檀れいと及川光博(ミッチー)が離婚!ネット民「びっくり!」「やっぱり」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 歌手・及川光博(49)と女優の檀れい(47)が28日、離婚したことを発表した。
所属事務所を通じて報道各社にファクスを送付し、連名で「本日離婚届を提出しました」と報告した。

所属事務所によると、及川はこの日都内の区役所に離婚届を提出。
慰謝料、財産分与はなく、離婚に関する会見の予定もないという。

2人は直筆の名前入りの書面で「この度、及川光博と檀れいは11月28日円満に離婚したことをここに報告させていただきます」とコメント。
「それぞれの未来のために二人でよく話し合った結果、本日離婚届を提出しました」とした。

「出会いから9年、2011年7月に夫婦となってから7年間、共に学び、支えあい、仲良く過ごしてまいりましたが、互いが仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなくなってしまったのが実情です」と説明。

「共に表現者として尊重しあい、笑顔で出した結論です」とし、「今後も努力し精進してまいりますので、どうか温かく二人を見守っていただけますようお願い申し上げます」と結んだ。

2人は2009年秋に及川がレギュラー出演していたテレ朝系ドラマ「相棒 season8」に檀がゲスト出演したことがきっかけで出会い、交際を開始。
11年7月27日に結婚していた。

及川光博、檀れいが離婚発表「仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなく」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 歌手・及川光博(49)と女優の檀れい(47)が28日、離婚したことを発表した。 - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)

『及川光博、檀れいが離婚発表「仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりが持てなく」』のニュースに世間の声は

なんとなくこうなるような気がしてたと思う。
二人が納得したその形ならメディアも追い回さずにそっとしておいてあげて欲しいと思う。
ただ残念な気持ちもあると思う。

2人とも好きだから、残念
でも夫婦の問題はご本人にしかわからない色々があると思うから・・・お互いにいい選択をした結果ならしょうがないよね

結婚直後から不仲説や離婚の噂はあったからね。双方が納得しているならそっとしておく方がいいと思う。

結婚も意外だったけれど、離婚も意外。
それぞれの道で幸せになって下さい。

そんな気はしていた。寧ろ長く続いた感はある。

ミッチーは独身のほうが似合うでw

えー…単純に残念だなぁ。いい夫婦でいて欲しかったけど、難しかったのかな。

すぐ離婚するんじゃないかと言われていたが、意外に長く続いていただけにびっくり。

あまり夫婦感が無かったからなあ。
お互い芸能人で現役だが、一緒に出演することが全くないしね。
二人ともこうならなければいいと思っていたけど、やっぱりという気もする。
こだわりが強そうな感じだから、上手くいかなかったのかなあ。
残念だけど、こればっかりは夫婦の問題だから仕方ないね。

どちらも生活感がない感じだったから、ルームメイトに近かったのかな?
どちらも1人が向いてる気はするが、逆に出会わなければ、一生独身だったと思う。
それぞれ応援するのは変わらない。

正直、あまり驚かない。
そういう人多いんじゃない?
どちらも我が強そうというか、メディアの一線に出て活躍できる人は中身が男だと思う。
大原麗子さんが森進一さんと別れたときに「家庭に男は二人もいらない」って言っていたのを思いだした。
子どもがいないのが幸い。

元タカラジェンヌにも、離婚はありますね。離婚を機に、舞台に復帰する人もいる。子供のいる元ジェンヌさんは、女手一つで育てなければいけないということもありますから。最初は、好きで付き合っていても、様々な事情で旦那と離婚ということはある。人生、何が起こるかわからない。

円満なら離婚なんてしないと思う。
結婚していた時からなんとなく誰もが予想していたと思う。
これからの人生楽しく過ごしてもらえたらと思う。
他にも年末までに離婚ラッシュが来そうな気がする。

今は花田夫妻の離婚の話題でワイドショーは持ちきりだからタイミング的にはいいな。円満では無かったという事ね。

今の世相から考えると、どさくさに紛れて良い時期だと思ったんじゃないかな?

どこがって言われると言えないが、最初からなんか違和感は感じていた。
なるべくしてなったことのような気がする。

意外というかやっぱりというか……

ミッチーの場合は一度結婚した方がイメージ的には落ち着いて良かったし、離婚しても悪い印象も無い。檀れいさんも。2人が喧嘩したりする場面を想像出来ないので、どんな感じに離婚話が出たのか興味はありますが、お互い幸せになって欲しいです。

一旦は別れていたけど、東日本大震災で独り身に不安を感じて結婚したらしいですね。
この年と翌年はそう言う理由で結婚に走った男女が多いらしいです。
冷めてた夫婦が震災をキッカケに相手の存在の大切さを再確認できたと言う話もあるけれど、もしもの時に頼れる相手(自分にメリットがある相手)として結婚した夫婦がその2、3年後に離婚に至ったケースは年別離婚数のグラフを見たらわかります。
この夫婦に違和感はなかったけど、長くは持たないだろうなとは予想できてた。

