上沼恵美子がM-1の審査員を引退宣言!「忖度なしのコメントがよかったのに」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

タレントの上沼恵美子(63)が、長年務めてきた「M-1グランプリ」の審査員を引退する意向を示した。

上沼は3日放送のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」で、自身が審査員を務めた前日放送の「M-1グランプリ2018」を振り返り、「前半はちょっとダレましたよね。
よく残ってきたなっていう漫才が続きましたよね」と辛口を交えつつ、「最後に行けば行くほど盛り上がってきました」と総括。

霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組で争われた最終決戦で、和牛に投票したことについては、「和牛は完成度が高い。いとし・こいしさんかと思いました」と、昭和から平成までお茶の間をわかせた名人コンビを引き合いに出して称賛した。

また、「ファイナルに上がる人がもう少しレベルアップされた方が、今後のM-1はもっともっと盛り返す」と、今後の出場者たちに期待しつつ、「テレビ離れが進んでる昨今ではございますけど、もっと数字(視聴率)行くんじゃないかな。
島田紳助さんが作ったM-1というソフトは、まだまだでかい。
ドラマがあるもん」と、M-1の存続については太鼓判。

続けて「だから私みたいな年寄りがあんな所にちょこんと座って偉そうにしてる場合じゃないんですよ。
だから私は引退します、審査員を」と言い放ち、「むしろ(出場者として)出たいですね」と冗談めかした。

上沼恵美子がM1審査員引退宣言「もっと数字行く」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
タレントの上沼恵美子(63)が、長年務めてきた「M-1グランプリ」の審査員を引退する - Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)

『上沼恵美子がM1審査員引退宣言「もっと数字行く」』のニュースに世間の声は

忖度無しのコメントで私は好きだけどなぁ…
やっぱり同業者だからやんわりコメントするより正直に面白くないと言える立ち位置の人は必要と思う。
某ものまね番組でも重鎮には似てないのにそんな面白くないのに勝ってたりしてやる意味ないじゃん。視聴者なめんなって思う。

上沼さんはめまいの持病があるのに、審査員紹介で階段を下りなくてはいけない演出がある。
私もめまい持ちなので一人で階段を下りる時は余程注意している。
仕事だから仕方ないのかもしれないけど、観ているこちらはハラハラする。
笑顔で階段を下りて面白い事をバシッと言って席に着く上沼さんのプロフェッショナルは素晴らしいと思います。

ウケれば理屈じゃないと思うけど、漫才の大会だから漫才として成立しているのかという視点もほしい。
塙さんなんかはバランスが取れていたと思うが。

漫才という しゃべくり文化において 今は一番上の師匠 師範が上沼さんだと思うから師匠が審査していいと思うよ。
だけどテレビ面の視聴率なりを鑑みて辞退する潔さが上沼さんらしくて かっけー!!
老害芸人は他にたくさんいるのにね。
今も昔も関西の番組のほうが東京より全然面白い。
それは上沼さんやたかじんさんの、こういうスタンスのおかげです。

関東では認知度が低めかも知れないが、関西では重鎮として存在感が半端ない。
だから居ると居ないでは雰囲気が全然違うので頑張って欲しいのだが、やっぱり本人としても色々思う所があるんでしょうね

自分は上沼さんの採点が一番納得出来ました。
自分の好みと似ているのかもしれないが、正統派漫才がやっぱり好きです。
あと上手い人とそうでない人の差は大きいとも感じた。
ナイツ塙の採点も興味深かったですね。

女性で審査員席に座れる人は上沼さん以外いないのが現状。
あらゆる意味で審査員に女性はいた方が良い。上沼さんの発言はフォーカスされることも多くプレッシャーも相当かと思う。その上で自分も笑いを取らなくてはいけないし、審査は審査としてちゃんとしていても、トークの笑いの部分での発言を誤解される事もあり、大変だったと思う。
できれば来年も審査員として残ってほしい。見る目や実力はあってもまだそれほど権威のない審査員が増えることは、この賞レースの性格上致命的。

