どうした浜崎あゆみ!松浦勝人会長との交際を小説「M 愛すべき人がいて」で激白!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)と交際していたことを初めて告白した。

浜崎への取材を基にした小説「M 愛すべき人がいて」(8月1日発売、幻冬舎)で出会いから別れまで赤裸々に詳述。

出版にあたり「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」との言葉を寄せている。

「平成の歌姫」がデビューから20年間隠し続けてきた“秘められた恋”が、令和になって明らかにされた。

著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美氏。

浜崎への取材を基に、1998年の歌手デビューからトップスターへ上り詰めるまでの2年間のサクセスストーリーに秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。

松浦氏ら実在する人物が実名のまま登場し、渋谷109などの具体的な場所や生々しい会話のやりとりは、事実を基にしたノンフィクションノベルならではの臨場感がある。

年齢をごまかして入店した六本木ヴェルファーレでの出会い、松浦氏からの電話の回数を日記につけ、初めてのドライブで耳が真っ赤になるほど照れた瞬間など、気になる男性を前に右往左往する姿は初々しく、誰もが知る“あゆ”の意外な素顔に驚く場面も。

華やかな芸能界での成功を夢見る一方で、小さな幸せを求めていた歌姫の実像が丹念に描かれ、初めて結ばれた時の“秘密”を背負いながらの疾走と突然訪れた破局というスリリングな展開は、どこまでが事実か分からないが、濃密な時間を過ごした2人という“事実”だけは明確に刻まれる。

本のタイトルになっている代表曲「M」や「Boys&Girls」などのヒット曲が、2人の交際の中で生まれた歌詞であるという事実もファンにとっては衝撃だろう。

3、4人のグループでデビューするはずだったこと、エイベックス所属前の芸名「浜崎くるみ」が苦手だったこと、4歳から父親と会っていないことや、デビュー曲の裏側にあった祖母の死などの秘話もふんだんにある。

「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」という衝撃的な文句。

デビュー20年、40歳になった平成の歌姫。

令和をどう歩むのか、その誓いとも取れる“激白小説”だ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00000004-spnannex-ent

『あゆ激白 松浦エイベックス会長との秘められた恋、ノンフィクションノベルで赤裸々に』のニュースに世間の声は

浜崎あゆみさん、貴方は一時代を築いた人なのに。

それをやってはおしまいだよぉ。


とても残念。


とうとうここまで落ちたか。

秘められた恋は、秘めたままの方が良いと思うのですが….。

表に出したら、ただのゴシップになってしまうと思います。


相手の方には、小、中学生のお子さんもいるみたいですから。


松浦さんの彼女だったから、大々的に売り出されて成功したのね…としか思われないです。

今、言うのは、中途半端で、もっも晩年に…だったら、まだいいですが、ここで言うのは、ダサいです。


当時、大変な人気があったのは確かだし、可愛らしい顔立ちとハイトーンボイスは魅力的だったけど、この内容だと「だから売れたんだ」と思われても仕方ないかも。

会長と交際ってのは墓場まで持って行った方が良かったのでは。


自分のプライベートを切り売りしないといけなくなったんですね。

今の現状をみれば、その社長の彼女だから推しに推されたから歌姫と呼ばれる地位にいたんだなとしか思えない。


ライバルと言われてた安室奈美恵とアーティストとしてここまで差がつくとね。


松浦さん、奥様いるのに、大丈夫なの???

そんな事今更言わなくても…
特別ファンでもなんでもないけど10代の頃、街へ出ると浜崎さんの歌声を耳にしない日はないのではないかと思う位に人気があった。

本当に残念です。

ネタ切れで、苦しまぎれの告白だね。

想像しただけで気持ち悪い

やっぱり芸能界って、プロデューサーと恋仲なり身体の関係がなけりゃデビューできないんだね。

小室と華原朋美と同じだ。


なぜ、今?お金に困り始めたのかな。

長瀬くんの事も書いたりしないよね?
昔のプライベートな思い出は、お互い
の胸に閉まっておけば良い。

こんな本
出す人とは思わなかった。

ガッカリ。

自分はいいけど相手が気の毒。
そういうことやめて歌で頑張ろうよ。

しょうがないよね。

長瀬とのことは書けないし、他に結婚した人やダンサーとかの事じゃ訴えられても困るし。


じゃ松浦さんてことでやろう!みたいな。


でもそれじゃ売れた理由が肉体関係あったからって見られると誰も思わなかったのかな。


どうでもよくね?

全て安っぽい

そこまでしなきゃ食べて行けなくなったの?
そんなことして何か得があるのかな
むしろ憎まれる人を増やすだけだと思う
松浦氏に関わってる人達から
墓場まで持って行かなきゃいけない内容はダメだよね

もう痛々しい。

身を切売りしないと生き残っていけないほどになったんだ。

こういうことは秘めておけばいいのに。


結局よくわかんない人と結婚離婚して、話題づくりも大変なんですね。


Mという曲は長瀬くんの事じゃなかったのかな?

もともと枕なのは有名だったけど、自らこうやって商売のために暴露するのはいかがなものかと。

仮にも一時代を作った歌姫なのに…
まぁその一時代も枕のおかげで作れただけではあるんだが。


みんな知ってる時点で、秘められたとはならないのに
有名な話でしたね
まだ、長瀬君との話の方が需要があったのかも

なんか あぁ~って感じです。

過去の切り売り しかも 必死にしがみついてる感ハンパないこの状況で 実力で売れたと言うよりコネじゃんって ただ世間に悪い印象あたえちゃったね。


何とか 返り咲きをと必死だけど 本人がもがくほど 世間はシラケちゃう。

本当残念な人になってしまった。

終わりの刻印だな

こういうのって、やはり落ちぶれたと感じてしまうのは仕方ないだろうな。

仮に過去の恋愛を語るのは良いとしても、相手の名前は出さないでほしかった。

恋愛ソングって聴いた人それぞれが違う人を思い浮かべて自己投影したり、共感したりするものだけど、それがこの曲はこの人を想って作ったって分かってしまうと、そのイメージが邪魔になったりする。

代表曲の『M』は自分も好きな曲だったけど、今後この曲を聴いたときに松浦氏の顔がチラつきそうで。

これホントに残念すぎる。

コレは完全に金儲けの手段に出ましたね。

ここまで来たか(笑)
100歩譲って、長瀬さんとの話は聞きたい人がいるかもだが
この話に需要あるのだろうか?売り上げより、失う物の方が多そう

話題作り…。

プライベートを切り売りするのはやめた方がいい。
ファンのみなさんも、こんなことで話題になることを望んでないと思います。

「秘すれば花、秘せねば花なるべからず」
二人が特別な間柄だったってのは周知の事実。

でも言わぬが花って話でもあるわけで。

ファンにしたって彼女の歌を聴いて具体的で生々しい想像はしたくないと思うのですが。


そこまでしてドラマや映画にでもしたいんですかね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!