幸楽苑が51店舗を閉店!ファンは悲鳴の書き込みも?ネットの反応は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ラーメン店「幸楽苑」が全店舗の約1割にあたる51店舗を閉店するというニュースが話題となっています。

創業は1970年。290円のラーメンと190円の餃子という激安メニューを売りに急成長してきました。

しかし、2010年代頃から風向きが変わってきたようで、今回の大量閉店により復活できるのか注目されます。

このことを伝えるニュースがこちら。

このニュースに対する世間の反応も載せておきます。

「お願いします。近くの店舗を潰さないで」

「俺たちにはあの味噌ラーメンが必要なんだ」――。

ネット上は「悲鳴」に近い書き込みであふれている。

ラーメン店「幸楽苑」をチェーン展開する「幸楽苑ホールディングス」(福島県郡山市)が6日、全店舗の約1割にあたる51店舗を4月までに閉店すると発表したためだ。

新井田傳会長が1970年に創業した「幸楽苑」は、「290円ラーメン」と「190円ギョーザ(6個)」の激安メニューを売りに急成長。

90年代から2000年代初めのころは「デフレの勝ち組外食店」などと言われ、03年には東証1部上場を果たすなど、業績も絶好調だった。

風向きが変わったのが2010年代ころ。

日刊ゲンダイの好評連載シリーズ「語り部の経営者たち」で新井田会長をインタビューした外食ジャーナリストの中村芳平氏はこう言う。

「幸楽苑は同じ割安ラーメンチェーンの日高屋と比較されますが、両社は全くビジネスモデルが違います。

日高屋が駅前などの都市型展開で、主な客層がサラリーマンなのに対し、幸楽苑は郊外型で客層はファミリー。

郊外店舗なので土日の集客はあるのですが、平日が厳しい。

そこで、看板だったラーメン価格の290円をやめて、15年から500円前後に引き上げたのですが、これが最初の客離れを引き起こしてしまったのです」

■新たな策はあるのか?

さらに追い打ちをかけたのが、16年9月に静岡県内の店舗で起きた異物混入。

従業員がチャーシューの仕込み作業中に誤って指を切断。

その一部がラーメンに入ってしまったという件だ。

価格引き上げと異物混入というダブルパンチで客離れが加速。

業績が急激に悪化していた幸楽苑だが、17年、外食業界があっと驚く起死回生策を放つ。

当時、急拡大していた「いきなり!ステーキ」を展開する「ペッパーフードサービス」(東京都墨田区)のフランチャイズ(FC)加盟だ。

「不採算店舗を閉めるだけでは売り上げが減る。そのため、当時、勢いのあった『いきなり!』への業態転換を図ったわけですが、業績が低迷しているとはいえ、東証1部上場企業が新興企業のFC加盟ですからね。

この手があったか、と感心しました」(中村芳平氏=前出)

幸楽苑はここから少しずつ業績を回復しつつあったのだが、再び、同社を予期せぬ出来事が襲った。

19年10月の台風19号による大規模水害で、郡山工場が操業停止を余儀なくされ、約250店舗への食材供給がストップしてしまったのだ。

「せっかくうまく行き始めたところだっただけに何ともツイていないが、今回の閉店も、ここで踏ん張るためには思い切ったリストラが不可欠と考えたのでしょう。

勢いを失った『いきなり!』のFC見直しなど、新たな策を打ってくると思います」(中村芳平氏=前出)

今回の大リストラが再び浮上のきっかけとなるのか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000024-nkgendai-bus_all

『全店舗の5分の1を閉店の衝撃…「幸楽苑」に再浮上の目は?』のニュースに世間の声は

290円のラーメンが無くなってから、行かなくなりました。

500円以上出すなら、個人でやっているもっと美味いラーメン屋はいくらでもあるし、幸楽苑で食べようと思わない。


味はそこそこでも安いから行っていたと言う人が多いのに、その需要をわかってないのかな?
私の生活圏も3店舗閉店しました。


いきなりステーキに飛び付いたり、背に腹感は否めませんが、値段なりのラーメンでいいんだけどね。

日高屋も厳しいという記事も上がってるのを見ると、低価格路線は限界なのか?でも、ラーメンとギョーザ以外は大して安くないけど。


逆に経営手腕としては思い切りがいいなと評価してしまう。

判断のタイミングが遅かったのかどうかは別として

広げ過ぎたんなら閉めるのが常套手段ですね。
別に記事で心配する必要がある内容でもない気がする。
幸楽苑が良くても悪くても民間企業ですからメディアが心配する必要はないんじゃ?行きたい人が良く。
それだけでしょ?

