用に踏み切った。

冒頭陳述では、事故当時、高速上を計約150台が平均時速70~100キロで走行していたと指摘。
被告が萩山さんの車の前で停車したことは「重大な交通の危険を生じさせる速度での運転」に当たると主張した。

一方、公判前整理手続きでの同地裁の指摘を踏まえたとみられる予備的訴因の監禁致死傷罪については、被告が謝罪する萩山さんの胸ぐらをつかんで車外に引きずり出そうとし、再発進を困難にさせたなどの行為が監禁に当たるとした。

弁護側は、被告の行為と停車から約2分後の追突による死傷とは因果関係がなく、危険運転致死傷罪は適用できないと反論。
監禁致死傷罪も、時間が短く、監禁の故意もなかったとして成立しないと訴えた。

公判は7回予定され、10日に検察側の論告求刑と弁護側最終弁論が行われる。

危険運転は無罪主張=あおり運転の男、初公判―東名夫婦死亡事故・横浜地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース
神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、乗用車にトラックが追突し、夫婦が死亡した - Yahoo!ニュース(時事通信)

『危険運転は無罪主張=あおり運転の男、初公判―東名夫婦死亡事故・横浜地裁』のニュースに世間の声は

石橋被告が悪質なあおり運転をした事実。
石橋被告が被害者の車を停車させた事実。
石橋被告が被害者を死亡させた事実。
被告とその弁護人が何と言おうとこの事実は変わらないので同情の余地は全く無い。
被告が社会復帰しても自動車の運転免許証は与えないで欲しい。
あおり運転をする者の多くは直情型で激昂し易く怒りに任せて何でもする。
時には八つ当たりや鬱憤晴らしに楽しんでする。
彼らの再犯率は極めて高いはずだ。

この被告は、これ以外にも方々であおり運転や脅迫を繰り返しており
もはや道交法適用のレベルを逸脱しており、今回は殺人罪を適用し、自動車の運転はおろか社会に戻す事すら許すべきではないと思います
それから、この事件の際被告と一緒に居たという名古屋の女は同罪として裁きにかけないのですか…

>弁護側は、停車後の事故に危険運転致死傷罪は適用できず、監禁の故意もなかったとして、両罪は成立しないと訴える見通し。
つまりこの被告は反省の姿勢が見えないという事。

ごく普通に生活している人が、安心できる世の中にするためには、死刑が一番だと思う。

これで軽い刑になると『あおり運転は危険です。やめましょう!』と言っても説得力がない。捕まった後の態度を見てても反省しているように見えない。免許を取り消しても絶対にハンドルを握るから無期で入れてもらわないと新たな犠牲者が出てしまう。

反省していないようなので、可能な限りの極刑に処してほしい。

司法は前例がないなどという訳の分からない言い訳はしないで欲しい。
今後も予期せぬ犯罪が増えていく。その都度しっかりと司法の存在意義を示さなければ善良な市民の安全な生活は守れない。
今回の判決も善良な市民を守るという事を念頭にお願いします。

被告側の弁護士は、ご自分のご家族が同じような事件に巻き込まれても同じ事が言えるのでしょうか?

裁判員の方、お願いします。
私が裁判員をやりたいくらいです。

明らかにあおり運転が起因している事件であるのに、もし弁護側の言い分が通れば、あおり運転を肯定したことにもなりかねない。

反省してるか
反省してないか
言動や態度をみれば明白
福岡の飲酒運転事故以降、飲酒運転に対する罰則は厳しくなった。
今回の事故で、あおり運転の罰則を厳しくしてもよいのでは

