国会議員の帰化情報の開示は当然と問題提起!「めちゃくちゃ正論!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 日本維新の会の足立康史衆院議員が、「国会議員は、いつ日本国籍を取得したのか」などの国籍情報を公開すべきだ-と、国会審議で問題提起したところ、ネット上は賛同の声であふれている。

夕刊フジで「ニッポンの新常識」(毎週金曜)を連載する、米カリフォルニア州弁護士、ケント・ギルバート氏に、米国の事情を含めて「国会議員の国籍・帰化問題」について聞いた。

「国会議員の二重国籍が簡単に分からないなど、日本の現状は大問題だ。

海外のように、帰化も含めて『いつから日本人になったのか』という国籍情報を公開するのは、当然のことだ」

ケント氏は語った。

夕刊フジが8日、足立氏による衆院総務委員会(7日)での「帰化情報公開発言」を報じたところ、「こちら夕刊フジ報道部」のツイッターには、

《大賛成です》

《どこの生まれかは関係ない、隠していることが問題なんだ》

《足立議員を支持します》

などと称賛が相次いだ。

ちなみに、米国では国籍を得る際、「米国に忠誠を誓う」という宣言をしなければならない。

そのうえで、上院議員になるなら帰化後7年、下院は9年しないと、議員に立候補できないという。

ケント氏は「それだけ、新たな国家の一員になることは、神聖かつ重要なこと。

国会議員になるなら、なおさらだ」と述べた。

米国ではさらに、出身国も明確にしており、「アフリカ系米国人」「プエルトリコ系」「韓国系」「中国系」などと堂々と名乗っている。

日本の国際化が進むなか、国権の最高機関である国会のメンバー(議員)には、徹底的な情報公開が必要ではないか。

国会審議を聞いていると、「本当に日本の国益のために質問しているのか?」と疑問に思う議員もいる。

ケント氏は「日本にスパイ防止法がない以上、例えば、

『自分は出生時から日本国籍だ』

『二重国籍だったが、何年に日本国籍を選択し、他国籍は放棄した』

『外国人だったが、何年に日本国籍を得た』

といった情報を公開してしかるべきだ。

公開方法は検討課題だろうが、現職議員はすぐやってほしい」と語った。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000011-ykf-soci

『ケント・ギルバート氏「国会議員の帰化情報の開示は当然だ」 足立議員が問題提起、ネットでも賛同の声』のニュースに世間の声は

ケント・ギルバート氏の指摘の通り、国会議員の帰化情報は開示すべきだと思う。

>海外のように、帰化も含めて『いつから日本人になったのか』という国籍情報を公開するのは、当然のことだ
こういうことには日本人は疎かったのではないでしょうか。


多人種のところなら当然意識するのでしょうが、日本は表面的にはほぼ日本人のようで意識してこなかった。


今は中国系の人が一番多いようだが、帰化した韓国・朝鮮系を含めるとここが一番だろう。


まだこういう情報を公開してないのではっきりとは言えないが、いろいろと反日的なことをやってきていた議員には、そういう方たちが多く含まれていたと考える人は少なからずいるでしょう。


そうね。

帰化は別にいいけど、政治活動をするなら、日本の為にやってほしいもんね。


もっともな意見。

二重国籍問題もうやむや、いつ日本国籍になったのか分からない議員も多い。


日本の政治は、日本人で行うべき。


これは是非とも必要だと思います。
機密情報とかにも触れるんだし。

資産公開も重要かもしれないが、やはり国籍の開示は資産公開よりも優先事項だと思う。

至極当たり前の事だと思います。

国民は知る権利があると思う。


当然なことだと思う。
と言うか 今まで議論すらしなかったことに驚く。

当然だ!
というか、そういう動きがこれまでなかったのが不思議なぐらいだ。


ここは日本国だ!
国益のために働かない政治家がいること自体が違憲だ!!

当然の個とを当然とやらないのが日本!
土井や辻元、蓮舫とかは本来やるべきことをやっていない!
まぁ1番困るのは野党の人たちだろうけどね!
国会議員はパスポートを2つ持って毎日提示しながら、国会に行って欲しいね!

通名も廃止した方がいいと思う。

めちゃくちゃ正論ですね。

別に帰化した方であろうと、日本のために頑張ってくれる方なら誰も文句は言わない。

そうではなく、わざわざ国籍のことを隠してコソコソやってるから疑問が生まれる。

開示することが当たり前だと思う。


こんな単純で明快なことを戦後七十年以上、日本はやって来なくて、それを当たり前のようにしていたことが恐ろしい。
そして、メディアはこういう報道を一切しなかったのも問題だと思う。
更に、アメリカ人のケント氏に指摘されることを恥じ入るべきだ。

当然だと思う。
機密が漏れたり当然、考えられる。
帰化したからと言って親族は国外の高官だったり、情報が漏れる恐れは十分考えられる。

信憑性がどこまでかわからないが、ネットの情報を見る限りかなりの人数がいるよね
そいつらが束になって必要ないと言い張るんじゃないかな
既に遅いのかもしれない
前に役所関係の知人がいっていたけど、一部の国会議員は国益云々よりも与党の足を引っ張り、法案の可決を先伸ばすことだけしかやっていないって言っていたけど本当にその通りだと思う
当時は日本の上空をミサイルが飛んでいったりして目の前に危機が迫っているのに憲法違反だのって騒ぐ輩
本当に国民のためを思うなら危機が迫っているのにああいう事をいい続けられるんだろうか?
能書きを沢山述べて本質を煙に巻く
自分も含めてだが、そういった緊急事態にも関わらず無関心な国民
良からぬ輩にすれば、これほど愚かで扱いやすい国民はいないでしょうね

これは当然だと思います。
国会議員は国のために働いているので、議員がどのような人物なのかは公表すべきだし、我々有権者の判断材料の一つにすべきだと思う。

本当に日本に必要な人物だと有権者が判断すればどのような経緯があっても当選できると思います。

堂々と公表してください。

そんな人が多い政党があるね。

彼に聞くまでもないことで国が明確にしとかなきゃいけない問題だ。

行政はだらしない。


ケントさんにこそ国会議員や同等な役割や
ポジションについて、
日本を良くしてほしいと思う
右か左かは別にして

義務化しなくても、有志から始めていけばすぐに全員やらざるを得なくなるよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!