ゴーン容疑者がフランス政府に擁護要請!日産の陰謀と主張!「保釈中にいいの!?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 【パリ時事】

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者は4日の逮捕直前、インターネットを通じてフランスのテレビ局のインタビューに応じ、「仏政府に市民としての私の権利を守るよう求める」と要請した。

ゴーン容疑者が昨年11月に逮捕されて以来、テレビのインタビューに応じるのは初めて。

ゴーン容疑者は

「私は闘っている。無実だ。しかし困難(な状況)だと認めざるを得ない」

と改めて無罪を主張。

「組織的に破壊工作が行われている。日産内部の一部の人間が発端だ」と語り、一連の事件は日産による謀略だと非難した。

ルメール経済・財務相も4日、仏テレビに出演し、ゴーン容疑者について「推定無罪の原則があり、領事保護を受ける権利もある」と強調した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000113-jij-eurp

『ゴーン容疑者、仏政府に擁護要請=逮捕直前、仏TVに』のニュースに世間の声は

ルノーが不正を暴いてから、形勢が逆転した。

フランス政府の理性的な対応を求む。


インターネットを利用できる環境は
保釈条件の中に認められてはいない筈です

>「推定無罪の原則があり、領事保護を受ける権利もある」
では、二度と保釈はできませんね。


でもこの人無罪な訳無いよね。

ルノーでも疑惑が発覚しフランスの検察も動きだしたと言われていますから、仏政府の擁護は不可能でしょうね。

フランス政府に泣きつくつもりでしたが、もう、四面楚歌ですね。

フランス政府の対応が矛盾しているように感じるのですが・・
ルノ-も不明瞭な資金の流れがあると言っている報道があるにも
拘わらず株主であるフランス政府が領事保護権利があるとは
信じがたい報道だと思うが・・

仏も擁護するメリットはない。

海外の司法制度に合わせる必要はないし、海外から批判されてうろたえる必要もないと思います。
ただ、検察の仕事のスピードがすごく遅いような気がする。
日本の検察の能力の問題?それとも人数が足りない?それとも他国もこんなようなものなのでしょうか?

2万人の首を切って浮かせたお金を使ってベルサイユ宮殿で挙式を挙げた人が自分だけは助けてと言っています。

保釈の条件に違反しているんじゃないの?
これ。


保釈中のインターネットは禁じられていたのに弁護士は一体何を説明したのだろう。
このようなインターネットを通じたフランスとのインタビューなどの行為を今になってニュースで流せば違法行為を繰り返しているゴーン容疑者に対する信用は全くないとしか思えない。

日本国内では日本の法律を遵守してもらわなければ困る。

そのつもりがなければ日本に来ないでほしい。
これはどの世界に行っても当たり前の事のはずなのだが一体どう思っているのかいつか聞いてみたい。

仏政府はルノーを守りたいのであってゴーンを守りたいわけではない。
ゴーンの代わりはいくらでもいる。

ゴーンの破産を期待しています。

日本国内の問題であり、フランス政府が介入する問題ではない。

だいたいルノーもゴーンに厳しいスタンスを取り出したのに、フランス政府が擁護するようなことをしたら矛盾が生じるのでは?
フランス政府はゴーンの件の腹いせに、竹田JOC会長を潰しにかかったじゃないか。


フランスの政治家にも賄賂が渡っていたかもしれない。

なんだかんだ言って姑息な手段で会社の利益を私的に流用し、
それが目に余り、それを止める手段が今回の一連の騒動。


有罪であろうが無罪であろうが「目に余る行為」を自覚しない限り
厳しい状況からは解放されることはないと思う。


国家や市民が犯罪容疑のある人間を擁護するわけがない。
少なくとも冷静に裁判進行を見守るだけだと思う。
特にルノーがゴーンの不正を上げ始めてから一気に状況が変った。
ゴーンとしてはフランス政府やマスコミに藁をも掴む思いでいるのだろうな。

大きなお金が日産から必ずどこかを経由して最終的に貴方の元に
流れている。


一部はマネーロンダリング的な要素が強い 無実だと言うのなら
権利を語る前にその説明をすべきでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!