ZIP!キンプリの弟子入り企画でスポンサーのアート引越センターを激怒させる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 2014年から昨年まで5年連続で視聴率3冠を獲得している日本テレビが、よりによってジャニーズ事務所を激怒させる失態を犯していたことが分かった。

場合によっては、ジャニーズの次代を担うといわれる人気アイドルグループ「King&Prince(略称キンプリ)」の同局番組降板、さらには出演プランが浮上している「24時間テレビ」の起用にも影響する事態になりかねない、というから穏やかではない。

舞台裏を追跡した――。

問題となった番組は、朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜午前5時50分)だ。

キンプリは現在、同番組でレギュラーコーナーを持っているのだが…。

「担当プロデューサーはオロオロするばかり。

最悪の場合、ジャニーズは、キンプリを降板させることも視野に入れている。

かなりヤバい状況に陥っています」(放送作家)

騒動の発端は「ZIP!」でナショナルスポンサーである「アート引越センター」が降板を申し出たことだという。

ナショナルスポンサーとは、全国を対象に広告を行うスポンサー。

特定の地域のみでCMを流すローカルスポンサーとは、負担する金額も違ってくる。

ちなみにキンプリのレギュラーコーナーは「DESHIIRI King&Prince」。

内容は、メンバーがある仕事に1週間、弟子入りし、その様子を約5分間のVTRにまとめ、月~金曜に連日放送するドキュメント番組だ。

昨年11月5日から9日までは、神宮寺勇太が“引っ越しのプロ”に弟子入りする様子が放送された。

「もちろん最初は、スポンサーであるアート引越センターにオファーしたが多忙を理由に断られた。

プロデューサーは迷ったが、時間もないからライバル社のサカイ引越センターにオファーしたら一発でOK。

それでロケを敢行してしまった」(広告代理店関係者)

これによってアート引越センターが激怒したという。

「アートは数千万円のCM料を支払っているんです。

一方のサカイは1円も払っていないにもかかわらず、莫大なPR効果を得られた。

アートが激怒するのも無理はない。

こんなことは前代未聞ですよ。

日テレの局プロデューサーは、局長もそうですが少々、おごっているとしか思えない。

二言目には『ウチがトップ』と嫌みのように話すんです。

かつてのフジテレビを思い出します」(大手代理店関係者)

こうした日テレの不手際にカンカンになっているのがジャニーズだ。

「スポンサーを軽んじる日テレの態度が許せないようだ。

引っ越し業界では今後“『ZIP!』でトラブったキンプリ”との烙印を押されてしまったワケだから」(日テレ関係者)

またキンプリは、本紙が1月23日発行1面で既報したように、夏の大型特番「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに起用するプランも浮上していた。

「ジャニーズを怒らせてしまったわけだから『24時間テレビ』への出演も辞退しかねない」(同)

実は日テレのスポンサーに対するチョンボは、これだけではない。

2月20日に放送された「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(水曜午後7時56分)でも似たような失敗があったという。

「所ジョージが司会を務める長寿番組ですが、人気コーナー『日本列島ダーツの旅』で、ロンブーの田村淳が栃木県茂木町に行ったが、そこで積水ハウスをやたら絶賛する主婦が登場した。

実はこの番組スポンサーは大和ハウス工業。

もちろん大激怒です」(宣伝部幹部)

ここまで失敗が続くと、日テレとしても何か対応策を取らざるを得ない。

「広告界では最近『日テレは視聴率3冠でてんぐになっているのでは』と言われている。

6月の人事異動では、制作や営業など、現在の局長を総シャッフルして対応策を練るといわれている」(事情通)

最近はテレビ朝日に猛追され「視聴率3冠も風前のともしび」といわれる日テレ。

ジャニーズを怒らせたツケは今後、どんな結果を招くのか?

この件について日本テレビに本紙が取材したところ、広報部は「番組制作に関わる詳細についてはお答えしておりません」との回答だった。

また、アート引越センターを運営するアートコーポレーション広報宣伝部は「日本テレビ様の放送及び構成内容について、当社では答える立場にございません」と回答。

一方、サカイ引越センターの広報担当者によると「ZIP!」のスタッフからオファーがあり、番組内容を聞いたうえで「協力できるなら」ということで撮影ロケを受けたという。

放送後、番組サイドとスポンサーサイドがもめたという話は「特には聞いていない」と話している。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000007-tospoweb-ent

『日テレ大失態「キンプリ引っ越しトラブル」でジャニーズ激怒』のニュースに世間の声は

アートが怒るのも無理はないし
サカイに頼んだらこうゆう事態に
なることぐらい想像出来たでしょ。


アートさんがダメなら
引越し業者ではなく
違う業種で…って舵を切れば
良かったのに。


田村淳の件はカットすれば
良かっただけの話ではないの?

