順天堂大 女子はコミュ力高いから補正「ちょっと何言ってるかわからん」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 順天堂大(東京都)は10日、医学部入試をめぐって設置した第三者委員会から「合理的な理由なく、女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていた」と指摘されたと公表した。
特に面接などが行われる2次試験では「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていた。

大学によるとこの結果、2017、18年春の入試では計165人が不当に不合格となった。

大学はこのうち、2次試験で不合格となった48人(うち女子47人)を追加合格にする方針という。

東京都文京区、西畑志朗撮影 第三者委の報告書によると、女子を不利に扱っていた理由を順大の教職員らに聞き取り調査をしたところ、

(1)女子が男子よりも精神的な成熟が早く、受験時はコミュニケーション能力も高い傾向にあるが、入学後はその差が解消されるため補正を行う必要があった

(2)医学部1年生全員が入る千葉県印西市のキャンパスの女子寮の収容人数が少ない

――と説明があったという。

第三者委は、(1)について「性別より受験生個人の資質や特性を重視すべきである」と指摘し、「合理性がない」と判断。

(2)についても、女子寮の収容定員が大幅に増えても医学部の女子学生が増えておらず、合格者選考会議などで収容人数が特に審議されていなかったとして、「制限する合理的な理由はない」と結論づけた。
(増谷文生)

順大入試、女子を一律に減点「コミュ力が高いため補正」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
順天堂大(東京都)は10日、医学部入試をめぐって設置した第三者委員会から「合理的 - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

『順大入試、女子を一律に減点「コミュ力が高いため補正」』のニュースに世間の声は

医者にとってコミュニケーション力は重要な要素と思うが。

コミュ力高いと減点?謎すぎるわ

なぜ女性ばかり・・・現在女医が少ない一因でもあるのでは?

医学部だし、もう少し医学的、生物学的、科学的に言い訳出来なかったのだろうか?
受験生よりも順天堂の先生方こそコミュ力や社会適応力を計測したらどうだろうか?

むしろ高い方がいいと思うのですが、これを決めた方はクソですね。
さーて、どんな責任の取り方をされるのでしょうか。
逆に言えば、今活躍している女医さんは相当優秀ということだろう。かかりつけにするなら女医さんを一考した方が良さそうだな。

コミュニケーション能力が高いのは加点対象だと思うのだけど、
順天堂大学ではコミュニケーション能力は評価されないんですね。
これからは、順天堂大学出身者の医師は避けることにしよう。
医師の選び方を示してくれてありがとう>GJ!!!www

こういう記事を見て思うんだけど、これからもし病気になって医者にかかるときは女性の医者のほうがよさそうだよな
だって狭い狭い門をくぐりぬけて医者になってるんでしょ?だから間違いなく腕はいいと思う。

体力のない女医が多いと業務が回らなくなるという意見を目にしますが、欧米諸国では女医が多くても問題なくやっています。女医を減らそうとする前に、業務の見直しなど根本的な問題解決が必要だと感じます。他国から学びましょう。

開いた口が塞がらないな。
もしかして、男の嫉妬かな?
ちゃんとした統計を取ったかどうかは覚えてないけど何かの記事で女性医師が担当した患者の方が回復に向かう傾向が高いというのを読んだ気がする。
もし、それがコミュニケーションの高さによってそれがなされているなら、その部分が医師として優れているとも取れると思う。
で、実際の現場でそれを目の当たりにして、歪んだ心情になって今回のような試験の形に現れたんじゃないの?
そんな事を決められるのってそれなりに年齢いってるだろうし、多分男性が多いのでは?
情けないというか、稚拙というか。

>>「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」
凄い理由だな…。

むしろコミュ力が高い方が患者としては助かりますが。
しかも、入学後に男子のコミュ力が女子に追いつく根拠は何なのか?
まだ女医の妊娠出産による離職の多さなどを理由にしてくれた方が業界への問題提起になったと思う。

コミュ力が高いことと減点が、凡人のワシにはどう頑張っても繋がらないんじゃ…

こちらの大学受験は特殊な小論文があります。とてもイマジネーション能力が求められ、圧倒的に女性の方が得意だと思います。
また同校は英語の問題が難しく、女性の方が英語を得意とする者が多いので、女性が受験をするのは有利なのだと思ってました。
今回このような女性差別・多浪差別が問題視されてますが、苦し紛れな理由をつけるより
「現役男子を多少点数で劣っていても我が校に迎えたかった。」
と素直に謝罪してほしい。
医学部を受験するだけで6万円も費用がかかります。せめて本来合格して居たはずの受験生にはその6万円を返却すべき。
大学側がもし男子優勢にしたい姿勢をどうしても変えたくなければ、理科の選択を物理必修(女子は割と苦手な人が多い)・数3分野を多く出題し難問にすればよい。それで男子受験生は少し有利になるのではと思います。
ただし私は人類の人口に比例するような医師の男女比であるべきだと思います。

