闇営業仲介の”ものまね芸人B”はバンドー太郎だった!闇営業仲介を謝罪会見!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 ものまねタレントのバンドー太郎(48)が30日、都内で会見を開き、吉本興業所属のスリムクラブと2700に対し、反社会的勢力の会合に事務所を通さない“闇営業(直営業)”を仲介したことを謝罪した。

2組とは直接交渉し、「事務所を通さない」「10万円のギャラ」で交渉成立していたことも明かした。

黒いスーツ姿のバンドーは、事前に用意した書面(手紙)を読み上げる形で、「今回は最初から知っていたわけではなかったのですが、結果的にこのようなことになってしまい、2700、スリムクラブ、ご家族の方々、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪した。

経緯としては、「何年か前に」知り合ったという「建築会社社長」に、「実の兄の誕生パーティーがある」ので、自身以外に「有名な方」を呼んで「盛り上げていただけないか」と依頼され、以前に知り合っていたスリムら2組に連絡をしたという。

この際、2組とギャラについてのやり取りもあったことを認め、「その時のギャラが30万でしたので、『事務所を通さないで大丈夫か』と。

(それぞれ)『10万のギャラで大丈夫か』ということを確認したところ、『はい』という返事でしたので、来ていただきました」と明かした。

ただ、相手方の職業については「飲食店経営のオーナー」と聞かされていたとし、「報道を見て、(相手が)反社会的勢力の方だったんだと気付いた」と主張。

「2700、スリムクラブの方々が知らなかったというのは事実です」と説明した。

身なりなどでも「一般の方と変わらない普通の身なりでしたので、全く気付くことができませんでした」とした。

それらの上で、「事務所を通さないで2組に話を振ってしまったこと。

相手を信用してしまって安易に仕事を受けてしまったこと」の2点について重ねて謝罪した。

スリムクラブらは2016年、バンドーの仲介で指定暴力団稲川会幹部の誕生会に参加。

今月27日に吉本興業から無期限謹慎処分を受けた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000106-dal-ent

『バンドー太郎 スリムら闇営業仲介で謝罪会見「10万のギャラ」で交渉も明かす』のニュースに世間の声は

「今回は最初から知っていたワケではなかったのですが、、、」
最初から知ってた仲介もあるって自白してるようなものだろう。


自分だけで済むのならいいけど、結局他人も巻き込んでいるからなあ。

他人に仕事を回す以上バンドー太郎さんにの責任は大きくなるわけだし、そこの認識が甘すぎたね。


ただ、擁護になるかもしれないけど仕事をくれる相手に反社勢力の知人は居ますか・・・とは聞きにくいよね。

個人でやると特に。

>今回は最初から知っていたわけではなかったのですが
>結果的にこのようなことになってしまい
反社と知ってて仕事をあっせんしたこともあるし
問題にならなかったら大したことではない。


と言ってるようなもんだな。


あんたの罪は大きいよ。

紹介した家族から恨まれます。


入江も早期に会見した方がいいと思う。

反社会勢力がいる会場での、芸人の営業行為が問題になっているようですが。

ヤクザが経営している大手のタレント事務所については、テレビ局は黙認で、問題にしないのが不思議です。


コンプライアンスとやらを本気で守るなら、ヤクザが経営するタレント事務所のタレントは一切使わない、という宣言の方が重要でしょう。


芸人の直営業先がたまたま反社会勢力だった、とかいうことより、ヤクザが経営するタレント事務所が当たり前のように勢力を誇っていることの方が根深い問題なのではないでしょうか。


例えば、吉本興業が取って来た営業の相手が
反社会組織の営業だったとする。


そうなると責任を取らなければいけないのは
芸人では無く吉本興業となる。


雨上がり宮迫、ロンブー亮が闇営業をした件について
もちろん、闇営業をした芸人の失態はあるが、
この件で責任を取らないといけないのは
闇営業を持ってきた入江となる。


入江が依頼した人を信用したのか、
調査を怠った事がこのような事になっている。


(仲介する人はそれくらい責任が重い。


分かるわけないじゃんでは済まない。

このバンドーとか言う人も責任は重い。


依頼した人を信頼したのかもしれないが、
自分自身で相手を調べてカタギの人である事の
確認が必要なのだ。


闇営業を受けてしまったスリムクラブや2700も
軽率であった事は事実であるが、
他事務所の名が知れている芸人を潰してしまった
バンドーはどう責任を取るつもりなんだろう?

