闇営業の参加芸人らがノーギャラの口裏合わせ!「隠蔽工作は・・・」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 ◇芸人闇営業問題  問題視された闇営業の実態解明に吉本興業が取り組む中、仲介役だったカラテカの入江慎也(42)を中心に、参加した芸人間で金銭の授受に関して、事前に打ち合わせをして事情聴取に臨んでいたとみられることが25日、分かった。

吉本は2009年に株式を非上場にした時から反社会勢力との断絶などコンプライアンスの向上に積極的に取り組んできた。

さらに11年、島田紳助さん(63)が暴力団関係者との交際で芸能界を引退したことで取り組みを強化した。

今回の問題は今月7日、写真誌「フライデー」の報道で明るみに出たが、吉本は同誌からの問い合わせを受けて、同誌が報じた14年12月の詐欺グループの忘年会に出席した宮迫博之(49)と田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ福島善成(41)らから事情聴取を行った。

芸人仲間は「5年前の出来事で記憶が曖昧な部分が多かった。

ただ、ギャラに関しては全員が“受け取っていない”認識だったと会社側に最初説明したようです」と話す。

その後、別の誕生日会に7人が参加していたことが同誌報道で発覚。

関係者によると吉本は、闇営業に出席した11人の当該芸人をはじめ、芸人仲間ら100人近くを対象に、約1カ月をかけて徹底的に調査したという。

参加した芸人には計4度の事情聴取を敢行。

後ろめたさからか、ついに「お金を受け取ったような気がする…」と真相について口を開き始めたという。

同関係者は「全員、相手が詐欺グループとは知らなかった。

ただ、ここまで大事になると深く考えずにウソをついたようです。

闇営業への後ろめたさや家族への思い、保身の気持ちが真相の究明を遅らせてしまった」と話す。

吉本では、芸人やスタッフに対して年2回の社内研修など定期的にコンプライアンス意識を徹底させる試みを行ってきた。

仕事が忙しい芸人らには楽屋などで個別で指導。

もちろん宮迫や亮ら参加芸人も受けている。

他の芸能事務所幹部は「最後はタレント個人の資質に委ねざるを得ない面もある」と話した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000004-spnannex-ent

『吉本聴取前にノーギャラの打ち合わせ、入江中心に参加芸人 届かなかったコンプライアンス強化』のニュースに世間の声は

営業に行ってノーギャラというのがそもそもありえない話。

あまりにも世間知らずすぎる。


擁護することはできないかな。

仕出かしたことに対して素直に謙虚に対処しても世間は厳しいのに、隠蔽しようとつるんで虚偽報告する典型的な悪質なケース。


彼らが再度露出して人を笑わせようとできるのか?、我々は嗤おうとするのか?、普通に無理。


そもそも芸能界は処罰が甘い、本件は一般企業では懲戒解雇レベルでやってはいけないことはやってはならない。


彼らのコメントは言い訳がましいものや、将来の復帰を自ら期待しているものがあり、反省は微塵も感じない。


吉本興業という会社の姿勢も大いに問題であり、一掃して出直すべき。


5年前の出来事なんて覚えて無い人の方が多いと思います。
記憶が曖昧なのは分かりますが、金銭関係なら調べようもある。

>全員が“受け取っていない”認識だった
は、無理がある。

会社もわかってたと思う。

芸人が謹慎処分になるのもわかりますが、叩かれ方が異常な感じ。


初動を間違えたのは会社もでしょう。


会社は芸人を処分はするけど、守りはしないっていうのは…。


コンプライアンス強化どころか、吉本にコンプライアンスなんて存在して無いのでは?

