レオパレスの深山社長が退任!「レオパレスは倒産するの?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 賃貸アパート大手レオパレス21は9日、深山英世社長が退任する方向で最終調整に入った。

施工不良問題の責任を取り、再建を急ぐ。

2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、純損益が690億円の赤字になることも発表した。

施工不良が見つかった物件の補修費用を特別損失に追加計上する。

赤字は今年2月に公表した380億~400億円から拡大する。

施工不良の調査と補修工事の完了まで対象物件の入居者募集を停止していることも響き、売上高は5050億円に、本業のもうけを示す営業利益は73億円に、それぞれ予想を引き下げた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000096-kyodonews-bus_all

『レオパレス、社長退任へ 施工不良、赤字690億円』のニュースに世間の声は

すでに会社の存続の問題だと思うよ。

アパマンもレオパレスも、悪質業者は賃貸業から撤退してもらいたい。

オーナーや賃貸契約者に補償したら即刻解体されることを期待する。


オーナーを家賃補償で安泰だと騙した。

業者を安価な材料や手抜き工事で騙した。


入居者を安全だと謳い騙した。


監督省庁を調査し改善したと騙した。


もう会社として残す事は無い。

とっとと潰すのが良い。

こんな屑みたいな会社を残したところで、改善なんてしないし改善しようとするならやはり取りつぶすしか方法はない。


現経営陣は処罰を受け被害者に対して誠心誠意対応をした上で会社は解散だな。


ガイヤの夜明けに追求されて調査すると発表しておいてあの有様・・・自浄作用はこの会社にはないことを立派に証明したじゃん。

第三者委員会とかは全く意味無い「やってますよアピール」だからね。
裏でどう息が掛かってるかなんてわかりゃしない。

この業界は、やばくなったら会社を畳んで、別会社を創るのが常套手段だよね、、、

この会社で以前働いてたけど、残業代もくれない休みもない超ブラック企業だった。
やはり社員を大事にしない会社はお客様にも自然とその心は伝わるんですよね。

財務状態を考えると倒産するだろうな。

>今年2月から6カ月間の予定だった役員報酬減額を延長、
>減額率も引き上げる。


>20年3月までとし、社長報酬の減額率は従来の30%から
これだけ社会的影響の大きな事件を起こしても、それでも社長はまだ40%は報酬を頂ける。


レオパレスとアパマンは1回潰した方が良いと思います。
サービスを見直してゼロからキッチリやり直して欲しいです。

今、会社全体で月何棟の受注があるんだろう?やっぱり、こんな感じでも契約しちゃう地主はそれなりにいるんだろうなぁ。
まぁ発想を変えれば、先々の家賃保証はめちゃめちゃ危険だろうけど、手抜き工事なしでディスカウントもしてもらってそれなりのアパートが建つかもしれない、本末転倒だけど。

多分時間が当たてば、次から次へと不良個所も出てくるんじゃないの?
最近、また文春さんがまたレオパレスの建築基準法違反じゃないかと言う事を掲載しているみたいだし、今後も次から次へと追加施工は続くんじゃないのかと思う。


690億でおしまいになる事はないと思う。


会社としてもう腐っているので再起はもう難しいと思うし、もし再起を図りたいのであれば、取締役・役員陣の総退陣で一から作り変えていかないと苦しいと思う。


もう、物件も募集をしても、怖くてレオパレス物件には入居したくないと思う人多いと思う。


一番可哀想なのは入居していた人々と、施工を不良施工で終らせてオーナー戻したことだろうな。

オーナー・入居者ともに災難だったと思う。

今は退職したが、15年前に配達業務を短期間やった時にいろいろ感じたことのある建物でした。
鍵付集合受箱もなく二階に登る階段も中央ではなく端に1ヶ所あるだけ。
階段付近の部屋で火災があれば二階の端は飛び降り覚悟だった?表札の代わりをなす透明プラスチック板の設置もなく、住む人は恐らく若い人ばかりで転入転出の届け出も頻繁にあるわけでもないので、誤配などで正しく郵便物を受け取れなかったらどうするのかと感じたものでした。
そのあたりは管理人が上手く(快適に)住めるようアドバイスをしておけばなどとも思いましたが、実際はどうだったでしょう。
台帳にない受取人宛で夜伺ったところ「3ヶ月ここに住む予定」だと言う人がおり、郵便物を渡して転入届の用紙も渡しました。
が、それ以外で届くものは予定なしなのか届出はないままとなりました。
管理人側の入居者へのアドバイスがあってこそ少しは改善につながったのではと思います。

