JASRAC職員が主婦を名乗り音楽教室に2年間潜入調査!「やり方が姑息」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かった。

9日には、両者の間で続く訴訟にこの職員が証人として出廷する予定だ。

■職員は「主婦」、発表会にも参加

潜入調査についてJASRAC広報部は「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と説明している。

訴訟では、教室での講師や生徒の演奏が、著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」に当たるかどうかが争われている。

JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、職員は2017年5月に東京・銀座のヤマハの教室を見学。

その後、入会の手続きを取った。

職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、バイオリンの上級者向けコースで月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加した。

陳述書によると、レッスンでは講師の模範演奏と生徒の演奏が交互に行われた。

JASRACが著作権を管理する「美女と野獣」を講師が演奏した際は、ヤマハが用意した伴奏音源とともに弾いたため、「とても豪華に聞こえ、まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と主張している。

また「生徒は全身を耳にして講師の説明や模範演奏を聞いています」と記している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000061-asahi-musi

『JASRAC、音楽教室に「潜入」2年 主婦を名乗り』のニュースに世間の声は

やり方がなんかものすごく気持ちが悪い。

JASRACに雇われている以上JASRACに有利な証言をするのは当たり前だし、感想も主観でしかなく、イヤホンで聴いても同じ様な感想になってもおかしくない。

この影響かどうかわからないが、今年に入ってから、食品スーパーでBGMをかけなくなった。

JASRACは日本から音楽を無くす気なのか?

ほんと異常な組織だな

やり方が悪質すぎる。

本当に気持ち悪い組織。


私が家族なら、この会社を力ずくでも退職させるわ。


姑息で共感できないです。

JASRACが守っているのは大手レコード会社の既得権益であって、アーティストの活動ではない。

捜査権がないのに身分を偽って潜入したのが証拠になるの?
てか、音楽教室での模範演奏なんか生徒が集中して聞くのなんか当たり前じゃん。


音楽教室から取れるようになったら今度は音高や音大からも取るんかね?

JASRACは音楽教室の教本まで著作権使用料を請求しようとしている。
音楽家が育たなくなる。

ひどい。

一緒にレッスンを受けた人達と先生が可哀想。


楽しい時間だったはずがもうモヤモヤでいっぱい。


俺はJASRACが嫌いだ

潜入調査にかかった費用はどこから出てるんだ?
職員の自腹じゃないよな
著作者に渡すはずの金で何やってんだ

さすがCASRAC。

スパイまで潜入させるのか。


こんな組織必要か。


偽って調査っていいの?
偽って建物に入るっていいの?

主婦と偽り潜入って…
そこまでする?
音楽教室の先生は誰も信じられなくなりそうですね。


>演奏権は形に残らず侵害されやすい権利
正直、著作権者を装って別人が販売したり、お客を集めて演奏して
金を取るとかでない限り、ちょっとした権利が侵害されたって
結局は著作権者の得になるってことの方が多いと思う。


現にJASRACが無茶苦茶やりすぎたおかげで、どこも音楽を
流さなくなった。

以前なら街中で流れている曲を聴いて
「これいいな、この曲もっと聞きたいな」でCD買ったりDLしたり
それで曲の人気が出ることだってあったと思うのに、
今じゃ耳に触れる機会がないから客層を広げられない。


これじゃ逆に「著作権者」に損をさせていると思う。


JASRACから音楽を守る党とかできるかもね

怖ろしい話ですわ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!