日本出身のフーターズ・ガールがアメリカフーターズで客から人種差別!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

レストランチェーン「フーターズ」のアメリカ・テキサス州の店舗に勤務していた日本出身の従業員が、客から人種差別を受けたと訴え、注目を集めている。フーターズ最高法務責任者は8月14日、現地メディアの取材に対し、その客を入店禁止にしたと話した。

「フーターズ」は、チアリーダーをイメージした従業員「フーターズ・ガール」で知られるアメリカン・レストラン。日本出身のエリナ・ブラックストックさんは、数年前からフーターズで働くことを夢見ていた。

彼女はハフポストUS版に「もともと飲食店のウエイトレスになりたかったんです。自信がなかったのですが、アリゾナの友達からフーターズはいいよと教えてもらって、フーターズで働きたいと思うようになりました」と話した。

ブラックストックさんは2016年からテキサス州・ウィチタフォールズ市に住んでいたが、そこにフーターズの新店がオープンしたことで、夢を現実のものにした。

しかし、ブラックストックさんは8月12日、会計でチップを受け取る際に、人種差別と考えられる言葉を投げかけられた。受け取ったレシートに「違う仕事をしろ」「黄疸」(肌や目が黄色くなる症状)などと書かれていたのだ。

ブラックストックさんは、「この表現を差別として受け止めている」と地元紙『ウィチタフォールズ・タイムズ・レコード』に語った。彼女は「この表現を知らない人もいると思いますが、『黄疸』とはアジア人に対する差別用語です」と話した。

この客は家族で来店、家族もブラックストックさんがアジア人であることをけなす態度をとっていたという。

アメリカでは飲食店での会計の際、チップとして15~20%を支払う慣例があるが、この客はわずか1%しか支払わなかったという。

ブラックストックさんは事件にとても大きなショックを受けて退職した。フーターズ・ガールであることはもちろん、もうレストランのウエイトレスとしては働きたくないと考えているという。

彼女は地元メディアの取材に、次のように答えている。

「本当に悲しかった。正直、言葉が見つかりませんでした。こんなことを経験したことはありませんでしたから」

なお、彼女のマネージャーたちや本社の人たちは、ブラックストックさんを支えてくれていたという。最高法務責任者のクラウディア・レビタスさんは8月14日、地元ラジオ局『KNIN』に以下のコメントを伝えた。

ブラックストックさんに対して客が示した差別的な態度や言葉を、我々は大変遺憾に思います。店舗のマネージャーたちはこの事件について知って、すぐに彼女を励ましました。その客を入店禁止にすることも伝えました。

さらに、当社の最高経営責任者テリー・マークスは、ブラックストックさんに直接電話し、彼女をサポートすることと、このような行動や発言は許されないことを伝えました。

ブラックストックさんはハフポストUS版の取材に、「小さな町だから、どこかで彼らに遭遇するかもしれません」「彼らは注目を浴びて、面白がっているのではないでしょうか」と不安を語った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010001-huffpost-int

『日本育ちのフーターズ・ガール、米店舗で客から人種差別 ショックで退職、客は出禁に』のニュースに世間の声は

アメリカのリベラルな都市部に住んでるけど、同じアメリカ人ですら、田舎っぺの赤首だらけって言うテキサスだから仕方ないね。彼女も都会で働いてたら違ったのかも。私も長いアメリカ生活で差別を感じたのはテキサスが殆ど(あとは同じく赤首だらけのテネシー)。住むのはもちろん、行きたくもない笑。アメリカの田舎は人間も未開で悲惨。

白人あるある。

もの凄くショックなのは分からないでもないけど、従業員達は励ましてくれてた訳だし、本人もそこで働くのが夢だったのだから辞めない方がその客に対しても仕事に誇りを持ってますって言う意思表示になって良かった気がする。
からかいたい人からすると、ダメージ受けてる姿を見たい、自分が優位に立ちたいという欲求があるから。

差別で泣いてたらアメリカには住めない。
アメリカの良いところは、必ず差別されてる人に手を差し伸べてくれる人達があらわれるところ。
会社も味方になってくれて客を出禁にしてくれるなんて、ポーズだとしても心強い。

差別あると思っていても、いざとなったらキツイわな。俺も海外のゲストハウスで経験あるわ。。

こればかりは当事者でないと分からないもんよ。。


自分もアメリカで人種差別受けたことあるけど気にしないのが1番です。
周りの人が励ましてくれたり守ってくれたからそれはそれで良かったんじゃないですか。

ショックだったとは思うけど、海外で働くなら、その程度の差別意識は常にあるという覚悟はいる。

でも、白人ごときに何を言われても気にする必要は無い。強い意志を持て。


アメリカあるある

アメリカでも南部は差別がかなりきつい
肯定するつもりはないがこの程度は日常良くあること
黒人が受ける差別から比較したらまだかわいいほう

ひどいな。怒れ。
んー、でもまぁ、髪の色といメイクといい、肌が文字通り黄色く見えるな。そういう風に写真を作ったのかもしれないが。
白人の真似をしないで、自分に似合う髪の色とメイクにした方がいい。

金髪で顔はアジア系
記事には日本出身とだけある
結局、この人の国籍がわからない
そっちの方が気になってしまった

家族ぐるみで差別するとか、ほんとに低レベルな人たちなんだなぁ。

もともと白人なんてみんな移民の子供じゃないの?

