今治市の菅市長と職員らが地方公務員法違反の疑い!?大臣就任祝賀会の事務に従事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 学校法人「加計学園」の岡山理科大獣医学部の誘致に成功した愛媛県今治市。

その今治市の菅良二市長や同市の職員らが、地方公務員法違反の疑いがあるパーティを開催していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

今治市を巡っては、市教育委員会が市内の小、中、高校に対し、加計学園の獣医学部新設に関する市民説明会への動員を呼びかけていたことが公務員の政治的中立性に抵触しかねないと指摘されてきた。

今回、問題となっているパーティとは今年1月26日、愛媛県今治市内のホテルで開催された山本順三国家公安委員長(64)の大臣就任祝賀会。

山本氏も国会などで、加計学園の獣医学部新設問題への関与が取り沙汰された一人だ。

このパーティには地元の有力者約250人が招かれ、フランス料理のフルコースが振る舞われたという。

ところが、小誌が入手した案内状によれば、祝賀会の<お問合わせ先>は、<今治市総務調整課>。

領収書には、参加費1万円を領袖した事務取扱者として課長名の判子が押されていた。

菅市長は

「私が発起人だから職員にやらせてね……。政治活動ではなく大臣の祝賀会です」

と回答。

市総務調整課は

「祝賀会は政治活動ではなく儀礼的なものでございます」

「地方公務員法の政治行為の制限に該当するものでもございません」

などと回答した。

一方、大臣はどう答えるか。

山本氏を直撃した。

――祝賀会の事務に従事した市職員は地方公務員違反にあたるのでは?

「ちょっとよく分からない。確認してみます。私が主催したわけではなく招待して頂いただけです」

――特定の政治家を、政治的中立性が求められる地方公務員が応援することは問題あるのでは?

「そんなこと全くない! 何が問題あるのかこっちが聞きたいわね」

元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士が指摘する。

「本来公務員は政治的中立性が求められ、職務として祝賀会の事務を担った市職員は、政治的行為を制限した地方公務員法に違反することは明らか。

命令に逆らえず政治的活動に従事したとすれば、市長のパワハラと言えます。

そして国家公安委員長という職務を務める山本大臣も道義的な責任は問われるでしょう」

警察を管理する国家公安委員長の就任祝いが、違法の疑いのあるパーティーだったことは論議を呼びそうだ。

2月14日(木)発売の「週刊文春」では、山本氏の大臣祝賀会の様子や、山本氏と加計学園との関係などについて詳報している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00010729-bunshun-pol

『加計誘致の今治市が大臣就任祝賀会で地方公務員法違反の疑い』のニュースに世間の声は

やはり黒かった。

今治市は未だに担当者の出張報告書を隠し続けてるのは、それが表沙汰になると安倍首相の進退問題に発展することがわかっているからだ。
今治市長はその見返りを相当受け取ったんだろう。
今回の就任祝賀会はそのお礼と言うところだろう。

この問題も危惧するが、本丸の森加計は疑惑が解明されないままだろ。

安倍政権って時間が経てば国民を騙せると思ってる最低の政権だよ。


文春さんナイス報道です。

この件で本当のことを話してるのは愛媛県知事だけ!その他証言者は安倍を筆頭に全員グルです。

先日報道された柳瀬の天下りももっと批判されないといけないはずです。

国家権力を使用した史上稀に見る詐欺事件を風化させない為にもこれからも報道お願いします。


モリカケはまだ何も解決してない大問題。

不正統計問題でもこの姿勢が継続されてるけど、私人の籠池はあんな滅茶苦茶な理由で証人喚問して、安倍に近い人物は国会招致すら拒否とかこれで真実が見えてくる訳ない。


参院選の前に決着つけてください。

もりかけ問題が風化されてしまわないよう、文春様
頑張ってください。

時間が経ってうやむやにすることを阻止し真実を解明してください。

ぐたぐたですね。

国家公務員も地方公務員も業務上の違法行為についてあまりにも無頓着すぎる。

上司に指示されたからととかやってしまったなんて良いわけは止めて欲しい。


一般企業並みに内部告発できるシステムを作るべきである。


総務省なり、人事院内部に独立した受け入れ組織を作るべきではないか。


今まさに国会で問題になっている統計問題も、ある程度の管理職であれば、違法なことは分かっていたはずである。


政権政党である自民党自らが管理監督できずに、起きるべくして起きた問題である。


職員の権利意識ばかりが先導し、報酬や労働環境は民間の平均以上であるのを当然であるなどと胡座をかいて、国民や国内企業の血税を垂れ流ししているのは許せない。


これはアウトだな。

トカゲのしっぽ切りではあるけど、市長以下をちゃんと罰してほしいね。


政権を交代させ洗い浚い調査させましょう。

グレーじゃなく真っ黒かな。
安倍はもうすんだ話しとしてるが、終わってない。

大臣就任祝賀会が儀礼的なものと誰が決めたんだ。
勝手に地方公務員法を解釈するなよ。
カケ問題も曖昧なままおらが街の先生がやっと大臣になれたのを祝うって、立派な政治活動じゃないか。
ましてこの先生、カケ問題にも関与してそうだしな。
ここまで来ると、あとは今治市民の問題にならざるを得ない。

安倍さんに報告済みなので疑いで終わりだと思う。
官邸と検察の癒着を調べないとダメだと思う。
文春さんところで加計の図書館の補助金詐欺の件はどうなったか気になるけど、ついでに調べてもらわないと籠池氏の補助金詐欺とよく似ていると思うけど、そもそも岡山の大学が、今治にきて愛媛県と今治市がお金を出すという構図なのでこの男はかなり賄賂をもらっているような気がする。
また官邸が仕掛けた罠にまんまと野党が乗っかるようにわざと文春に報道させるようにリ-クしたと思う。
与党の争点反らしが見え見えだと思う。
そこで御用読売と産経が大事な予算委員会でスキャンダルばかり取り上げて追及が甘いと選挙前に印象づける為の作戦だと思う。
どのマスコミも御用化されているので今回の桜田大臣の失言も野党は政争の具にするなって言うありさまで、安倍さんが終わった政権の事を政争の具にしてもスルーしているので完全におかしくなっていると思う。

これが事実なら完全に違反してますね。

普通はここまで露骨にやることはない、
やはり山本大臣様に格別のお骨折りをいただいたからでしょうかね。


バックにはもちろん、あべーかけ、の悪だくみコンビがいるのでしょ。


「天網恢恢疎にして漏らさず」
モリカケは何一つ解決していない!
これからも追求は続きます!

やっぱり、加計問題は完全なるお友達優先事項。
また、捜査した方が良いと思います。
加計学園卒業生は就職困難、卒業学校名が言えない。

招待状を見ると、今治市が政治家センセイの昇進を祝ってる。
明らかな黒い交際。
平成も終わろうとしてるのに、まるで昭和初期の出来事みたい。
おそるべし自民党議員と今治市役所連中の癒着。

安部隠蔽総理大臣の回りにいる人達はどのように不正をしても問題無しに為ります。
権力が腐敗していても何も感じないし記にも留めない日本人です。

今治のタオルは高品質で愛用してきたが、今後買い控えるつもり。

タオルメーカーに責任はないが、
情報公開に後ろ向きだったり、この件のことなど、
市や市長に反省の色が見えない。


今治のイメージに大きなマイナス。


一日も早い疑惑の払拭をお願いしたい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!