いだてんが大河ワーストの7.1%!平清盛より早い段階で記録更新!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

NHKの定例会見が9日、都内の同局で行われた。

4月28日に放送された大河ドラマ「いだてん」16話の視聴率が、大河ワーストの7・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことについて、今後の視聴率対策を問われた藤沢浩一ドラマ番組部長は「特効薬的なものがあれば逆にお聞きしたい」と話した。

これまでの大河ワースト記録は、12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%で、今回はこれを更新した。

5月5日に放送された17話も7・7%で、7%台が続いた。

「いだてん」のこれまでの最低視聴率は、3月31日に放送された13話の8・5%だった。

「平清盛」が記録した7・3%が物語終盤の11月だったことを考えると、4月でのワースト更新はいかにも早い。

藤沢部長は「近代のほぼ無名の主人公を描いており、我々としても挑戦。

視聴者のご意見も見ながら、頑張って作っているところ」とした。

上田良一会長は「確かに視聴率は芳しくないが、とてもいい作品だと思っている」。

また「ストーリー的に宮藤官九郎さんの工夫があり、芸術性の高い作品。

当初から宮藤さんがイメージする作品をしっかりと作ってくれれば」とエールを送った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-05090516-nksports-ent

『いだてん大河ワースト「特効薬あれば逆に聞きたい」』のニュースに世間の声は

オリンピック記念で、大衆ウケ度外視でこのテーマにしたんでしょう?だったら気にしなくていいんじゃない。

視聴率が欲しければ合戦ものにすれば良かったんだし、そもそも民放みたいに視聴率にこだわる必要ないよね。


そもそも難しい題材や時代設定なんだから、今後は いろんな意向を汲まないことだね。

五輪の盛り上げに協力とか、有力政治家の地元の振興とか、受信料払うスポンサーである国民より、自分達を監督する権力側を向くと、こういうことになってしまう

NHKは国営化か、有料視聴者のみが見られれば良いと思っているが、そもそも同局が視聴率を気にする必要は無い。
視聴料を払い、視聴している人が満足できるのであれば良いのだ。