アジア人で金髪は、白人からしたら白人の猿真似と思われたりすることがあるし、みっともないと思う。

彼女、全然似合ってないし、


これからこの子どうするのかな?まず金髪やめた方がいいですよー。

アジア人女性が金髪に染めてると普通以上に差別受けるよ。

向こうさんにとって若い女性の明るい金髪って独特な期待感を持たせるものだし、場所も場所だから、差別発言した人以外にもよく思わなかった人たちはいたんじゃないかね…残念ながら。


20年以上も前だがアメリカに留学していた時期、差別は日常的で慣れてしまっていた。
いちいち気にしていたらアメリカで暮らしていけないと思った。
ただ彼女のスタイルは差別されやすいかもしれないね。
アジア人は誇りをもってアジア人らしくしていた方が差別はされにくい。
白人の真似をするのが一番嫌われる。

見えにくい差別なら都市部でもしょっちゅう受けました。被害妄想や自意識過剰レベルではなく、明らかな嫌悪。バイブルベルトならさらに酷いでしょう。
北米だけでなく欧州も同じ。だんだん偏見のない人も増えてきてるけど、持ってる文化じゃなく、見た目で攻撃する人が一人でも減りますように。
ただ、黄色のべったり顔に、取って付けたようなブロンドでは、同情心も萎え気味。

アメリカに行く前から南部の差別が根強いのは本人も知ってたことでしょう。だからこそこのまま引っ越しとかして引き下がって欲しくないね。

あの格好しといてメンタル弱いな

テキサスはアメリカじゃないと思うくらいでちょうどいいwww

多くの移民がいるけど、いるんだよねー。。差別してくる米国人。いい人もいるけど、ほんとに白人第一を剥き出しにしてくる米国人無理。
しかも田舎にいる人たちがほとんど。

アメリカという人種差別の坩堝に行ったのだから仕方ない。絶対無くならないと思う。

白人がなんぼのもんや

もちろんいいとは言わないけど、アメリカで差別は当たり前と考えた方がいいと思う。
差別が無いと思ってるとショックが大きいでしょ。
それを踏まえてアメリカで働かないと。
因みにこの娘が日本のレストランで働いてたらケバいとは思う。

チップがあるせいで顔色伺うのって疲れそう、。レシートにメッセージもいらない、最初から料金に含めておけば良いんじゃないの。

テキサスは差別多いぞ?沿岸部と違って内陸部は差別がまかり通ってる。
でも初めてなら少ないと思うが。

露骨かどうかの問題で
アメリカ人はアジア人を下に見てる。

すごい髪色とリップの色。
白人になりたいのかね。

なんでこの人がピックアップされたの?
他にも酷い差別されてる人いるはずだけど?

ヒューストンに駐在中、一度ですが明らかな人種差別を受けました。ザ 白人 ってタイプ店員さん、私には目も合わさず完全無視、お店に入ってきた白人女性には最高級のスマイルで接客してました。あーこれが人種差別かぁと悲しかったけど、いい社会勉強なりました。

テキサス州とか、未だに南部の田舎州は低所得者層を中心に露骨な差別してくるよ

頭が悪いレイシストたちってある意味かわいそう。
私も10年近く前にアメリカ、フランスで差別用語を使われたけど、怖いから言い返したり出来なかった。
未だに悔しいし、多分一生忘れない。
彼女の周りには良いアメリカ人も沢山いると思うから、前向きに生活して欲しいと思う。

やってはいけない事だけど仕方ないよ。海外で暮らすならそれくらいの覚悟がないと。

全ての人ではないけれど、お金に余裕のないやつの行動パターン。

日本育ちはいいけど、アジア人?

気にしないのが一番だと思う。アメリカ人は服装ダサいし、案外不細工が多い。何も優位性は無い。同じ国でもイジメとか差別があるんだし

辞めるぐらいなら大した夢でもないやろ

全然似合ってない金髪で、白人ぶっても無理がある。
店の方針かも知れないけど、日本人なら普通に自然体
でいた方がいいかと。


フーターズといえばこのユニフォーム

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!