クレイジージャーニーが放送休止!原因はヤラセ演出!爬虫類ハンターの回で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 TBSは11日、同局で放送中の人気バラエティー「クレイジージャーニー」(水曜後11・56)で、不適切な演出があったことを発表し、謝罪。

調査が完了するまで休止と発表された。

11日には「日本最速のパイロットが世界王者奪還を目指し決戦!エアレース最終ラウンドに緊急密着!」が放送される予定だったが、「ノーサイド・ゲーム3日後最終回SP」に変更された。

公式サイトによると「8月14日放送の『クレイジージャーニー』2時間スペシャルと、その日の深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送しました。

放送で紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査でわかりました」とし

「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪。

「今回の事態を私どもは重く受け止め、当番組は調査が完了するまで休止します」と発表した。

また、この爬虫類ハンター企画で、過去にも同様の手法がなかったかどうか調査をすすめているとし、

現時点では「過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています」とも発表している。

同番組は「独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちがその特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティー」で、

「独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結し“その人だから話せる”“その人しか知らない”常人離れした体験談を語る」としている。

2015年元旦に放送され、同年4月から深夜でレギュラー化された。

司会は「ダウンタウン」松本人志(55)「バナナマン」設楽統(46)女優の小池栄子(38)が務め、これまでDVDも8本が発売されている。

TBSは今月5日にもバラエティー「消えた天才」(日曜後8・00)で過剰な演出があったと発表し、放送を休止。

同局によると、先月11日の放送で、野球のリトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の投手の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりも速く見える加工を行っていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000137-spnannex-ent

クレイジージャーニーの番組公式HPに記載されたお詫び文

「クレイジージャーニー」からのご報告とお詫び

2019年9月11日

8月14日放送の「クレイジージャーニー」2時間スペシャルと、その日の深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送しました。

放送で紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査でわかりました。

準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

メキシコロケは7月2日から5日にかけて4日間行われました。現場ロケを担当した番組スタッフは、狙った生物を捜索しても発見できない場合を想定して、あらかじめ狙った生物を準備しておこうと考え、現地の協力者に依頼していました。

そしてロケでは、放送で紹介した6種類のうち4種類について、生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました。

メキシコロケで事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況は以下の通りです。

1.メキシコサラマンダー 現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。

2.アリゲータートカゲ 地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。

3.メキシコドクトカゲ 現地協力者が個体を岩の下に放ちました。

4.ヘルメットイグアナ 取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。

この爬虫類ハンター企画について過去にも同様の手法がなかったかどうか調査をすすめております。

過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています。

過去10回の放送分は全て、今回のメキシコロケを担当した番組スタッフとは別のスタッフが担当していました。

このスタッフによりますと、加藤さんには事前に準備していたことをお伝えしていなかったということです。

また番組スタッフは、現地の協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼し、ロケ本番時その場所で捜索、捕獲していたということです。

今回の事態を私どもは重く受け止め、当番組は調査が完了するまで休止します。

番組を御覧いただいている視聴者の皆様に重ねてお詫び申し上げます。

過去10回の放送で、事前に準備した11種類の生物は以下の通りです。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル
・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア
・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル
・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類

『TBS「クレイジージャーニー」、不適切な演出で休止 事前に準備した生物を捕獲と放送』のニュースに世間の声は


>番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査でわかりました
撮影期間に限りがあるからな。


事前に準備しましたwって自虐のナレーションでもつければよかったのに。



やらせ感は確かにあった。


本編終了後にでも、当該放送には一部演出部分がございます。


と表記しておけば、ある程度批判は回避できるのに、
それをやらないんだよね。


TBSの伝統芸でしょ、やらせは??


