河野太郎外相が「次の質問どうぞ」でお詫びした理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 河野太郎外相が記者会見で「次の質問どうぞ」と発言したことについて、2018年12月15日に公式サイトのブログで「お詫びして、しっかりと改めます」と投稿した。

河野外相は11日の会見で、日露関係についての記者の質問に、4回にわたって「次の質問どうぞ」とだけ答え、メディアからその受け答えを問題視する報道が出ていた。

12月15日のブログでは、11日の質問の答え方について、「様々なお叱り」を受けたとし、「お詫びして、しっかりと反省すべきところと、若干の説明をさせていただきたいところがあります」と続けた。

批判は「質問への答え方が悪い、あるいは質問を無視している」ことと、「説明責任を果たしていない」の2点。

1点目については、「お詫びして、しっかりと改めます」としたうえで、日露の条件交渉については国会でも一貫して答えを差し控えていると説明。

記者会見についても、11月20日、12月4日を例に出し、それまでも回答を差し控えていたとしつつ、

「それでも記者には質問する権利がありますから会見で質問が出るのは構わないのですが、11日の記者会見では、その質問には答えられませんという意味で『次の質問をどうぞ』と答えたのです。

せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」

としている。

また、日露交渉以外にも外務省としての取り組みがあるため、

「答えられない日露交渉に関する質問で限られた会見の時間がつぶれてしまうよりも、そうした質問にしっかり時間をかけて答えたいと思ったこともあります」 と背景を語り、「このことについては反省しています」

とまとめた。

その一方で、説明責任についての批判には、「ご理解いただきたいことがあります」。

政府方針などを公に説明していない、なぜ日本政府の立場をきちんと言わないのかといった批判には、それぞれ、

「こちらの手をさらしてポーカーをやれというのと同じで、日本の国益を最大化する交渉ができなくなります」   

「もし、交渉の責任者である私がそれ以上何か言えば、必ず、ロシア側でメディアがその発言を取り上げ、それについてのコメントをロシアの政治家に求めるでしょう」

などとし、ロシアの世論に影響を与え、交渉にも影響が及ばないよう、発言を差し控えていると語る。

また、「ロシア側からはいろいろな発言が出ているではないか」との指摘には、言っているから言い返すのではなく、だからこそ慎重であるべきと反論しつつ、時機が来たら丁寧に説明するとした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181215-00000007-jct-soci

『河野外相、「次の質問どうぞ」をお詫び 「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」』のニュースに世間の声は

外交問題ではそれでいいと思う。
日本が不利にならないようにしっかりと取り組んでくれたらそれで良し。

それなりに長く政治家をやってきているのだから、メディアとの間に色々とあったというのは推察できるけど、結局謝罪する羽目になってしまうのだから言葉は選ぶべきだった。
メディア側の質の低さも問題だけど。

これで不信感が取れたので、大変良かったと思います。これからも、対ロシア、対韓国等きちんと対応して頂きたいと思います。

この記事よりも、本人のブログを見たほうがいい。あと、ブログへのリンクを貼るべきだと思う。
本人のブログを見ると、記者会見の冒頭に河野外相は「このような質問は、事情より受け付けられない」と断っていることに触れられている。それにも関わらず、執拗に質問してきている、という肝心の事実がこの記事からは切り取られてる。

ロシアとの外交交渉が控えているから、手の内を証さないのは当然である
公の場で細部を発言したら、相手はそれを把握して策を練って来るから
それを避けたかっただけだろう
質問をする記者も国益に関わる事だから、それぐらいは汲み取るべきだし外交とはそれぐらい敏感で無ければ上手く行かない物である。

改めるべきところは改めるという姿勢を示してくれたし、良いと思います。
そして一番良かったのは日本の国益を考えて仕事をしてくれる政治家であるということが分かったこと。

一週間前に同じ記者が同じ様な事を質問をしていて、その時は「答えられない」と回答をしたという報道もある。それだと記者に問題ありとは思うが、一方限られた時間の中で、しっかり報道が出来ないメディアにも問題はある。明らかに悪意のあるメディアもある。
へんな切り取られ方をされても、誤解されにくい回答をお願いします。

経緯をちゃんと記事にした、この記事は当たり前かもしれないけど良かったと思う。
こういう事を書けない、書かない所ばかりですから…。

河野太郎>>>>>>>>>>>>>>>>>>石破茂
本当に日本の国益を考えている人。

河野大臣の言葉から、国益を第一に考えてくださっていることが伝わってきました。
マスコミは確信犯なのだろうけど、日本のために頑張っている人の足を引っ張らないでほしい。

