イチローが国民栄誉賞3度目の辞退!「さすがイチロー!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者への取材で分かった。

固辞するのは3度目。

理由は明らかになっていないが、今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。

「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。

イチローさんは日米通算4367安打、10年連続200本安打、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新するなど野球界で輝かしい実績を残した。

政府はこれまで小泉内閣時代の2001、04年の2度、国民栄誉賞を打診したが、イチローさんは「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」などと固辞していた。

先月22日の引退会見を受けて、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。

これまでの活躍は素晴らしいものであり、国民にそういう声があることは十分認識している」と述べ、授与する方向で調整していた。

【中澤雄大】

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000003-mai-base

『イチローさん、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える』のニュースに世間の声は

与えなくても、僕らの中では十分国民栄誉賞です!

>「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」などと固辞していた。

現役生活は終わっても野球生活はまだ終わっていないしね。


柄じゃないと思ってるよ。
多分。

そうとも言えないから、断る文言は結構念入りに準備したに違いない。


嫁さんは、日本語のプロだしな。


この賞、権威低下していくだろうな。


そもそもが政権浮揚策でスタートしてるし、政権が恣意的に選考してるし。


一度対象になった野茂が引退した後は何らかえりみられることもなく過ぎている事を考えると、イチローももらうべき義務のような意識はないだろう。


国や政治家に自分の名前や功績を利用されたくないのでは。

野球以外のことにあまり関わりたくないのでしょうね。


3度も受賞を打診される事自体が凄いな。

それを辞退するイチローも凄い。


さすがイチロー。
ますます好きになった。
栄誉賞なんて形はもはや必要ないくらいスーパースターだからね。
それよりイチローが次に野球界で何をするのかのほうが興味がある。

国民栄誉賞の受賞者は多いが、イチローは国民栄誉賞を受賞すると彼らと同じレベルにまで落ちるから貰う必要がないと思っていた。
貰わない方が今後自由に生きやすい。

辞退した福本にも感心したが、これも良かった。

安倍首相は授賞しすぎる。

勿体無い気もするけど、
イチローらしくて良いね。


イチローの凄さは国民が良く知ってる。


政治利用の国民栄誉賞よりも
それで良いと思う。


何だろうな…最近の安倍政権は、国民栄誉賞を使って、政権のイメージを良くしようとしている感が否めない。

政治家は政策で勝負するのが筋だろうに。


偉大なスポーツ選手を利用しようとするんじゃないよ。


政治とスポーツは切り離さなければならない。


色々な要素が絡むなかで、イチローさんの決断は尊重します。


現役を引退したけれど、野球に携わる仕事をなさりたいようだし、まだまだユニフォームを脱ぎたくないのだと思います。

イチローさんらしいこだわり、良いと思います。


確かにイチローさんは国民栄誉賞に値すると思う。

だけどイチローさんより最初に貰うべきは野茂さん。


当時の野茂さんの活躍はイチローさんより遥かに衝撃的で夢のようだった。

野茂さんこそが全ての始まり。

どんどん言動がおかしくなって来ている受賞者を見るにつけ、受賞しなきゃ良かったのにと思う。

イチローは断って正解。


賞を断る方が、今や値打ちがある。


人気を取ろうとする政府に利用されなくて、安心した。

賞がなくても、イチローがすごい選手であることは十分記憶に残る。


国民栄誉賞は基準が適当過ぎる気がする。

女子サッカーのW杯で優勝したなでしこJAPANが
団体で初受賞したけど、野球とソフトボールの
除外が決まっていた北京五輪かで、最後の最後で
アメリカを倒して金メダルを獲得した女子ソフト
ボールのチームにはそんな話無かった気がするし。


スケートで五輪連覇した羽生選手は受賞しても
柔道で五輪3連覇した野村選手は現時点で予定無し。


競泳の北島選手とかも貰ってておかしくないけどね。


頑張ってきた人に頑張ってない政治家が偉そうに良く頑張ってくれたと偉そうにしながら与える賞

スポーツ選手の国民栄誉賞の授賞資格を国民は、世界記録や五輪や世界大会での優勝者に世界(海外)で長年の功績が認められた人にという解釈をしていたのに、そうでは無い方にも授賞させてしまったから前にも増して自民党の政治家の支持層への人気取り=国民栄誉賞に価値が下がったのは言うまでもない。

鈴木一朗氏は、自分なんかではなく他に貰うべき人がいると思っているのも辞退の理由にあるのだろう。


国民にとっての国民栄誉賞は、自らをかえりみず他人の為に行動をした人、例えば東北震災時に自らの危険をかえりみず防災無線の放送を続け亡くなられた女性の方など人間として日本国民として尊敬出来る人にご存命でなくても与えて欲しい賞であってほしい。


参議院選挙が7月にあるので、自民党としてはその前にイチローに受賞して欲しかったと思う。

国民栄誉賞を断ったのは、立ちションもできなくなると断った福本豊とイチローだけ。
昭和と平成を代表するリードオフマンが2人揃ってというところが野球の面白さ。

イチロウの堅実さが出た感じ
国民栄誉賞自体がチャラけた感がありますもんねぇ
賞の品格維持からして人気だけで上げるのもいかがなもんかと思います


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!