韓国の宅配労働組合がユニクロ製品の配送拒否!「雇用が減るだけ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

韓国全国民主労働組合総連盟サービス連盟宅配連帯労組がユニクロの配送を拒否すると23日、明らかにした。

宅配労働者組合はこの日「過去史に対する反省のない安倍政権の経済報復を糾弾する」としてユニクロの配送を拒否すると明らかにした。

組合は「(ユニクロは)戦犯旗である旭日旗をデザインに持続的に使ってきた代表的な日本企業」とし

「国民の不買運動に参加するために『ユニクロ配送拒否認証ショット』をはじめ、実際の配送拒否に突入する」と説明した。

また「すべての組合員の宅配車両に日本の経済報復行為を糾弾するシールを貼るだろう」と付け加えた。

24日には日本大使館の前で記者会見も開く予定だ。

これに先立ち、韓国中小商人自営業者総連合会も「日本製品を買わない運動を超えて販売中断を始める」として不買運動に本格的に出た。

実際、一部のマートではビールをはじめとする日本製品を陳列台から取り除け、日本製品の販売を中断した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000003-cnippou-kr

『韓国民主労組宅配連帯労組「ユニクロ製品の配送拒否」』のニュースに世間の声は

いくら何でもこれは違うと思う。

こういうことが平気で、かつ非難されずに行われてしまう国。


K進出にあたってはそれなりにKリスクも理解しているでしょうから、その日本企業に矛先を向けるのは仕方ないと思いますが、その結果、職を失ったりするのはK人であることをお忘れなく。

勿論、業績が悪化すればKに落とす税金などにも大きく影響が出ることもお忘れなく。


日本企業はいい加減、Kから撤退することも視野にいれなないとね。


日本国民はもう同情なんてしませんよ。


一時でやめず、末永く継続して欲しいね。

純度の高いフッ化水素を不買運動の対象にしないのは何故何ですか。

本当に不思議な人達だ。


よくわかるように説明して下さい。


これを全世界で報道、拡散するべきだと思います。

誰が、こういう国を「友好国」にしたいでしょうか?

これはヘイトの対象になりますね!流石に反日国家️反社会的組織です。

今こそ韓国内に進出している日本企業は真剣に他国ヘの移転を考えるべきです。

それは良かった、配送者の人件費が圧縮される。

最も、高い家賃を払って明洞駅前店舗を構えて売上が落ちるのなら撤退した方がいい、韓国人従業員は失業するがね。


この先、制裁が本格的に始まる前に邦人企業は韓国撤収を真剣に検討した方が良いと思います

他の企業にとってもコリアリスクアップですね。

撤退が進みますね。


日本企業だけがリスクと思ってくれればいいけどね。


こういう嫌がらせは、全て韓国国内の雇用と消費を低下させる行為で、ブーメランとなって韓国に戻って来るでしょう。

どんどん生活も、不便になる事でしょう。


すばらしいね。

安倍さんは中国は嫌いだが交渉はできる。


韓国は交渉すら出来ないと言ったらしいけど、まさにその通りだね。


こう言うリスクのある国だと言う事を世界中に知らせていきましょう。


二度も謝らせた上にこれですか!
やはり彼の国には、譲歩なんてしてはいけません。


この際、韓国から撤退してはいかがでしょう。

へー。

自分で自分の仕事を減らすのですね。


外国は呆れそうですね。


ここ数年の政治や判決見てればこの国への投資リスクは明らかだったはず。
(特にB to C)
ユニクロほどの企業がその点に気づかなかった訳が無いと思う。


この国の反日感情は流行り物でなく、幼少期から教育レベルで刷り込まれる。

暫くすれば収まるようなものではない。
相当の投資をしてしまっていると思うが、非日経企業に事業ごと売却を考えた方が良いでしょう。

8月半ばから買わないメニューが100品目
くらい増えてよかったですね。


不正輸出のおかげですね。


ここまで来れば明らかな経済テロであり、日本政府は厳重な処置を取るべきだ。
何時もの韓国の行動パターンだが、何故ユニクロだけが対象になるのか、他の日本製品すべてでないのか?
何時もの自分達に都合の良い反日でしかないが、本人たちは真剣なのだろう。

ユニクロは自社の配送車を使って防衛すれば良いのでは、これだけの失業率なので運転手は幾らでも手配できるだろう。

これがコリアリスクです。
国際秩序、法律や社会モラルよりも
感情の方が上に立ちます。


進出している企業は織り込み済みだとは思いますが。


品の無い国です。


日本企業は撤退し、日本の銀行は融資を止めた方が良い


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!