警官に昇任試験問題集の執筆料1億円超!「副業禁止抵触では?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 警察庁と17道府県警の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する民間企業の依頼を受け、問題や解答を執筆して現金を受け取っていたことが西日本新聞の取材で分かった。

企業の内部資料によると、過去7年間で467人に1億円超が支払われていた。

最も高額だった大阪府警の現職警視正には1500万円超が支払われた記録があった。

取材に対し複数の警察官が現金授受を認め、一部は飲食接待を受けたことも認めた。

識者は「公務員が特定業者の営利活動に協力するのは明らかにおかしい。

業者との癒着が疑われる」と指摘する。

この企業は「EDUーCOM」(東京)。

関係者によると、内部資料は同社が作成した2010年1月~17年3月の支払いリスト。

警察官467人の氏名や執筆料、支払日が記され、ほとんどが警部以上の幹部だった。

執筆料は、階級に応じた単価にページ数を掛けて算出していた。

最高額の大阪府警の現職警視正は7年間で1万8778ページ分執筆していた。

このほか、宮城県警の警視正と京都府警の警視がそれぞれ約500万円、千葉県警の警部が約317万円など。

福岡県警の最高額は本部所属の警視で2年間に約80万円、熊本県警は警視級の署長で4年間に約250万円だった。

複数年にわたって執筆し、50万円以上を受け取った警察官は41人で合計額は約8150万円に上った。

執筆料が多額に上るケースでは、リストに載る警察官が窓口役で、複数で執筆を分担した可能性がある。

一方、巻頭言や設問を1回だけ執筆した警察官が半数を占め、大半の執筆料が数千~2万数千円だった。

公務員の副業は原則禁止されている。

警察庁と各警察本部に情報公開請求したところ、いずれも副業許可は出ていなかった。

地方公務員法(兼業の禁止)などに抵触する恐れがあるが、警察庁などは「個別の事柄についてはコメントを差し控える」と回答した。

取材に対し、複数の警察官が「小遣い稼ぎだった」「上司から頼まれて断れなかった」と認めた。

同社側もいったんは事実関係を認めたが、その後は「個人のプライバシーに関わるので、これ以上は答えられない」と取材を拒否した。

警官467人に執筆料1億円超 副業禁止抵触か 昇任試験問題集の出版社(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
警察庁と17道府県警の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する民間企業の依頼を受け - Yahoo!ニュース(西日本新聞)

各県警察官の執筆内訳

参照:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/347298/

関連記事

警察の内部文書が民間企業に流出!「守秘義務違反か?」
執筆料を1千万円以上受け取った警視正も!「脱税してたの?」

『警官467人に執筆料1億円超 副業禁止抵触か 昇任試験問題集の出版社』のニュースに世間の声は

無届けならば、当然、抵触しているから、金額に応じた処分は必要でしょうね。
しかし、専門的な知識を活かす方法は、申請すればいくらでもあるし、また、活かすべきだと思う。
そのあたりのルールを守るのが、最も警察官に求められることだと思う。

運転免許の更新に行くと、「安全運転BOOK」なる小冊子が配られる。
先日、更新だったのだが、これは三重県津市の印刷会社が印刷したようだ。
実は5年前の「安全運転BOOK」を車の車検証入れにおいてあったのだが、これも同じ会社の印刷である。

四国のとある県なのだが、5年前と同じ会社の印刷なのだ。

県単位ではなく、警察幹部の全国規模の癒着利権があるのではないかね。


これは警察だけじゃないことでしょうが、きちんとルール化すればいいのではないでしょうか。
公務におけるOJTの成果を個人が収益化するのは聞こえが良くないと思います。

基本的には断固として真相究明し処分する必要がある。

法を守る警察がこのような事をするのは、一般市民が落とし物を届けず盗むよりも質が悪いと思う。


ただ、公務員の副業や兼業をある程度認めるように早く改正すべき問題でもあると思う。


公務員は給料も少なく、年金も退職金も大幅減額され、老後もかなり大変な状況にある。


(反論も多いと思うが、日本の場合は公務員の給料が多い訳ではなく一般企業の給料が少ないのが問題で、公務員の給与について文句を言うのではなく、全体の給与を上げるようにしないといけない。

iDeCo等の活用と言う話もあるだろうが、公務員の場合は運用金額も少なく、今40代以上の人にとっては期間も短すぎるので効果は非常に限定的。

但し、記事の中にあるような警視正とか所長とか副所長とかのような、立場のある人や、一定以上の年収の人への副業は、癒着や不正の影響が大きすぎるので、控えるべきだとも思う。


