カメラを止めるな!のテレビ放送!冒頭40分はCMなし!ツイッターで生解説も!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 昨年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』がきょう8日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で放送される。

先週の日本アカデミー賞で最優秀編集賞を受賞した上田慎一郎監督の監修のもとテレビ初放送となる今回、カメラ1台でワンシーン・ワンカット撮影に挑んだ作品冒頭からの約40分間をCMを入れずノーカットで送ることがわかった。

劇中でプロデューサー役を演じる“どんぐり”こと竹原芳子が、1日限りの金曜ロードSHOW!』プロデューサーを担当。

番組公式ツイッターでは今日だけ特別にどんぐりプロデューサーの投稿がアップされる。

放送中には上田監督ほか、濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、秋山ゆずきら主要キャストが映画の裏側を生でトーク。

生解説の様子はツイッターなどSNSでライブ配信していく。

「思い出深いシーンは?」

「印象的なハプニングは?」

「映画がヒットした後に起きた変化は?」

など視聴者の質問に生で答えるコーナーも実施。

質問は公式ホームページ、公式SNSにて募集中だ。

■出演者コメント 濱津隆之 「みどころはやはり冒頭の37分ワンカットです。

ゾンビで、コメディで、あとは…とにかく最後まで見て頂けたら嬉しいです。

(すみません、何を言ってもネタバレになってまうのでこれ以上何も言えないです。)」

真魚 「前半のワンカットで感じた違和感を忘れずに、そのまま後半に突入してくだされば楽しんでもらえると思います!とにかく最後まで観てください!」

しゅはまはるみ 「40分ちゃんと観てくれたらそのあとは少しずつ面白くなります!ワンカット中2、3分でゾンビに変身するのも注目して欲しい。

エンドロールがこの作品の全てです。」

秋山ゆずき 「ゾンビは出てきますがホラー映画ではないので、怖いのが苦手な方にも見て頂きたいです!よろしくお願いします!」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000305-oric-ent

『『カメラを止めるな!』TV初放送で冒頭40分“CMなし”ノーカット放送』のニュースに世間の声は

冒頭暫くは本当に面白く無いので最初の20分で多数の人がチャンネルを変えると思う
最初に「40分我慢して下さい」とテロップ入れた方が良いと思うなあ

この映画まだ観てなかったので楽しみ。

でも観た人が言うには、期待値を下げて後半までしっかり観なさいとの事。


取り敢えずその通りにやってみます。


見ます。
録画もします。

楽しみにしてるので40分以降は細切れにCMばんばん入れるとかはヤメてね。


すごく評価いいので観ましたが、私にはあまり合わなかったみたい…面白い人には面白いんだと思います。

これを、テレビで放送するのは、個人的には、無理があると思う。
いくら、40分入らないとしても、CMは、必ず入るわけやから。
ぶっ通しで観る映画だと思うな。

バラエティでもそうだけど、最初CMが少ないのは、終わり際に5分毎にに2分CMが入ったりするから、最後にものすごくCMが多かったとして不満が残るケースが多い。


多分どんな感じでしょ。


なんかゴタゴタが良い印象無くて
面白いと言われても
気持ちがあまり向かない。


映画はラーメンのようにかなり好みが分かれるとは思っていたけど私はこの映画は見ていて辛かった。
言いたいことも見せたいことも分かるんだけど。
作り手側の人間が見たらより面白いのかもしれない。
何より私は画面のブレに酔ってしまった。

映画はどれも一生懸命作られたものだから評判に関わらず気になる映画は映画館は難しくてもレンタルでも観ると良いと思う。

素敵な映画に出会えると幸せな気持ちになる。

これは、視聴率の分計が楽しみですね。

最初の40分の離脱者がどのくらいか、そして、そのあと戻ってくる事はあるのか。


しかし、視聴率がどうであれ、あの冒頭を削るのは、作品としてあり得ないので、やはりそこを尊重した日テレは、英断だと思いますね。


予想していなかった事が起きたいいケースだと思うが、「話題になることと、支持される」では意味合いが変わってくる。

10年後この映画がどれだけの人の記憶に残っているかは未知数な作品でもある。


このタイミングでの地上波はまだ観ていない人の興味を引くが、同時に多くの人を期待外れさせてしまう可能性もある。


そうなると必要以上にマイナスイメージが付く恐れもある。


どっちに転ぶだろうか?

つまらないって意見が多数あるけどたしかに個人の好みがあるから仕方ないと思うけど、この映画の醍醐味は前半に張られた伏線を後半に回収して「あぁ、あのシーンの違和感はこういう事があったからこうなったのね」ってところにあるから推理系の映画が好きな人向け。

考えなくていい単純な勧善懲悪やドンパチ物とか好きな人はこの映画面白くないと思うよ。


面白い映画だと思いますが、冒頭40分を見続けられればの話。

映画館だとあまり途中で見るのをやめる人はいないと思うけど、テレビだと…どうかな。


CMを入れる時間や本数は決まってるのだから冒頭40分でCMが入らないならその後に入りまくるって話でしょ?
それなら逆に前半で多く入れて後半ノーカットの方が良いと思うけど、最初の20分を我慢できれば面白い映画だという話も聞くので前半にCMが多かったらそこで脱落する人も出そうだし難しいところか。


個人的にはあの描写が地上波で流れるだけすごいと思います。
一緒に見に言った彼女は最初「これ私にはきつい」て目覆ってました。

ただ、後半で全部回収されるからイケるんだとは思うけど、まさか地上波で流れるとは。


万人受けではない。

ハマる人にはハマる。

爆笑する人、ニヤニヤする人。

たまに泣く人もいる。


最初のワンカットの失望と当惑(こんなのをみんな面白がってるの?)。

ここをどれだけ真剣に観ているかであとのはじけ方が違う。

この点、映画館は途中で観るのを止めづらく嫌でも集中してしまうから、この作品はホントに映画館向けなんだよね。


自分は二回観た。

副音声を聞きたいからDRモードで録画しようと思う。

この映画はネタバレ厳禁だから当たり障りのない事を言うと、最後まで観て初めて作品が成立するので映画館とは違って途中で観ることを止めることが環境の場合はそのところを理解してから観ないといけない。

「必ず最後まで見てください」
と注意させといた方がいい。


そうすればその後にCMが大量に挟まれますよね。

この作品は冒頭のワンカット(繋いでるのでは?と思う箇所もあるけど)が見どころの一つだけど、面白いのは後半の種明かしなので、面白い所でCM、CMとなるのも興醒めだろう。


いずれにせよテレビ放送に向いていない。


40分と言わず、最後までCM入れずに見た方が面白い作品だと思う。

が、そういう訳にもいかないのも理解できる。


初めて見る人は面白さが半減するからCMが入るテレビで見るべきじゃないと思う。

通しで全部観るから面白いのであって、CMが入ると気が逸れちゃう。


という事は、終盤の大事な時期に2分おきにCMが流れるという事だな。

最近はテレビで放送する映画は録画してしか見ない。


マジでCMがウザ過ぎる。


脈絡考えずにぶった斬っCM入れるからな。


大事なところで空気読まずに流れるCMが視聴者に逆効果になるのを知った方がいい


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【先着特典】カメラを止めるな!(オリジナルクリアファイル付き)【Blu-ray】 [ 濱津隆之 ]
価格:4665円(税込、送料無料) (2019/3/8時点)

楽天で購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!