若い医者で患者を診ずにパソコンを見て診断する方がいました。会話は成り立っているけど、喉が痛い咳があると言えば、薬を出しておきます。お腹が痛い、頭が痛いと言えば、薬出しておきましょうと。お腹を問診したり、喉を診たり、血圧測ったりもせず、それで終了。薬の副作用とか細かいことは調剤薬局の方が教えてくれるけど、医者からはそんな事聞かされない。コミュニケーション不足というより、医者としてどうなのかしらと思う人物もいます。彼はパソコンをずっと見ていましたが、私と目を合わせることはなかったです。

女子としてお医者さんに見てもらう立場として、女医さんが増えてほしい。
お医者さんの性別問わず、診てもらえるってすごく有難い。男女問わず、腕の良いお医者さんが増えてくれたら嬉しいとは思う。
でも、女医さんにしか打ち明けられないこともあるのでは?繊細な年頃の女の子や、出産育児を控えたお母さんの中には、同性の女医さんに診てほしい人もいると思う。逆もまた然りなのかな。
それとやっぱりコミュ力高い人ほどお医者さんになってほしい!
治療方法をわかりやすく教えてほしいし、怪我や病気で不安な時は寄り添ってほしい。

むしろコミュ力がある方がいいと思うけど。社会に出て分かったことはスキルも大事だけど周りと上手くやるコミュ力、立ち回り方、メンタル面の強さも必要だと思ってる。

日本の医学部受験界の闇が爆発してる
これを機にまともになってくれれば

女性を差別するのは論外だがこの問題でおかしいのは女性や浪人だろうと優秀な成績なら医者になって頂いたほうが国の為にもいい事なんじゃないの?
優秀な人間(性別や浪人に限らず)をあえて登用しないという医学界の考えがまったく意味不明なのですが。
逆に考えたら男性や現役生というだけで能力の低い人間が医者になってるかもという可能性があるんですよね。
この問題は国が調査するべき非常に重大な案件だと思うのですが。それにしても日本が差別の少ない国なんて幻想もいいとこでがっかり。
医学界は性差別、企業は不正やパワハラ。美しい国なんて言えるわけない。恥ずかしい。

点数だけでなくて、コミュニケーション能力も女性受験生の方が高いから面接点を減点をした!
自分勝手な屁理屈はもう聞きあきたが、
少なくとも、国民は成績が悪く、コミュニケーション能力も低い医者から治療を受けるために、高い健康保険料と自己負担金を払ってきたことだけは事実。
病院で長い時間待たされた末に、難しい専門用語ばかりでわけの分からない説明されて、ヤブ医者に治療されたと考えると腹が立って仕方がない。
合格ラインにありながら不合格になった受験生はもとより、国民全体への謝罪を医学部はするべきだ。

いつもかかりつけのお医者さんは男性なので、男性の医師が全てコミュニケーション能力が低いわけではないと思うけど…。
言っちゃ悪いけど、大学病院や総合病院に行ってかかると8割方の男性医師は態度が横柄過ぎて診療以前の問題を抱えている事が多い。逆に8割方の女性医師はかなり丁寧な対応をしてくださる方が多い。(気は強い方が多いはずなのだか)
そう言う意味ではコミュニケーション能力の高さはうなずける。
もっと個人的な事を言えば、妊娠中風邪が原因の喘息になった時には、男性医師にはたらい回しにされたのに女性の医師には吸入薬や妊婦でも可能な薬を処方していただいた。しかもたらい回しにされた期間が長い事もあり結構酷い状態だった。
結局男性は自分の保身に走るのだなと思った。

コミュ力こそ医者に必須の能力でしょう…あきれてものが言えない。

体力を理由にするなら体力試験をやればいいと思う。アスリートである必要はないのだから、性差が大きく影響するとは思わない。(満点のラインを下げればいいだけなので)
虚弱な男性もいれば力のある女性もいる。力があっても風邪をよく引くひとだっている。たとえば女性が学力試験や論文、面接などで高得点を出す傾向にあるとしたら、体力試験の上位者はそこで巻き返せるかもしれないし。大学としても、学力が高い人を求める一方で学力がいまひとつ足りないけれど体力がある人材というのも一定数求めているわけなんだから、体力試験をするのが合理的じゃないかなと思う。