上沼さんには残ってもらいたいですね。
個性の有る審査員の方はコメントも多様で面白いです。

上沼さんの怒り枠ってある意味、芸人にとっての最高の舞台であるM1決勝の舞台でやらかしてしまったコンビに対する救済措置的なものだから、来年から今年の前半を凌ぐ目も当てられない悲惨な状態になるかもね。

最近お笑いのスタイルが変わって、人気があっても全く面白くない芸人さんが多く、笑いの世界も世代があるのかと寂しい気持ちになっていたけど、、。
結局漫才はいとこいさんのスタイルが完成ってことか。
それならまだまだ漫才で笑える、嬉しい〜
新しい笑いなんて言われても分からんわ。
上沼さんの引退は早いように思う。

上沼さんの辛いコメントは結構好きなんですが、去年あたりから上沼さんから厳しいコメントを貰う芸人を上沼枠とか茶化しだしちゃったのは個人的には失礼な感じがしました。その道の大先輩から直接の指導受けられる機会ってあんまりないと思うし、上沼さんは厳しい事を言っても最後にはちゃんと笑いに変えてくれる人だと思う。

上沼さんは自分の意見をハッキリ言うので好感を持てます、場の空気を忖度する様な審査員が増えると、M1も面白くなくなります

上沼さん、松本さん以外は真面目なコメントが多いから、もし二人がいなくなると、ただでさえ緊張感のある場がさらに盛り上がらない。出場者は漫才がやりにくいしテレビ番組としても成立しない。
上沼さんをよく知らない人にとっては「なんやあのオバちゃん!」と思うのかもしれないけど貴重なポジションだと思います。

低い点数つけたコンビに、一人一人ごめんねって付けてたので気持ち的には限界だったのかもね。
お疲れ様でした。

色々意見はあると思うけど、上沼さんは必要だと思う。元々芸人だったからこそ厳しくも優しい意見が言えるし説得力もある。
審査員で唯一の女性だから女性目線も必要だよね。

上沼さん、大好き、不世出の天才だ思います。思うようにやって欲しい、えみちゃんねるでの松本さんとの共演楽しみです。

上沼さんに対して好みで審査すんな!って批判がすごかったらしいけど、面白い面白くないと感じるのって誰だって好みの部分が大きい気がするんだけどなぁ。
上沼さんに厳しく言われたコンビっておいしく扱ってもらってる気がするし、女性審査員であそこまでの威厳をもって意見を言える人はもう現れないと思う。
審査員の票だけではなく決勝に敗者復活戦のような視聴者投票を取り入れる事は出来ないのかな?

M-1のネタ披露の場の雰囲気ではなく、漫才の完成度で評価できる数少ない審査員の一人ではないかと思います。個人的には続けてほしいですね。
準決勝メンバーの中には、勢いだけで勝ち上がってたコンビもあったような…。新しいスタイルの笑いを否定するわけではないが、選ぶ方にもそれなりの責任と覚悟を持ってもらいたい。前半は痛々し過ぎて見ていられなかった。

審査員の仕事、本当に大変だと思う。生放送の上、あの短時間で評価してかつコメントも求められる。視聴者の意向に沿わない点数を出せば叩かれるしね。心労は大きかったと思う。
本当におつかれさまでしたと労いの言葉をかけたい。

良くないものを良いと
嘘をつかない、厳しい意見を言える人は必要なんだよ
どうでもいいひとには、注意しないもん
YouTuberの女子でかわいくない雑誌付録を何でもかんでも、かわいいと言うひといるけど、かなり登録者数も減って、厳しい意見ゆってくれるひともその人から去って行ったし…
最終的には相手にされなくなるんだよ