290円のラーメンが無くなって客離れが進んでいるんじゃそれ以外のメニューも魅力がない証拠だよね
個人のラーメン屋だって郊外に店を出していたとしても人気がある店はいっぱいあるから幸楽苑自体に魅力が無いのでは?
台風被害のあった店舗も閉店の対象になっているみたいだけど店舗修繕費が捻出できないほど会社全体で余裕が無い状況なのかな

幸楽苑はファミリーに人気あるんだよね。

町からちょっと離れた場所だと土日は家族連れでいつも混んでいる。


自分は290円ラーメンが無くなってから行く回数が減り、麺が変わってからさらに行かなくなった。

なぜ麺をまずくしたのかな

290円のラーメンの時はたまに行ってたが、それ以外は食べなかった。

それが、500円位になったので行かなくなったら、その店は無くなった。


関西に住んでたら、普通の値段で、ラーメンや餃子が食べたかったら、王将とかにいく。


グーグルマップで、幸楽苑を検索したら、関西では、関西空港のりんくうタウンと兵庫県の西部の田舎にしか店舗が無くなってた。


低価格帯で勝負する飲食店の先行きは知れていますね。

増税等に伴う僅かな値上げでも客はソッポを向く。


飲食店はやはり価格より味で客を呼ばなくちゃいけません。


デフレ脱却、国民の給料を増やすには、何時までも物が安いだけではいけない。

物やサービスにはそれ相応の原価が有る。


昨今のラーメン屋さんは定食屋に比べると物凄く高額になっていると思う方々は少なくないと思う。


100均が30年も100均でほぼ価格が上がらないのは世界で日本だけとの事。


安いのは嬉しい事なんだけど、裏を返せばそれが自分達の給料に跳ね返って来ている事を忘れてはいけないと思う。


低価格のインパクトで売れすぎただけではないでしょうか。

他のウリを作らなかった戦略の失敗ですよ。


幸楽苑は郊外のロードサイド中心に売ったから車でファミリーや仲間内が集まりいつも満席のイメージがあったけどそれだけ「引き」も早いですね。


駅前などで夜のチョイ飲み層も取り込んだ日高屋の方が安定感を感じます。


これも戦略失敗の一つですね。


個人店にはサッパリとした当たり外れの無い安いラーメン屋と言う位置づけなので余程の理由が無いと入る理由がないですね。


車移動の時に入る事が殆どなので酒を飲む訳でも無いし。


あと、幸楽苑の大盛は「大盛詐欺」ですよね。


以前2品目位大盛無料なんてのが有りましたが、大盛頼んだのに「えっ」と言う分量。


店員に聞こうと思ったら隣に座っていた老夫婦が店員を呼んて「ホントに大盛か」と怒っていた。


あの歳の人がそうなんだからなぁ、と思いましたよ。


衝撃の事実ではないですね。


低価格を売りにした商売は、過去に吉野家やマクドナルドの大手が失敗した同じ道を辿ることになるだろう。

同業他社では日高屋が堅実に商売しているのを見ると、幸楽苑は今後の経営方針次第で再浮上できるか完全に沈み込むのかの別れ道に来ていると思う。


幸楽苑も最初から400円くらいの設定ならそれなりに安定していたんだろうなぁ……っと勝手に思っている。

勿論290円はありがたかったし、利用させてもらった。


しかし……「その価値しかない」と判断されたらそれで終了。


結局は下手な安売りは後々自らの首を絞める結果になるんだと勝手に思っている。


そしてそれに下手に飛び付くと消費者も真綿で首を絞める結果に……
安いのには理由がある。


その理由が小さなうちはまだいいけれど……ねぇ……

ラーメン屋はチェーン展開に向かない職種ではないだろうか。

会津若松のお城の近くでやっていた頃の「幸楽苑」と明らかに不味くなっている。


それこそ40年前は新潟からドライブに会津若松観光して必ず「幸楽苑」のラーメンを食べた。

ものすごく美味しかった。

290円のラーメンじゃなきゃ行かないとか、そもそも利益が上がらない値段で人件費出したら儲けが無いなら店舗縮小するのは当然だと思います。

