『きみが心に棲みついた』第2回までのあらすじ◆キョドコが吉崎に急接近!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2018年1月16日 火曜日 10時からスタートしたTBSドラマ『きみが心に棲みついた』の、今までのあらすじと第2回あらすじを完結に解説します。

今までのあらすじ

下着メーカー「LaPoire」に勤める今日子(吉岡里帆)は、自己評価が極めて低く挙動不審で、周囲から「キョドコ」と呼ばれていた。

ある日、今日子は合コンで出会った漫画編集者・吉崎幸次郎(桐谷健太)から、厳しい言葉をかけられる。

今日子は吉崎の言葉に誠実さを感じ、勢いで告白するも玉砕する。

それでも今日子は、新しい恋ができると胸をときめかせる。

そんなある日、Lapoireに親会社から企画室長・星名(向井理)が出向してくる。

今日子は、大学時代に自身を支配していた星名との再開に動揺する。

第2回のあらすじ

幸せになりたいキョドコの前に星名が立ちふさがる!

今日子(吉岡里帆)は星名(向井理)が立案した新プロジェクトに加わることになるが、保科の真意がわからない今日子は戸惑ってしまう。

そんな中、今日子は先輩の堀田(瀬戸朝香)から取材のために吉崎(桐谷健太)が来社することを聞き、ミニスカートにハイヒール姿とおしゃれをして出勤。

しかし、タイミングが合わず、吉崎と会えずじまいに。

さらに先輩の八木にも怒られる。

驚く今日子の前に星名は「昔のように慰めてやろうか?」と、他の社員の前で突然抱きしめる。

新たな仕事にも奮闘!

今日子は、八木と保科のプロジェクトに参加。

八木は今日子の実力を測るため、企画書を出すように要求するが、今日子のオドオドした性格が嫌いで冷たく接する。

見逃した方は地上波で再放送がある!

第1話を見逃した方は、1月21日(日曜日)の15:30~地上波で再放送が見られますよ!

毎週火曜日のこのドラマですが、見逃してしまった方のために、次の日曜日の昼間に再放送してくれているんですね。

とてもありがたいです。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!