京大の本庶佑さんがノーベル医学生理学賞!ガン治療薬『オプジーボ』の値段は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の2氏に授与すると発表した。

本庶氏は免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」を発見し、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」の開発に結びつけた功績が評価された。

日本からの受賞は2年ぶり26人目。
授賞式は12月10日にストックホルムであり、賞金900万スウェーデン・クローナ(約1億1500万円)が2氏に贈られる。

本庶氏らの研究グループは1992年、免疫の司令塔を担うリンパ球「T細胞」で働く「PD-1」遺伝子を発見。
PD-1が免疫反応のブレーキ役に相当することが分かり、ブレーキを外せば免疫力が高まってがん治療に応用できるのではないかと考えた。

その後、がん治療薬の開発が進み、小野薬品工業(大阪市)が14年9月、PD-1の抗体医薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)を発売した。
世界各地の製薬会社がよく似たメカニズムのがん治療薬の開発に乗り出しており、新たな治療法としての普及が期待される。
【鳥井真平】

………………………………………………………………………………

本庶佑(ほんじょ・たすく) 1942年、京都市生まれ。
60年に京都大医学部に入学後、学部在学中から、日本の生化学のパイオニア的存在だった早石修教授(故人)の研究室に出入りし、門下生となる。
71年に同大大学院を修了。

米国留学などを経て79年、37歳で大阪大教授に就任。
84年に京大に移り、クラススイッチやPD-1などの免疫分野の研究で大きな成果を上げる。

2005年に同大名誉教授、特任教授。
17年5月から現職。
神戸市の神戸医療産業都市推進機構理事長も務める。

朝日賞(82年)、ベルツ賞(85年)、ベーリング・北里賞(92年)、ロベルト・コッホ賞(12年)、京都賞(16年)など受賞多数。

14年には、東洋のノーベル賞と呼ばれる台湾の「唐奨」を受賞した。
00年に文化功労者に選ばれ、13年に文化勲章を受章した。

<ノーベル賞>医学生理学賞に本庶佑氏 京大特別教授(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を京都大 - Yahoo!ニュース(毎日新聞)

『本庶佑さんノーベル賞「オプジーボ」大幅値下げでがん治療は変わるか』

 京都大学特別教授の本庶佑氏(76)が、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞することとなった。
本庶氏の研究は、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」の開発に大きく貢献するものだった。

オプジーボは優れた効果の反面、高額な薬価が問題視されることもあった。
だがここ最近、大幅な値下げが進んでいることをご存知だろうか。
がんの免疫薬「オプジーボ」(小野薬品)が日本で承認されてから約4年が経った。

「夢の薬」と言われながら、一方で高すぎる薬価が医療費を圧迫するとして「亡国の薬」とも呼ばれたオプジーボ。

当初の薬価は1瓶(100mg)あたり約73万円だったが、36万、27万円と下がり、今年の11月には17万円にまで下がることが決定。
現行の薬価から「4割値下げ」となるわけだ。

「安くなったぶん、『保険適用外のがんにも使いたい』という患者さんが増えています。
適用外のがんにも効くと期待している人は多い」(健康増進クリニック院長の水上治氏)

現在、オプジーボの保険適用がんは、悪性黒色腫(メラノーマ、皮膚がんの一種)、肺がん(非小細胞、二次治療からのみ使用可能)、頭頸部がん(舌がん、咽頭がんなど)、胃がん(切除不能なものに限る)など、6種類ほどに限られる。

保険適用のがんであれば、高額療養費制度が使えるので、1ヵ月8万円ほどで済む。
保険適用外のがんに使うとなれば、全額自己負担となるが、薬価が下がったことで、投薬へのハードルが下がったことは間違いない。

だが、オプジーボは保険適用外のがんにどれくらい効くのだろうか――。
「オプジーボは自分の持つ免疫細胞に働きかけ、がんを叩くので、効果は個人差が非常に大きい。

保険適用のがんに使用した場合、効果があるのは2割とされていますが、保険適用外のがんについては正直、未知数です」(水上氏)  4割も安くなるとはいえ、経済的負担はやはりある。

体重60kgの人の場合、1回の投与で180mgの注射が必要で、1年間使えば、1000万円の薬剤費がかかる。
「英国などでは『費用対効果が低い』という意見もあり、私も同感です。
ただ、なかには審査に時間がかかっていて、認められていないだけで数年後には保険適用になるがんもある。

その意味では大腸がんのように米国など海外で、すでに効果が認められているがんに関しては、経済的な事情が許すなら試してみる価値はあるかもしれません」(虎の門中村康宏クリニック院長の中村康宏氏)  オプジーボには、間質性肺疾患や肝機能障害、重症筋無力症、I型糖尿病などの副作用も指摘されている。