初めに趣旨を説明したが断られた。

その後ライバル会社に話を持って行く事自体間違ってる。


それなら大企業でなく一般の引越し屋さんとかなら問題なかったのに
トヨタがスポンサーの番組で日産やホンダをPRするようなもの
ちょっと考えりゃわかると思うが・・・www

新生活が始まる引っ越しで大忙しのシーズンに取材頼むから断ったんじゃないかなぁ?
レオパレスの移住も3月末までにって急な連絡があったようですし…
時期をズラせば良かったのにスポンサー以外に頼んだらそれはイイ気はしないでしょうね…

ビジネスとしては駄目だけど、
ZIP、24時間テレビから、ジャニーズいなくなっても、良いと思う。


日テレにも問題はあるが、キンプリに出てもらうまでもなくこれを機に24時間テレビも打ち切りにして欲しいと思う。
筋書きのあるお涙頂戴ドラマはなくていい。

>>場合によっては、ジャニーズの次代を担うといわれる人気アイドルグループ「King&Prince(略称キンプリ)」の同局番組降板、さらには出演プランが浮上している「24時間テレビ」の起用にも影響する事態になりかねない、というから穏やかではない。

↑多分この部分に関しては、そのような事態になってもそう問題ではなかろう。


ジャニーズを今後一切使わなくていいのでは?
ジャニーズを使わない事で視聴率がどう影響するのか、1年間結果をみてましょ!!

アートがスポンサーの番組でサカイの宣伝になる様な企画を放送したら、そりゃ広告主のアートが怒るのは当然と言えば当然だろうね。
そこはもう、プロデューサーの失態だし少し考えればわかる事だと思う。

ただ、日テレはジャニーズと癒着し過ぎてて正直気持ち悪い位だし、デビューする前からキンプリを猛プッシュして朝の番組で企画を持たせるとかハッキリ言ってウンザリするレベルだから、これを機にジャニーズとの距離を少し置いたらいいんじゃなかろうか?
今の世の中ジャニーズを使えば視聴率がとれるわけでもないだろうし、どのグループも引退脱退活動休止に未成年者と飲酒だなんだかんだとトラブル続きなんだし、いい加減見限ったらどう?
ついでに感動の押し売りバーゲンセールジャニーズゴリ押し祭りの24時間テレビもやめたらいいと思うよ。

毎年見てないけど番宣だけでも辟易する位ウザいんだよね。

春の引っ越し業者は、猫の手も借りたい状態。

春に弟子入りロケを依頼しようとすることが非常識。


他の業界を選んだら良かった。


積水ハウス賛辞は、録画なのにカットしなかったことが不思議でならない。


スポンサーのおかげで番組を作れていることを忘れてはいけない。


スポンサーに都合の悪いことを報道しないのも困るけど。


日テレのニュース番組ってジャニーズ出さないといけないってルールでもあるのか?
正直、朝も夕方も夜も日テレのニュースを見ようとは思えない
通信制高校/KTCKTCおおぞら高等学院/公式サイト新しい高校生活を!資料請求無料

記事には出るが何事も無かったかのように、番組は続くと思う。

ジャニーズもそんな怒ってないと思う。


で、24時間も規定路線で選ばれる。


それが、この業界。


そもそも 偽善番組である
24時間テレビは
なくなってほしい。


日テレのやり方に問題があったとは思うけど、
ジャニーズにヘコヘコする必要はない。


そんな歪んだ関係は取り払った方がいい。


他にもいいタレントや俳優はたくさんいる。


なぜジャニーズが激怒するの?というコメントが結構あるようですが
要するにキンプリが大手のスポンサーが降りるようなトラブルの元になってしまったように見える事への激怒ですよね
名前に傷がついたと怒るのは分かる気がします
ジャニーズ自体がずっと色々あった中、爆発的人気が出たキンプリは一筋の光明で大事にしたい存在なのでは
ただファンや視聴者は全く気にしないでしょうけど
しかしスポンサーのライバル会社を使うって、それがマズイ事は小中学生でも解りそうなものですが…。

目先の問題を片付ける事しか考えられないなんてお馬鹿さんにも程がありますね

じゃあジャニーズは一体どこをアテにするのだろう?
テレ朝やTBSはやや付かず離れずの態度、フジテレビはどっぷりジャニーズに浸かっているけれどまだまだ再浮上には時間がかかる。

まさかテレ東に行くわけでもあるまいし、NHKは安定しているけれど何かやらかしたら二度と使ってくれないリスクがある。

そもそも去年散々迷惑をかけておいて、いざ日テレに落ち度があったら高飛車になるというのも不思議な話。

結局ジャニーズと日テレはズブズブの関係であって、どちらかが落ちたら片方も落ちていく定めでしょう。

時期的に忙しいのは解ってたと思う。

一息ついた頃なら良かったかもだけど、日テレ的にもこの時期にって、考えもあったろうし。


コーナー的に、数カ月前から段取りしてたら良かったかもね。


だからって他社は不味いって判らないのも大問題。


大人としてどうよ。


小池栄子がダイハツのCMに出ていたとき、レギュラー出演しているカンブリア宮殿でスズキの特集があったのだが、さすがにその回は小池はお休みで代役がMCをしていたね。

そのくらいスポンサーには配慮しないといけないと素人目にも分かるものなんだが。


何かと思ったら、当たり前すぎることで
怒られてて驚いた。


それはおかしいと言える人が誰も
いないのも不思議。


現場を任されてる制作会社に丸投げしているんだろうね。
そして制作会社では時間に追われてスポンサーすら把握してない。
当然の結果。

自分たちがやりたいことをやりたい時にやろうとする。
当然周りは二の次。
これを奢りと言わず何と言う。

きっと上からの叱責もあって制作会社は何とか取り繕うとしたのだろう。

これをパワハラと言わず何と言う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!