GW10連休限定で保育補助加算!保育施設一時預かりのニーズ増加と予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 政府は皇位継承に伴う4月末からの10連休で、国民生活に影響が出る事態を避けるための対処方針をまとめた。

通常の休日よりも保育施設への一時預かりのニーズが増えると想定し、10連休に限って国が補助を加算する制度を創設。

競馬や競輪などの公営ギャンブル、パチンコに未成年者が関わらないよう年齢確認を徹底する。

政府関係者が25日、明らかにした。

各府省庁はこの対処方針を基本として順次更新し、10連休対応に万全を期す方針だ。

異例の長い連休になるため、保育や医療、ライフラインなどの運用面で支障が出かねないと不安視する意見があった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000007-kyodonews-pol

『10連休限定で保育補助加算 政府、影響回避へ方針』のニュースに世間の声は

10連休を無理繰り実現させるから、しわ寄せが来る人だって沢山いる。
それを保育限定とか思い付く職業にだけ補助。
そんな事しか出来ないのなら連休を無理やり作らないで欲しい。
なら、大勢の人々の連休を支えるために仕事をする全ての人に補助金出して欲しい。

連休を謳歌出来るのは、電気ガス水道が止まらないから。

飲食店やスーパー、コンビニが営業してるから。
遊園地や映画館、高速道路を営業してるから。
救急病院が開けてくれてるから。
皆が謳歌してるのを一部の人が支えてるって事
その人全てに援助するならわかるけど。


10連休関係ない職種もたくさんあるだが。

そこは問題にならないんだ。


これは難しい問題。

保育所を開いて欲しい親御さんのニーズも分かるけど、普段忙しいのは保育士さんも一緒。


ライフワークバランスを考えたら休んで欲しいところもある。


サービス業などで、土、日、祝の出勤がある親御さんは、普段なら配偶者や他の親族、またはほかの保育施設でお子さんの保育のやりくりをつけているのだと思う。


10連休ともなると、親族ならなんとかなるけれど、他の保育施設に預けているかたが難しいということなのだろうか。


いずれにせよ、レジャーに出掛ける方のいる一方で預け先にも困るお子さんがいるのは切ない。


国は公務員とサラリーマン、OLしか居ないと思っているようだ。

個人事業主、小規模事業者は休むに休めない。


社員を休ませて月給を支払う。


日給月給、働く日が少なくなって給料が減ります。


手間賃を稼いでいる人も苦しくなります。


数え上げたらキリがない。


現政権につくづく失望落胆しました。


あと先考えずに10連休にするから、こーゆーことになるんだよ!!
10連休撤回!を希望します。


医療関係者や販売などのサービス業の方への負担は考えないのね

10連休ではなく、有休義務化を10日にすればよい

保育施設だけ10連休に限って国が補助を加算する制度を創設するのか不思議だなと思う。

他の業種でも休めないところが多い。


他の業種でも補助金を出して欲しい。


何故、10連休に限ってギャンブルの年齢確認するのも意味が判らない。


確認するなら、他の土日もやるべき。


いろいろな問題が起きる事が安易に予想できる。

10連休…
休みたくなくても休まないといけない業種のことも考えて欲しい。


3の売り上げ減。

まだ、休めずに売り上げあったほうがいい。


損失保証して欲しいわ。


10連休にしてくれなんて誰が頼んだ!?やめてくれ。

国民が喜ぶと思って10連休を作ったんでしょうか…。
もしそうなら考えが浅すぎますよね。

10連休なんてやらなきゃ良いのに。

めっちゃ迷惑。


世の中には、無計画に散財する人間はいるけど、国政でそれをやってしまうと国が滅びる。

そもそも、安倍晋三自身が社会人経験もなく禁治産者と言えなくもない。


10連休不要
有給休暇の取得の強制も国が進めるが
非正規雇用者は月給でない人も多いと思う。


結局、収入ダウンになるだけ。


保育園で働いてるけど
なんでこんなにも限定的な
しかも補助とか急に思いついたように発表されるのか。

理解できません。

みんな働いてしっかり税金を納めてねって事よね、、、
鉄道や空港、道路整備、飲食店、レジャー施設
警備も怠りなく回さないと。


要は10連休ずっと休めずに
通常より厳しい態勢になるのは
保育園や銀行や医療機関だけじゃ無いんだけど。


10日間も旦那が家でごろごろしているのかと思うとゾッとする。

いろいろ乳児、幼児に補助するのはいいけど
結局、その払った借金はその子が将来払うだけの事。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!