2018センター試験 ムーミンは知ってるけど「小さなバイキングビッケ」って?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2018年1月13日(土曜日)に、全国で大学入試センター試験が行われました。

そのセンター試験の「地理B」の試験問題の中で、アニメの「ムーミン」に関する問題が出題されたのですが、そのことによりムーミン公式ツイッターが炎上しているという。

センター試験の「地理B」の問題とは

その問題というのは、2つのアニメの絵(ムーミンと小さなバイキングビッケ)と、2つの言語「ヴァ コステル デ(いくらですか?)」と「パリヨンコ セ マクサー(いくらですか?)」

これらの正しい組み合わせを4択から選択するという問題。

正解は、

  • ムーミンはフィンランド語(パリヨンコ セ マクサー)
  • 小さなバイキングビッケはノルウェー語(ヴァ コステル デ)

これを正解するには、最低でも2つの言語が何語かということと、ムーミンまたはビッケの舞台がどこかという知識がなければなりません。

試験終了後、正解できなかったと思われる受験生たちによって、ムーミンの公式サイトのツイッターが炎上している。

「絶対に許さない。今すぐ国籍をノルウェーに変えろ」

「おまえ、ノルウェーだろ?」

などと、怒りや逆恨みのリプライ(返信)が次々と書き込まれた。

このような状況の中、ムーミン公式サイトは2018年1月13日昼にツイッターを更新。

ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか…という問題がセンター試験で出てお怒りのみなさんも多いようで…

「まだまだ知られてないんだな、と反省、もっと知ってもらえるよう公式サイトもがんばります!これを機にムーミンの世界について知ってもらえると嬉しいな」

とのメッセージを投稿したことが「神対応」と話題になっている。

と、ムーミン公式は理不尽な炎上にやさしい対応をしてくれたが、今の高校生はムーミンを知っているのだろうか?

ムーミンはキャラクターとしてとても有名で、グッズなどもたくさんあるため、高校生でもぎりぎり知っているかもしれないが、中には知らない人もいるのでは?

さらに、もうひとつの「小さなバイキングビッケ」はどうだろう…。

大人でも知らない人多いんじゃないかと…。

高校生はムーミンを知らない?

出典:ムーミン公式ツイッター

ツイッター上では、

ムーミンはフィンランドだって知らないんだ、高校生…

などと、ムーミンはフィンランドが舞台というのは常識であって、それを知らない高校生に驚いているというようなツイートが多く見られた。

現役高校生のツイートでは、

地理にムーミン出てきたときびびったし…あとの2つしらねーよ 現役高校生そんなマニアックなアニメ(?)しらねーよ

と、ムーミンは知ってるけどあとの2つは知らないというツイートをしている人がいた。

やはり、ムーミンは高校生にもギリギリ知られているようだが、小さなバイキングビッケは知られていないようだった。

小さなバイキングビッケは誰が知っているの?

出典:ファミリー劇場

Wikipediaによると、

「小さなバイキングビッケ」は、スウェーデンの作家にしてジャーナリストであるルーネル・ヨンソンの児童文学シリーズ。

1972年にドイツのZDFと日本のズイヨー映像の共同制作によるテレビアニメとして製作された。

日本版タイトルは『小さなバイキングビッケ』。

世界各国でアニメ化され、日本では1974年4月3日から1975年9月24日にかけてフジテレビ系で放送された。

昭和49年から昭和50年の約1年半だけ放送されたアニメだということが分かった。

実に古い!!44年前のアニメを現在の高校生の入試試験に出すとは!

この問題を作成した人は、40代後半から50代くらいの方でしょうか?

ちなみに、同じく海賊を題材にした作品『ONE PIECE』の作者尾田栄一郎はこの「小さなバイキングビッケ」をきっかけに海賊好きになったそう。

ところで、尾田栄一郎さんは何歳なんでしょう?

生年月日: 1975年1月1日 (43歳)

なんとアニメ放送時は、まだ生まれたばかり!

どういう経緯でこのアニメに影響されることになったのでしょう…。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!