警察の内部文書が民間企業に流出!「守秘義務違反か?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 警察庁と17道府県の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する民間企業から原稿執筆料を受け取っていた問題で、警察庁と熊本、広島など7県警の取扱注意文書23件が同社側に流出していたことが関係者への取材で分かった。

捜査手法に関する通達など警察内部の情報が民間企業に渡っていたことになる。

行政文書の持ち出しは内規違反に当たり、内容によっては地方公務員法などに抵触する恐れがある。

西日本新聞は、問題集の出版元「EDU-COM」(東京)の関係者から、取扱注意文書を含め、警察の資料とみられる数千件の写しを入手した。

一部の警察官が同社に提供した可能性がある。

警察庁と15道府県警が2016年までに作成したものとみられ、所属長名の通達類や業務に関する内部規定が大部分を占めた。

ホームページで一般に公開している文書もあるが、警察署長印がある決裁文書や「部外秘」の会議資料、警察学校の教科書など非公表文書も多数あった。

これとは別に、さらに秘匿性の高い取扱注意文書は確認できただけで23件。

宮城、埼玉、愛知、兵庫、奈良の各県警分もあった。

「けん銃事犯捜査ハンドブック」

「地方選挙における違反取締りの手引き」

「不正アクセス事犯相談対応マニュアル」

など、多くが捜査手法に関する内容だった。

同社が警察官に送った依頼書には「通達や部内資料等を基に答案例を作成された場合はできる限り資料のコピーを添付して」と記されていた。

警察官が執筆した原稿の根拠資料名目で提供を求めていたという。

同社関係者は「一部の警察官は、原稿とセットで部内資料を送ってくれた」と証言する。

各警察は、行政文書を許可なく持ち出すことを禁止している。

取扱注意文書は「秘密文書に準じて内容が部外者に知られないよう措置を講ずる」と別途規定を定める警察もあり、地方公務員法(守秘義務)違反などに当たる可能性がある。

内部文書の流出について警察庁などは「個別の事案についてコメントは差し控える。

守秘義務違反などに当たるかどうかは事案の内容ごとに適切に対処する」

と回答した。

EDU-COMの内部資料によると2010年1月~17年3月、1500万円超を最高額に、過去7年間で警察官467人に原稿執筆料として計1億円超が支払われていた。

SNSで調査報道の依頼を受付中!  西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。

ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。

警察文書、出版社に流出 「取扱注意」23件 守秘義務違反か 警官執筆料問題(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
警察庁と17道府県の警察官が、昇任試験の対策問題集を出版する民間企業から原稿執筆料 - Yahoo!ニュース(西日本新聞)

流出した警察の内部文書

参照:https://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/347674/

『警察文書、出版社に流出 「取扱注意」23件 守秘義務違反か 警官執筆料問題』のニュースに世間の声は

まぁこうでもしないと
参考書作れないよね、作り手側はね。


内部の資料を流出させるのは
カスとしかいいようがないけど。


>法律には詳しいが実務経験に乏しい官僚は、実情に応じた試験問題を作ることができない、このため都道府県警からの出向者に執筆を割り振るのだという。

それが実情だとするならば、その依頼なり割り振りなりを何らかの形で制度化すればいいだけの話では?

小出しにするなぁ。

昨日は警官が取材を受けることを「副業」とするニュースがあって、これには警官を擁護する意見が多かった。


取材の内容によるわけだが漏らしてはいけない情報を漏らすのはアウト。


そもそも警察内の昇進試験の参考書を民間の出版社が出版することっておかしいと思う
書店で販売するわけでなく警察の担当者からの注文販売なわけでしょ
どう考えても警察と出版社が昇進試験を利用して利益を得ている構造
この件は守秘義務違反かもしれないけど、問題はそこじゃない気がする
昇進試験と参考書の関係が利権そのものになっている
昇進試験は警察署内教育と本人の努力で行うべきでは?
法律に関する本に関しては一般の書籍で対応できる気がする

普通に監察事案だろ。
それとも幹部なら免除か?下っ端がこういうことをするとアピールのためにイキイキとして処分するくせに自分たちは?

取扱注意文書の流出は個人の仕業かもしれませんが副業事案に関しては中堅クラスの幹部も把握していた可能性がありますね。

昇進試験の規模になると当然出版社に発注するしかありませんし、警察側の関係者が相当数いるという事は双方の癒着は否めません。


贈収賄の可能性も…
そうなればもちろん警察は全力で潰しにかかるでしょうけどね。


機密資料の流出は確かにNGだと思う。

ですが、企業なら不正を「公益通報者保護法」の下で「内部告発」が出来るけど、警察署内の場合、いつもの「まぁ、まぁ、落ち着いて・・・」(笑)で、煙に巻かれる可能性が有ると考えて、敢えて公になるよう、出版社に情報を持ち込んだのかも知れません。


一番NGなのは、法律を遵守する立場の警察の一部に法を守らない人がいる事。


そしてその立場だからこそ公に出来ない、公にならない様に内輪で揉み消す奴がいる事、それを知っているから見て見ぬふりする署員が多い事だと思う。


個人的には、今回の件は、或る意味勇気を持って流出させたのだとも思う。


警察官も周りがやってる、(上司も)又は断りにくい状況があったみたいだね。

ただ、守秘義務に触れてるのがあるから問題になったんだね。


問題考えて、金を貰う。


これだけなら、減給、注意、改善策考え実施。

で済む話しだからね。

守秘義務まで無視するなんて、問題の難易度で貰う金でも違ったのかな?