’16年にはオプジーボと他の免疫療法を組み合わせて使用したところ、患者が死亡したケースもある。
それでも末期がん患者にとって、オプジーボは最後の希望である。

「オプジーボを求める患者さんは、それこそ藁にもすがる気持ちでやって来ます。
私も末期がんだったら、やっぱり保険適用外でも使うかもしれません。
あとは個人の人生観や死生観の違いになるかなと思います」(前出・水上氏)

「週刊現代」2018年9月15日号より

本庶佑さんノーベル賞「オプジーボ」大幅値下げでがん治療は変わるか(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース
京都大学特別教授の本庶佑氏(76)が、2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞することと - Yahoo!ニュース(現代ビジネス)

『<ノーベル賞>医学生理学賞に本庶佑氏 京大特別教授』のニュースに世間の声は

おめでとうございます。台風、地震と暗いニュースばかりでしたが、明るいニュース!
本当にありがとうございます。

去年は受賞者がいなかったので嬉しいニュースです。
おめでとうございます。それにしても京都大学はすごい。

地道な研究が受章の結果になったと思います。快挙おめでとうございます。

おめでとうございます。
2年前くらいに,NHKの番組で山中教授が「この方がノーベル賞受賞しなかったら,逆に驚く」とコメントしていた先生がたしか本庶教授だったと記憶しています。
ちなみに,化学賞は日本人は8年くらい受賞していないので,今年あたり期待しています。

素晴らしい。日本人の方が受賞すると本当に嬉しい。受賞後のお話も楽しみです。

おめでとうございます。日本人が偉業を成すと元気とやる気がもらえますね。ありがとうございます。

今日の授業で教授が「この方はノーベル賞確定レベルの発見をした!」と熱弁をふるっていたが、まさか今日ノーベル賞が決まるとは
おめでとうございます

いつ取ってもおかしくないと言われていました。おめでとうございます。

受賞おめでとうございます。
明るいニュースをありがとうございます。

素晴らしい。今日も酒が美味い。京都市民として誇りです。かの国の反応なんかどうでもよい。おめでとうございます。

最近あまり良いニュースが無かったので久々に明るい気持ちになりました。
本当におめでとうございます。
こんなに優秀な日本人の方々が実績を出しておられるのですから、是非国からは研究費の支援を願いたいものです。

医学は研究あってこその臨床
iPSをはじめ日本の医学研究は我々の想像以上に奮闘している。
本当におめでとうございます、励みになります。

おめでとうございます!
何十年後もこうしてノーベル賞を受賞する日本人が生まれるように祈ります。
若い世代が高い志を持てるような世の中にして、留学から帰国してからもきちんと居場所を作れるように、学術分野がゆとりあるシステムになるよう国は未来の人材に投資していかなければならないと思います。

おめでとうございます
どこぞの事業仕分けで研究費削られまくって以来回復もしていないのに日本の研究者はよく頑張ってますねぇ
景気回復してるって言う今こそ研究開発費を増やして未来への投資をしておくべきだと思いますよ

おめでとうございます。
同じ日本人として、誇りに思います。

おめでとうございます!研究の成果が認められた結果として、助かる患者が出た事と並んでこれ以上ないだろ。

受賞おめでとうございます。
素晴らしいニュースが飛び込んできて驚いています。
こういった明るいニュースはいくらでも歓迎します。

おめでとうございます!
結果が出るまでに大変な苦労と努力をされたことでしょう。

受賞おめでとうございます!!
これまでの研究が身を結び、遂にノーベル賞まで受賞したのはとても凄いことだと改めて感じました。感動をありがとうございます!!

おめでとうございます。日本人として誇りに思い感謝します。

おめでとうございます!
理系を嫌がる学生が多いし、科研費も減ってイノベーションが重視されてる今でも地道な研究も大切だと国・大学にはわかってほしい。

本庶先生、ノーベル医学生理学賞授賞おめでとうございます。
日本人として大変うれしく思います。
ノーベル賞なんて正直日常生活にどう活きているのかわからない授賞も多いのですが、実際の臨床の現場で、これまでないほど劇的に効果のある薬剤は初めてです。これはking of 本物です。
どれだけ多くの患者さんの命を助け、精神的にも支えてきたか。
本当にうれしいです。

創薬分野でノーベル賞を取れたことは非常に素晴らしいと思う。

おめでとうございます!
抗体のクラススイッチ組み換えの機構を明らかにしただけでもノーベル賞級の大偉業なのに、受賞の対象になった免疫チェックポイントに関する研究など、長年一級の仕事をなされ続けるバイタリティに心から敬意を持っています。
明るいニュースをありがとうございました。

おめでとうございます
久しぶりに列島に明るいニュースが来ましたね!

