加藤浩次が経営陣が変わらないなら退社発言!「生放送で凄い勇気!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が22日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。

特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に行った謝罪会見について言及。

取締役ほか経営側の刷新を求め、「(同社の)経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と訴えた。

加藤が「怒りしかない」と語気を強めたのは、20日の2人の会見で明かされた同社・岡本社長の“パワハラ発言”。

「僕が辞めてもいいから会見させてほしい」と訴えた亮に対し「やってもいいけど、全員連帯責任でクビにする」と圧力をかけたこと、さらに吉本側から「引退か契約解除か」の2択を迫られた件だった。

語気を強め「怒りでしかない。なんで2択しかないの。会社も一緒に『お金をもらっていました』と言おうって言えたと思う。

会社のいいように答えろよと要求されている。おぞましいな。

こんな会社あんのか!」と激怒。

さらに岡本社長については「岡本さんを知っているけど、そういうことをする人です。

若い人に(高圧的に)しているのを見たことがある。

それでも、こんな時には助けてくれる人だと思っていたけど、そのまんまだった」と不信感をぶちまけた。

さらに「若手は、会長、社長を怖がっている。そんなんで楽しい笑いができるのか。

そんな状態がずっと続いてきた。みんな我慢してきた。

取締役が変わらないなら俺は辞める。経営陣が変わらないなら俺は辞める」

と鬼の形相で宣言した。

加藤は、2人の会見後となる20日深夜放送のMBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(土曜深夜1・20)で

「(会社に)信用は一個もない。それはタレントみんなの思いだと思う。上層部は信用できない」と痛烈批判。

「亮は真面目な人間だし、宮迫さんも男気ある人間。だから会社に腹立ってね。なんでこんなこと起きたんだって」と怒りをあらわにしていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000129-spnannex-ent

『加藤浩次、退社も辞さず 鬼の形相「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」』のニュースに世間の声は

松本さんが動いてくれましたが、大崎会長をかばうところはあった。

今日の加藤さんが全てを語ってくれました。


大崎会長と岡本社長をみんなが恐れている、岡本社長が恫喝しているところをみたとまで言ってくれた。


松本さんに意見する形になってまで、証言した。


加藤さんしか言えない発言でしょうね。


吉本は絶対に変わらなくてはならない。


本当に加藤は凄い人間だ。
加藤が番組で言っている事が、良い意味で、社長の会見に影響を与え、「吉本がまともな会社に生まれ変わる分岐点」になることを願う。
また、加藤自身もそういう熱い気持ちで語っていると思う。

しかし岡本社長もマネージャー上がりのたたき上げ。

現場のこともよくわかってるはず。


松本曰く,言葉がきつくなる傾向もある人のようだし,仲裁が入れば和解できるのではないか。


それよりも今回のやり方で,吉本自体が反社会との繋がりが疑われるようになった。


テレビ局との関係も問題だ。


会社としての改革は急務だね。


実際こんなことになって吉本興業はかなり笑えない状況になっちゃってるから、抜けてしまえば良いと思う。
それから大崎さんをかばう松本さんに釘を刺したのも驚いたけど、加藤さんの変わってほしいという確固たる思いが伝わってきた。

ここまでの発言が出るのは所属芸人から今の経営陣が本当に嫌われているからだと思う
今の経営陣たちはダウンタウンを売り出した自分たちのおかげで今の吉本があるというおごりがあるのではないか

加藤さんかっこいいな。
自分の会社の事はスルーしたり、綺麗事でまとめるジャニーの人達とは違う。
番組のMCをしている人にとって今日の発言は、勇気いるし、沢山悩んだと思うけど、一緒に頑張ってきた仲間の姿をみて、本人も色々思う事があったんだよね。
悪い事は悪いけど、謝って、反省して、今後どうなるのかわからないけど、声をあげる勇気にめちゃくちゃ感動して、涙出た。
会社批判というより、会社を愛してる気持ちが痛いくらい伝わってきた。
春菜も正直に言ったこと痛いくらい伝わってきた。
加藤さんが吉本辞めて、番組から消えてしまわない事を祈ってる。

スッキリ!すごかった!加藤さんも春菜さんも身内をあそこまで言えるのは、、、吉本興業の長年の体質に対して、昔から相当たまっていたということがよく分かった。
同じように思っている芸人さんも多数いらっしゃるのだろう。

今こそ社員(特にベテラン芸人)たちが立ち上がって会社を変えるべきですね!
この社会で生きている一般の人々にたくさん勇気を与えていると思います。


難しいですよね。

吉本興業の対応を擁護するつもりは一切ありません。

2人がしたことはもちろん謹慎なりなんなりの反省をする期間を与えられるべきことをしたとは理解しています。
でも社長の人となりや、会長社長の対応には問題があった。
ですが、松本さんも仰ってましたが、そこで嘘をつかれると対応も橋渡しもできなくなると。

全ては社長の会見を聞いてからですよね。


個人的には宮迫さんと亮さんの会見を見て、嘘をついてしまったことへの後悔、これからの自分たちの態度、誠心誠意自分たちの言葉で一生懸命話されていて、心に響くものもあったし、間違いを犯してしまった人にも道を残してあげてほしいと思いました。