宮迫やロンブー亮はともかく、それ以外の後輩芸人は裁かれる必要があるのだろうか。

所属タレントを謹慎または解雇する事は経営者が保身で尻尾切りしていふように見えて仕方ない。


どこかの記事で、「(斡旋はしたが、オファーがあった先が反社会的な団体だとは知らず)もらい事故だ」と釈明した、という記載を見かけました。

この記事の内容を見た時、「あぁ、この人も謝罪が先じゃなく自分の言い訳をするのが先に来るのか。
」と、シラけた気分になりました。

自分の保身が第一なんですね。


もしかしたら、吉本興業さんから言い含められた上での発言だったのかもしれない。

吉本興業さんが雇った弁護士先生の助言による台詞だったのかもしれない。
真実は分からないけども、でも自分自身の口から謝罪をする機会は自分で設けられたハズです。
そういうことにまず考えが至らなかった地点で、この方の人間性が世間に現れてしまいました。

この方の人間性は言わずもがなですが、吉本興業の信用も今後も転がり落ち続ける予感がします。


まぁ需要と供給が、マッチしてませんからね
今の人たちはお笑いブームを見て育った人も多いでしょう
これからお笑い芸人目指す人たちも少なくなるだろうし、やめる芸人も増えていくでしょうね

全て吉本の責任。

マネジメントできない人数を抱えるな。


この問題は吉本のこれまでの闇営業を黙認してきた体制が全ての元凶。


だからテレビ番組でも闇営業ドッキリが成立する。


入江氏は数年前からLINEで5000人の友達がいて、頻繁に友達の社長に呼ばれ飲み歩いていると言っていた。


この時点で吉本が介入、調査していれば、未然に防げたかもしれない。


芸人ばかり謹慎などの処分になっているが、吉本の社長などにも処分が下るべきだ。


島田紳助氏の時に今回以上の反省と対策をしていれば、これほどの大ごとにはなっていなかった。


処分になっている芸人に謝罪会見を求めているような風潮だが、まずは会社としての謝罪会見があるべきだと思う。


吉本の選択肢は抱えきれない芸人を解放(契約すらしていないので解雇ではない)
もしくは全員をきちっとマネジメント
のどちらか。


解放した芸人の他事務所加入も潔く認めよ。


薄々は知っていたと思う。
怪しいが美味しい仕事と考えていたのでは。
しかしスリムはわずかなお金で未来を台無しにした。

この人のプロフィールを見ると、松山千春のものまねで
本人に気に入られて公認もらったって書いてますよね。


おまけに鈴木宗男と一緒に写真撮ったりもしてました。


千春は今回問題になってる組織の式に参加したこともあり、
鈴木宗男も汚職がらみで前科がある。


普通に考えて、無名の三流芸人が幅広いコネクションが不可欠な
仲介業者なんてやれるはずがないので
元を辿れば間違いなく松山千春と鈴木宗男に行き着くはずです。


たとえ疑惑の的を向けられようとも、
口が裂けても松山、鈴木ラインには
飛び火させるわけにはいかないので
早々に記者会見をしていくらか潔いところを見せ、
話題の中心を吉本に戻したいんだろうと推察します。


