映画『キングダム』がアメリカ・ドイツ・台湾などでも放映決定!「続編ありそう」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 俳優・山崎賢人が主演を務める映画『キングダム』がきょう30日までの公開42日間で、動員370万人、興行収入50億円を突破したことがわかった。

今年公開された実写邦画では1位となる大ヒットで、アメリカ、カナダ、ドイツ、韓国、台湾など海外でも放映が決定。

6月20日に最も早い公開を迎えるシンガポールに山崎が駆けつけ、公開記念としてプレミアムイベントに参加した。

現地時間27日に行われたイベントにはシンガポールのほか、中国やマレーシアなどからもメディアが訪れ、山崎は演じた信について

「天下の大将軍を目指してまっすぐ突き進みます。

その姿勢にとても共感しますし、僕も自分の信じた道をまっすぐに進んでいきたい」と今後の目標を語った。

印象に残っているシーンについては「ありすぎて選べない」と悩みながらも

「(吉沢亮が演じた)漂との別れのシーンは、原先生とお話させていただいたときに『大事なシーンなので映画でも大事にしてくれたらうれしい』とおっしゃっていたので気合いを入れました」と明かした。

さらに「『キングダム』という大作で、自分の出せるものは全部だそうと思って撮影に参加させていただきました。

プロフェッショナルが集まる現場で、自分自身の代表作になればいいなと思っていたので、(作品への好評は)とてもうれしく思っています」

とヒットが続くことに感謝も述べた。

原作は2006年1月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中で、コミックス54巻までの累計発行部数が4000万部を突破する人気作。

紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信(山崎)と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢)の活躍を描いた物語。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000362-oric-ent

『映画『キングダム』興行収入50億突破 主演・山崎賢人はシンガポールのイベントに登場』のニュースに世間の声は

これは、「続編ある」でしょう!・・・・・
つぎは、スケールある戦いのシーンを期待してます・・・
そして、原作の原先生の脚本への参加もひき続きお願いします・・・・

ついに海外かあ!特に物語の舞台、本場中国での反応が気になるけど、俳優陣、スタッフの渾身の作品なので大ヒットして欲しいし、すると思います。

中国公開して欲しいなぁ。

政治的には色々対立はあるけど、歴史文化には大きな興味と敬意がある事を知って欲しい。


三国志、レッドクリフが日本で大ヒットした事なんて知ってるのかナ?

ハリウッド映画で役をゲットするより
質の良い邦画で海外進出する方が理想的かも

周囲で高評価だったから見に行ってみたら、想像以上だった。

邦画もここまで撮れるようになったのか、と感動した。


おそらく原作もしっかりしていて、かつ監督も役者さんも才能があって、て良いことが重なったおかげなのかもしれないが、本当に素晴らしかったです。


ぜひ続編も作ってほしいです。

ハリウッドが名乗りを上げる前に!!

にしても、賢人くんはマンガ原作の作品に主演しまくったにもかかわらず、作品そのものの評価のせいで、まるで陽の目を見ることがなかったのに…
痛みに耐えてよく頑張った!
とはまさにこのこと。


そういえば、山崎賢人君は、たくさんの映画に出てるんだけど、代表と言うのが思い浮かばないね。

ずっと主役でいくのも辛いものがあるのかもね。


でも、映画良かったよ。


吉沢亮が主役か?と思うほどだった。


印象に残ってるシーンは、大沢たかおさんが、ムフッって言うたけど、さすがに役に入ってたから、全然変じゃないところ。


日本映画頑張れ!

原作が良い。
歴史上の遺された逸話と登場人物の立ち位置は違うようだが、原作者の方や監督さん達の映画を創るセンスが素晴らしい。
俳優さん達も怪我を我慢して役に挑み続けた姿勢も素晴らしい。
それを支えたスタッフさんもまた素晴らしい。
また映画を好評価し褒めてる皆さんの感性も素晴らしいからこれだけの興行収入に繋がっているのでしょうね。

突破も時間の問題!と思い☆
昨日4回目突破で観てきました。


1回目は 吉沢亮さんにめっきり魅了されて
「この人が主役やったっけ??!
いな!(笑)違う!」と惚れ込んでしまい
他が目に入らないくらいでしたが…
回をおうごとに…ますます引き込まれて…
太陽のような山﨑さんのシンと
月のような吉沢さんのエイセイ。


対照的な両者がお互いを照らしあってるうえに…
オウキやサジなどの重みのあるキャスト陣。


見所がありすぎて1言では語れません。


50億突破おめでとうございます!
海外の方々がどんな感想を持たれるのか
楽しみ!
そして必ず続編がありますように!