こんな当たり前のことを、外相に言わせる方がおかしいと自分は思うんだがな。
メディアはもちろん、国民の中にも今がチャンスとばかりに叩く輩もいるし。
過去にも互いの主張がメディアで論争になって、話が頓挫した経過もある。
そんなこと、まったく頭の中にはないんだな。
相手はロシア、一筋縄ではいかないさ。
だからこそ、国民一丸となって対応するべきだと思うんだよ。

記者の質問とは言え日本の手のうちを明かしてまで答える必要はない。対ロシア、対韓国と情報合戦の様相を呈している。それらを鑑みて記者は質問すべき。こと外交問題は非常に繊細で、出方・出し方を間違えると上手くいくことも上手くいかなくなる。更に日本国内で民意がバラバラでは足元をすくわれる。ここは河野外相に託すしかない。国民としては批判するのではなく信じることが大切だと思う。

外交問題は回答できない事が多々ある。
河野氏の受け応えは別に悪意はないと思う。
マスコミも河野氏の対応が何故?かを理解すべきである。
質問の権利がマスコミにあるとしても、国民に都合のいい報道しかしないマスコミ各社にその権利があるかどうかは大きな疑問である。

記事になるよう面白おかしく質問するマスコミに対して、外交の手の内を明かすような回答はしなくて良い。国益を第一に対応してくれていることはわかるが、如何せん、今回のやり方は印象が悪すぎたか?でも、そんなに気にしなくて良いと思います。それより、マスコミの質の低さを何とかして欲しい。

> 「それでも記者には質問する権利がありますから会見で質問が出るのは構わないのですが、11日の記者会見では、その質問には答えられませんという意味で『次の質問をどうぞ』と答えたのです。せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」
これは迂闊だったな
すでにネット上では「ノーコメント」の回答に対して、問題の記者が同じ質問を繰り返してきたことがほとんど周知されているけど、地上波テレビや大手マスコミオンリーの一般人には「感じ悪いね!」だけが周知されて浸透してしまったからな
いっその事、このトンチキな記者は所属と名前を晒して退場させてしまった方が良かったかもね

ご本人が謝罪しているくらいなので今回の対応はあまり良くなかったのかもしれないけど、大臣として、国益を考えての行動だということは多くの国民なら理解できるはず。
むしろ、プロの記者は何も考えていないのか?
プロなら制限された発言の中から真意を汲み取って報道する、もしくは報道しないという選択をすることだってあっていいと思いますが。
芸能人担当のパパラッチみたいなことを政治担当がやってもらっちゃ困る。

言葉はちょっと悪かったが、対応には全く問題ないのだから、この謝罪と説明でこの問題はおしまいで良いでしょうね。
逆にメディアは、説明責任にかこつけて、日本の外交的駆け引きを台無しにしようとした謝罪をするべきでは?

傲慢不遜な態度を謝罪したのだし、「なぜ答えられないか」の説明もキチンとしたので、全く問題はない。
河野外相にはこのまま困難な外交交渉を続けてもらいたい。そして、ポスト安倍の中でも能力的にはダントツであることは明らかなので、改めるべきは改めつつ、3年後には総理総裁になって欲しい。

日本のマスメディアは、何をしたいのだろうか。権力に対するチェック機能が必要なことは確かだが、無用な質問を繰り返して揚げ足をとることを探っているように思える。
まぁ、無視する態度は誉められたものではないので、橋下氏(前大阪市長)が記者会見を記者との真剣勝負と捉えて(やや、やり過ぎの感はあれど)記者と議論していたように、しっかり記者と勝負してほしい。河野外相ならばできると信じたい。

現実的にニ島返還も無理では⁇今更日露平和条約の締結はどうでも良い、何か不都合があるのか⁇プーチンのペースにはまらず今回は無視すべき、今日も歯舞、色丹では住民が返還反対運動をしている、そもそもニ島では四島全体の6%に過ぎない、受け入れてもロシア人の退去が先でなければならない。

次の質問どうぞ。その言葉の意図を記者さんが汲むべきだったなと思う。
手の内を明かしたくない。そう答えるのも控えたかったのではないでしょうか。
国民の知りたい質問をしたつもりが国益を損ねる質問だった。
国益を考慮すればこそ、それに答えられない外相をこき下ろす。
結局は記者の勉強不足だったって事だと思う。

>お答えは差し控えます』と答えるべきでした
最初から、そう応えるべきだったと思います。
一方で、言い方を変えて同じ質問をする記者がいるのは確か。揚げ足をとりたいのでしょうが、この件は国益が最優先。
日本のために外相として引き続き、ご尽力下さい。

言わんとすることはわかった。
対応は激マズだったがポーカーの例えのくだりは確かにそうだ。
これを反省素材として、もっと国益の為に頑張ってほしい。
そうならば、マスゴミ側もそんなに支持できたもんでもないし、
(子供かよ!と若干見苦しくも思う)
外交の行方を期待して見守りたい。