子供がいないなら別にいいと思う。
親の都合で振り回されるのは子供が可哀想だからね。

びっくり
良い夫婦だと思っていたのに
及川さんの世間ばなれ感が強かったのかな?
次の人生はお二人とも お幸せでありますように

檀れいさん結婚が合わない感じがすると思う。

そっとしておきましょうと書いている人多いけど、ここに書いてる時点でそっとしてないでしょうといつも思う。

最近は仲良さそうだったから意外
ミッチーのことは大好きだから幸せになって欲しい
でも、ミッチーに結婚は合わないかもね

結婚も驚いたけど、離婚もびっくり。子供に対する考えも違ったのかな。それぞれ、幸せになって欲しいです。

夫婦には夫婦の。家族には家族のそれぞれの理由があって離れ離れになる事がある。ましてや多忙な芸能人は色々な人に見られているが故に会見はしないにしても書面でマスコミ等に報告するのが通例。貴乃花さんと景子さんの離婚もそうだが『離婚しました。と報告がありました。』で終わりで良いじゃないですか。理由が何だとか資産がどうとか1番デリケートなトコロをあーだのこーだのって……他に報道する事あるでしょ。たしかにテレビは視聴率が大切かもしれないけどもっと大切な事があるのを忘れてはいけないと思う。

良く持った方だなっていうか何とか持たせたのだと思う。1年で離婚しても不思議ではなかった。

芸能界は多かれ少なかれこういう事で別れるケースが多い。
でも本当の理由は当人同士しか分からないし
そもそも、離婚しましたなど発表する意味がわからない。
それこそプライバシーだと思うけど、芸能界はプライバシーを売り物
これもある意味宿命であり、今後はそれぞれの舞台で活躍して欲しい。

どちらも芸能界で輝き続けてきたスター。いわゆる+と+、陽と陽。夫婦はどちらかが支える方に回らないと関係が安定しない。檀れいさんの方が仕事をセーブできてたらと思うが、舞台、映画、ドラマとおそらくスケジュール帳の空きもない状態だったろう。かと言って完璧主義者の及川が仕事を控えるなんてありえないことだから、元々難しいカップルだったと思う。

別に結婚しようと離婚しようと、それは当人同士の問題であってそれを無関係な人間があーだーこーだー言う物じゃないでしょ。
芸能人だからと言ってプライベートは私人なんだし、公表するしないが話題や問題になる事自体どうかしてると思うけどな。
子供もいないみたいだし、お互い40超えてる同士で話し合って決めた事なら素直に受け入れるべきでしょう。
やれ独身が似合ってるとかファンがそう言う事言うのも、当人には負担になっているかも知れないんだしさ。

結婚当初からいろいろ噂があったからなぁ。なんとなく納得。

驚きです。
色々と活躍されている裏では、すれ違いとかもあるでしょうからね。
お二人とも今後とも活躍されますように。

ちゃんとけじめをつけたかったんですね。
お二人がますます俳優として磨きがかかることをお祈りします。

結婚した。と、ニュース見た時、接点が分からず、ものすごい驚いた。
今年の番組の中で、「奥さんよくやってくれてる」とミッチーが言ってたの見た記憶もあって、美男美女のカップルでお似合いだな。と最近思っていたのに、まさか離婚されたんだ。と
今日知ってショックだった。
仕事で共演して、結婚につながり、お互い仕事が忙しくなり、すれ違いが増えて離婚した。
って・・・。
仕事がご縁だったのに残念な気がします。
文面読む限り憎しみあってた訳ではなさそうだし、俳優同士だからお仕事一緒にする機会もありそうなので、さらにいい俳優さんになってほしいです。

正直「やっぱり」というのが第一印象だけど、生活感のない素敵な美男美女夫婦という形で長く続いてくれたら、という期待もあったので少し残念。

もともと2人とも結婚には向いてなさそう。
意外と長く続いた方じゃない?!

二人とも浮世離れしてて、結婚するイメージがない人たちに見えたから、結婚のニュースを聞いて驚いた。お互いいい仕事をしているし、仕事自体が夢を売る仕事だから、離婚でイメージダウンの心配もないと思う。

どんな離婚でも結婚する時より何倍もエネルギーを使う。結論を出すまでにお互い随分疲れたと思うけど、これからは同じ舞台で仕事をする同志として頑張って欲しい。

仕事で檀れいさんが打ち合わせに見えた時に物凄くストイックで出されたお茶やお菓子には一切手を触れず全部付き人の方が持参したものを召し上がっていらっしゃったそうです。足元もルームシューズ持参でまさしくリアルお姫様。お相手もリアル王子様っぽかったのに残念です。結婚って超現実的だからお二人には向いてなかったのね。

40過ぎて思うのは、結婚に向き不向きがあり、結婚という形が良くも悪くもあるということ。友達というのとはちょっと違う、恋人関係でお互いが生きていくという形もアリだと思う。このお二方がそういう関係かは分からないが…


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!