執筆料を1千万円以上受け取った警視正も!「脱税してたの?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 警察庁と17道府県の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する「EDU-COM」(東京)から原稿執筆料を受け取っていた問題で、12カ月以上、毎月執筆料が支払われていた警察官が少なくとも36人いることが、同社作成の支払いリストで明らかになった。

このうち1500万円超を受け取ったとされる大阪府警の警視正には4年10カ月にわたって毎月支払われ、月の最高額は約137万円に達していた。

いずれも副業許可を受けておらず、地方公務員法(兼業の禁止)違反などに当たる可能性が高い。

リストによると、同社は2010年1月~17年3月、警察官467人に原稿執筆料として計1億円超を支払っていた。

このうち36人は、問題集の全国版と各県版を執筆。

内訳は、全国版12人▽兵庫版7人▽埼玉版5人▽大阪版3人▽北海道、千葉、京都版各2人▽奈良、愛知、神奈川版各1人―だった。

大阪府警の警視正は10年2月~17年3月に1万8778ページを執筆し、合計額は約1517万円。

12年7月以降は毎月14万円以上が支払われていた。

奈良県警の元警視は現職だった13年1月~17年3月、51カ月連続で計約407万円。

東北管区警察局に出向中の宮城県警の警視正には12年8月~17年3月、年10回前後、月当たり約2万~50万円が支払われ、合計は約500万円だった。

執筆料は階級に応じた単価にページ数を掛けて計算されており、月10万円以上支払われたのは34人だった。

階級が警部の場合、月138ページ(約2万7千字)以上執筆していたことになる。

福岡県警では、特定部署の警部が、毎年3月発行の「福岡論文直前対策集」の設問と解答を執筆。

13~17年にこのポストに就いた3人には、年1回の執筆で各40万円が支払われていた。

同社関係者によると、この直前対策集は「そのまま(試験に)出る」との評価もあり、執筆料は割高に設定されていたという。

熊本県警の警視級の署長には13年2月~17年3月、年1~4回支払われ、総額は約250万円

最も分量が多い月は495ページ(約40万円)を執筆していた。

公務員の副業に詳しい亜細亜大法学部の室井敬司教授(公法学)は

「繰り返しの執筆はもちろん、1回限りでも、分量が多ければ公務に支障が出る。警察本部長など任命権者の許可がない限り、明らかに違法な副業だ」

と指摘している。

SNSで調査報道の依頼を受付中!

西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。

ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010000-nishinp-soci

『警官36人、1年超毎月現金 試験問題集執筆料 識者「明らかに違法副業」』のニュースに世間の声は

関係者を明らかにして、刑事処分すべき者、脱税に該当する者、地方公務員法に違反する者を区分して適切に処理するべきでは?

一度徹底した調査をやってほしいです。
法に違反しているので。

そのうえで、警察の昇任試験という、一定の需要が見込まれる案件なので、今の現状に沿った新制度等を設定した方がいいかと思いました。


現金を受け取った者は本来の仕事をしていたのか。

何かをした謝礼というののは普通5000円か1万円程度だろ。

それも単発的で継続して何年もというのは誰が考えても明らかに違法である。

確定申告はどうなっているのか、しっかりと調査して摘発するべき。


そもそも身内に特に上層部には相当の弛みがある。

広島県の8000万円盗難事件など犯人と思われるものは極限られているにも拘らず解決していない。
取り締まる側がこれでは日本は法治国家ではなくなる。

違法だと分かっていながらやっている事なので厳しく対処するべきである。


以前にも、警察署長の転勤の際、闇の金が選別等で支払われていたという記事があったが、うやむやで解決されたという記事は見ていない。


特に、現場で勤務している若い警察官は諸事情から自殺者まで出る中でトップ連中は甘い汁を吸っている。

絶対に許してはならない。

その36人は、特に考慮すべき事柄(上司に半ば強制的にさせられたとかの)が無ければ首で良いじゃん。

既に退職してる奴は退職金一部若しくは全額返還。


法を取り締まり守るべき立場の人間なんだから、処分は特に厳格にするべき。


それに、試験にそのまま出るってどうなんだろうね。


そんなものが出回った日には、昇級試験の意味が無くなる。


広範囲に色んな知識を取得するべきだし、何度も記憶してしっかり覚えないとすぐに忘れてしまい役に立たない。


警察組織が腐ってる証拠。


これは明らかに違法であり、厳粛に処分すべきです。

一方で、副業のネガキャンに終わらず、どういう副業ならオッケーなのか、(今回のケースは裏を返せば、分量が少なくて許可を得れば合法ということになるはずです。


発言いただいた室井教授に詳しく取材していただき、官庁は前に立って実践してほしいものです。


まずは言い出しっぺの官公庁から試行錯誤してモデルケースを作っていただきたいですね。


贈賄罪等の刑事告訴に値する事件です。

警察官を含む国家公務員、地方公務員は自らの業務に専念し、違法と思えることについては、上司の指示とはいえ違法行為に手を出してはいけません。


違法な上司の指示については、内部告発(告発者保護は当然)すべき業務規則を徹底して守ってください。


また上司の指示といって、それを言い訳にしてはいけません。


今回の件については、厳正な懲戒処分(免職を含む)で対応するべきです。


民間なら当たり前のことが、行政指導行う公務員に黙認されることを絶対に許してはなりません。


行政内でできないなら、民間の第三者機関に定期的な業務監査を委託すべきです。


ひと昔まえは、警察の試験問題だけでなく、法律関係とか税務関係とか、各当局の担当が編者に名を連ねている関係書籍はたくさんあった。

多分、少なからず、原稿料や謝礼、報酬は支払われていたのだろう。


内容は、ほぼ毎年変わらなかったり、普通にパンフレットに書いてある程度のものであったりしたものも多かったが、そこに肩書きのある名前が書いてあることが大事だったのだと思う。