医者としての能力やコミュニケーション能力は女性の方が高いが、出産や子育てで休む可能性があるからあまり採用したくない、ということなのですよね。
女性医師は患者にセクハラをする可能性も限りなく低いし、もっともっと女性医師を増やしてほしいですね患者としては。
今まで大腸検査を幾度となく受けましたがこの検査だけは男性医師の方が上手でしたね。けっこう重いので…。
でも胃カメラとかは性差はなかったです。

そもそもコミュ力を問わなければ良い。寮が必須なら男女別定員にすれば良いし、軽視したい得点項目があるのなら、配点を低くすれば良い。
女子だけ減点をするという目的ありきの、ただの言い訳になっていない言い訳。では男女の平均に差があるものは全て一律に加点や減点でもするのだろうか?「男にだけ有利にしたい」というのが先にあるだけだろうと思う。
医療事故全般が、こういう大学全体のせいとも言って良いぐらいな気がする。国家資格を通るうちでさらに優秀な人に見てもらいたいのが患者なのに、優秀な人を切り捨てて微妙な人が紛れてるのでは?コミュ障含めて。微妙な人達をギリ狙って卒業させるとか止めて欲しいよね。二重に有罪。

医師、としての常識内で話をする人間が多過ぎる。
時間内に説明しても理解出来ないからだと思うが、たまにカチンと来る言い方をされる時がある。
優柔不断な医師は困りものだが、説明がたりず、決め付けるだけの医師が増えたと思う。
特に若い男性医師。
面倒な患者の増加もその背景にあるのだろうが、聞きたい事も聞けない雰囲気に話を進めるだけでは、
本来のケアとは掛け離れたものになってしまうのではないか。
医師にとってのコミュニケーション能力は大切な要素の一つとも思う。

昔から一般的な範疇では男より女の方が頭が良いのでは…と薄々思ってたが(クラスの平均点が出る中学からずっと女の方が平均点高いですよね…ローカル的な現象でなく殆どの学校で)
個人的に、男女の一日に自由に使える時間、思春期以降、女は社会で女である為にしないとならない事が色々あって、それは大人に近づくにつれ徐々に増えて行って、仮に男が一日に自由に使える時間を10としたら、女は9とか8になるかも…ある意味一種のハンデかもな…位に考えてたのに
医学部という一般人からしたらほぼ頂点みたいな領域でも、実は女の方が成績が良かったという。何て言えばいいのコレ…
とりあえず、性差として男は体、女は頭が優れており各々の得意分野、て事でいいんじゃないのかな。今まで社会が能力を活かして適材適所を充分行って来たとは言い難い。改善求む。
にしても…これってもっと大騒ぎしてもいい位の社会的大問題だと思うけど!

コミュ力が高い先生、看護師、薬剤師さんの方が受ける側も気持ちが楽になると思うんだけど。
てか、そんな理由で不合格にされてた人達が今になって合格にしますって言われても、もう別の場所が決まってるかもしれないし、諦めて別の道を歩んでるかもしれないから行けないかもしれないし、そんな場所に通っても何されるか分からないから行きたくなくなるのでは…。
と安易に考えてしまう。

患者側からしたらコミュニケーション能力が高い人に診察してもらいたいけどね。さらに言うと、女性は女性の医師に診てもらいたい人が多いと思うけどな。

20年近くも生きて来てまだコミュニケーション能力が成長途中ですって?男女差というより個人差だと思う。女性でもつっけんどんでろくに人の話を聞かない人もいるし。以前やっと女医さんの病院を見つけて受診したら医学知識がかなり乏しくてめちゃくちゃな人もいたし。なので難関をくぐり抜けた女医さんが優秀とは限らないと思う。でもやっぱり女医さんの方が細かい所にまで気付いてくれる人が多いし想像力が豊かだから色々な可能性を考えて診察してくれるので誤診が少ない。最近の若い男性の医師はしっかりしている方が多くて話も熱心に聞いてくれる人が多いけどずっと先生先生と持ち上げられて来たであろう年配の男性医師はとにかく高圧的で患者の訴えも小馬鹿にした様に聞き流し全く的外れな診断をする人が結構いる。適当な薬をさらっと出して全然治らない。中には低姿勢で丁寧に接してくれる男性医師もいるけど。性差でなく個人で見るべきだと思う。

これ、ものすごく卑怯を感じる。
男子にないコミュ力の部分は男子に有利になるよう女子を減点
女子にない体力の部分は元々男子有利だから女子を減点。
男子が上に進みやすくする事だけ中心に考えている。
この発想が出てくる思考の根っこは、女子に社会進出、経済活動はして欲しくない。女子は子供産んで、無報酬で家庭の仕事をするのが優秀。女性はいつでも男性の為の豊かな人生のサポート係。というような考え方がベースなんだろう。
女子が持つ特性は評価しない。寧ろマイナス。
男子の持つ特性は優秀で素晴らしいもの。
こんな前提でルール作りや制度作りされた土俵で戦う女性は本当ヘトヘトだろう。
話がずれるが、女性の社会進出や経済活動に少子化を絡めて否定的な意見があるが、女性のアイデンティティをこんな風に叩きのめしておいて、少子化対策の責務まで被せてくるのは、酷いと思う。こういう所、日本は先進国じゃない。

