『きみが心に棲みついた』星名胸クソ!第1話あらすじと感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

2018年1月16日(火曜日)スタートしたTBS火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』

原作は、天堂きりんさんによる日本の漫画作品ですが、わたしは漫画は読んでいないので、読んでない人視点でのドラマ第1話を見た感想を書きます。

第1話あらすじ

下着メーカーに勤める今日子(吉岡里帆)は、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香)らに連れられて、人生初の合コンに参加していた。

自己評価が低いため、すぐに挙動不審になってしまう今日子は、学生時代に“キョドコ”とあだ名を付けられていたほど。

合コンでも焦って「ありのままの自分を好きになってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周りをドン引きさせてしまう。

そんな今日子に、漫画編集者の吉崎(桐谷健太)は厳しい言葉を投げかける。

しかし、今日子は吉崎の言動から、彼なら自分を変えてくれるのではないかと、先に帰ろうとした吉崎に追いすがり、突如「付き合ってください」と迫るのだった。

翌日、今日子は会社で堀田に昨日の態度を注意されてしまう。

それでも、仕事に真摯に取り組む今日子を高く評価していた堀田は、自分が立ち上げる新プロジェクトのチームに今日子を引き抜こうとしていた。

その夜、道で偶然吉崎と出会った今日子は、2人で話しているうちに前向きに変わろうという気持ちが芽生えていく。

まさに、自分を変えるために動き出そうとしたその時、驚くべき人物が今日子を呼び止めた。

それは、大学時代に今日子がどうしようもないほど強く惹かれ、その感情を利用して、今日子をひどく傷つけた男・星名(向井理)だった。

一番会いたくて、一番会いたくなかった星名との再会に今日子の心は大きく揺れる・・・。

引用:TBS火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』

星名胸クソ!

こんな人ほんとにいるの!?

洗脳のプロですか?

洗脳されやすい人を見つけるのも上手いようですね。

女性の髪を勝手に切ったり、ハサミで脅したり、自分の友人の前で裸にさせたり…。

なんという男でしょう!

そんな酷いことをされても、断れないキョドコもどうしたものかと思いますが、惚れた物負けみたいなことなのでしょうか。

キョドコも、過去に家族から蔑ろにされたトラウマがあるみたいで、愛に飢えた状態では、受け入れることしか考えられなかったのでしょうか…。

向井理さんも今までの爽やか青年のイメージからかけ離れているこの役。

役作りも大変だったことでしょう。

堀田役の瀬戸朝香さんが昔の印象と違う!

すみません。ドラマの内容に関係なく、気になったことで、今日子(吉岡里帆)の会社の先輩、堀田を演じる瀬戸朝香さん。

瀬戸朝香さんを久しぶりにテレビで拝見したのですが、昔見た瀬戸朝香さんと全然違って見えてしまって…。

太った!?

まあ、そんなことはどうでもいいんですけど。

キョドコからすると、すごく信頼できて、自分を評価してくれるいい先輩だと思いました。

あんな先輩がいたら、仕事もがんばれそうです。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
広告336×280




error: Content is protected !!