それまで答えていない内容は答えられない訳で、記者もそこを理解すべきだし、批判はいかがかと。
応対が失礼だった、との批判については、記者も日常的に相当失礼なわけで、今回の会見はそれを抑えつつ適切な対応をし、やはり河野大臣は責任感ある素晴らしい議員だと思う

逆に、こういうのがニュースになってしまう事のほうが問題のような気がする。他に、議論すべき問題は山ほどあるのだから。

いくら説明責任をすべきとはいえ、外交というトップシークレットの情報までまとまってもない状態で情報を開示してほしいとは思わない。「お答えは差し控える」という簡単な一言があの時いえなかったのだろうか改めて疑問に思う。心理的に何か問題があるのだろうか。
外交こそ特定秘密保護法がカバーできるはずであろうと思うが、一切出てこなかった。一体5年前の強行採決はなんだったのだろうか。

回避の仕方ってものもありましたね。
非を認めて謝罪をしたのでOKです。
しっかり仕事をしてらっしゃるので、こういうことで足を引っ張られるようなことがあってはよろしくないですね。
普段から河野外務大臣の活躍を取り上げずにこういうところで嬉々として揚げ足を取るメディアなので、言葉選びや対応はもう少し慎重にお願いします。

同じことを同じ人が何度も質問することは無ししないとダメです。
回答者は個々人にだけいるわけではありませんし、質問者も意地の悪い内容にならないような配慮はある程度は必要です。
くれぐれも幼稚な遣り取りにならないことが大前提だよね。

何でもかんでも情報を開示することが正しいことではないと思います。外交問題、交渉の最中において公にすべきではない情報があることを国民も多くが理解をしていると信じて、あとは公人ですので言葉遣い・選びだけ気を付けていただければと思います。

答え方は不味かったですが、真摯に反省された点はとても好感が持てると思います。
マスコミの質問も、もう少し政治家の外国との対応が不利にならないような配慮をしてください。
人の興味心なんてどうでもいい事なんです。
もっと大事なことは政治にはたくさんあります。

>それでも記者には質問する権利がありますから会見で質問が出るのは構わないのですが、
「それでも」とか「権利がある」とか、あたかも記者の存在意義を否定し、一見権利が無さそうであるかのような前提で上からの物言いをするのは、冷静に見て問題ありだな。「構わない」っていうのも「善きに計らえ」的で何様感は拭えない。
能力はそれなりにある人なのだろう。しかし傲岸不遜であることは政治家にとって重大な欠格事項のひとつだと思うので、河野氏だけでなく政治家の誰もが一度我が身を振り返ってみてほしいものだ。

会見で言えない事情はよくわかります。それだけを質問攻めにして時間を無駄に使う記者も、もう少し考えるべきでしたね。
ただ外相もお詫びされているように、違った答弁の仕方もあの時はあったように思えます。

てか、マスコミを通じておおっぴらに言えないことがあるなんて外交じゃ当たり前の話だろうに。
そこらへんを記者はわかってないのかな?
これだけあからさまにメディアを通じて露見させようとするなんて日本だけでは?
外交に関しては日本のマスコミ関係者は世界と比べて本当に未熟だと思う

そういった経緯があったんですね。あの切り取られたテレビの映像だけみたら、横柄な態度だなぁ、河野大臣どうなっちゃった、と思ってしまった。難しい交渉事で、国会でも、答弁を差し控えてる、この事もいっしょに報道して欲しかった。

メディアと色々あったのかと思います。
ただTVで放送されるのだから視聴者からみても批判を受けないような対応して欲しいです。
我々が参考になる対応を。
結局、謝るなら

次の質問どうぞ!連続だったし、やはりこれは良くなかったと思う。いくら外交問題でも、言い方もあるし見ていて見苦しい感じがした。もう少し冷静に考えて、差し控えますの方が良かったと思う。

記者の質問に対してすべて答える必要はないと思う。
ただ、その意思をどのように現すかが問題だ。
今回の遣り取りをニュースで見たが、答えたくないということは伝わってくるが、逆に質問を無視しているということまで伝わってくる。
答えられませんという一言でいいと思う。
ただ記者のほうもしつこ過ぎる。
同じ質問を繰り返すからこそ今回のような遣り取りになる。
無駄な質問は時間の無駄!!
無駄な質問は記者として存在が無駄!!

国民も外交上話せない事があるのは薄々察しているだろうしマスコミ側もちょっとした切っ掛けでネタが掴めないかという意味での
一種の挑発だろうから言葉に気を付ければ尻尾は掴みに行きにくい
儀礼的対応を改めれば何ら問題がないと考える
頑張って本筋の対露外交に全力で取り組んで欲しい

まあ断り方の問題はあったわな。しかし、外相として、言っても良い事と悪い事を理解している事、ロシアと真剣に交渉している事が、よくわかった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!