平尾昌晃さん遺産相続問題で三男・勇気の訴えが却下!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

作曲家平尾昌晃さん(享年79)の総額60億円ともいわれる遺産の相続問題で、三男の歌手平尾勇気(37)が、平尾昌晃音楽事務所社長を務める平尾さんの妻の「取締役の職務執行停止」を求めた仮処分申請が、東京地裁に却下されたことが15日、分かった。

この日までに、原告と被告の双方に地裁判決が届いた。

関係者によると、勇気は高裁に抗告する方針。

今月下旬に都内で記者会見を行う予定だという。

17年に死去した平尾さんの相続問題が表面化したのは昨年9月。

平尾さんの残した会社2社の社長に就任した妻に対し、

「就任の経緯に問題があった」

「妻が遺産を不法に独占している」

などと主張した勇気が、職務執行停止を求める仮処分を東京地裁に申請して受理された。

会見後に行われた株主総会で、音楽出版管理会社については、事実上、妻が社長の職を解かれて申し立ては取り下げられた。

平尾さんの個人事務所「平尾昌晃音楽事務所」については「株主確定がされていない」として、妻が社長にとどまっていた。

妻はこれまでに「平尾昌晃は争いごとを好まなかった人だったので、このようなことになって残念なことだと思っています」などと文書でコメントしている。

◆争いの経緯

17年7月に急死した平尾さんに遺書はなく、音楽事務所には使途不明金があったとされる。

生前の平尾さんにとって、会社は「個人商店」の意味合いが強く、正式な株主総会などの手続きはなく、話し合いによって物事を決めてきた経緯がある。

遺産は60億円ともいわれる高額なため、平尾さんの死後に2社の社長に就任した妻について、勇気が「遺産を不法に独占している」などと不信感を表明。

昨年9月、職務停止の仮処分申請を東京地裁に申請したことが騒動の発端になっている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-60000002-nksports-ent

『平尾昌晃さん60億円遺産相続問題、三男の訴え却下』のニュースに世間の声は

お金あるから揉めるんですね。

羨ましいかぎりです。


他の二人の兄弟からの援護射撃はないのかな?
本当に妻が独占しているというのなら他の二人も援護射撃をすると思うけど、無いとすると3男の言い分事態が怪しいと感じてしまう。


単純に民法で相続だとすれば、子供が3人だけだとして、妻が半分の
30億で、他の3人がそれぞれ10億ずつ。


それにしても10億も入るんですね。

金持ちだね。

お金があっても無くてももめる。

血が繋がっていても、いなくてももめる。


介護が気に入らない、思い通りにならないから、実の二親は見向きもしなかった実の妹にシフトし、私達夫婦を訴えてきた。

こちらに有利に裁判は短期間で収束し、絶縁した。
引っ越しもした。
勿論固定電話、携帯、メールは全て拒否設定。
スッキリした。
ただ裁判は心身共に疲弊する。
起こした方も起こされる方も。
額が大き過ぎて未知の世界だけど、大変だろうな。

兄弟が一緒になって争わないところが
全てを物語ってると思う。


次男が間に入って解決したのかと思っていたら裁判になっていたんだね。

三男は金しか頭にないんだろうな。


やっぱりある程度の財産がある人は、きちんと遺言書を用意しておくべきだね…

平尾さんが残したのが60億円の借金だったら、みんな謙虚に譲り合い、話の展開が違ったと思う。

みんな三男を悪く言うけど、後からきた血の繋がりのない人に、遺産の半分以上持っていかれるということはそんなに簡単にのみこめることではない。
自分の近くに似たようなことがあったが、最初後妻は入籍にはこだわっていない、遺産など関係ない、一緒にいれるだけで充分と言い、旦那様の容体が悪くなってくると入籍はしてほしいと旦那様にお願いして入籍、入籍した途端に通帳やらなんやらを全て自分で管理し、後妻の実の息子に大金がまわっていた。
旦那様の実の娘が父親と直接話をしようとしても、後妻が会わさず、孫にも会わさず。
最終的に遺産はほぼ自分が獲得できるように旦那様の口座からお金をおろして自分の息子に少しづつわからないように移動させていた。
自分は後妻の息子と仲がよかった立場ですが、旦那様の娘たちの気持ちを考えると、えたいのしれない数年前にきた後妻に、家族の培ってきた財産を簡単に持っていかれるのは大変なことだと思った

60億もあるなら仲良く分ければ?って思うけど欲が出るもんなんだろうか

下世話な話だけど、金が有ればあるだけ揉めるんだなって感じ!
まぁ、後妻が自分達よりも多く遺産を相続する事が腹立たしいのかもしれないが、側から見ていて醜い争いにしか見えない。


才能もなく売れない歌手の三男だからこそ金に固執してんだろうな。

三男さんだけがお金に異常に
執着している感じがします。


他の兄弟はおとなしい。


まずは働きましょうよ。


楽して貰おうとせずに。


この間、この人が王さんの娘さんと一緒にテレビにでてて 再婚した王さんの遺産とかきっちりした方がいいと娘さんに言ってたけど 父が幸せでいま頑張れてるのはその人のおかげ 父の財産は父の財産 と言われててこの人と娘さんの品格の違いがよーくわかって面白かった
親が死んでも親のスネをかじる

ハイ、残念でした~~~
お金ってのは自分が汗流して手に入れるもの
親の金をあてにしちゃイカンぜよ
ぼっちゃん

三男の独占欲が強すぎた結果だと思う。

やはり問題児だった。


今まで経理なども緩くて家族経営的な感じだったんだろうけど、妻の方に生前贈与があったと言っても20年以上マネージャー業をされていたなら給与でもあるだろうし、まだ何もわからない段階で三男の会計士が「悪徳な後妻ビジネス」と断言していましたよね
あれはあんまりだと思った
名誉毀損じゃないの?

この人の肩書きは歌手なんだ、金が欲しけりゃヒット曲を出せば良いだけのことだね。

これまで放蕩お限りを尽くしてきた人には
周りの人どころか、兄弟の援護するなかったね。


自業自得

実の息子が実の父親と、遺産のことをきちんと取り決めていなかった。
それが全てでは?
後妻の勝手で財産を奪われたということだろうが、お父様は、息子さんより奥様を頼りにしていたということ。

それに異議を唱えるのは家族の問題にだろうけど。
歌手ということなので、本業に力を注ぐのが、一番お父様は喜ばれると、赤の他人は想像します。

自分の家の遺産相続という私的な問題は、裁判か何かで解決すれば良いのに、テレビで騒ぐ人間は(前にもそんな有名人がいたが)おかしいと思う。
その動機を疑うのが普通。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!