厚生労働省が賃金偽装!”実感のない好景気”はデタラメの数字が原因?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 毎月勤労統計を巡り、厚生労働省が前年同期と比べた実質賃金の伸び率を実態に近い形で計算し、結果を来週にも国会に示す方針を固めたことが31日、分かった。

現在示している「参考値」よりも2018年1~11月の平均で0.5%程度マイナスとなる。

専門家から今の統計の数値が「実態に合わない」と批判が根強く、見直しは避けられないと判断した。

アベノミクスの要である賃金の伸び悩みを認めれば安倍政権にとって大きな打撃となる。

野党が「賃金偽装」との追及を強めるのは必至だ。

政府は「勤労統計は景気判断の一要素にすぎない」とかわし、所得が改善しているとの見解を維持するとみられる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000012-kyodonews-pol

『政府、賃金マイナス公表へ 18年実質、0.5%程度』のニュースに世間の声は

給料上がってない人多いと思う。
下手に上がっても社会保険料上がってマイナスになるし。
その分年金が多く受け取れるかと言えば、年金改革とやらで少なくなる一方じゃろう。
年々酷い国になっていく様な感じです。

統計方法を実態に合わせて公表するのは当然であり、官僚の忖度だか政府の指示なのかは知らんけど数字が良くなる様に調整する事は許されない。
結果実質賃金がマイナスという事は国民は貧困化しているという事。
どう取り繕っても国民の景気判断の最も重要な統計の数字がマイナスである以上景気は回復しているなんて寝言はやめるべきだし、アベノミクスの失敗を認めるべきだ。

税金ばかり上げて所得が増えない
最低賃金を上げて企業に内部保留を吐かせるべきでしょう

順調に上がってるのは税金と物価くらい

増税ありきで統計を作ろうとするから
こういう嘘や捏造がまかり通る
本来なら首相辞任に値する事案だ

スーパーの食品の値上げが明確に家計にマイナス。
安倍政権の始まってから円安と消費税便乗(内容量減らして、税込98円が税抜98円に)で、1割か2割以上値上げされたまま。
なのに給与所得は1割も増えていないだろう。

景気は良くなってはいない。

外を見ても、米中貿易摩擦に英離脱問題点。


どう考えても増税できる状況ではない。


戦後最長の景気拡大と言って、「一人一人の可処分所得」は
増えず8%の消費税でむしろ下がってるのではと
思われてました。


ところが今回、政府が正式に実質賃金が減っている事を認めた事で、
多くの国民が危惧してた事がつまびらかになり、こうなると
「景気拡大」の判断自体が怪しくなると思われます。


「設備投資」は2017年~2018年上昇しただけで、その前は
「輸出−輸入の額」は、原油価格の上昇で悪化し
海外子会社からの受取り配当額等が黒字を支えています。


「政府支出」は、原発の除染やオリンピック関連、海外への
資金提供、国土強靭化などで国民への影響は限定的です。


よって、いずれ政府は「景気拡大」そのものを修正する
のではと危惧してます。


これでは、政府の発表よりも我々が肌身で感じる「街角景気」
の方が正しいと思ってしまいます。


いくら表面的にごまかしたところで今年の秋に消費税を上げれば景気は一気に冷え込んで不況に突入するかと。


結局、景気を悪くして税収を減らしたら意味がないわけで、消費税なんて逆進性の問題もあるし上げるべきではないんだよね。


もし消費税をどうしても上げたいっていうのであれば、消費税を全て一律5%に引き下げたうえで、贅沢税化して高級品の課税率を大幅に上げるべき。


例えば軽自動車を買うと消費税8%、200万以下の普通乗用車は10%、~400万は12%、~1000万は20%、それ以上は30%みたいな感じで。


結局、税金ってのは金持ちにいかに気持ちよく支払ってもらえるかが重要で年収1億の人が1000万円の車を買って200万消費税を支払ったとしても、気にする人なんて殆どいないと思われるわけで、結局、税金ってのは富の再分配なわけだから、金持ちに対する課税をどうすれば増やせるかを検討することが大事。


少し実態経済に近づくようになったことと、企業経営者…特に大企業や業績の良い企業が、いかに給与引き上げを渋っていたかが白日の元にさらされました。

景気が良いと肌で感じている国民なんてほんの僅かな富裕層だけだろう。
実感のない好景気と言うのはまさに統計が間違っていることを表している。
税金が上がり、物価が上がり、保険料が上がり、高速道路などの緩和策もなくなり、給与も上がらないのだから個人消費が良くなるはずがない。

このウソノミクスは、明らかに意図的なものであり、首謀者である安倍首相を逮捕すべきである。

いかに消費税以外の税金、保険などが話題にももならずに値上がり続けているかがわかりますね。

バブリー世代に就職後の給料の上がらない状況、所得税社会保険厚生年金の値上がり…わからないだろうなと親と話ししていると感じる。


他の方も言ってるが、政治家の方々は庶民の暮らしも1ヶ月程度研修されてはいかがだろうか。


過去30年、ほぼ平均給与と初任給が変わっていないという、先進国としてはありえない事実。
これを隠し続け、税金と社会保険料をあげ続けてきた政府の責任は非常に重い!!

