Koki,が空回りなのは静香プロデュースのせい?「母親のレールじゃダメ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 木村拓哉(46)と工藤静香(49)の間に、隙間風が吹き始めたともっぱらだ。

原因は2018年に華々しくモデルデビューした次女Koki,(コウキ=16)のプロデュースが思うように軌道に乗らないためだという。

コウキは今年4月期の中条あやみ主演の連続ドラマ「白衣の戦士!」の挿入歌「片隅」の作曲を手がけた。

ピアノ、ストリングスをバランスよく配したミディアムバラードで、楽曲提供を受けたのは、あの三浦大知(31)。

今年2月に平成の天皇の「在位30周年記念式典」に出席し、上皇が作詞し、上皇后が作曲した「歌声の響」を熱唱した。

三浦は、18年まで2年連続でNHK紅白歌合戦にも出演。

最近の新曲は、オリコンで初登場ベスト10入りが当たり前になりつつある“国民的歌手”だ。

ところが、コウキ作曲の「片隅」は6月24日付のオリコン週間シングルランキングで12位。

同日発表された三浦の最新ライブ「DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール」のDVDとBD(ブルーレイ)を合計した「ミュージックDVD・BDランキング」は初登場1位。

これを踏まえると「片隅」は残念な結果だったと言えるだろう。

「コウキは母・静香が17年に発売した30周年記念アルバムに収録されている3曲の作曲を担当しています。

中島美嘉にも楽曲提供し、作曲家としてある程度の“箔”をつけたことで三浦に新曲を歌ってもらえたのでしょう。

コウキのプロデューサーでもある静香の戦略性を感じます。

ただ、『片隅』のセールスが思うように伸びなかったこともあり、今後はテレビ局もコウキの楽曲採用には慎重にならざるを得ないでしょう」(音楽関係者)

■三浦大知に上から目線  また、コウキが「片隅」について「実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲」とコメントを発表したことも評判を落とすことにつながった。

三浦は芸能界ではコウキよりキャリアが長い。

ネット上では「ずいぶん上から目線ですね」といった厳しい意見が相次いだ。

この状況に静香は苛立ちを隠せない様子だという。

「最近では家族でテレビを見ていても、音楽関係の話題に触れるのは“タブー”みたいな雰囲気があるそうです。

せっかく三浦を担ぎ出すことに成功したのに、思うように曲が売れなかったからです。

コウキはモデルに専念すべきだという声もありますが、静香は負けず嫌いの性格です。

ほとぼりが冷めたら、また新曲のプロモーションを仕掛けてくるだろうというのが周囲の一致した見方です。

気の毒なのがキムタクです。

ジャニー喜多川社長が亡くなって、いろいろと大変なはずなのに、娘のプロモーションに協力する流れになりつつあります。

もともとキムタクはコウキの芸能活動に賛成していたわけではありませんから憂鬱だと思いますね」(ドラマ関係者)

最初は親の七光で注目されても、消えていく2世タレントは山ほどいる。

コウキの実力もメッキがはがれ始めた。

娘がダメージを負う前に引き際を見極めるのも親の務めだろう。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000003-nkgendai-ent

『メッキがはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り』のニュースに世間の声は

メッキなんて、等の昔にはがれてましたよ。

芸能界のいろいろを知っているのは、父親のほうだろうにアドバイスをろくすっぽ聞かないのだろうかね?
母親があれこれレールを敷いて娘を歩かせ、親の名前を出しまくりのプロデュースをすれば 芸能界でも世間でもいい顔されないのは 想像に容易い。

わからないのはちやほやされて自分は人気ものと思っている世間知らずな母親かな。

これが、静香の目論見通り上手くいかなくて みんなの為によかった。


コウキは学んで成長できるといいね、
母親のレールじゃダメだと。


全盛期の父キムタクにそっくりの美貌を持って生まれ、年の割には多才で折角の素材なのに身の丈以上の売り方をしすぎて失敗した感じ。
まだ十代なんだからモデルするにもタレントをしつつJJ CANCANあたりから始めていけば良かったのに。
上手くいけば歌手、女優業もできたと思うけど、今のままでは芸能界で両親を超えるのは無理だね。
誰かちゃんとした人がプロデュースしてあげれば今からでもなんとかなるかなあ…?

木村拓哉と工藤静香の子供がとんな顔かってことに興味があった人が多かっただけでそれを見たらもういいやって感じなんでしょう。
同世代からウケるタイプでもない感じだし支持層は誰って感じも。

コウキ好きとかファンの人って聞いたことがないけど、ここまで露出出来たのが不思議ー。

両親、とくに母親のせいでアンチが多いからな

実力のあるモデルさんに出演してほしかったショーやブランドもあることでしょう。

写真でのオーラが普通すぎて痛々しさすら感じる。
男の子だったらまだ人気はあったろうが、キムタク子ではなあ。
イマルみたいに地味に地道にだったらまだいいけど、プライド高いままでは北野井子コースだな。

メッキが剥がれるってそんなもん最初からついてなかったでしょww
工藤静香と中島美嘉に作曲を提供して箔をつけたって、どこに箔がついたのか疑問だし
よく三浦くんは歌ってくれたと本当に感謝しなきゃね

子供の芸能界デビュー等に、有名人の親が絡む時は、ありがちな話だよね。

世間が認める前に、親が後に見えちゃうから、素直に応援しづらいと思う。


本当に実力有れば、親がシャシャリ出て来なくても成功するだろうしね。


10代の今しか着られない服を着せて、若々しさやフレッシュさを前面に出せばよかったのに。

もう手遅れだけど。


メッキ(笑)
元々、本物ではなかったって意味。


透けてたけどね、バッタ感。


工藤静香がいかに嫌われているか、この子の芸能活動を通してよーくわかる気がします。

この親子の話題は無視が一番。
消えるのを待つのみ。

二刀流を目指して失敗する良くあるパターン
作曲なんて、ギャンブルみたいなもので、その時代に合えばブレイクするけど、その後が続かないことが多い
こだわりがあればあるほど、はまってしまう
時代に合わせた作曲が出来ないと難しい
色々チャレンジすることは素晴らしいけど、ある程度の諦めも肝心だと思う
どうも親の方が一生懸命で、本人はどう思ってるのだろう
本人がやりたい事をさせる方がいいのでは、素材はいいのだから

メッキなんて初めから無かった。
モデルも作曲も英語も全部大したことない、張りぼて二世。

剥がれるほど、メッキもなかったと思うけど。

これからが正念場というか、メッキが剥がれてからがスタートだと思う。

神田沙也加とダブるというか。


聖子ちゃんプロデュースで親の七光りを最大限に利用してSAYAKAとしてデビューした時は、ハッキリ言ってパッとしなかった。


でも、聖子ちゃんの娘としてではなく、神田沙也加として地道に活動をして、その実力が認められるようになり成功を収めた。


親の七光りの効果がなくなりメッキが剥げてから、親から巣立ってからが本当のスタートだと思う。


今は結構disられてるけど、見た目には恵まれていると思うし、これからは自分の努力次第だと思う。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!