福岡市城南区の連続不審火の犯人はなんと小6女児!学校でのストレスを発散

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 福岡市城南区のマンションで相次いだ不審火に関わったとして、福岡県警は29日、市内の小6の女子児童(11)を現住建造物等放火未遂などの非行内容で市児童相談所に送致し、発表した。

「学校での人間関係のストレスを発散した」と話しているという。

早良署によると、女児は2月21日夕~3月19日夕に計5回、マンション共用通路で、雑巾やテープ、段ボールなどに火を付け、室外機や壁などに燃え移らせた疑いがある。

いずれも気づいた住人が消し止め、けが人はいなかった。

署は防犯カメラの映像から女児を特定。

女児は、5件の火災全てに関わったことを認め「仲の良い友達が他の人と仲良くしていたことに腹を立てた」と話しているという。

この日の送致は4件。

残る1件は先月、署が児相に送致し、児相が今月13日、福岡家裁に送致した。

(川辺真改)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000081-asahi-soci

『連続不審火、小6女児を送致「学校でのストレスを発散」』のニュースに世間の声は

そのストレス発散方法が人に向かないことを願うばかりです。

既にメンヘラ臭が半端ないな。

真面目な事を言えば、愛情不足なんだと思う。


友達が他の子と仲良くしてるだけで失うかもしれない恐怖心があるんだと思うよ。


嫉妬深い子は大抵が人を信じられない所からきてるんだけど、それって幼少期からの愛情の量による部分が大きいから。


またすぐに火をつけると思うわ

まず6年生に驚きました。
友達に嫉妬…。

将来は男に嫉妬して事件にならないことを祈ります。


火を点ける事に発散や快感を覚えるのは危険。

カウンセリング受けた方がいいと思う。


一時的ないたずらでは済まないかも。


もう少年法を無くして欲しい、

名古屋の女子大生が人殺ししたのも、子供のうちから同級生に毒を飲ませたりいろいろしてましたよね。
気を付けないと本当に取り返しがつかないことになる。
子供だからって甘く見ない方がいい。

どれだけ心が歪んでしているのでしょう・・・・・
14歳以下なので、児童相談所へ通告したあと、今回は放火のため児童相談所より家庭裁判所へ送致される筈。


家庭裁判所の審判の結果によりますが・・・・・最低でも保護観察。


その意味する分かっていないと思う。


根本的な更生は難しい気がします。

今、捕まって良かった。
自分でそう思える様に
なって欲しい。


「学校での人間関係のストレスを発散した」
小学生がこれを言うのか。

闇深いなぁ。

相談する気にもならない大人の責任かな。


当たり前ですが放火は犯罪であり重罪です。

本人に責任能力が無いのであれば、保護者が責任を負うべき。


小学校高学年になると、急に人間関係が複雑になる。

陰湿な子どもはとことん陰湿になるし、
特に女子はものすごく残酷な傷付け方をする子もいる。


だからこそ、家が心と体をゆっくり休められる場所じゃないといけないのに、親が無関心だったり、厳しすぎてしまったら子どもは追い詰められる一方。


たった11歳の子どもがここまで追い詰められて、親は一体何をしていたんだろう。


少年時代の凶悪犯は更生を期待しないほうがいい。

結局再犯して出さなくていい被害者を増やす。


社会がやさしく受け入れないとか再チャレンジ許さないとかそんな甘い考えは捨てたほうがいい。

ガチの悪人は優しさも食い物にするからね。

子供だからしょうがないではなく子供の時から既に凶悪ってのが重要な箇所。

根っからの悪、何も感じない人ってのは信じられない事に存在する。

むやみに擁護する弁護士や人権屋とかは社会が規制しないとダメだよ。


狂人を野に放されて被害を被るのは普通に生きてる皆だからね。


まさかまさかとは思うが、自分の年齢なら少年法が保護してくれるわ、的に考えての行動なら将来また再犯する可能性は高いと思う


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!