石井慧が柔術女王ミケルソンと遠距離恋愛!「意外とモテるんだな…」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(32)が21日、柔術世界女王クリスティン・ミケルソン(30=米国)と交際中であることを明かした。

昨夏ごろから交際がスタート。

現在、石井はクロアチアを練習拠点としているため、米国が拠点のガールフレンドとは「遠距離(交際)になります」と報告した。

オハイオ州シンシナティ生まれのミケルソンは12歳から始めたテコンドーで黒帯を取得。

シンシナティ大卒業後の11年にシカゴに移り、本格的に柔術を始めたという。

64キロ級が主戦場で、13年には国際ブラジリアン連盟(IBJJF)主催の世界女王、16年にはIBJJF主催のNO-GI(道着なし)世界女王に輝いた。

昨年から石井の柔術スキルが一気にアップしたことも、ミケルソンの支えがあったとみられる。

石井は

「彼女のサポートは計り知れない。

ケツをひっぱたかれながら頑張っています」

と照れ笑いを浮かべていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00453719-nksports-fight

『石井慧「遠距離」柔術女王ミケルソンとの交際明かす』のニュースに世間の声は

欲望のままにいきられてますな。

まだ32歳なんだな…。

柔道の天才だとは思うけど、その才能を他の格闘技でも生かして稼げると過信したな…。


柔道を続けていたらギリギリ東京まで狙えたのにな…。


石井選手、柔道で頑張って欲しかったという思いもある

柔道で頑張って欲しかったという意見もあるが、
やりたい事やって、負けて色々非難されても、
引退してタレントになるでもなく現役を継続している点は素晴らしいと思います。


女性関係は置いといて。


今まで勢いにまかせてスピード結婚しすぎてたんじゃないかな。

すでにバツ2だから結婚に向いてないんじゃないかと思うけど、もしこの彼女と結婚するなら、本当に夫婦としてやっていけるか十分に時間をかけて見極めてからしたほうがいい。


バツ3だと完全に彼のほうに重大な問題があって、結婚不適格者だという烙印を押されることになる。


総合では今一つの選手になってしまった。
あのまま柔道を続けていればリネールの台頭も数年遅れていたかもしれない。

それこそ今の不甲斐ない重量級があるのは、突如目指すべき目標がいなくなった所にあるのかもしれないね。


石井選手はバツ2だと思いますが次はうまく行くと良いですね。

32にもなって恥ずかしくないところが、彼の強さだと思う。

しらんがな

PFLと契約したしとりあえずここで王者になれるように頑張ってほしいわ
柔術スキルが格段に上がったし無理ではないと思う
頑張ってほしいね

アカデミアで来ていない背景から察するに言語の壁はあると思うがそれでも愛を育める、対等な関係を築いているところは尊敬する。

交際よりもまだ引退してなかった事にちょっとだけ驚いた。

すごく強い彼女なんだね。

結婚したら絶対怒らせないようにしないとね。


石井っていろんな人と付き合えるんだな。

そういう人がうらやましい。


今まで付き合った人は片手で楽に足りる。


人生で本気で好きだと思ったのはまだ1人だけだな。


人を簡単に好きになれる人がうらやましい。


この人の収入源はなんなんだろう

がんばって柔道も恋も、意外と米国女性って純粋な方多いと聞くのでいいのではないでしょうか。

願わくば、結婚して世界最強の遺伝子を引き継ぐ赤ちゃんお願いします。


最強の遺伝子だな。
勝手に期待しちゃいますよ。

1度は結果を出したのだから好きにやれば良い。


もしも柔道を続けてたら柔道界のレジェンドになってたかな?
最後に決めるのは本人だけどもったいなかったような気がする。


この人、女子大生と結婚したり、歌手と結婚したり意外とモテるよね。

意外にも合うかもね、相性が。

アメリカ人女って意外にも、日本人の今時の若者と比べて、古臭いトコあって、自分がこうだという信念があれば、バツ2だろうと、タラシだろうと、”格闘家”という尊敬の念一筋で支えると思う。


まさに、ヒラリークリントンですよ、旦那を帰って来ない野良犬呼ばわりしても、尻を叩いて、旦那をあげる、あの意地と根性…笑

ただの女好きかも

意外と恋愛上手なんだね。
結婚した人もファンだった歌手だったはず。

この人若い時に、マスコミに誘導尋問かけられてるの気づかないで炎上しちゃったイメージがある。


日本柔道は、石井慧と言う逸材を
出ていかなければなら無い状況に
なった事を反省すべきだ。


柔道に専念していたら、結構な実績を残せたかも知れないね。
今は、欲望のままに生きておられますな。

石井さんは今、歴史が古く素晴らしい海空、教会や街並みも美しく世界遺産が9カ所もあるクロアチアで生活されているのですね。
アメリカの恋人との願成就祈ります。

バツイチはどちらが悪いとかはよくわからないけど、バツニはそいつの人間性の問題であることは間違いない。

石井君久し振りに 顔見ましたね。

メダル取ってスグに、”格闘家になる” あの言葉がすごく印象的だった。


言葉の陰に、何か柔道界との確執のような臭いを感じてたんですよ。


元気で何よりだ。


でもね、夫婦で格闘家は好ましくないな。


結婚考えてるなら、どちらかがやめるべき。


何処かの協会に夫婦でしがみ付いてる、ハラスメット理事のような人生になってしまいますよ。


絶対柔道で頑張ってた方が良かったのに。

実力もそんなに無いからUFCでは全然ダメだし稼げないだろう。


なんだかんだでモテる事に震える

道着無しのスタイルに適用しきれなかったな。

正直、総合格闘家というより柔道からの転向の際に、
世話になった各方面に喧嘩を売った総合喧嘩屋というイメージだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!