上沼と多分自分自身は意見が合うと思う。
漫才はボケてツッコミ、それをどれだけ多く重ねていけるか。話術の世界であって身ぶり手振りはアクセント。
舞台を大きく使うのはテクニックではあるがそれが主ではない。
だからジャルジャルは面白いけど言葉遊びだと思ったし、トムブラウンはコントとも違うピエロの芸に見えた。
どちらも漫才とは思えなかった。
漫才ってラジオでも楽しめるのが漫才って昭和の考えなんだろうけどそう思ってるから。

たしかに和牛が優勝でないのであれば、漫才の優勝というよりその場の笑いがあるかないかだけの大会やもんね。

今回のM-1で印象的だったのが「自虐ネタはあまり受けない」という上沼さんのコメントでした。
元々吉本って人の容姿をけなして笑いを取る風潮があったと思うんですけどやっぱりあまりよく思ってなかったのかなって思いました。
女性ならではの優しさと芸人ならではの厳しさを持ち合わせた思いやりのあるコメントに感動しました。
だからといってそのネタを披露したコンビが悪いわけではなかったですし、上手くネタとして使ってる感じでとても楽しめました。

上沼さんお疲れ様でした。
昨日の観てて上沼さんの審査判断は正しいかったと思います。
最後の決勝は和牛が一番内容があって優勝にふさわしいかったと思います。
正しい判断してるのに、周りに気を使われてたから観てて辛かったです。
結果判断を気を使って言わなきゃいけないのなら、もう辞めた方がいいですよね。
ダウンタウンのまっちゃんみたいに、開き直って周りを無視する審査が一番いいのかも!
長い間お疲れ様でした。
いつもの上沼さんに戻って下さい。

東西のバランスと同時に男女のバランスでみると女性審査員は一人くらい置いたほうがよいと思いますけどね。

だからと言って、上沼恵美子が偏ったジャッジをしたとも思えない。選択肢が無ければ、グランプリは無しという裁定があれば良かったと思う。
それに、プロが見て面白い芸人が番人が見て面白いわけでもなく、人気があるからネタが面白いわけでもない。
やはり、決勝に満たない芸人は残さない、グランプリが無ければ該当者無しにする。このくらいはやっても良いと思う。
島田紳助も、売れない芸人を救済したいんじゃなくて、芸は良いのに埋もれてる芸人を世に出したかっただけだと思う。

時々極端な意見に聞こえるかもしれないけど、〆るところは〆てます。結果的にそこまで的外れな意見だとは思えなかった。あれほど笑いに関して才気鋭いプロで天才ですから、間違いはないと思う。年寄りがどうこう言う人もいるかもしれないが今の日本は過半数が高齢者でしょ。若者にしか理解できないような漫才ではたとえM-1を勝てたとしても売れない。だから上沼さんのような大人の意見は聞くべきだと思う。

なんかおっしゃってる事がわかるなあ・・・
そんなにそんなに毎年毎年、すごい芸人さんが出て来ることってないと思う、正直。
M1も初めの方はこれまで埋もれていた実力派の芸人さんが出てしのぎを削ったけど、サンドのところまでが最高潮でそれ以降はそこまで興奮するような人が出てない気がします。全く面白くないわけじゃないけど、こんなすごい奴がいたんか!って興奮がない。
寂しいけど上沼さんは潮時ってのをわかってるのかも・・・

色んな意見の方がおられますが、私は上沼さんが好きです。好き嫌いをハッキリ伝え、嫌いでもちゃんと愛情ある対応をしていて、面白くなくても、上沼さんの一言でおいしくなる。
低い点を付けた後に『ごめんね』と伝えるところに上沼さんの優しさがあらわれていた気がします。
上沼さんには引き続き、審査員をして欲しいです。

上沼恵美子の採点は辛口だけど、コメントを聞くと一貫する基準があって、さすがは大ベテランだと思って見ていた。他の審査員、特に松本人志と違う評価が出る傾向が昨日も見られたので、採点の多様性という面でも、ぜひ続けてほしいけどな。