最近は、その内容通りにやっても違う判例になったりすることも出てきたため、名前を出さなくなったり、注意書きが書いてあったりするようになってしまったが。


一部ではまだ残っていたということですかね。


警察庁以外の各省庁も、、、新聞各社は、突っ込むべき(* ̄∇ ̄*)
兼業規定の所管、、、人事院も各省庁に調査すべき(* ̄∇ ̄*)

模範解答集の内容を丸暗記して回答すれば高得点が得られて試験に合格する制度を根本から変えないとネ~。
警察官としての勤務成績を第一に判断して昇任させればいいのですよ。
実務経験の乏しい方が試験に合格して昇任を繰り返すから中身のない空っぽな倫理観がなく順法精神が欠ける幹部が増えるのでは・・・。

過去の全国ニュース見る限り警察の不祥事は身内に甘いと思う。

警察を捜査する組織が必要だと思う。


見本としてさ、公の人間かそうでないか、上層部・経営者かそうでないかでさ、見逃してはならないよね。

これが民間で下っ端の人間なら流していいと思うけどね~、でも実際には下っ端の人間はガッツリペナルティくらうだろうからさ、上の人間ほど厳しい対応して良いと思う。

社会的に潰しても今までの蓄えあるから大丈夫でしょ。

執筆という表現を使ってるけれど実際に自身が書いているのではなくてもとある問題データを盗んで来ているだけだと思う。
だがそう報道すると贈収賄、情報漏えい事件になってしまうし、他の捜査情報漏えいなどまずいものが表沙汰になる危険性があるから副業禁止規定違反ということで始末したい思惑が見えすぎている。

マスコミも深追いすると警察関係者からの今後の情報提供しないよ?とか脅されて突っ込んだ報道ができないんだと思う。

たまたま判明しただけで、日本の癒着体質が問われるべき事態。
所得税法違反で摘発して、懲戒免職にすべき事案と考えられます。

これは個人犯罪ではない。
警察庁から頼まれたのであれば、警察庁が糾弾されるべき。
上司からの命令には服従するのも組織の流れ。

問題は金の流れを黙認していたこと。

また、守秘の文書が流れていたこと。

警察官が副業するのは悪いとは思わん。
むしろ公務員の副業を認めてやって欲しい。
ただ、こう言う出題する側だった場合、参考書など出版してはいけないとは思う。
警察官は権力があるだけに、健全な副業をして欲しい。

最近のテレビ番組だったと思うけれど、普通の警察官なのに、年収がすがいんだなって話があったような記憶がある。
危険手当が大きいのかと思ったが、何か裏がありそうですね。

警察は民営化して、市民は銃を所持するのが一番だと思いますね。

タクシー運転手や警備員に暴行する輩はいても警察官相手に殴りかかる連中ってほとんどいないでしょ。

これは結局日本人の上から下までお上に逆らうなっていう意識が刷り込まれてるからであって、警察官はその威光を盾に仕事をしているといってもいい。

で、上にいけばいくほどその恩恵を受けられるわけでそのための試験とそれに纏わる冊子に価値が出て執筆者にお金が入るのは当然だと思いますよ。

それを阻止するためには国家の威光を失くす。

つまり、警察は民営化して、競争させるのが一番だと思います。


そして、市民は自己防衛のために銃を持つ。


これで、タクシー運転手も警備員も暴漢を正当防衛で射殺できる。


一件落着と。


守秘義務にも大きく違反していますね。

守秘義務違反ですね。


懲戒処分は免れないですね。


これは脱税だし明らかな犯罪ですね、告発してほしいですね

法を守るべき立場で限りなく限りなくクロに近いお金の問題はマズいかな。
警察庁の長官が答えないといけないんだろうけど、自ら晒し者になって針のムシロに座ろうとは思わないか。

今更感。
以前、警察官やっていた人がいたから業者との関係はある程度知っていたし昭和の時代なら何の問題にもならなかった。
公務員全般にも言えるが昔から続いているものはいくらでもある

確定申告もしないで懲戒処分相当でしょうが執筆した警察官は各府県にとっては優秀な人物だろうから懲戒処分しないだろね。
出版社は支払った経費をどの様に経理してたか国税が調査すべきでしょう。

難しい問題。
金額は大きすぎるが、
報酬なければ協力するような人はいないと思うし
そもそも問題を外部に漏らすことは問題にならないのだろうか・・・
そしてその問題集を買うのはもちろん同業者でその人たちも過去問がなければ困るし、
必要なら県警なりが問題集を内部資料として作らなきゃいけないってことなんだろうか。


必要なことなのだろうから、勤務時間として扱い、規定の残業手当範囲で受取るなら良いと思うが、それを超えるなら、独立して、元○の肩書で請け負うべきと思う。

どこの官庁でも上級職はやりたい放題の現実。
権力者達は相身互いで、見ても見ない振りしてやりたい放題。

だって、誰が懲戒するの。

誰が注意するの。
全部権限は自分たちが握っている。
警察機構では権限が集中する階級社会で顕著だろう。

公務員法違反は明白、懲戒を望む。


現役警官に依頼するのが合理的であるなら依頼しやすい制度を作る必要がある。
が、ただの利権、名義貸しなのではないか?
パチンコ企業への天下りなど、監督権を笠にやりたい放題している印象がある。


執筆にはかなりの知識と勉強がl必要。
高額じゃないですよ。
許可の仕組みをきちんと運用すればそれで良いでしょう。

完全に違法ですね。

ある程度の役職の人は名前も公表して、処分すべき。

20万以上貰ってる人、一時所得で申告もしてないでしょう。

懲戒解雇を含めて厳正に処分すべき。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!