この問題は政府からしたらセンシティブで難しい
今回の統計問題は身内の自民党の議員ですら批判が多い
仮に今回の統計が全て虚偽なら今までの統計も疑われるのは必至
しかし当の政権は虚偽ですら正当化しようと当初は行った。


これは森友加計問題でも同じようなことをしていた。


初めはそんな資料はない破棄をしたと言いながら
実はその資料は存在していたけど隠したそして黒塗りにする。


この統計問題も構造はまったくと言ってもいいぐらい酷似している。


しかし、安倍首相は反省どころか開き直っている感じがする。


次から次へ嘘虚偽答弁を繰り返していても、支持率は5割を超える。


国民が選挙で行動を示さない限り、今後も同様な事が起きる。


みなさん真面目もない責任もないそれが現在の安倍自民党です。


安倍首相は嘘を正当化するのは微動だにしない
まさに悪魔に魂を売った。


それでも今の政権が良いのであるのなら、それは自己責任です。


どう考えても消費税増税は無理。
子供でも分かる事。
もし強行したら日本は大変な事になるのは目に見えている。

7年目のアベノミクスの結果、国民の生活の一番の指標である実質賃金や実質可処分所得が下がっているという事実を前に、まだ安倍政権はアベノミクスが成功していると強弁する気なの?もう付き合ってられない。
騙されていた国民も目を覚ませ。

大企業にお勤めの一部の方は上がってるのかもしれないが、かなり多くの国民は給料が上がったという実感は「0」だと思うし、賃金がマイナスと言われた方が違和感がないと思う。

そこは安倍を責めるところではなく、むしろ素直に訂正、公表したので良いことだと思う。


が、大事なのは今までのデタラメな数値をもとに作られた政策の変更だと思う。


「賃金が伸び景気が良いから消費税を上げます」
どうする?これ。

安倍にとってみれば、元々消費税は上げたくないのだから、渡りに船で増税の見直しがあるかもね。

何しろ安倍は憲法改正をしたいんだから。


麻生の抵抗が目に浮かぶけど…
まぁどう転んでも大荒れになるだろうな~

この30年日本経済は衰退 先が見えない。
はるかに諸外国と違って衰退してる。
経済を立て直してくれるのであれば日本人でなくても良いと思う 才能のあるユダヤ人でも良いのでリーダーが必要だと思う。
イギリスも自国の首相をイスラエル人にして国の立て直しに成功した。
日本ももう日本人ではどうしようもできないと思う。
このままだと日本経済は泥沼の一途だと思うよ。
思い切った対策をしなければ国が亡びると思う。

統計偽装は中国がよくやること、日本も信用を失う事をしてしまった。
他にも偽装があるのでは?と思ってしまう。

増税は中止だなこれは…

ウソをウソで塗り固められないでしょうか。

はっきり言って数字も信用できない。


実は政府が指示していたのかもね。

都合のいいように数値化して、あたかも景気が良くなったように見せかけているだけ。

是が非でも消費税を10%に上げたいらしいが、手取りが増えない中で増税しようもんなら消費は冷え込むよな。

だからか、景気がいいとニュースで言われても生活が楽になったと感じなかったのは。
納得です。

①なぜ実態に近い数値を問題が明るみに出る前に計算しなかったのか。
あるいはできなかったのか。

②それでも所得が増加傾向にあるといえるのは何故か。


という2点が非常に疑問です。


これで消費税上げる
財布の紐が固くなる
景気停滞する
デフレに逆戻りする
こんな不景気になるなんて想定外でした、でも増税したのは間違いではありませんと発表される
ここまでテンプレ。


アベノミクスにより隠された事実が明らかになりつつある
円高になりそう

数字だけ見れば空前絶後の好景気。

そんな中、わずかだが売上げが前年を下回り、地域性の問題か?業態の問題か?はたまた自分が無能なのかといろいろ考えていました。


でも、数字がデタラメだったんだもの。

反省のしようが無いよ。

賃金が大して上がらなくてそれ以上に物価が上がればそりゃ財布のひもが固くなるわな…納得。


その上で売上げを上げる策を考えねば…頑張らねば…


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!