「会社にはノーギャラってことにしよう」
って打ち合わせたのが後輩や年下ってことはないですよね。


虚偽報告をすると決めたのは誰か、その人は解雇で良いと思います。


相手が詐欺グループだとは知らなかった・・・。

そりゃそだろ、わざわざ向こうから『我々は反社会的勢力だ!』なんて言って近づいてくるわけがない。


カモフラージュしてくるに決まってるやん。


知らなかった事が免罪符にはならんよ。


むしろ気づけなかったという落ち度にしかならん。


ちゃんと会社通してれば同じ事になったとしても、窓口となった事務所が責任取れたのにな。


芸能事務所の仕事はタレントを売り込んで仕事取ってくるだけじゃないんやで。


こういった事案からタレントを守るために、代わりに窓口になってるんやで。


自分で勝手に仕事取ってきて、結果こんな事になった以上は責任を取らなきゃダメだよね。


自分は売れてるからいずれは復帰出来ると思ってるんでしょ?
時が経てば無かったことになるからいずれはどうとでもなると思ってるんでしょ?
甘いと思うよ、芸人さん。


そして会社も甘いと思うよ。

処分。

ということは、隠蔽工作は当該芸人達が主導で行ったって事ですね
会社は関係ないと。


で、まずはその嘘の発表をしたわけですね
だったらもう迷うことなく、隠蔽工作した芸人は解雇ですよね。


芸能界において、こういった隠蔽工作には断固毅然とした処分を下すべきです、それで吉本興業の資質も問われると言う事です
もう救いようがないのではないでしょうか?
吉本興業がこれらの芸人を必要として繋ぎとめておくメリットは無いと思います、それよりここはズバッと大ナタを振るい、ある意味吉本の企業体質のイメージダウンを食い止める方に尽力するべきですよね
もう、復帰してもそんなに稼ぎ頭でもなくなるのも目に見えてますし、何より世間は解雇、引退、追放を望んでますよ
その世間の思いをよく理解して汲み取った判断しないと、これからの吉本の企業体質を忌み嫌う人がどんどん増えると思います

今回は入江と同じくらい宮迫の責任は重いんじゃないかな?
何年か前にも2人は問題を起こしているし、今回の入江の暴走に待ったをかけれる唯一の人間は宮迫だけだったはず。


そのあとの口裏合わせは入江と宮迫の提案だろう。


今回で後輩を路頭に迷わすだろう宮迫の責任は重い。


謹慎は宮迫が最後に説かれるべきだね。


反社会的勢力に関わって金銭の授受をしたのは当たり前に悪いが、普通はそんな組織とは接点がない。
斡旋を生業にしている入江から高額なギャラを提示されて、売れっ子で影響力の強い先輩の宮迫も参加すると声をかけられて断れる後輩がいるかな
会社までつくって荒稼ぎしていた入江の解雇処分は当たり前で、問題が発覚した後で嘘をつくように口裏合わせをしたことも大問題だと思う
先輩の宮迫が嘘をつくように指示したら後輩も従うよ
本件に関係ない芸人が反社会的勢力が一番悪いのに罪をおかしていない芸人が批判されるのはおかしいと擁護していたが、入江や宮迫は同罪だと思う

打ち合わせと言えば聞こえは良いけど、この件に関しての口裏合わせは絶対にやってるよね。
でも普段からあまり上手に嘘をつけないタイプの人は、こういうの辛いだろう。
個人的には田村亮なんかはまだそういう風に見えるけど。
ただ芸能界は嘘をついても視聴率や売れた者勝ちの世界。
その場しのぎで嘘をつくのなど、日常茶飯事になってるというのもあると思う。
今回こんな大事になったのは、吉本にダメージを与えたくてウズウズしている組織もあるだろうから、ある意味必然。

あと、入江はこれからどうするんだろうと思う。

人脈が広いという事が、全く災いに転じてしまっているように思うが、こういう時にこそ助けてくれる人脈を、今まで培って来ているのか?と思う。

5年前の事だが、紳助さんの非社会的勢力との件で引退に追い込まれた事件が、教訓になっていなかったのが問題。

最初から潔く金銭授受を認め、謝罪すればまだ救われたと思う。


嘘がバレれ仕方なく事情を認めたものの、反省しているように見えない。


吉本もこういう集団との根絶を掲げているにも関わらず、宮迫さんやロンブー亮の年齢からすると、寧ろ若手に指導する立場だと思う。


謹慎処分だが、嘘をついた事で世間は許さないだろうし、復帰できたとしても需要はないと思う。


年長者で一番売れてる宮迫に最初に対応の相談をしているはず。

みんなが嘘をついたのは宮迫の方針に従っただけ。


この記事も吉本に忖度していないか。

この記事が事実であるなら、吉本は受け取っていないと虚偽報告を受けた事になる。


ならば、実は受け取ってましたの段階で吉本は激怒しているはず。


嘘の報告をしたタレントが、実は受け取ってましたが金額は報道されているより少ないと言ったところで、吉本はお前らの言う事など信用できないとなるのが普通ではないだろうか。