それが減点対象になる理由が解らんけど
女性でもコミュ力に?なお医者さんいはるよ。
産婦人科のママさん医師なんか
自身の体験でしかもの見れへんのか?
て思うんもザラやし。
押し切るようにもの言われんの嫌や。
そもそも素人である患者が拙い説明で
状態を伝えようとしているのに
汲み取る気すらない医師は
老若男女や経験有無を問わず
たとえ腕が良くてもイマイチ信頼しづらい。
もちろん腕は大事やけど
ちゃんと患者の主訴を理解し病状をきちんと説明してくれるお医者さんが一番安心する。
コミュ力は大切な要素なので、減点ではなく
加点対象ですよー。

やっていない大学はないんじゃないかな

変な後付けの理由などいらない。
「現役男子が欲しかった」「そうしたい理由があった」と言えばいい。これは試験の問題であると同時に日本の医療をどうするかという問題だ。
今年度の医学部入試はおそらく点数操作をしてくる大学は少ないだろう。試験に点数操作がないのならもちろんそれは健全なことだ。それでまずやってみて、懸案の「女子が多くては医療が成り立たない」のかどうか、15年もしたらはっきりする。個人的には医療は成り立たなくなると思っているが、医療を受ける我々国民が適切な医療サービスを受けられず不満が噴出してから受験をどうするか再考すれば良い。

どうでも良いけど、大学では手術する医者が欲しいのでしょう!
医学部に入っても、手術を嫌う学生が増えていて、手術する
医者が不足しているとの報告がある。
製薬会社への就職とか保健医療の団体とかに入る人が多いと言う。
だから、医師不足になると言われているので、手術する医者が
欲しくなる、当たり前だと思う。
カウンセラーより、現実に手術する人間がいた方が良いと思うが
もちろん、そればかりが医者でないが圧倒的な数は手術できる
医者だと思う。差別は別として、謳えば良いと思う。
手術する医者の学生募集と…….

子どもがよく体調を崩すが、近くの小児科には行かず内科と耳鼻科にお世話になっている。
小児科のおじさん先生は高圧的で全く話を聞かず、検査もせず、他医の悪口ばかり。内科と耳鼻科はそれぞれ若手の男性と女性の先生。話が通じるし相談ができる。必要な時はまともな紹介先もある。

現役時代、第1志望の大学でした。
今は一浪して国立の医学部に通っています。
受験料だけで20万円近くも払ったのに..何年か前まで親子面接していた大学なので、加点や減点があるとは思っていましたが、誠意をもって謝って欲しかったです。体力がないから減点とかなら、分かる部分もありますが、コミュニュケーション能力が高いから減点っておかしいと思います。受験生は、本当に必死で、人生がかかっていることをもっとちゃんと考えて欲しいです。

女子まとめてコミュ力高いからといって減点って…
そんなことが許されるなら
男性も運動能力が高いからスポーツの世界で減点
なんてことになるようなもの。
女性だってコミュ力が乏しい人もいるし
男性も運動音痴だっている。
その中でひとまとめにして減点または加点するのは変な気がする。
いい人材に蓋をしてなにかメリットがあるのだろうか?

女性差別は探せばいくらでもあるよね。とある大手の工業系の企業に就職しようとしたら女子はとらないから面接を受けることができないと言われた。今は女性を受け入れてるみたいだけど、私もその時に面接して就職できたらなと今でも思う。

テレビで聞いたけど、全く意味が分からなかった。僕には、難解なのか、それても、あの理由で理解できると思うのが、馬鹿なせいなのか。どっちだろうか。理由は、最初の日医大だったかとほぼ同じでしょ。はっきり言えば、医療の現場では、女医は男医に比べ、役立たない。絶対数として、医師の数は不足している。その理由は、増えすぎると、高収入が少なくなるので、医師になるメリットがなくなり、医師になる人が居なくなる。そうなると、医師の社会的な地位が、ガタ落ちになる。そのため、総量規制を掛けているからだ。そういう総量規制による医師不足の中で、医師が活躍場を広げるには、女医ではなく、男医の数が多くなることが合理的である。ということでしょ。それならそれでいいから、男〇人、女〇人を合格者とする。合否判定は、男女別で行うと、入試要綱で、明記して行えばいい。制度上できないのであれば、文科省に改善を求めるべきだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!