チェーン店に味を求めてはいけない。

ならば価格で勝負するしかない。


人件費、材料費の高騰で値上げせざるを得ないのはわかるが290円から440円は一気に上げすぎ。


5割もあげちゃそりゃあ客離れも起きるよ。


低価格を売りにする店には一定の需要は勿論有るけど、低価格にするためには徹底したコスト管理が必要だし、メニューもそーそーは増やせないから飽きられやすいのはあるよね。
だからこそ個人経営の店も生き残れるし、お互い切磋琢磨しかないですね。

まずは低価格のラーメンを復活させること。

客離れの要因はそこだろうし味に期待して幸楽苑にはいってるひとはそういないだろうし安さで勝負しないと。


わざわざ出向く店でなくても、ショッピングモールとかでついでに食べる位の店でいいと思うけど。
値段も400円には抑えて欲しいな。
5km圏内に3店舗あったけど全部無くなってしまった。

最近高価なチャーシューを使った高価格帯ラーメンを出しているけどそれでわかった!
確かにチャーシューは美味い値段相応かもしれん ただ…麺がチープではっきり言って値段の割に不味いんだよ。


経営不振は値段と味のバランスが崩れているからとしか思えない
最近利用しなくなってしまった。

値上げがありそれなら同じ料金で隣の店にとなっているね。

色々な理由があるでしょうが何とか従業員の事も考えて閉鎖しないで欲しいね!

そもそも、出発点は、成功のきっかけは、
値段が安かったから。


この基本を忘れたら、この会社はダメになる。


日高屋やスガキヤも苦境が伝えられる。

それぞれの共通点である「凡庸で安価なラーメンチェーン店」というジャンルが尻すぼみなのでしょう。


コストは上がるかもしれないが、いくつかの店は看板変えて高級店特色店別ジャンル店等に模様替えした方がいいかも。


安価な牛丼チェーンの吉野家や松屋は実際にやってるし。


郊外店舗を月に一度は利用(土日)利用しています。

一番安い品は貧弱なので選択肢に入りません。


主に2人でセット物で計1800円位です。


お昼頃は満席で待ちます。


近くにリンガーハットがあって其方も良く利用してましたが何故か閉店(家系のラーメン屋が居抜きで入ったが経営者が同じでアンテナ的の感じ→単価が高いので一度行ったきり)しました。


最寄りの店舗は店員さんが親切なので通っています。
チェーン店に味はそこまで求めていないので、細く長く続けてほしいですね。

冷凍やインスタントもライバルかもですね。
味が良くなってるし、価格も安い。
凡庸な味なら、そっちに流れるかも。
カップなら洗い物も出ないし。

高校生の時、郡山駅前の地下に出来た時よくお世話になった、言わば一期生みたいなもんです。

いろいろ模索して頑張って生き残って欲しいです。


290円のラーメンに手元で辛味噌や酢を足して食べるのが好きだった。
今のレトルト野菜が乗っかったラーメンは一度食べたらもうゴメン。

CMの多さも嫌味。

多分潰れるね。

通り道にあるからなんとなく行く、その程度っす。
まずいだのなんだの言ってるのをちらほら聞くけど、まぁ良くも悪くも普通。

確かに290円の『中華そば』は魅力的だった。

それより不満なのはお子様セットの内容が変わって最悪な事だ。


ガチャガチャ→訳わからないおまけ
チャーハン→カレーライス
ゼリー→ ベビースターラーメン
なんでラーメン屋来てんのにカレー?ラーメン屋来てんのにベビースターラーメン?
今は子供も行きたがらないラーメン屋さんです。


誰も触れないが、消費増税による破壊的インパクトは無視するのは何故??
百貨店が閉店ラッシュになるのも、飲食店が閉店ラッシュになるのも、ショッピングモールがガラガラなのも、全部理由は同じでは?なんで一概に「経営陣が無能」で片付けようとする訳?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!