2017年さいたま市志木市で4件の凶悪連続強盗。埼玉県警も呼びかけ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2017年12月6日(水曜日)、2017年12月9日(土曜日)

埼玉県さいたま市と志木市の10kmの範囲で、何者かに路上で襲われ、バッグを奪われるなどの事件が、2017年12月6日(水)と9日(土)に相次いで発生。

2017年12月19日現在、まだ犯人が捕まっていない。

そのうちの一件は、12月6日未明、志木市の路上で強盗の被害に遭い、その後病院で死亡が確認された。

死亡したのは63歳の桜井俊克さん。桜井さんが何者かに襲われたのは、自宅からおよそ400m離れた場所だった。

明け方の午前5時前、出血する桜井さんに気づいた通行人が通報するも、警察が駆けつける前に桜井さんはその場から立ち去ったという。

桜井さんは一人暮らしでタクシー会社に勤務、早朝出勤する際に、事件に巻き込まれた可能性が高いと警察は見ている。

路上で襲われた後、無断欠勤が続き、事件から5日経った12月11日(月曜日)、不審に思った上司は、警察に安否確認を要請した。

警察が自宅を訪ねると、桜井さんが意識不明の状態で倒れているのを発見。

頭や顔には殴られたような跡があったという。

そして事件から8日後の12月14日(木曜日)に、搬送先の病院で死亡が確認された。

桜井さんを襲ったのは何者なのか。

桜井さんの事件の前にも同様の事件が2件

実は、桜井さんが襲われ、通報があった前にも、隣のさいたま市で似たような事件が2件起きていた。

同じ日の12月6日、午前0時40分頃、人通りの少ない夜間の官庁街を歩いていた61歳の男性が、突如背後から棒のようなもので後頭部などを殴られる被害に遭った。

さらに、その事件からおよそ1時間後の午前2時頃、飲食店などが立ち並ぶ駅前の市街地を歩いていた72歳の男性が、背後から何らかの凶器で頭部を殴られてショルダーバッグを奪われる強盗致傷事件が発生した。

3件の事件の3日後にも同様の事件が発生していた

実は、この3つの事件の3日後である12月9日(土)にも、さいたま市内の路上で男性が何者かに襲われた。

さいたま市桜区内で、夜11時過ぎ、会社員の33歳の男性が、頭部に重傷を負った状態で路上に倒れているところを発見されました。

現場の近くに住む住人が家から出ると、通りかかったタクシーの運転手が、警察に通報していたという。

現在、埼玉県警は、今回の事件を受けて、市民に対して次のような呼びかけをしました。

被害に遭わないために<<明るく人通りの多い道を通る・周囲を警戒する・時々振り返る>>などの対策をお願いします。

警察は、桜井さんのリュックサックがなくなっていることなどから、強盗致死事件として特別捜査班を設置。

60人体制で捜査を進めている。

警察は、桜井さんの事件との関連を調べている。

4件の事件の共通点

  • 4件とも共通するのは、夜道で頭部に暴行を加えたこと。
  • 一晩に3つの事件が、埼玉県さいたま市と志木市というおよそ10kmの範囲内で起きている。
  • 桜井さんはリュックサックを奪われた
  • 72歳の男性はバッグを奪われた
  • 61歳の男性に関しては持ち物は奪われなかった

4件目の事件を除くと、夜道を歩く年配の方を狙った犯行。早く犯人が捕まって欲しい。

4件目の33歳の男性も、夜道で金属バットのようなもので襲われ、頭蓋骨、顔面骨折で意識不明とのことで、回復を願うばかりです。

追記:2017年12月20日

犯人が逮捕された記事はこちら

2017年埼玉県連続強盗事件さいたま市の男2人が逮捕。刑期はどれくらい?
スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!