原作をあまり知らない中で、これはひとつの作品として、とても面白かったです!
あまり邦画は観ないのですが、これは、機会があればまた観に行きたい!と、思わせるような作品です!
続編も観たいです。


海外放映は嬉しいニュースですね。


祝50億円突破
羌瘣、呂不韋、李牧はどんな高ギャラな俳優人でも落とせるでしょう
また海外でも公開されることから断らないでしょう
ただ羌瘣役は山崎さん、大沢さん、長澤さんのように数ヶ月以上鍛えないとね
るろうに剣心(京都大火編)52億円を超えて欲しい

NHKの大河ドラマや民放でキングダムやって欲しい。
70代の爺さんだが日本の大河ドラマが劣化。
昔の大河は良かったが今は見る気がしない。
最近は中国の華流ドラマや映画にはまっている。
キングダムの主人公は中国春秋戦国時代の英雄。
秦の始皇帝だが日本の漫画も中国に素材を求めて成功した訳だ。
始皇帝の先祖の女帝ミーユエを2度もDVDやBSで観賞しているし、中国には歴史的な素材が沢山ある。
日本の大河は戦国、幕末以外に素材が少ない。
というより飛鳥時代や平安時代、鎌倉時代、室町時代をやってもヒットしない。
それだけ歴史に感心がない階層が多いわけだが、中国の古代は人間味のある英雄がゴロゴロいるから面白い。
キングダムに限らず世界の英雄たちのドラマも映画やドラマに採用して欲しい。

原作を読まずに映画を観ました。
一気に引き込まれてしまい次の日から原作のマンガ読みまくっています。
しっかりとしたストーリー、キャラ設定、脚本そして何より、それに応える俳優陣が素晴らしいからこその快挙の数字ですね。
続編が楽しみです。

「キングダム」は原作が抜群に傑作!!どのキャラクターも個性が際立っていて悪役も含めて魅力的だ。
映画もあの終わり方だと続編製作を最初から想定していたと思う。
ぜひ製作してほしい。
ただ、続編製作となると、誰が羌廆役をやるのかが問題だ。
くれぐれも話題性だけで実力のないアイドルとかは使わないでほしい。
できれば格闘技とかダンスなどの経験者を抜擢してほしいと思う。

豪華な映画ですね。

俳優陣は勿論セットもCGも素晴らしくて迫力満点でした。


漂と政の吉沢君と河了貂の橋本環奈がビジュアルも雰囲気も漫画とピッタリで美しくて可愛くて好みだけど、楊端和の長澤まさみにノックアウトされたし、弱いかと心配していた山崎賢人くんの信が躍動感あって凄く信だったし、久々にもう一回観たいと思う映画でした。

あと出番は少ないけどしっかり締めていて意外にハマっていたのが騰の要潤!
王騎将軍の大沢たかおは上手だし大きかったけど、唇おばけの方が良かったな。

ちと迫力と怪物感が足りなかった。
最初声だけで出たぁーってなったのはうけた。
王騎将軍のファンなもので。

2回観に行ったけどまだまだ足りない。
DVDは絶対に買う。

もっとたくさんの国で公開されてほしい。


映画の内容はもちろん、俳優陣の美しさも是非知ってほしいなあ

久々に映画館で興奮した映画でした。
すべてのキャストが原作を裏切らない適役で、新しい魅力も再発見しました。
海外でも殺陣のすごさや面白さは伝わるかも。

中国の反応はどうなんでしょうかね。

海外で日本の時代劇をつくるようなもんですもよね。


海外進出もいいけど、続編を早めにお願いします。


「少年」役なので何年も後だと年齢が…
原作を改めて読んで楽しみに待ってます。


50億おめでとうございます。

本当に、キングダム何回も観たくなる
映画だとおもいます。


山﨑賢人さんや吉沢亮さん、スタッフ皆さんのキングダム愛を感じる映画でした。


続編を今から心待ちにしています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!