地方公務員法というものがあり、公務員は仕事上知り得た情報を外部に提供したり、副業については許可を得ない限り禁止をしています。

しかし、実際は形骸化、上級幹部のみ利益を得るような構図になりつつあります。


過去に警察官が趣味の釣りが高じて雑誌に寄稿していたことがあらわになったことがありましたが、なんで昇任試験問題は良くて釣りの記事がダメなのか。

しかも上級幹部には高額な執筆料が渡されている。

これは確実に副業ですね。

地公法違反に該当すると思いますから処分すべきです。


全員、階級が高い者ばかりであり、慢心と驕りがあると思う。


部下の上に立って指導監督する立場なんだから、自らが襟を正して模範を示すべきである。


上の者が隠れてこういう事をしているから、警察組織の不祥事は無くならないんだと思います。


こういう事案を聞くと、まじめに働いている人があほらしくなる
勤務していた国の機関は兼業について非常に厳しいペナルティを設けていた
窓口に依頼があった場合は、手続きが多少は簡略化されるが、個人の場合だと業務内容の記載はもちろん本来の業務に支障がないかスケジュールの照合、また虚偽がないことを申請し署名させられたものが事務決裁に回る
報酬が発生の場合はまた面倒な手続きを踏むため、断れない依頼などは休日に無償であたることも多い
現役の声や技術を参考にしたい職場はたくさんあるのだろうから、個人でなく職場が窓口となって公正な派遣や業務協力を行って欲しい

本来は副業が問題なのではなくそこから繋がる癒着や不正が問題なのに、全ての副業を禁止してそれを未然に防ぐというのは時代遅れになってきている。
副業を認め全て申告して癒着してるか否かを監視する方向性にもっていくのが現実的だと思う。
変になんでも禁止するから変なことになっている。
これは校則問題にも似た考えで日本はこういうのを変える時代にきてると思う。

現実問題として、本を読むだけでは、頭に入りづらいので、昇任試験用の問題集は欲しい。

誰に執筆をお願いすると、正確な解答が得られるかと言うと、現場で働く上官が最適です。


無償で質の保たれているものが作れるかと言うと、微妙な気がします?
警察官個人との癒着を避けたいとなると、
① 警察組織で請け負って、誰に委託したか分からないようにして内部で仕事として分配する。


② 業者が警察官に仕事を依頼する場合は、
一旦、警察組織に申請後、許可を得て行う。


あとで、受託内容を公表し、特定の個人に集中しないようにする。


副業規定の禁止はあるものの、
業務に影響を及ぼさない程度なら、
許可を得て、可とする方が現実的でしょう。


人を取り締まる側にいるものは、当然ですが、厳しく自分を律するべきです。

だって、日ごろは、「出来心でやってしまっただけなんです」とか言っている人を捕まえて、「罪は罪ですから」と容赦なく逮捕しているのでしょうから。


関わった警官は、当然、全員処分すべきです。


でも…身内に甘い警察なので、「注意」レベルでなにもしないのでしょうかね…本当、ずるいですね。


内部事情を知っており、人脈がない限り、これだけの人数から数千円程度の謝礼で問題を入手するなんて不可能。

警察、消防、自衛隊など内部で試験をするところはOBの再就職先にこのような出版社が多数ある。


民間企業では時間外労働を減らす代わりに副業を容認する動きもある。
公務員の場合は仕事の性質上難しいと思うが、民間だけ副業を前提とした低収入であり続ける、という官民格差ができる原因になりやすい。

民間企業は公務員のルールに準じていることも多い。


特定企業との癒着・内部情報漏えいの防止ルールは明確に決めた上で、公務員も率先して副業しないと「働き方改革」にはならないだろう。


少子高齢化が進む地方では、公務員が地域の営農組合に所属して土日祝祭日にトラクター等で農地を耕作するなど、貴重な労働力になってる場合も多いと思います。

ちゃんとした届出をしてその内容が本来の仕事に影響されない事ならば、認めていっても良いと思います。


規定を守らなければならないということは大前提でかばう余地はありませんが、しかしながらこのご時世、副業禁止という規定そのものを見直す時期なのではとも思えます。

安い月給、固定給ではどうしても望んだ生活ができない。

でも仕事を転職するわけにもいかないという人も多いはず。

全職業、本業を疎かにしないことは前提として副業を認める(副業しても咎めない)世の中になっていけば、もっと良くなっていくのではと……

公務員がその専門性において、個人的に講演や執筆を依頼されることはよくある。

学校の教科書は現職の教員が関わるのが普通だし、問題集や資料の編集も。

おそらく教育委員会等に届け出るルールだとは思うが守られているのだろうか?
民間との格差の是正や自然災害の復興資金作りでこの10年あまりの間に公務員の給与がかなり下げられたことも、こういった副業に繋がる原因ではないか。


