警察官が家に巡回連絡に来た!訪問時に聞かれたこととは?

 

今日、人生初めての経験をしました。

 

それは、警察官が家に来たこと。

 

インターホンに出ると、「◯◯交番から来ました。巡回連絡に来たのですが、お時間よろしければ、お話伺ってもよろしいですか?」というような感じでした。

 

宅配便だと思いこんで、インターホンに出たものだから、思いがけない言葉過ぎて、一度では聞き取れなかったほど。

 

「巡回連絡」とか一度も聞いたことがなかったし、”交番”から家に訪問しに来られるということもなかったので、玄関を開けて警官を見るまで「???」状態でした。

 

聞かれたことは、

 

1.いつからここに住んでいるか。

 

2.家族全員の氏名と生年月日と電話番号。

 

3.県外の緊急連絡先電話番号。

 

4.この地域周辺で困っていることはないか?(不審者情報や騒音など)

 

警官は女性で1人でした。

 

本物の警察官かどうか判断しようがないまま、このご時世、個人情報を伝えるのはリスクだと少し頭をよぎったが、前住民の名字を知っていたので、なんとなく信用した。

 

警察官が帰ったあとに調べたら「巡回連絡」って、本当にあるようですね。

 

災害時の生存確認とかに利用されるのだとか。

 

あと、最近近所に大きな公園がオープンしたので、不審者情報とか、周辺住民の把握をしておきたいというのもあったかと思います。

 

でも結局、今回のその人が本物の警官かどうか分からなかったです。

 

知るすべもない。

 

その場で警察署に電話して確認すれば分かるだろうけど、流れ的に「失礼かな」とか思って、現実はそんな行動には出られませんでした。

 

調べると、ある地域では巡回連絡の際、「巡回カード」なるものが渡されて、誰が訪問したかが分かるようにしている地域もあるらしいけど、うちの地域ではありませんでした。

 

そういうのがあれば、不安も少しは払拭されるし、後から警察署に確認とれるのでいいなと思いました。

error: Content is protected !!