個人的には上沼さんに意見には概ね賛同できた。
優勝も和牛がふさわしいと思ったし、ジャルジャルの最初のネタもうるさいだけでつまらなかった。
他の審査員はわりと気を使って、悪口はあまり言わず、コメントしてるように思ったが、
上沼さんは思ったことを忖度せずにズバっと(その人のためを思って)言われるので、こういう審査員は必要だと思う。
上沼さんは長年大阪で人気長寿番組を持ってる現役の実力者で、笑いを見る目も実力も今回のファイナリストの誰よりもあると思う。
次回から出場しようと言われたのは、冗談半分、本気半分で、出場者達にもっとしっかりしろよというエールだと思う。

潔く退く。英断やな。
上沼のジャッジは好き嫌い分かれるやろうけど個人的には好きやから支持する。
その上で勇退するならそれも支持する。
流石やと思うわ。

審査員を批判する人が多いことに驚きを感じます。
審査員を好きでやられている人は僕には1人もいないようにうつる。
皆嫌われたくないし、断る人のほうが多いと思う。それに辛口な点数やコメントがでれば絶対後で叩かれる。
視聴者側の大多数の人はそういうことを前提で見ているから批判はほとんどしないけどそれを踏まえた上で批判する輩が多い事に困惑し不快感を覚える。
審査員叩きなんて本当にナンセンス、M1が好きなだけに非常に残念……。

準決勝、決勝3組それぞれ面白かったですが、私見ですがすごく面白かったですが、霜降り明星さんは漫才というよりコントでした。M-1グランプリは漫才の大会なので、本物の漫才をして面白かったのは和牛さんだったかなーと思います。まぁお笑い、漫才に定義はないので賛否あると思いますし、審査員の方も点数付けるのに各々定義があると思うので批判することではないのかも知れませんね

上沼さんらしいよね。
自身の採点と他の方の採点のズレをかなり気にされてた様子に見て取れました。
審査員によって好みが分かれるのは当然だと思うけど、会場のウケてる空気も加味しても良いのではと思ったのは事実。
そこを感じ取ったのではないでしょうか。
潔くてカッコイイですよね。

批判が多いから引退されるってわけじゃないとは思いますが。
もし批判の多い採点(ハズレ値)の影響を小さくしたいなら、採点者の母数を増やすべきです。
年配の審査員が多いと、ふつうは常識的な採点が多くなるもんなんですけどね。塙とか礼二がもっと自分の好き嫌いで我がままな採点すれば良いと思う。

M1の審査員は点数と発言で演者の今後の人生にデカク左右するので、最低点と最高点をつける審査員は逆に避難される対象にもなると思われる。紅白ではないが視聴者達がWEBで投票できるようにした方が良いのではないか。

観ている方も真剣になるし、芸人の将来に関われる醍醐味も味わえる。7人の審査員では狭い芸人世界のシガラミが影響していそうだし、発言を参考にする程度で十分だと思う。

決勝で上沼さんは最後和牛にいれたので良い目をお持ちだと思いました。


まだまだ審査員としてやれると思うが、この人なりの引き際なんだろうな。

そもそも、不満があるなら、お酒が入った状態で視聴者向けに第三者に伝えるというのは辞めたらどうかな。
上沼さんに不満があるなら、本人に直接伝わるようにするとか、M1のプロデューサーに伝えるとか、上沼さんへの正式な抗議方法があったと思う。それが出来ないなら、上沼さんが審査員に出てくる大会は出場しないとか。
抗議するなら、抗議のやり方だってちゃんとした方が良いと思うよ。

誰かの真似、なんとなく聞いた事があるような漫才が多くなっている中、やはりトップに行くほど洗練された面白いものが多くなる。
その中からトップを選出するのは、個人の好みなどもあるから簡単な事ではない。
審査する方も、覚悟を持って選んだのだろうと思いたい。
上沼さんの審査員引退は少々残念ではあるが、引き続き大阪の番組を盛り上げて欲しいと思う。

とろサーモン久保田が上沼恵美子に暴言を吐いた理由はミキが嫌いなだけという考察


スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!