それにしても警視正の1500万円は異常だ。


そろそろ副業の考え方を変えた方が良いのでは?国は、副業を推進する施策を打ち出しており、職業選択の自由がある中で、対価(お金)をいただいたとしても、本来正しいこと。

公務員だから、無償というのは、本来の労働という観点から外れているのでは?
公務員は、税金で生活をしているというが、業者が対価をこの金額だとして支払ったものは、一般企業者に対しては支払っている対価であり。

無償で行うことは、自由競争における経済社会を破壊している根源ではないのか?
つまり、公務員は公僕という考え方を改め、一労働者として権利をもって勤務したもらった方が、自由経済社会に適合するべき時期になったのではないかと思うけどね

執筆活動は通常の副業とは同じとは考えにくい。

それを何でもかんでも同じとすることに無理がある。


一般的な公務員(独立行政法人も!?)も含めると、大変。


ひとまず、業務に支障を来さなければ問題ないのでは?
それよりも、書籍化することによる情報漏洩の方に問題があるのでは?
なんのための副業禁止なのか?そこをよく考えて欲しい。


これが勤務時間外である事と 源泉徴収や上司への報告があれば個人的には なんら法に接触する問題ではありません。

ま いま頃は事案を薄めるために別の事件を掘り起こし世間を欺いて風化させる方向へ進んでいくと思います。


地方公務員法に抵触するならば、やるべきでない。

もっとも、そのあたりもわかってて行ったと思いすが。


交通違反で、問答無用で捕まったことがある身としては、法の下で仕事をする行っているなら、疑惑に思われることはするべきでないと思う。


公務員法に違反ならば当然それなりの何らかの対応が求められる。

全ての警察官の再教育が必要ではないか。

知ってか知らぬか知らないが。

公務員法は、警察官初期の段階で教育されているべき、一般の人でも
公務員のバイト的なことは出来ないとわかっているのでは。


こんなことでどうするのですかね。

終わっている。

専門的な知識と経験を活かして執筆して欲しいという要望もあるのだろう。

ただ、警視庁か警察署が公務の一環として職員に文章を作ってもらう方法なら、時間外手当ては発生したとしても執筆料は不要だったのではないか。


天下りを厳しく罰する必要があるが、役人上がりの国会議員が多くてこれに触れようとしない。

副業禁止と脱税で調査して厳罰と言いたいところであるが、身内に甘い役所なので無理か。


日本企業は、副業を原則禁止しているが、昇進昇給がなく、社員のモチベーションが下がる中、収入の確保や転職のきっかけ作りに寄与する面を考慮して、大きく緩和してもいいのではないか。

映画やTVドラマ制作時に、警察官や刑務官、刑事などに、この内容でリアルかどうかって教えてくださいの原稿制作時や撮影時の立会いでも、かなりのお金が支払われているそうですよ。
だから警察は芸能人が大好きで、マスコミも大好きで。

更に好きなのが、逮捕されたくないお金持ちなど。

車一台で勘弁してねなんて、よくあることよ。
名義書き換えが警察の管轄だしね。
駐車場の有無などでも、便宜を働いてもらう人がいると聞いて驚いたけど。

もっとすごい噂は、みかじめ料のほうが安いという風俗経営者の発言。

本来経営はNGだからね。
罰金に近いものがいただけるとか・・・おそらく警官個人などに支払われてると思うよ。
上司などには報告しなければいいわけだし。

この資料はいい加減で、数字も小さすぎだよ。


何が問題なのか?さっぱり理解出来ない。
警察官の資質、能力向上の為の学問に、先輩諸氏が多忙な中で時間を割いてまで協力しているのに、感謝されることはあっても、非難されることはあり得ない!

問題無ければ堂々と続けたらいいが、やめるのなら、問題の公表と関係者の処分が必要だろ

規則違反もさることながら、警察内部での不平等が生じる。

副業禁止と言っている上の者が副業している事が問題。


副業は構わないと思うが、収入は分配すべき。


不平等は社会の歪みの原因になる。


「監修」というのは必要ではあるから、基本的に所属長に届けがなされていればオーケーだったはずだがな。
副業禁止はあくまで原則。
もちろん無届けはアウトだろうけど。
たとえば家が畑をやっていたり、不動産経営をやっていたりという中で、公務員に採用されたら家業にノータッチとは行かんだろう。

副業をしていると、事件、事故、なにか震災が起こったときに出動できなくなる
生活に困るっているなら、対応できる相談窓口を作るべき
公務員叩きの残念な結果かもしれない

警察という組織を見直すべきでは?
飲酒運転、盗撮、窃盗……
絶対正義であるべき立場は特別だと思ってるんだろうか? 駄目なものは駄目として処分が必要だと思う。

民間が立ち入れない組織なだけにクリーンなイメージは大事な事。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!