京都アニメーションを放火した理由は「小説を盗んだから」何故ここまでの凶行に・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 18日午前10時半すぎ、京都市伏見区桃山町因幡の映像制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオで、男がガソリンをまき、火を付けた。

京都府警や市消防局によると、鉄筋コンクリート造り3階建て延べ約690平方メートルが全面燃焼し、消防によると、午後9時現在、建物内に取り残された男性12人、女性20人、不明1人の計33人の死亡が確認された。

36人がやけどを負うなどして救急搬送された。

火を付けたとみられる男も重いやけどを負い、病院で治療を受けている。

府警捜査1課と伏見署が殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査し、男の回復を待って事情を聴く方針。

火災による死傷者数が60人を超え、平成以降で最悪の大惨事となった。

捜査関係者などによると、火を付けたとみられるのは41歳の男。

男はガソリンを入れたバケツを持って1階フロアに侵入し、受付近くでいきなりガソリンをまき、「死ね」と叫びながら火を付けたという。

府警が数分後、近くの路上で男の身柄を確保した際、男は手足や胸をやけどした状態だった。

その際、「小説を盗んだから放火した。チャッカマン(多目的ライター)を使った」との趣旨の話をしていたという。

京都アニメーションでの勤務歴はないという。

現場では男が所持していたとみられるガソリン入りの携行缶のほか、複数の刃物などが発見された。

府警は、男が強い殺意を持って第1スタジオを訪れ、ガソリンを使って放火した可能性が高いとみている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010000-kyt-soci

『京アニ火災「小説を盗んだから放火した」確保の男、強い殺意持つ』のニュースに世間の声は

こいつ一人で償いきれるものではないってのは当然だけど、亡くなられた方の才能まで勘案したら、本気で算定できない位の被害の大きさだ。

犯人を極刑にするのは当然として、被害者や京アニを支える支援ができればいいんだけど。


才能のある人達が多く亡くなった。

犯人の罪は重い。

極刑は当然だと思うけど、酷すぎて…それじゃ足りないと思ってしまうくらい。
凄く苦しかっただろうに。

医療職種の方々には、助かった方やご遺族のケアを頑張って頂きたい。

マスコミの方々はむやみな報道は避け、十分に配慮して欲しい。

小説を盗んだという事だけど、インターネットの小説サイトかなんかで書き散らしていたものとたまたま類似していただけのことではないのでしょうか?
小説サイトの小説はわりと似たり寄ったりだから、いくつも読んでいるとそっくりと思われる部分はよく見かけます。


盗作したと言うよりは、複数の人が思いつく程度のオリジナリティーしか
いって事です。


それから小説の内容の盗作は、作品中の9割以上の一致でないと、立証が難しいです。

なぜなら、そのまま盗作することは禁止ですが、着想の参考にすることは禁止ではないからです。

ストーリーの骨子が似ていても、舞台背景や登場人物が違えば盗作には当たりません。


むしろ、京アニさんで作られたのが自分の作品にそっくりと思うなら、光栄だと思う方が正解ですね。


仮に小説を盗まれたと確信するなら、放火でなく裁判を起こすべきだった

小説をパクったとは、自分の書いたものを指すのか、
原作のある小説を、アニメにした事を指すのか。


あるいは、精神的な障害での思い込みなのか?
判断能力無しで、罪に問われないのだけは、勘弁して欲しい。


東京からわざわざ出てきての犯行。

社長はメールなどで嫌がらせがあったとコメントしていたが、その中に犯人の物があったのではないか。


小説を盗用されたというのは、おそらく犯人が勝手に思い込みなのだろうが、一部の場面や設定に類似点はあったのかもしれない。


それにしても日本の安全神話も地に落ちた。


ガソリン40リットルを携行缶に販売するスタンドも普通じゃないが、携行缶への販売は原則禁止にしないと模倣犯が出る。


妄想で33人もの人間を焼き殺すとは。
被害にあわれた方々のご冥福を祈ります。

犯人にはぜひ回復してもらい、公の場で裁きを受けてもらいたい。

ふたばややらおんなど内容が惨い掲示板では、京アニは妬みの対象になっていた。
(無論「パクリやがって」という言葉からクリエイターの可能性もあるかもしれないが)勝手に妄想を膨らませて自分の世界を作り出していた視聴者の可能性も十分ある。

亡くなられた方のご冥福を祈りたい。

アニメ界に与える影響は想像を絶するだろうが、視聴することでそれを支え、クリエイターの熱を感じ続けることが亡くなられた方への供養となる。

この黒煙…。
どう考えてもどこにも逃げ場がない。
京都市の防災センターで火事のシミュレーションを体験したことがあるが、姿勢を低くするよう指導された。
煙は上へ上がる。
けれど、下で爆発しているならどうしようもない。

義務の有無にかかわらず二方向避難については何らかの対策を考えていく必要があるのかも知れない。


バルコニーがあったので、はしご型の避難ロープを置いておくだけでも犠牲者が少なくなったかもしれない。


一度たりとも起きてはいけない事件だけれど、実際に起こってしまった以上、検証して教訓にすることは大切だと思う。


いつになったら名前を公表するのでしょうか?

ガソリンの販売方法を見直して欲しい。

簡単に手に入る事が怖い!

仮に主張のとおり小説の内容の盗用があったにしても、それは企画を立てた人間の責任。
制作現場に八つ当たりするのはどう考えても筋違いだ。

アニメファンの方なら憧れの職業…。

亡くなられた方々も夢の職業に就く事ができ、忙し中でも幸せな日々を過ごされていたでしょうね。


本当に憤りを感じます。


41歳にもなって物事の善し悪しも分からず、ただ怒りだけの感情に任せて全く何の落ち度も罪もない、将来を有望された方々の大切な命を奪った犯人は万死に値する。

亡くなられた方々の多くは才能を持った若い方ばかりだったという。


ご遺族の悲しみも計り知れないものがあると思いますが、この残虐な事件を起こした犯人とその親族の生涯全てを、昨日の深い悲しみの償いに充ててもらいたい。


盗まれたと主張するなら、普通に訴訟すれば良い話でしょう。

何故ここまでの凶行を行う必要があるのでしょう。


しかも、作業されている方々はそういった事も知らないでしょうし、やるなら(駄目だけど)本社に乗り込めばいいのに。


犯人は以前にコンビニ強盗で服役歴ありということなので、複数の前科があるものと思われます。
今回は死刑判決と思いますが、前回の服役により犯人の犯罪性向が改善されなかったことが残念です。
やはり前科者にGPSを装着する等の対策を真剣に考えるべき時が来ていると感じます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族にお悔やみ申し上げます。


犯人には生きてもらわないと困る。
司法の場できっちり裁きを受けてもらわないといけない。
天文学的な被害を出した報いは受けてもらわないと気が済まない。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!