それは必ずしも視聴率と同義では無い。


もっとしっかりとしたポリシーで番組制作をすべきだ。

民放と同じ土俵で戦う必要は無い。

初回は15%だったから戦国時代や幕末で無くても見ようと思った人は居たわけですよね。

それで下がったのだから面白くないと言うこと。


私は見てます。

金栗さんのストーリー自体は面白いから。
楽しく見てるのに突然落語家のストーリーに移り話が途切れる。
たけしさんの話が聞き取れないなど一気につまらなくなる。

落語パートになると私は食器を洗い娘はスマホを見ます。


落語家のストーリーは把握してないのでこの間みたら浜松に居て何故そこに?っていう状態。


テレビは付けてますが半分ぐらいは見てない事になります。

来週は落語家の恋がテーマ見たいですが関係ないじゃん!って怒りたい気分です。

金栗四三だけをじっくりやれば良かったと思う。

阿部サダヲのパートも要らないな。
そして阿部サダヲのパートになっても落語家のパートはありそう。
落語家が主役ですね。

そもそもオリンピックと噺家の二本立てだから。

せっかく中村勘九郎さんが身体を作って一生懸命演技してたのに、本当に残念。


最初は観てたけど、オリンピックだけの話で進めればよかったのに。


なぜか途中で話が分断されて気持ちが途切れさせられて、噺家の話題に入って行けなかった。


画面が切り替わって、たけしの話や観客役(?)の笑い声が入った瞬間、気持ちがす~っと引いて行った。


録画でオリンピックの部分だけ見ようと思ったけどだんだん面倒臭くなっちゃって。


初めてのオリンピックの物語で話が現代まで進んで行けば興味が沸いて見続けただろうに。


始まる前から予想はできていたことで、それでも敢えて挑戦したのは、まあそうしなきゃならない諸事情でもあったんでしょう。

大河としてではなく、ドラマとして観る分には良くできていると思いますけどね。


ホント、朝ドラでやれば良かった。


ドラマのスタートはなかなか面白そうだなと思った。
二話目:たけしの存在がうるさい感じがした。
三話目:たけしに加えて、勘九郎の演技があまりにも芝居がかっていて不自然(歌舞伎の雰囲気)、違和感が出てきた。
主人公のことはあまり知らないけど、もっと素朴な雰囲気の人だったのではないか? でも素朴の中に情熱や純粋な部分があったのではないか、誰もが知る人物では普通の人なんだけど、魅力を感じさせるものがあったのではないか? そういう描き方をして欲しかった。
結局脚本とキャスティングがそぐわない気がする。
俳優さんはベテラン揃いだけど生かし切れていない。
  以上の理由でつまらなく感じ、その後観なくなりました。

面白くなってきたと思うけどな…
最初にたくさんの人が離れてしまったんでしょうね。


あんなに目まぐるしく場面や時代が変わってはしんどかったもの。


活舌の悪い人が話を回そうとするのもしんどかった。


それにネットで視聴率悪い、悪いと煽られては
これから見ようという人も獲得できないでしょう。


じゃぁ、なぜ私が見てるのか?
金栗さんがやっとゴールして名誉回復したシーンと東京に誘致が成功するまでの過程がが観たいからです。


個人的には楽しく見てます。

東京オリンピックを前に、最初のオリンピックはこんなにも大変だったのかと興味深く見ています。


おそらく今後は関東大震災やら、戦争を乗り越えてのオリンピックとなるのでしょうから、ここからまさに大河ドラマという感じになりますし、期待しています。

たまには刀を持たない大河ドラマも良いですよ。

とても2時間ドラマでは表現出来ないでしょう。


まぁ落語家は要らないかなぁとは思うのですが、何かつながりが出てくるのかなぁ?

登場人物が多いのは、明治以来、日本でのオリンピック開催に生涯をかけた人たちを顕彰する物語として描いていると考えればいいと思う。

二つの時間軸で描くなら、初参加から昭和15年開催が決まりながら戦争で中止になった戦前と、敗戦により疲弊し、その後20年近くかかって悲願のオリンピック開催に至った戦後復興を描けばよかったんじゃないか?
それでも金栗と同時代の人とは言え、志ん生の生涯を描くのはちょっとムリがあると思うけど。


視聴率が欲しければ、戦国時代か幕末をテーマにすればいい。

近代、しかもマラソンがテーマの話なんて、大河を見る人のニーズと違うのは明らかでしょう。


俳優さん方が素晴らしいのに話の流れをスムーズにするため多人数多重プロットを変えたほうがいいのではないでしょうか。

それに視聴率は他局よりも気にすべきです。

視聴者に選択権がなく視聴料を払わなければならないからです。
低いからと言って視聴料を払う局を変えることができないからです。

ビートたけしの出てくるシーンはドラマの展開を壊してる思わないですかね。
オリンピック物語に何の関係もない。
時代が飛んだり話が飛んだり、毎回感じるわずらわしさ。
オリンピックのシーンも薄っぺら。
なに見せたいのか良く分からないドラマになってますよ。
下町ロケットのように見せたいテーマがしっかりていれば離れないのに、今のドラマ展開ではどんどん離れていくのは当然でしょう。
オリンピック誘致にかけた情熱やロマンなんかでドラマの組み立て変えて、たけしのシーンはカット。
語りだけにすればいい。
と書いてもどうせNHKの制作サイドは見もしないだろうが(笑)。

NHKだから視聴率は関係ないって言う人がいるけど、
NHKは受信料を強制徴収しているんだから
手前味噌な番組制作はダメでしょ。


受信料を強制徴収するという権利を主張している限りは
広く受け入れられる番組を作る義務が発生するはずで、
むしろ大河のような国民的な番組においては
民放以上に視聴率を気にしてもらう必要があると思います。


見てもいない国民から受像機があるからってだけで金を搾取して、
自分勝手な金の使い方は絶対許されない!!もっと怒るべき!!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!