演出方法がクレイジーだったと。



あの人の場合なら、見つけられなかった、というパターンでも面白いと思うんですけどね。


その方がガチ感が出ていいと思うんだけど。



取れなくても面白い人だから変な事しないで欲しかったな。


確かに毎回毎回現地の幻の生物をコンプリート出来てるのは凄いと思ってたけど、そういう事だったのか。



爬虫類ハンターの加藤さんの捕獲シーンは面白いからまた見たいね


楽しそうな加藤さんが見たいだけなので
ヤラセかどうかは正直どうでもいい
そもそもTBSに正しさを求めていない


この番組の、
特に爬虫類ハンターの加藤先生が出る回の
大ファンです。


この先生の魅力自体が素晴らしいのだから
ヤラセじゃなくてもいいはず。


こんなことしていたら、
本来素晴らしいはずの加藤先生にも
ケチがついてしまう。


「今回は 残念ながら取れなかったね〜」でも
彼なら番組として成り立つのに。


爬虫類を追いかけるその姿に
多くの人は魅了されているのだから。


すると、
ヨシダナギちゃんの回も怪しい感じが拭えない。


こちらも、
彼女自体の魅力あってのことだから、
探している部族が見つからなかったりしても
その探して歩く様で十分だけどな。


現地に寄り添う姿と、彼女独特の語り口とか。


番組スタッフは、
視聴者のことを分かってないなあ。


この番組はフアンも多いから
ぜひ、早々に復活して欲しい。



捕獲シーンは事前に用意してたものかもしれないが、加藤さんが普段やってる事を再現しただけやん。


撮影の期間や時期などもあるやろうし、それは演出として受け入れてもいいと思う。


これからも観たい番組なので、早期の再開を規模します。



そこまでするならわざわざハンターを現地に派遣してまで撮影することない。


なんて意見も出てくるんだろうが、たまたま見てた回だったけど
あれはあれで面白いと思うけどな。

ロケが予定より早く終わった的な
テロップが何回も出てたように思うし、あれはわざとらしいと思ったけど。


普通に考えてメキシコにしか生息しないような生き物がそう都合よく
ロケのスケジュールの間にポンポン出てくるのも変な話。


今どきのテレビにヤラセがないって信じてる人間はいないだろうから、
事前調査を行ったうえでの撮影です とでも表記してりゃあいいのに。



あまりにも出来過ぎだなって感じはありました。


クレイジーな人を紹介する番組なのだから、成果があろうが無かろうが加藤さんのクレイジーな面白さに影響は無かったと思います。


テレビ業界全体の問題なんでしょうけど、TBSってその中でもヤラセや過剰演出の番組が多い気がします。



ちゃんと加藤先生に
「日程的に無理があるかもしれないので事前に捕獲しておきました」
と伝えた上で、そういう放送にしたらそれはそれでよかったし
加藤先生が知らない間に準備してたならちゃんと加藤先生に迷惑がかからない様にしっかりとした謝罪しないとね
加藤先生なら結果捕まえられなくてもあの行動自体が見てて楽しいので、そんなんしなくてもいいのになぁ


おもしろい番組だけにショックですね。


おそらく爬虫類ハンター加藤さんは知らなかったんだろう。


あの人は知っていたら断ると思う。


もちろんスタジオの出演者も被害者。



過去の回にも事前準備したものがあったらしいが加藤教授の回にもあったらやだなぁ
撮影に限りもあるから万が一を考えて事前準備しちゃう気持ちもわかるが、それなら素直に今回は見つからなかったから事前に準備したものを用意した旨流すほうが好感度高い


クレイジーさが楽しいのでやらせはよくないが、正直そんなに気にならないかな。

ゴンザレスとか他にも面白い人もいるから、全部やめなくてもいい気がする。


番組を作る側のただのエゴ。

ドキュメントを演出しないと製作できないのは、ただ能力がないだけ。
いろんな事をはき違えてる。
関わった人間を処分しないとまた同じようなことは繰り返される。
バラエティーの質が落ちたのは番組を製作する人達のレベルが下がったからだと思う。
しっかり猛省してください。


この番組は面白いんだけどねー
再開を楽しみにしてます


取材期間に限りがあるのは、もはや誰でも理解してるのに、なぜわざわざ虚偽内容で放送するリスクを選ぶんだろう。


今回は番組で事前に準備しましたって言えば、なんの問題もなく普通に放送できて休止なんてしなくて良かった案件なのに。


絶対に自然界の動物を取材したいなら、それなりの期間を設けて、映像が準備出来た時に放送すれば良い。


それだけの予算も期間も調達出来ないなら、無理な内容は避けるべきでしょ。


演技をさせられる側の演者も迷惑だろうね。



加藤先生が承知していたら・・・それはそれで悲しいな。


地元ガイドが先行してるなら、加藤先生はその道を行くだろうし
放った道を歩きながら探せば『見つけた!』となるけど…
行き当たりばったりでルートを決めたとなれば、実際に見つけていると解釈できる。


賞も与えられてるから、加藤先生が知っていたかどうかを知りたいし
承知していたのならしっかり謝罪して、頑張る姿をまた見せてほしい。



あの放送回は同行ディレクターが変わって、加藤先生とのやり取りも少々ギクシャクした感じがありました。

人が変わったからと思っていましたが、こういった問題点も影響していたのかも…なんて今は思ってしまいます。

加藤先生がどこまで知っていたのかも正直気になりますが、出演者に迷惑がかかること省みず、このような演出を行った制作の身勝手さにに怒りさえ感じます。


加藤先生の出演回大好だったのですが、もうこの番組で見ることは無くなるかもしれないと思うと非常に残念です。



ヤラセであったことは残念だが、ものすごく番組として面白かった。

スタッフの方々、加藤先生の努力があってこそ、素晴らしい番組になったのだと思う。

ヤラセがあったり、ヤラセではなかったり、いろんな作り方で見せてくれるからいいのだ。

深夜の番組に正しさなど必要だろうか?教育番組じゃない。
今までどおり楽しい番組を作ってほしい。


エンタメだからなどと苦しい言い訳をして擁護してる奴は
番組など見てない人間ですねw
実際、爬虫類ハンター以外にも奇怪遺産や全身ピアスなど
明らかに事実というレポートがいくつもあった。