やっと、本来の話になったわ。

執筆料云々よりも、こちらが問題の本質だろうね。


それでいて、内部資料取り扱いについても、無期限では無く
15年経過したらオープンに出来るなど、そういう取り扱いにしないと問題作れないでしょ。


そんでもって、新しい事案についての見解等、採点の難しい問題があるよね。

そんな、標準回答のない問題こそが重要と思うが。

警察も検察も報道サイドに情報漏らすのに
それに関しては全く問題視しないことも
おかしいと思うけど。


どんな形であれ、内部の情報を漏らした時には
きちんと対処してもらいたいね。


そのような本を作る必要性がある以上は必要だと思う。
その出版社と守秘義務契約を結んで、執筆も個人でなく警察の組織としてやり取りをすべきでは?

公務員法というか、もう少し公務員の方は厳格に禁止事項は対処すべき。
今回の件もだが、飲酒運転で逮捕などは懲戒免職にすべき!

警察内部の残念だか腐敗化している。

昇進試験もそうだが金品、ワイロなと汚職まみれ、冤罪での検挙、署内での拳銃自殺など、平和ボケしている可哀想な組織化が浮き彫りになっている。

見つかっても処分は優しい。

正義感を持って頑張っている人が可哀想だ。


腐敗やろーは処分して健全な組織改革が必要ではないか?
あと、全然別の警察を取り締まる組織も必要かと思う。


ちゃんと所得として申告してたのか?してなければ所得税法違反では?その辺もしっかり調べて国民に説明する責任があるのでは。

事例として昇任試験に出せば?

聖書には終わりの日にすべての秘密が明らかにされるとあるどんな機密も神が開示されると言う事、防ぐのは不可能です。
国家機密も明らかにされます。

警察官の教育研修用の試験問題、参考書の執筆、出版については、ある程度の内部有識者の関与はどうしても必要であり、同様な問題が、その他公務員、消防、自衛隊にも存在する。
これは今後の官界自体の内部有識者の具体的関与を組織として明文化して公認することで解決できることでマスコミが大騒ぎする程の違法性は存在しない。

むしろ2010年前後、民主党政権時代に起こった警察庁のイスラム教徒過激派秘密資料流出事件は、犯人も捕まらずマスコミも蓋をして、どういう訳か殆ど騒がないけれど、その重大性、深刻性としては今回の案件とは桁違いの違法性が存在する。


こちらの続報はどうなった???

今に始まったことではないような気がする。

そもそも、出版社側がどのような経緯で警官に近寄れたのか疑問。


警察署が担当者を決めて提供していたような気がする

たいていの警察官て法規は知らないもんな
その頭があったら別の職業についてるだろうしな
こういう内規の手法に頼ってる
警察官だから手順書もないんだろうな
あっても逸脱すると違法になり得るから無理か
しかしお巡りが傷害事件で前例がありませんねで闇に葬ったのは驚いたわ
要するに自分が知ってる範囲だけしか処理しない
海外のお巡りがそうだからって言われたらそのとおりかもな
グローバル化だな

国のトップクラスの組織で公文書の改竄、隠蔽、不法廃棄が当たり前のようにされていることも、このような「事件」が起きる要因であるように思います。

警察の天下り企業だったのだろう。

警察側
・定期的な警察OBの就職口が確保できる
・その代わりに試験問題集や資料集などの作成に協力する。


企業側
・警官個人による昇任試験問題(毎年数万人の受験)購入
・警察署、交番などへの法令集や法令解説書の納入
出版社にとっては確実に一定数の購入が見込めるという点でメリットが大きい。


消防、自衛隊も調べれば同じことが出てくるよ。


警察にも自衛隊みたいに独自に参考書や教材を作る部署を設置すればいい。
なんで民間企業にやらせてるのか、不思議。

内部文書流出は論外なのだが、となるとそれじゃなくても忙しい警察官は、勉強を署内でやらなければいけなくなるな。
本部みたいにまとまった資料があるところと、自分でガチャガチャ集めなきゃならない警察署、派出所では学習環境が雲泥の差。

以前に「スノーデン事件」がありましたが、これにはプラスの社会的意義が存在していたと思います。

しかし、この警察文書流出は、試験問題や捜査手法に関するものですから、社会にとってプラスの意義はほとんど無いように思います。


警察に限らず何処の官公庁は似たり寄ったりだ。

警察だから騒がれているだけで他もやっている。


出版会社から見れば参考書を作るための必要悪。


民間会社なら機密事項を持ち出せば即首、公務員身分保護制度に問題ありか。


そもそも警察と言う組織の内部での昇進のための試験問題集を民間が作ることに違和感があるんだが。
民間企業ならありえないよね。

免許センターの側にある問題屋は、どうやって問題をゲットしているのだろうか?

なんでもとりあえず部外秘、社外秘にしてしまう風潮も良くないんだけどね。

どうでも良い文書や、持ち出す事前提の文書まで一緒くたに部外秘になると、「どうせ部外秘なんて形だけでしょ」となる。


本来の機密文書だけを部外秘扱いにすべき。


仕様書とか図案まで社外秘になってると、どうやって発注すんねん!てなる。


その出版社が参考書とか問題集を作らないといけないのなら、仕方がないことだと思うけどね。
税金で警察内部に出版部を作っていいのなら問題解決?

メディアの報道が積極的でない事が気になるね!
そういえば福岡金塊強盗、愛知県警情報漏えい問題が闇にほうむられそうだね!
強盗犯に情報漏えいしてた?らしいからかなりの問題なんだが?

外側に厳しく内側には甘い、今回も遺憾に思うとか指導徹底するで終わらせるつもりですかね。

これだから変わらない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!