いろいろな意見あると思うけど、顔出し名前出しで直接会見開いたのは評価してあげるべきだと思います。

個人的には、まず吉本が責任持って解雇前にカラテカ入江と同席で会見開くべきだったと思うし、せめて宮迫は会見開いて後輩守るような姿勢見せて欲しかった。


このままでは例え復帰しても、宮迫を応援する気にはなれないし、テレビ出てたらチャンネル変えると思います。


これを100%信じるならスリムクラブや2700はこれまでさんざん吉本が「黙認」してきた「直」をやっただけで吉本が今回に限り厳しい処分をするのはおかしい話でむしろ吉本の今までの姿勢に問題があったということになると思う。

本来ならこの二組を処分するのではなく彼らが反社会的な人間と関わってしまったのは直営業を黙認してきた事務所側に全責任があると世間に発信するべき。


仲介をするってことは、本来はこの人がスリムクラブらに全面的な補償をしないといけない。

事務所が持ってきた仕事でタレントがケガをしたりトラブルに巻き込まれたら、事務所が責任をもって労災を認めて給料補償したり解決に当たるもの。


それが事務所の存在する意義。


仲介をするってことはそういう責任を負うことになる。


ましてや、よその事務所から商品であるタレントを無断拝借しておいて傷物にしたんだから、吉本に対しての賠償が発生しておかしくない。


今回は反社会勢力がらみというトラブルだったけど、スリムクラブが大けがをしたとかいうケースで考えたら、負うべき責任があるのは良く分かると思う。


トラブルがあった時に責任を取り、自分で解決することができないのなら、そういう仲介に手を出すべきじゃなかったな。


事務所というのはそういうリスクを負い、管理しながら、その代価としてマージンを取るものなんだから。


今まで吉本は闇営業を容認していた様に思う。

3年は最低限の雇用を保証。


それを越えた芸人はアルバイト等の詳細を吉本へ通知をして継続雇用を嘆願すべきだろう。


闇営業の行いがあれば吉本は責任を折半する形だが大半は芸人が負う姿勢と非情さは必要だ。


嫌ならば芸人を辞めれば良い。


吉本の増えすぎた芸人の淘汰は必要だ。


マスコミの前に出てきたことは評価できるとしても、「今回は」ってことは以前は反社と知った上で仲介もしくは出演した事があったってことだよね?

どういった経緯かはわかりませんが、直営業するのは事務所の問題でもあるのではないでしょうか?
飯が食えなければバイトや別の収入源を頼りますが、そもそもマネージメントとして吉本興業も大問題なのではないでしょうか?
所属タレントを謹慎や無期限謹慎としても問題解決にもなりません。


そもそもの問題は、マネージメント契約として収入利率を明確にしてないから食い扶持を探して直営業してしまうのではないでしょうか…それでも芸人として残りたく直営業してるならスリムクラブは可愛そうな気がします。

反社会組織との関わりが良くないならマネージメントとして芸人さんへの給料体制を明確に公表したら国民や視聴者並びにファンは納得します。
ただし、嘘をついてまで保身を守る芸人には厳しい対応でも仕方ないのかなと思います。

そもそも人が人で商売すること自体が反社会的勢力の一部であったものを、恰も素性まったく違うところから派生したがの如く語るに無理がある。
吉本興業が言うべきは、我々は嘗て反社会的勢力との繋がりで現在の多様なエンターテインメントを産み出しその中でメディアの発展とともに市中の興行主から社会的責任として大きなテレビの世界に身を委ね、おりしも反社会的勢力に対する条例が一般的となって来た為に、それらとの付き合い方に気を付けるように歩み始めた。
今回はその途上の出来事であり先ずは会社としての誤りを深く反省するとともに所属するタレントには、それらとの付き合い方を戒める為にも契約と言う縛りの中で世に恥じない行動する様対応致しますと言うべきであって、臭い物に蓋的な無期限の自粛すると言う愚かな対応を取るべきでは無かったと思う。
但し、ギャラは無かったと言ったことは人として問われる必要はある。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!