法の抜け穴を突いて意外に軽くしか処罰できないなんて結果になったら被害者はホント浮かばれない。
自分がその立場で他に失うものがなかったら、仇討ちするかもしれない。

我が家もよく高速道路を使って家族で遊びに出かけたりしますが、いつも運転しながら「もしうちの車があおられたら」・・・そう思うだけで怖くなります。
助手席又は同乗者が警察に連絡して・・とか思ったりしますが、恐怖の中、それすらもできなかったんだと思います。
犠牲になられたご夫婦の無念さは計り知れないです。
同乗していた娘さんたちの心の傷も一生癒えることはないでしょう。
犯人は十分に事の重大さを思い知らなければならないけど、この犯人、反省していないような気がします。
反省していないようなら、いたぶって、怖い思いをさせて、それから死刑にしてください。
すぐに執行されるのは納得いかないな。

これが重い罪にならないのなら、今後のあおり運転逮捕にも影響が出てしまう。

法律の不備を突いて無罪を主張する弁護士。
これは石橋の主張ではなく弁護士の主張だろ。
事件を起こしたのは間違いないのだから、適用罪名が間違っているのなら弁護士自ら予備的訴因の変更を適正に求めて、その上で弁護するべきじゃないのか。
これで無罪になって出て来ることになったら、この弁護士達は糾弾されてしかるべき。

そういう家庭教育(学校教育じゃない)を受けてきたんだろうね。
本人の厳罰は当然だが、親にも責任の一端があると思う。
そして子育ての悪事例としても考えるべきだろうと思う。
こんな大人が世の中に存在すること自体が間違いでしょ。

全く反省している様子が見られない。
ただ記事を読んでいる自分が怒りに震えるということは、遺族の方々の怒りは計り知れない。
こんな酷いことは殺人罪で厳しく罰して欲しい。

一括で起訴するからこうなるんだな。
確かに運転中は危険運転だと思うが、降りてからは行った行為はあくまでも殺意のある行為。
そりゃそうだろう、誰が見ても危険と言える場所に無理やり立たせたんだからな。
すぐに列車が来ると分かっている踏切のど真ん中に人を無理やり立たせたら殺人だろうが。
しかも高速の追い越し車線の場合、無関係の車が巻きぞいになる可能性も非常に高い。
つまり悪質さが上だ。
だからこの場合、降りる判決の重い方に一括するので殺人で起訴するべきだった。
わざわざ刑の低い方に一括するとは検察があおり運転をされた状態に委縮しているじゃないか。
堂々と殺人で起訴すべき。

その後の被告のふてぶてしい態度といい、更生の余地が無いことは明らかだ。
被害者の無念な気持ちを考えた場合、終身刑以外にはなかろう。
煽り運転の責任を問う判例となる裁判であろうだけに、最も重い処罰が妥当である。

まぁ裁判なんでその主張が認められるかは別の話
主張するのは自由ではあるけど逆に反省していないと心象を悪くする可能性もあるからね。
それはそれとしてどんな判決が出るのか興味深々だよ。もしこの被告の主張が認められて危険運転が適用されないなら(無いと思うが)、自分が同じ様な状況になった時にどうするか考えておかないと。個人的にはアメリカの警察がやるように弾き飛ばす事も想定しておくよ。それが日本では過剰防衛となったとしても自分と家族を守る為であれば躊躇はしない。

多分反省するタイプの人間じゃないから、刑期を終えてたとえ社会に戻ったとしても、また何かしら事件を起こすと思う。亡くなった方の家族と、トラック運転手の人生を狂わせた罪は重い。初犯じゃないし。
極刑でいいと思う。

そもそも刑事裁判で法律論こねこねなんて必要だろうか。
社会にとってどれだけ危険な存在であるか。そして改心の見込みはあるか。
それによって裁けばいいんじゃないかと思う。
実際この被告は極めて危険。大量殺人はともかくこれからも平気で人を死に至らしめる可能性を持っている。
危険性を排除できないとうい時点で現行法には不備がある。抜本的な見直しがあってもいいと思う。テクニック論で裁判に時間を費やすより根本的な問題をやりあってほしい。
という妄想。