最初の段階で、吉本には金を受け取ったと報告していると思う。


闇営業とは吉本が黙認している仕事。

タダ働きは有り得ない。

受け取ってませんと報告を受けたとしても、吉本も信用しないだろう。


吉本の思案で金を受け取っていないとして事を納めようとしたが、反響が予想以上に大きく金銭受取を認める事にしたのではないだろうか。


そうでなければ、芸人に受け取っていないと虚偽報告をされた吉本が、金額は少ないという点だけ信じ続けるのもおかしい。


反社会勢力と知らなくて直営業に行ったというのは本当でしょうね。
さすがにそんな危険をおかしてまでやる仕事ではないからね。
しかし、実際に行ってみて、ヤバそうな人達のパーティだというのはその場の雰囲気でわかったはず。
勿論、だからといって「その場で貴方達は反社会勢力だから聞いていた事とは違う。帰らせて貰う。」とはいかないだろう。
その場は盛り上げてものちにギャラを受け取るべきではなかった。
そうすれば事務所に対しても直営業という形にはならず、後々問題になった時には知らずにパーティに参加してしまったと謝罪するだけで済んだはず。

入江は代理店云々言ってるけど、薄々気付いてたと思う。

手配師として入ってくる金に目が眩み、黙ってさえいれば…と何度もやっていたと思う。

仲介の入江や先輩の宮迫にノーギャラだったと言われたら、亮をはじめとする後輩としてはそう言う風に言うしかないだろうな。


吉本は2009年に株式を非上場にした時から反社会勢力との断絶などコンプライアンスの向上に積極的に取り組んできた
本気でコンプライアンスを遵守する気持ちが吉本にあるのなら、今後を考えた企業の危機管理として、むしろ全員解雇した方がいいのではないか?

「相手が詐欺グループとは知らなかった」だけは死守するつもりだな。
本当のこと言えばいいのに。

口裏合わせまで行っていたことが事実なのであれば、宮迫さんが主導権を持っていたと考えるのが普通だよね。

しっかりとした事実確認と厳正な対処をして、膿を出しきるべきだと思う。


現時点で、謹慎の期間とか復帰ありきの話はすべきではないでしょ。


事前に打ち合わせをしてって。

これはダメでしょ。


吉本はもっと厳しい処置を講じるべきでは。


後はこのまま法的根拠での接触以外はダンマリを決め込めば、入江はコネのすべてを失うことなく表社会から一時退場するだけでウヤムヤにできる。
いや、正直なところ今成功を収めている新興企業なんて1つ2つこういう裏社会との関係などで雲隠れして立て直したのはいくらでもいるし、コネを広げる能力に関しては今回の問題を抜きにしても才能として認められているから…世間的には味方はいなくても入江の能力を欲しがる企業、それも表沙汰に出来ない問題に必要な関わりを持つ入江を求める企業組織は以外にあるんじゃないか?日本とて世界を相手にするには清濁併せ呑む胆力は必要だし。
今回はあまりに関わった相手が「小者」すぎた。
あれが世界に名を知られる893とかマフィア系組織だったら別の話になっていただろうね。
実際893トップの葬式に今でも芸能界の重鎮や事務所社長が普通に写真撮影OKで献花してるだろ?小者同士の小競り合いが見苦しかっただけ

問題の本質は「芸能界隈での常態化した脱税問題」
芸人&ステークホルダー揃って、
「脱税天国」を閉鎖されるのが一番困るから、どこもかしこも「脱税」というキーワードを隠蔽してる
メディアは個人的問題に矮小化できる反社との接点だけを連呼し、
それに乗せられてる奴が多いこと
今回、国税や税務署が、この件を徹底的に調査できなければ、
今後は、ほぼその界隈の脱税は公認になるし、
それを見ていた一般人に真似る層が出てきても当然だから、日本全体で脱税が横行することになるのに、
問題の本質に気づいてない、メディアに踊らされてる一般人多過ぎねぇ?
(脱税が常態化していれば芸人自体が反社だってのに)

吉本は莫大な損害を被っており、意図的に隠蔽したとは思わないです。

松本も、ノーギャラは、考えられないと発言していましたしね。

宮迫や入江、田村亮は、責任から逃れることは出来ないでしょうし、嘘をついた以上、二度と表舞台には立てないと覚悟すべきです。

生活があるとか、家族がいるとかは、後輩だから断れなかったとか、誰もがそうですから、言い訳に過ぎません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!