レオパも大東もつぶれるべきではあるが、つぶれるとあまりにたくさんのオーナーがいて、一緒に首をくくることになる。
つぶしたくても、もはや、つぶせない状態。
ここまで、放置してきた行政の責任も問われるべきである。

今回の件で引越しをさせられ、やっと落ち着いたけど。

7年前に1度問題になった時、揉み消したと聞きました。

その間、災害が起きなかったから良かったものの…
毎月8万超えの家賃で住んでた期間で払ったトータル家賃が1200万超えてた…汗。


隠蔽してた7年間の家賃だけでも返して欲しいくらいだわ。


引越しの日も委託業者が来ただけだし、特に謝罪もないし店舗のやつらは他人事みたいな対応だったし。


社長が自宅手放してレオパレス住めばいい。


街中に驚くほどの不動産屋さんがあるのは、不動産は簡単に儲かると言うことだと思う。
あまり知識もない営業マンもかなりいる。
法的の仲介手数料の上限を今の半分くらいにし、また宅建士の資格が無いと営業活動が出来ないくらいのことをしないと健全な不動産流通は無いと思います。

悪徳不動産業者排除のためにも厳しいルール改正をすべきです。


まだまだ赤字が広がると思います。
アク抜けは先の先でしょう。

いやいや まだまだ補修工事が続くんでしょ?
それに新しい手抜き箇所も見つかったみたいで。


仮にも契約している大家さん達への違約金?保証金の支払いもあるだろう。


どんどん現金は出ていく。


手形を受け取る資材会社も工事屋さんもいないだから。

銀行も引き受け 割受けもやらないだろうし。

いまさら 新しく入居を希望する奇特な方も皆無だろうから。


時間の問題でしょう。


まだ 入居し続けている方がいるのも不思議。


プロアスリートを所属させ囲ってる場合じゃなくなったな。

色々整理しないといかんが、まずは先代の創業者一族への責任追及と賠償請求だろうな。


少なくとも指示したのは現経営陣ではない。


最も悪いのは株式公開や上場による自社株売却で暴利をむさぼり、己の悪事をよそにゴールデン・パラシュートで会社から離脱した創業者一族のはず。


最近の企業の傾向として、耐震偽装、産地偽装、収支報告書や製品、検査データの改ざん、無資格者検査、建築基準法違反など、非常に多く目につくようになってきていると思います。

業績とコスト削減を過大に追及し、また努力を怠るがゆえに問題発覚後に巻き起こる企業の大きな信用失墜と、その後に到来する大きな保証と賠償問題、さらにはその状況から抜け出すために新たな資金の投入など。


経営者はこのような悪循環から会社の存続をも危ぶまれる事態に陥れ、ある企業は市場から退場し、またある企業は外国資本の傘下に入ってしまうという有様。

このようなことから日本の経済力がどんどん衰退していっているように感じます。
経営者は原点に立ち還る時ではないかと思います。

会社としては存続させないとオーナー達のやられ損だけになってしまうので 最低限の保証はさせて
是非この会社の上層部に居た面々を社会的制裁で
祭り上げてほしい。


こんなバブル世代のクソみたいなやり方してたら
会社はここまで衰退しますよ!ってのの見せしめでも良いと思うが

いい加減なことをするからでしょうね。
高いお金を出してオーナーになった人たちからすればふざけるなと思うでしょう。
本当に馬鹿な会社だと思います。
仕事を適当にする人たちはいったい何を考えてるのでしょう。
自分たちが同じことをされたら困ると思うのですがそんな想像もできないのでしょうか?レオパレスはオーナーにそれなりの保障をして真摯担っていただきたい。
一度失った信用はなかなか取り戻せないでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!