FC東京の久保建英がレアル・マドリード(スペイン)に移籍!「凄い!楽しみ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 サッカーの日本代表MF久保建英(18)がJ1のFC東京から世界一の名門クラブ、レアル・マドリード(スペイン)に移籍することが14日、関係者の話で分かった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000025-kyodonews-socc

『久保建がレアル・マドリードに移籍』のニュースに世間の声は

凄い。
その才能を磨いてもっと発揮できて活躍できるよう期待したい。

サッカー界どころか地球上で最も有名なスポーツチーム レアルマドリードについに日本人が
レアルは若手はレンタルに出して結果を出したやつのみ呼び戻す
レンタル先で頑張ってほしい

実力も評価されての事だと思いますが、マドリー側からすれば「バルサから奪った」ような形は付加価値がありますもんね。

トップチームで出れるよう頑張ってください!

そもそも日本人がレアルに入れることが凄い!
頑張ってほしい。


バルサBに行くよりいいのかな、どちらにせよ各国のエリートとの厳しい競争が始まるのだろう。

本当にすごい。
日本人がここまで来たか…と誇りに思う。
スタメンで活躍するには相当な努力が必要かもしれないけれど、練習含めここで得られるものはとても大きいと思う。
まだ18歳だから、これからが楽しみで仕方ない。

しかし、何でレアル?
バルサは、久保のこと十分すぎるぐらい知っているだろうに。

意味が分からない。
金銭的なことなのか?
バルサファンを、悔しがらせるほどな活躍を見せてほしい。

コパが見もの。

二転三転してたがとにかく素晴らしい

バルセロナの不倶戴天の敵であるレアルマドリードに移籍するとは。
より強い覚悟が必要だろうし、中井選手とも常に比較されるだろう。

最終結果を待ちたいが、どこのチームであろうと久保選手に未来とって良い移籍になることを願い応援したい。


レアルに所属することは素晴らしいことだが、まず間違いなくトップチームにくいこめるだけと能力は今の段階ではないよね。

中盤やサイドにはクロース、カゼミロ、モドリッチ、アザール、ヴィニシウスなど、圧倒的なまでな戦力差のある選手が揃ってる。


間違いなくトップチームでスタメンを貼ることは愚かベンチにすら入れないだろう。


あくまで個人的な意見に過ぎないが、イ・スンウのように中堅や下位チームのトップでやってた方がまだいいような気がするが。


と言っても、レアルに移籍後、即レンタルされるだろうが。

浅野や宮市みたいにはならないように気をつけなきゃだね。

バルサの下部組織ではあるカンテラーノに所属していたこともありバルサとは色々言われてきたが、まずはバルサBへの所属であったり(培われたバルサのメソッドを体現できるとは言えBは現在3部)、そうであるとしてもバルサ側がトップチームへの道筋などのメリットを久保側に示せなかったのではないか。
そうであるとしてもライバルであるマドリーに決めたのは驚いたが。

彼のコメントを聞いていても18歳とは思えないですね。
プレーも際立っているように感じます。
超一流のリーグで揉まれて更なる高みを目指して欲しいです。
後は彼が日本代表で試合をする時に周りの選手のレベルアップが出来れば日本もW杯の予選突破は当然になるでしょうね

マジか
凄いけどこれから大変だね
ベンチ入りするだけでも大変
試合に出るのはもっと大変
応援してます
ワクワクさせてほしい

もっと出場機会に恵まれそうなクラブに行った方がいいとも思うけどこんな機会は滅多にある事じゃないしかなり厳しいとは思うけどレアルで出場機会を勝ち取れるよう頑張って欲しい。

凄いね。

頑張って欲しい。


やはりトップのなかで揉まれたほうが限界の限界の上を精神的なプレッシャーに打ち勝ち成長するでしょう。


まじか!朝からびっくり!!
個人的に試合に出れる他のチームの方が良いと思ってたけど、そんな意見を裏切るようなレアルでの活躍期待してます!!

色は少し違うようにも思うが、久保選手ならJr.に力を発揮出来ると思う。
日本で見れなくなるのは寂しいけど頑張って欲しいね(^^)

バルサいくより、全然レアルで正解だと思う。

いくらBチームでもレアルの方が成長できる。


人類のレベルって上がってく物ですね 数々のワールドレコードが塗り変えられていく
人類は進化途中なんだなと改めて実感します
昔では考えられない様な舞台に日本人が旅立っていく野球でもサッカーでも他のスポーツでも
それは同時に考え方も変わっているという事
昔の考えでは語れない今の時代がある。


つまり流れの中で変化に対応していく力が必要です 高齢化していく中で国に関しても同じ事が言えます 多分全部の世界でも人類の歴史でも同じでしょう でも変化についていけないそれは競争力 いろいろな世界での生き残りに直結します。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!