高速道路で停車させたことに死亡との因果関係がないなら、なぜ一般的に高速道路で事故を起こした車のドライバーは道路から出るようにとされてるんだ?
高速道路での停車には非常に高い確率で追突事故の危険性があり、事故に巻き込まれれば死亡する確率も高いし予測もつく。
今回の件、停車させたこと自体が死亡事故に繋がったのは考えるまでもない。
もっと言えば停車させなかったら100%この事故は起きなかった。これだけでこのクズを裁くには十分だろ。

日本の司法の意義が問われる重要な局面を迎えましたね。

煽り運転は、車と言う凶器を使った故意の犯罪であり、一歩間違えれば相手が死ぬことも予見できるうえでの犯罪なので、煽り運転そのものに対し、未必の故意による殺人罪とか傷害罪の適用が望ましい。
ただ、実際に事故が起きなければ相手の身体に損害は無いので、殺人未遂とか傷害未遂になるのでしょうか。それくらい悪質な犯罪だと思います。ただ、障害未遂という規定はないそうですが。
自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)は、暴走行為とか信号無視とか飲酒や違法薬剤摂取をしたうえでの運転とか、十分に危険ではあるが相手を特定しない危険運転に対して適応されるのでは、と感じます。
煽り運転は明らかに相手を特定して悪意を向けているので、特定の相手に対してナイフを持って襲いかかる行動と何ら変わりません。
煽り運転をしただけで、刑務所に入る十分な理由があります。

あおり運転に殺人罪を適用する最初の例とすべきかと思います。反省も全くしていない様だし、必ず再犯すると思うので極刑が妥当でしょう。

悲惨な事件を抑止するために、新しい厳しい判例を作りましょう。

無罪を主張してくれれば、結果として有罪が確定することで、今後同様の案件で危険運転致死罪の適用ができることが判例として出来上がる。今後無罪主張が難しくなるので大いに意義はあると思います。必ず有罪が確定するよう検察側に頑張ってもらいたい。

確かにこの男のやった事はあり得ない事だし断罪はされるべきだが、それはあくまでも法律の範囲内で行われるべきだと個人的には思う。
法律を捻じ曲げた解釈をまかり通すのであれば、それはもう法治国家ではなく人治国家になってしまうよ。
どこぞの徴用工の話を笑ったり批判したりできなくなってしまう。
そういう前例を作ってしまうと他の部分で悪用されかねないからね。
「悪法も法」という言葉があるように、まずは法改正からだ。

この弁護士には事件の本質を理解出来ないのか、理解はしているがテクニックで逃れようとしているのか、どちらなのだろう?

>弁護側は、停車後の事故に危険運転致死傷罪は適用できず、監禁の故意もなかったとして、両罪は成立しないと訴える見通し。
高速道路の追越車線まで誰が運転してきたんだよ。後続車両を妨害する形で停止させたのも、「運転業務中」。停止後は適用できないって、法律の文言の穴を潜り抜けすぎ。
高速道路上に留めたのも未必の故意でしょ。
法改正は必要としても、裁判官の良識ある判決を望みたい。

日本中のほとんどの人が厳罰を求めていると思う。
子供の目の前で大変悲しい出来事だ。
反省もしていない態度には憎しみも湧いてくる。

この事件を契機にドライブレコーダーを購入した人が多くなったはずだし、私や職場の周りの人たちも急いで購入した。それだけ社会的にも影響が大きい事件。多くの人達がこの事件を注視していると思う。皆が納得できるような厳罰を処して欲しい。

被告のあおり運転と停車がなければこの事故は起きず,被告の行為が死亡事故を誘発した。
それだけで十分だと思いますがいかがなものでしょうか。

煽り運転が要因の事故が多いのは事実だし、今回みたいな悪質な死亡事故に繋がったり、玉突き事故の要因にもなる。
仮に死傷者が出なくても、危険運転の範疇として重い刑罰対象として欲しい。
煽り運転は、飲酒運転と同レベルで運転者のモラルの欠落によるものから、刑罰が軽いと再犯の可能性が高いと思う。


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!