「ヨガは健康に悪いの?偏った食生活が原因?」片岡鶴太郎が半月板損傷で手術へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 タレントの片岡鶴太郎(63)が11日、自身のブログを更新し、左膝の半月板損傷のため手術することを明かした。

鶴太郎は「実は…」のタイトルで記事をアップし、「2週間程前、私の不注意で撮影中コミカルな動きをしたところ、左膝がギクッと入り、そのままロックされてしまいました。
それを無理矢理、力任せに外そうと足を伸ばしたら、筋を噛んだ様な激痛が走りました」と説明。

「翌日、行きつけの接骨院で伸ばしてもらい、痛みは軽減しておりました。
先生は大事をみて、レントゲン、MRIで調べた方が良いかも知れませんとアドバイス頂きながら、少し様子をみて居りました」という。

しかし「ここの所は大分痛みが無くなり、少し引きずる様に歩いて居りましたが、矢張り、膝の奥に得体の知れない深い痛みを感じ、昨日レントゲン、MRIを撮りました」と検査を受けたところ、「結果は、半月板損傷。手術が必要となりました」と診断。

インド政府公認の「プロフェッショナルヨガ検定インストラクター」に合格するなどヨガを極めている鶴太郎だが、「ドラマ、バラエティ、ロケ等のスケジュールを調整して、オペする事になりました。
関係各位の皆様に御迷惑を御掛け致しますが、どうぞ宜しく御願い申し上げます」とつづった。

片岡鶴太郎、半月板損傷で手術へ「膝の奥に得体の知れない深い痛みを感じ…」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
タレントの片岡鶴太郎(63)が11日、自身のブログを更新し、左膝の半月板損傷のた - Yahoo!ニュース(スポーツ報知)

『片岡鶴太郎、半月板損傷で手術へ「膝の奥に得体の知れない深い痛みを感じ…」』のニュースに世間の声は

ガリガリだからポキッといきやすい。
人間には肉が必要。

筋肉っていうのは関節を守る役割あるんだよ
コミカルな動きしただけで膝行くってことはそういうこと
ヨガも良いけどしっかりとタンパク質も食べて筋肉つけてください
痩せすぎ

ヨガで体を鍛えていたのに、年齢には勝てなかったようですね。
ヨガは不死身じゃなかったようですね。

鶴太郎さんのヨガは健康のためにやっているというよりなんかストイックに自分を追い込んでいるようで痛々しい感じがします。

ヨガのために過酷な食事制限による栄養失調症からではないでしょうか。

芸人に飽きてボクサー、ボクサーに飽きて俳優、俳優に飽きて絵師、絵師に飽きて、ヨガ。これで次はヨガに飽きて、今度は膝の健康運動にハマると思う。

臓器の健康は人一倍なのは間違いないが、外からの衝撃に弱すぎる。
鶴太郎は果物と根菜がメインで、ほぼタンパク質を取っていない。
やはりバランスの良い食事と適度な運動が最強。

我が家のかみさんもこのような状況になったのですぐに病院に連れて行った。整形外科のDrが局部麻酔をして伸ばしてくれたら治った。自分で治せるだろうと思ったのだろうが、最悪な状態になりましたね。ヨガだけが全てとおもっていたのに、外科にお世話にならなくてはならないとは悲しいね。自身の見直しが必要かもね。

ヨガのための異常な食事制限で筋肉が無くなり骨や関節を守れない状況です。
筋肉は骨を守る役割がある。
このままでは、いずれは大腿骨頚部骨折で歩くことも出来なくなるでしょう。
加えて、異様な生活習慣から栄養失調症と骨粗しょう症なのでは?
おそらく亡くなられるのも早いでしょう。

体の動きに関しては、自分の体と要相談が必要な年齢(高齢)だと思います。
自分では出来ると思っていても、高齢なので無理な動作があるのかもしれませんね。

食事も確か1日1回で野菜と穀物中心でしたね。
タンパク質、脂肪分、炭水化物もカルシウムも完全に不足してます。
こんな無理な生活長続きしないと思っていました。
介護の仕事していますが90過ぎても元気な人はほぼ少しふっくら気味か、筋肉質でお肉大好きと言う方がほとんどです。
ガリガリで健康にやたら気を使い和食中心みたいな人は若いうちは良いけど歳をとると免疫力や抵抗力にも弱く一度肺炎になってしまうとそのまま・・・と言う方も多い。
何事も極端は良くないですね。

ヨガのやり過ぎではないでしょうか?一度お痩せになった写真を見ましたが即身仏みたいでしたよ。ヨガも結構膝を痛める人多いそうです。何事もある程度の年代はアスリートでなければほどほどが一番。

こだわりやストイックさは本人の勝手なのでいいんですが自分の体は自分が一番わかっていると過信もあったんでしょうね。
早く良くなるといいですね。お大事にしてください。

ヨガのやり過ぎだと思います。ちゃんとたんぱく質も摂ってもう少し筋肉をつけたほうがいいと思います。

若いうちの栄養源は炭水化物で、四十代、五十代頃からの主な栄養源はタンパク質にしたほうがいいと聞いた事があるんですけど、この方は以前テレビで、野菜中心の食生活をされていて動物性タンパク質の摂取が無いと医師に指摘されているの覚えています。

ヨガをされているみたいですが、筋力維持とかを考えるとやはり動物性タンパク質も重要なのかなと思いますね。


一般の人からみると、マネのできない生活をされているわけですが、小学生の子どもと同じ下着サイズをはき、服はレディースサイズ。以前、健康番組で医者からこのままの食生活は健康上よくないと医師の立場から注意はされていましたが….

年相応だと思う。ヨガはほぼ静の動きで飛んだり跳ねたりはしないでしょう。半月板は不安ですよね。ロックされて徐々に治ってきたような感じにもなるし。かなり重症な感じに聞こえますね。どれぐらい摘出するのか気になります。お大事に

人間、歳をとれば、だれでもどこかが異常になるものである。
この人の、人間としての向上心は、いつも感服させられる。人間、歳をとっても、この人のような努力家でありたい。
温かな眼で御回復を祈りたい。

1日1食や、体を酷使して鍛えるのは良くないです。
特に年齢が高くなってからは、骨も筋力ももろくなりますから。

ヨガをされる方にとって半月板損傷はほんとうにショックな事と思います。年齢からも縫合ではなく切除されるのだと思いますが、パドマが組める日が一日でも早くくることを祈っております。

ヨガをしたからといって、身体が強靭になる訳でも、鍛えられる訳でもありません。
膝は捻りに弱い関節です。捻った動作をしたから、痛めただけですね。後はまぁ、年相応かなと。

ヨガは良いとは思えないし、食事は早朝に食べる一日一食のみの生活を送っているらしいが、
とても身体に良いとは思えない。

身体を鍛えているからといって、病気やケガをしないとは限らないという事。すなわち健康と寿命は別物である。

何かを極めようとしてるのは確かだが、その状態が健康ではない事が分かった。

昔とは年齢も体系も生活習慣も変わっているのに、昔のように動けるという頭でいるとこうなるね……
せっかくヨガで毎日何時間も鍛錬してきたのに、コミカルな動き1発で病院送りとは。

60代半ばなら、ある程度の体力の衰えはしかたないと思う。
コメディアンは体力勝負の面があるから、大変だね・・・。


ストイックすぎ^^;

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!