彼らは人を殺めてしまったわけでもありません。

取り返しのつかないことでは、私はないと思うんです。

加藤の気持ちは一般社会からみてすごく同意できると思うけどな。
反社との付き合いも根本には吉本本体が絡んでる可能性が強くなったし、もはや芸人の直営業と反社問題は切り離せない。
ある程度良識ある会社ならパワハラ、モラハラの相談窓口は当然あるがいまの時代において社長など経営陣からの恫喝パワハラが常態化していてそれがほんの一握りの上の芸人しか声を上げられない、訴えられないのはやはり相当異常な状態ということ。

凄い勇気だ、何様のつもりだとか、かばってるとか美化にするなとか叩かれる可能性だって大きいのを知っているはず、でもある程度発言力を持っている吉本興業の芸人で上の方の立場でなきゃ組織が動かないことも知っているはず
それをやった松本さんや東野さんが、悪を善にする訳ではないが、と動いた事が、加藤さんを動かしたと思う。


このままじゃ若手芸人や長年食べれずにバイトを掛け持ちして続けている芸人が不憫すぎる。


知り合いに吉本の芸人がいます。


10年以上の芸歴でしたが辞めました
いくつものバイトを掛け持ちしていて、吉本は仕事はいれるが給料なんて微々たるもの、酷ければ何ヶ月も給料として払われない事もあったそう。


ちゃんと管理していて給料を支払っていればとも見ていて思います。


少なくとも小さい劇場では爆笑をとっていて、多いわけではないが、ファンはちゃんといたのだから。


でも、重要な事は美談にしてはならない

よく言った!!
筋を通した!!
松本人志にさえ、意見する姿勢こそ、今いちばん必要なことかもしれない。


吉本興業の会見もこの発言で大きく変わるだろう。


ラジオの吉本批判の件から今日のスッキリ!はどうなるか思ったが、こんな緊張感のある、殺伐とした番組は初めてじゃなかったかな。

会社を辞める覚悟をしてまで、生放送で加藤が怒りの表情で会社批判をした意気込みは大したもの。


芸人にこういう事をさせた上層部は猛省しないと。


放送を生で見ていた。
加藤浩次の男気、春菜の気持ち、生放送で考えをしっかり話す姿勢
リスクもあるだろうが素晴らしいと思う。


長いものに巻かれる人が多い中、スッキリを見てよかった!その思いが上層部に届く事を願います!

今回の件で吉本側の問題点も浮き彫りになりましたが、その事を松本さんやさんまさんはじめ、加藤さん、はるなさんも堂々と自分の意見や考えを言い、自分の所属している会社に対して、かなり厳しい批判をされていて、たしかに皆さん勇気や覚悟は必要だだったと思いますが、それでも発言できたという事を考えるとジャニーズよりはある意味、健全だという見方もできる。
SMAPの解散、そして今問題になっている辞めた3人の出演に対しての圧力などに関して、会社批判や自分を犠牲にしてでも守ろうとする先輩はいなかった。

ジャニーズで言えば近藤さんや東山さんが動くべきだったと思う。


加藤さんは生放送であれだけ意見を言えるのはすごい。
松本さんにも敬意を表しつつ意見してしたし、分かりやすく、どもることもなくお話しされていた。
感動すら覚えた。

どう考えたってマイナス要素しかない相方に渇をいれた上で受け入れたことといい、この人は男気のある人だなぁ。


吉本だって闇営業されて嘘つかれて弁護士雇われてと色々あったのだから、この件に関しては一概に悪とは言えないと思うが、加藤さんが言うように経営の仕方や芸人さんの扱いとか問題があるのは事実なのだろう。

春菜さんもだし、色々な芸人さんが泣いて訴えているものね。

契約とか最低保証とか経営面での問題は色々あるのかもしれないけど、これを機にきちんと話し合って、労働組合を作ったっていいし、膿を出しきると良いと思う。


松本が動いたのはいいけれどワイドナショーを見て
大崎会長を擁護していたことには違和感を感じていた
大崎会長はダウンタウンと古くから共に歩んできた人だし
松本が守りたいと思うのも分かるけど
元は芸人のウソが原因ではあるが
今回の騒動を大きくした会社の会長であるのだから責任はあると思う
加藤がここまでの事を言うのには、日ごろからの上層部の言動に
色々問題があったからだと思えてならない
この事は宮迫らの件とは別に考えなくてはならない事だと思う

最後は守ってくれる。
芸人を大事にしているからこそ。
だという暴言や態度が、ただの暴力だったことがわかったという事でしょう
芸人が自分達の事を「芸人なんか」と言っているが、社長は本気でそういう風に思っているのでしょう。

それがばれてしまって、そういう人が代表のままで続けられるわけがない

今まで言えないことを加藤は、よくいったと思う。

吉本側は、このような芸人たちの意見に速やかに真摯に対応しないと、ファンからの大反発を受ける。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!