ドラゴンボール作者の鳥山明がフランス政府が芸術文化勲章を受賞!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

漫画家の鳥山明さんが、5月31日(金)に日本のフランス大使館で行われた式典で、芸術文化勲章を授与されたとフランス版HUFFPOSTが報じた。

漫画・アニメ『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』は世界的に人気を博している名作で、今回フランスにおいてその人気が評価され受賞に至った。

同じ芸術文化勲章はこれまでに、『宇宙戦艦ヤマト』などで知られている漫画家の松本零士さん、『AKIRA』などの作者で漫画家の大友克洋さん、『アウトレイジ』を手がけた映画監督の北野武さんらが授与されている。

フランスでは1972年に初めて日本のアニメが放送されて以降、徐々に人気を獲得して1980年にはほぼリアルタイムで放送されるようになった。

その人気を作り上げたのが「クラブ・ドロテ」という日本のアニメを放送していたフランスの番組。

『ドラゴンボール』『うる星やつら』『Dr.スランプ』『北斗の拳』『セーラームーン』などが放送され、当時の視聴率は55~60%を記録していたという。

その後、作中の暴力的なシーンなどに批判が相次ぎ、検閲で戦闘シーンなどの大幅なカットがされて放映され、1996年には放送中止になってしまったものの、それが逆にファン同士がネットワークを作りあげることに作用して、独自に日本アニメを輸入する専門店や出版社まで登場。

また、1993年にフランスの出版社が『ドラゴンボール』をローカライズして販売を開始したのもきっかけとなり、日本の漫画・アニメが文化的な現象を巻き起こした。

そして、その中心にいるのが『ドラゴンボール』だった。

『ドラゴンボール』の人気は勢いを増し続けている。

去年末から順次公開された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』は、メキシコ、ペルー、チリ、アルゼンチン、中央アメリカ、コロンビア、プエルトリコ、トミニカ共和国などで公開初週末ランキングNo.1を獲得。

アメリカとカナダでは公開日から2日連続で全米デイリーボックスオフィスランキング1位を獲得し、その興行収入は130億円を突破した。

さらに2018年リリースのゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』は、その競技性が高く評価され国内外でe-Sportsタイトルとして盛り上がりを見せ、そちらも世界から熱い視線を浴びている。

これから、よりたくさんの日本の漫画・アニメが世界で評価されて欲しいものです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00010003-kaiyou-ent

『『ドラゴンボール』鳥山明にフランス政府が芸術文化勲章を授与』のニュースに世間の声は

勲章で箔付けが必要ないくらい鳥山先生の天才性は圧倒的。

非常に素晴らしいですね。

日本のアニメは世界に認められてるんだから
どんどん発信してほしいし、他国の追随許さない程に突き抜けてほしい。


そのためにもアニメクリエーター業界に対する労働環境をもっとよくすべき。


今のままじゃどんどん優秀な人材が減っていくし、他国の侵入を許すことになり、結果的に海外にすべて流れてしまう事さえ考えられる。


ただでさえ、ドラゴンヴェインのような異物に侵食されつつある日本ですからね。


日曜日に放送されるドラゴンボールで、日曜礼拝に行く子供が激減したって社会問題になったらしいよね。

コミックスの向きも、日本語は縦書きだから、それまでは反転させて印刷していたものを、「それでは原作の良さを損ねる」ということで右めくりのまま出版してその後は、それが日本の漫画のディフォルトになったというし。


考えてみれば日本でもドラゴンボールはパイオニア的作品だしね。


日本のアニメは独特で優秀、他国に類似したアニメは無い様に思います。

国として日本はアニメを輸出して利益を出す事を考えても良い様に思います。


鳥山先生の功績は本当に素晴らしいと思います。

原作マンガの評価だけではなく
原作を元に製作されたドラゴンボールの主題歌に至っては
アニソンの世界進出にも大きく貢献していると思います。


また、モンキーパンチ先生のルパン三世に至っては
アニメ最新作が日本よりも先にフランスで放送されるほど。


日本の誇る素晴らしい文化だと思います。


ドラゴンボールは大人が観ても、切り取りの一回だけを観ても面白いのだよ。
理由は検討してないので未解明ですが、再放送で番組があると単純に楽しませてもらっています。

鳥山さんが勲章をもらっても何の不思議もない。

フランスからだと聞くと、やはりフランスはすごい国なんだと思う。

日本の文部科学省も早く気が付いて下さい。

フランスが気づかいていることが判明した以上、気づかないと恥ずかしいかもだよ。

文化勲章など受賞しなくても、ドラゴンボールは世界一の漫画であり、鳥山明先生は世界一の漫画家である。

リアルタイムでこの作品に触れ、漫画やアニメを読めたことは誇りである。

ジョジョや北斗の拳も素晴らしいが、ドラゴンボールには一歩及ばない。

今後、このような作品が日本から出るのだろうかと思う。


今でこそアメコミが次々映画化されてますが
アメリカではマンガはバカか子どもが読むものって言われてました
マンガで日本語を覚え好意的なデイブ・スペクターさんと違い
ケント・ギルバートはマンガを読むのは時間の無駄とよく言ってました
フランスで日本のマンガが受け入れられるのはタンタンのように
人気のあるバンドデシネがあるからでしょうね

独自性の高い世界観や作画力はもっと評価されていいと思う。

連載当時、自分の周りに「ジャンプを買うけど読むのはドラゴンボールだけ」と言っていた大人が多かったのを思い出した。


漫画家は、ストーリーから作画からキャラクターから全部一人で作る天才です、マルチとかデザイナーとか、他に例え様がない。
視聴率60%って驚異的、どれだけ成長期の子供に影響を与えるか、それに世界の子供達が目にすることを考えると、世界の平和を植え付けるようなアニメであれは、日本人として嬉しいです。

漫画家は、ストーリーから作画からキャラクターから全部一人で作る天才です、マルチとかデザイナーとか、他に例え様がない。
視聴率60%って驚異的、どれだけ成長期の子供に影響を与えるか、それに世界の子供達が目にすることを考えると、世界の平和を植え付けるようなアニメであれは、日本人として嬉しいです。

Dr.マシリトは、よくこの才能を発掘、育てたなぁ。
感嘆。

鳥山先生は日本の国民的英雄。
ドラゴンボールは今後も語り継がれてほしい超名作。

「我々は主にエロスと暴力しか表現してこなかった」 日本のアニメ業界を評した押井守の言葉だけれど、世界的に評価されているのは、やはりソコであってソレ抜きにしては日本のアニメは成立しない。
捉え方によってはドラゴンボールの評価も(勿論ソレだけではないが)ソコに 要因がある と思う。

確かフランスでの視聴率は80%を越えてたはず。
人気を考えると勲章も当然だろな。

今、ジャンプアプリで週ごと更新で久しぶりに読ませていただいてます。

フリーザ編の最初あたりですが、読んだことあるのに毎週楽しみです。


芸術の国、フランスでの受賞に意味がありますね!
おめでとうございます。


どの世代の子供達も夢中にさせる少年漫画はドラゴンボールしかないと思う。
やっぱり鳥山明先生は偉大。

鳥山先生を評価しているのがほとんど海外という事実な
日本はこのことを恥だと思ったほうが良いよ

来年か数年後は高橋留美子さんもかならず受賞すると思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!