それでも、やらせで仕方ないというのは自分さえよければ
いいという自己中の人間の言い分に他ならない。


真面目にレポートをしてて、それも含めた番組を楽しみに
見てた人間は今回許せばやらせは益々助長すると思ってる。


爬虫類ハンターはキャラが面白かったが、それは事実
という事が前提で、じゃなければ芸人にやらせるべきで、
川口浩やその他の探検隊みたいに別番組を作ればいい。


全身ピアスの放送時に日本人の案内人が
「爬虫類ハンターより凄いでしょ」と少し嫌味を言ったら
松本、設楽、小池が一斉に全力で否定したからおかしいな
と思った。


こうなると、番組スタッフと出演者は事実を知っていた
可能性も高い。



加藤先生に影響が出ないようして欲しい。

悪いのはTBSです。
テレビ界全体が過剰演出になりつつある。
今回も現地に行って捕獲を試みても捕獲できない生物があってもいいと思うがどうかな。

番組にしても同じ画面を何回も流すしCMあけでもCM前の画面を重ねて流すし何でもあり状態。


でも加藤先生、これにめげずにかんばって下さい。



こういうの、ばれて何個も問題になってる昨今まだやるってことはよほど横行してるんだろうかなーと、おもう。

見つかることが稀だから、どこもやってるから、慣習のようにもしくは麻薬のように止められないってこと?製作側が思ってるほど、やらせの内容には試聴者は食いついてるかわからないのに。
もっともっとって思うの?何気ないノンフィクションのが面白かったりすることもあると思うのだけど。
演出演出じゃ興ざめしちゃう。
お笑い芸人の大御所が言うここはこうボケないと️って言うのもこっちからしたら面白くなくてお約束じゃないリアクションのがいーのになーとかもある。
それだけ製作側は視聴率とかに振り回されてるんだねぇ。
必ずしも視聴率ではないと思うけどなぁ。
スポンサー問題的にもそれでしか量れないからしゃあないのかね。
そんな空気ともども新陳代謝が必要なのかな。


加藤さんはハントできなくても十分に面白いし、撮れ高あると
思うんですけどね。


残念ながらハントできなかったので、すでにハントされているものを
見せて、加藤さんに生態を解説してもらえばいいと思いますけど。



確かに観てて幻なのにすぐ捕まえたからおかしいなと思った。


余計な事してくれたね。

余計な事しなくても加藤さんのあの察知の速さと、グイグイ行く感じだけでも十分面白いし尊敬するからもう余計な事しないで欲しい。


加藤さんの目は凄いと思っていたけどあれも演出なのかな、演出をしてしまった場面を番組で公開して欲しい。



番組って難しいよね。


初めはそんな演出しなくてもうまくいってたんだろうけど、
毎回放送すると、期待値が上がってくるもんね。


誰かを傷つける嘘はよくないけど、
私はバラエティやエンタメ上、視聴者を楽しませてくれる嘘はありだと思います。


芸人のエピソードトークだって、全てが事実じゃないでしょ。


色をつけたり、無駄な所をそぎおとしたりするから、おもしろいのであって、事実とちがうかもしれないけど、エンタメとしてはオッケーでしょ!
今回もオッケーだと思う。


ただし、ダイエットなどでうまくいった方法を紹介するなどの嘘はだめ。


それは傷つく人がでるから。



新種を純粋に見たいのならNHKの正統派の番組を見ます。

あの番組がおもしろいのは人物の面白みと取り組んでいる過程なんじゃないかな、と思うんですけど。
例え捕獲できなくてもそこへ至る過程が見ていて楽しいんですよね。
だから、ありのままを放送して欲しいな、と思います。
1種でも発見できるだけで充分すごいな、と思うんですけど。
実際現地で泥塗れになって取り組んでいるんですよね?こういう嘘があると、実はCG?どこか違う場所で撮影してそれっぽく見せてる?なんて、余計な猜疑心が出てきてしまいます。


もっとバラエティ色が強いところの
やらせなら全然ありだと思うがこれは
ガチ感があったほうが面白いものだからなあ。


実際見つからんくてもええねん。


それはそれで面白いんだからさ。


まあ何が面白いかわからんから
こんな番組作りになってしまうんでしょうけどね。


tbsに限らず視聴者が面白いと思うものを
理解してない人たちが増えてきてるから
テレビはどんどんつまらなくなってるんでしょうね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!