日本の誇りの人がまた一人増えました。ほんとうにうれしいな。文化的にも優れたものがありますが日本は科学・技術分野は十八番ですね。今後も若い人が続くように国を挙げて研究者や技術者の人たちに支援できるようお願いしたいです。ほんとうにおめでとうございます。

素晴らしいニュースですね。
京大頑張ってますね。
最近災害や嫌なニュースが多い中笑顔になれるニュースは素直に嬉しいです!

おめでとうございます。そして明るいニュースありがとうございます。また京大ですね。

ノーベル医学・生理学賞受賞おめでとうございます。候補者にあがっていた日本人の他の方々も半端無い数で誰が獲得されるのかと思っていましたが、案の定ですね。
ノーベル賞の数が必ずしも日本の競争力にそのまま寄与できるとは思いませんが基礎研究の裾野の広さを示す意味でこの流れは未来永劫失くさないでほしい。そのためにも知識を詰め込むことも大事ですが理解力、発想力を造る教育を日本は追求していってほしいです。

研究成果の大きさからして当然と言えば当然の授賞なのかもしれませんし、また大本命であり続けた結果でもあるのかもしれませんが、ノーベル賞って実は本命視されてから本当に授賞できるまで結構長くかかってしまう場合があるようなので、本当に本当におめでたい話しだと思います。
京大医学部からは次はガンの「光免疫療法」で有名な小林久隆先生や佐藤則子氏あたりが有力かもしれませんね。「光免疫療法」に関しては今のところまだ臨床治験の段階ですが、世界中の数多くの研究者が「後追い」に一生懸命なので、実際の治療に使われるのも近いかもしれませんね。
今回の「オブジーボ」も「光免疫療法」もどちらも「制御性T細胞」がらみなので、直接的には関係がなくても、間接的には関係があるようです。
しかし、それにしてもやはり京都大学は京都大学なんですね。私も少し勇気をいただきました。

毎年のように日本人が受賞してるのは本人たちの長年努力し続けた結果と国からの研究支援
だが最近は研究支援が疎かになってるから山中教授でさえ基金募集してるほどだし。
研究者や教育へのお金を疎かにしてるこの国に未来はあるのかな
改革しなよ

少し前のTV番組で「未成年の主張」をやっていたのを思い出しました。
ある超進学校の生徒さんが、「日本の基礎研究にもっと予算をかけてー」という内容の主張を叫んでいましたが、今回の素晴らしい受賞の知らせを受けて、日本政府の皆様にも本腰をあげていただきたいと切に思いました。基礎研究の0から1を知ることの発展性がいかに大切なことであるかを教授の功績がまた教えてくれました。
受賞おめでとうございます。

これからも日本の学術界の繁栄があるように、政府には補助金の在り方を考えてほしい。

夢の治療薬って言われて最近保険適用になったお薬ですね。
日本人の方が研究開発したのは知りませんでした。
世界の患者さんが救われてると思います。
免疫のスペシャリストで文句なしだと思います。
研究に携わった人達も、おめでとうございます。
もっと研究が進んで、治療が楽になりますように。

おめでとうございます
今の受賞は20年前バブルで研究費をかけられたから出来た成果だと言う。
研究開発費、教育費へ宇宙に行くより、企業スポンサーと言う形でも予算回して欲しい。

おめでとうございます!
それにしても京大、理科系は凄い。実際には東大出身のノーベル賞受賞者が8人で京大が6人なんだけど、何か微妙に「理科系は京大」のイメージが強い。
考えてみれば理科系でノーベル賞受賞者は東大が5人に対し、京大は6人。最初の受賞者である湯川秀樹博士が京大出身なのが強い。

マスコミの報道では候補に上がっていましたが、本当にそうなりましたね。
おめでとうございます。

おめでとうございます。これを続けるには、大学の数を整理して研究費を減らさないようにしなければ、人材事海外に流出してしまいます。
若いうちから研究環境を整えてやらないから、長い年月が、かかり結局高齢になるまで受賞できないでのだと思います。賞を貰いに行くのにも一苦労ですどうか風邪などでをひかないようにして下さい。本当におめでとうございます。

本当に素晴らしい研究だと思います。
ただ、この素晴らしい研究が、あの、薬価制度を悪用して、不当な価格に吊り上げて悪名を響かせたオプジーボとして、利用させられた事が、同じ日本人として、たまらなく悲しい・・・
現在の薬価制度は、申請時に少人数の患者を対象にして高額な薬価をせしめた後で、対象患者数を増やしても、増えた対象患者数に合わせた薬価に引き下げないような悪徳制度だからね・・・
これ、価格を決めた最初の申請では、対象患者をたった470人にして年間3500万円にしてたんだよ…
今度の見直しで1090万円程になるらしいけど、約10万人まで対象患者(肺がんなど)を増やしているので、まだ、圧倒的に高額だと分かる。
これで、社会保障の圧迫を叫ぶとか、自作自演も大概にしてほしいと思う。
悪政すぎるだろう…


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!