池坊議長が貴乃花親方の2階級降格でご機嫌インタビュー!視聴者をまたイラッとさせる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

日本相撲協会の池坊保子・評議員会議長が、2階級降格処分が決まった貴乃花親方について「私は幸せだというふうに思います」などと感想を述べた。

かねてから貴乃花親方への不快感を鮮明にしてきた池坊氏。審判部への配属という決定について、「八角さん(理事長)は対立しようなんて思っていませんよ」とする一方、「私だったらもっと怒ってるかな」と語る場面もあった。

■「親方として残ることがお出来になったんだから」

池坊氏は2018年3月30日放送の「とくダネ」(フジテレビ系)でインタビュー出演。

「アンチ貴乃花」とみなされバッシングを受け、マスコミの取材を「拒否」していた時期の険しい表情からは一変、上機嫌らしい柔和な表情で一連の問題について語った。

貴乃花親方は29日の協会理事会で「委員」から「年寄」への「2階級降格」が決定したが、一部でささやかれていた解雇などの厳罰は免れた。元横綱の年寄降格は1985年の花籠親方(元横綱・輪島)以来33年ぶりの異例。

それでも池坊氏は

「親方として残ることがお出来になったんだから、私は幸せだというふうに思います。そしてね、部屋もきちんと残って、これからも指導することができるんですもの」

と、同親方にとって寛大な処分と受け止めたよう。

また、「天知る、地知る、人知る。やっぱり神様というのはね、いろんなことを見てらっしゃるんだなと、まず思いました。私、いつもそう思ってるんですもん。世の中というのは因果応報。神様は見ていらっしゃる。

どこの神様か分からないけれども、人はね、批判したり言ったりしてても、やっぱり神様というのはちゃんと正しい方向に導いてくださると、そう思ってるから」

と感慨。「天知る、地知る、人知る」は26日の評議員会後の会見でも使っている。

貴乃花親方は2階級降格のほか、審判部配属も決まっている。審判として本場所中は客の目にも触れる。池坊氏はこうした処遇について、

「八角さんは対立しようなんて思っていませんよ。だから彼を審判にちゃんと入れてるじゃないですか。そこには、なんて言うのかな、配慮っていうものがあるんだと思いますよ」

と八角理事長の「配慮」を称賛。

一方で、「私だったらもっと怒ってるかなとか思うけれど」

と自身の「本音」とも取れる部分ものぞかせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000001-jct-ent

池坊議長ゴキゲン「世の中は因果応報、神様は見てらっしゃる」 処分の貴乃花「幸せ」とも

因果応報やったらいつかこの人にも天罰がくだるやろうな。
今までの親方衆への処分と随分違うと感じるのは私だけ?
凄く違和感がある。
神さまが見ているのではなく、まるで魔女裁判としか思えない。
池坊はマスコミ対応しないって言っていたのに、風向きが変わったからノコノコ出てきたな。
この人、テレビで見るだけで不愉快になるのは私だけだろうか。ある種の才能かもしれないけど。このような老婆がでしゃばるようでは協会の改革も時間がかかるのでは。定年しなさいよ。
このオバチャマでは、相撲協会は変わらないな(笑)
池坊家も地に落ちたなぁ。

このオバさんは何も話さない方がいいよね。

この人怖い。
何か!嫌味っポイね。
因果応報ブーメランにならなきゃいいですね
議長が図に乗るのは当然。
これだけトラブルがあって、横綱が引退・休場しても、場所は満員が続いて。
まあ、また不祥事があった時に、どう言い訳するのか楽しみではある。
八角は元人気横綱の貴乃花にやや遠慮した!今回、貴公俊を辞めさせなかったことで、暴力防止対策は大きく後退し、今後、暴力事件が起こってもうやむやになる原因を作った!池坊の言うように、相撲協会の将来を考えるなら貴乃花も切った方がよかった!一般社会の常識からは離れた判断だ!今後、相撲協会がドロドロに腐っていく要因を残した!
あーくやしい!貴乃花も謝るべきはあやまり、貫くところは貫いて欲しかった。残念です。
この人と、レスリング協会と大学を牛耳ってるおばさん。同じ匂いがする。この二人を見るたびにおこる不快感は何なんだろう。
因果応報?相当貴乃花がすべて悪いって思ってるんだろな
事の発端は何かって事この人わかりませんねぇ。
なにが幸せだ、理事で居残ってふんぞり返っている親方の中に責任とるべき人がまだいるじゃないか、今のままでは世間が納得しない。
ブーメランにならないように(笑)
これで各部屋が暴力に対して敏感になって、抑止力に繋がればいいですね!暴力部屋の揉み消し反対!
視聴者は見てますよ。
あんたがインタビュー受けないって言い切って、数日で撤回した事を。
「ハリポタ」魔法省の役人、「ドローレス・アンブリッジ」そっくり。
ブーメラン希望
一言一言がイラッとさせられる。
写真見るとムカムカさえしてくる。
ちょっとバッシングされたらイヤイヤってひきこもって出てこなくなったのは忘れない。
してやったり感しか伝わってこない。
因果応報と仰るなら、いつかアナタにもと思います。
人の躓きを見て幸せと思うなんで、それこそ人として不幸な事だわ。

大相撲界改革は停滞してしまうの?

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!