宮迫と亮がの寄付全国被害者支援ネットワークへ寄付も受領辞退!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 反社会的勢力の会合に「闇営業」で出席し、報酬を受け取っていた雨上がり決死隊・宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が被害者支援のために行った寄付について、寄付先の公益社団法人「全国被害者支援ネットワーク」が寄付金の受領を辞退していたことが25日、分かった。

寄付金が団体の理念にそぐわなかったためで、今後、返金される。

宮迫と田村亮の寄付金が受領を断られていた。

吉本興業は、反社会的勢力の集まりに出席した闇営業のギャラについて、13日にホームページ(HP)で公表。

宮迫が100万円、亮が50万円の報酬を得ていたことを明らかにした。

その際、2人が自ら寄付先を選定し、ギャラとして受け取った金銭と同額(宮迫100万円、亮50万円)を全国被害者支援ネットワークに個人で寄付したと報告していた。

同ネットワークの担当者は、スポーツ報知の取材に「当団体としましては寄付金を辞退しました」と認めた。

その理由について「犯罪の裏側には必ず被害者がいます。

被害者のことを一番に考えるのであれば、反社会勢力から得た疑念が持たれるお金を、受け取ることはできません。

(このような趣旨の寄付金であれば)今後も辞退します」と説明した。

同団体では、自分の犯した罪や過失を補うための贖(しょく)罪による寄付の受領を拒否している。

2人は犯罪者ではないため、これには該当しないが、団体の理念として被害者と、その家族の感情を最優先にした措置を取った。

寄付金は速やかに返金されるという。

同団体はHPに寄付の受付窓口となる申し込みフォームを設けている。

2人からは一方的に入金だけがされた形になったとみられる。

担当者は吉本側が寄付を公表したことについて「こちら側に何の確認もなく(寄付を)広報し、報道されてしまった。

我々は承知していませんでした。何の連絡もなく残念です」と憤りを隠せなかった。

20日の会見後、沈黙を続ける2人。

今後、改めて寄付先を探していくことになる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000335-sph-ent

『宮迫と亮の寄付、断られていた…「全国被害者支援ネットワーク」が辞退』のニュースに世間の声は

物事の本質を良く見極めてると思う

団体側の対応を支持します。

宮迫と田村には寄付したから禊が終わったと感じて欲しくない。


そもそも寄付自体に違和感があった。


単に「世間の印象を良くするためだけの」寄付ですからね。

連絡も無く入金をする姿勢が、寄付をすればおしまいという意識で、ことの重大さを認識していないと言われても仕方ない。

この対応は当然だと思う。

こういった団体への寄付を免罪符に使うべきではない。


宮迫、亮が「謝罪したいのにさせてくれない」と言ってたけど、それは自分らの罪悪感を軽くしたかっただけで、別に被害者のことを優先したわけじゃない。
吉本の社長はそれを直に感じたから謝罪させなかっただけ。

本当に反省しているという態度を示すには、「何を云われても仕方がありません。
指示に従います。」というのが適切だと思う。

それなのにマスコミも「何で謝罪させなかったのか?」としつこく聞いてたけど、それに対して社長は一生懸命説明してた。


私はそれを理解できたけど、レポーターには理解出来なかったようだ。


“謝罪させないなんておかしい”と受け止めたみたいだけど、おかしいのは宮迫らの感覚なんだよ。


至極当然の対応だと思います。

この対応が、本来の問題の本質を表しているのではないでしょうか。


二人は、被害者が悔しく悲しかったことへの配慮をどれだけしていなかったのか
受け取った金銭の重みがどれだけだったのか
今更ながら痛感をしていただきたい。


芸人仲間は「いい人」と庇ってるが、話のすり替えもいいところ。


寄付して無かったことにして復帰など、甘えもいいところだ。


でも被害者からすると少しでも戻ってきてほしいよな

ごもっともなご意見です。

結局はやっぱり感覚がずれている。


今回のような金を受け取りの意思も確認せずに一方的に入金するとは。

恐らく、寄付先も数多く検討していないでしょうね。

自分達のアリバイ作りのため?
自分の受け入れ先を探すために電話する暇があったら、他にやることがあるのでは。


そりゃそうだよなぁ…つい、うちらも被害者団体に寄付すれば良いって言ってたけど、今回のはやはり宮迫側の禊的な役割が大きく「寄付すればいいんだろ?寄付すれば」的な思惑が露骨に出てる…

そりゃあ、そうだろうね。

汚れた金はいらない。


宮迫と田村は芸能活動を辞めた方が良いと思うが、
辞めないのであれば、少なくとも三年は謹慎した方が良い。


事の重大さを考えれば、本人達も分かっているはずだ。


それ以前に、本当に反省しているのだろうか。


どうも自分たちが生きながらえる事ばかりを考えている
様に見える。


周囲で手を差し伸べる人がいるかもしれないが、
それこそ、本人達が辞退するべき。


一般企業なら、即解雇になっていると思うが、芸能界は甘々だ。


被害者の方々の心情を考えると当然の対応だと思います。

寄付をしたことにも、それを公表したことにも、違和感を感じていましたが、罪悪感を軽くするための印象操作だったのですね。


謝罪会見で見えたのは、被害者への謝罪ではなく、自己弁護と吉本興業への批判だけでした。


今、問題は吉本興業の体制へと移ってしまい、そこには被害に遭われた方々のことは、報じられなくなりました。


このニュースは、もっと大きく取り上げて風化させないで欲しいと思います。


団体の素晴らしい判断。

寄付したからといって、被害者は報われない!
本人の罪悪感を埋めるための自己満ですからね。


復帰のための明石家興業入りとか言う前に、まだまだ反省期間を置くべき。


被害者団体の方は宮迫等の寄付を断ったそうです。
傷ついてるのはこの方達です。

亮や、若手はかわいそうなんて声も出てますが、この方達に言えますか。


批判も背負う覚悟で先輩達は面倒見ようと動いてるのに、当事者は力のある人の所にいたら
圧力かからないだろうくらいにしか思ってないように見えます。


宮迫等側にだけたって、会社批判しかしてないタレントも。


じゃあ、こういう場合、どうするのが正解?詐欺で手に入れたお金をもらったとわかったら、被害にあった人に戻すのが当たり前かと思ってたけど。
全然関係ないところに寄付しても意味ないし、それこそ受け取れないと思うし。
まあ、何の連絡もせずに一方的に「寄付して返せばいいんだろ」的な感じはよくないと思うけどね。

この寄付も被害者の為というより、自分達の為だけに寄付したのではないでしょうか。

受け取り拒否は当然です。


この問題が発覚してからの宮迫達の対応が稚拙過ぎます。


吉本興行の問題にしても、最初から自分達の保身の為にした行動から始まっているのに、責任を取るのが自分達だけでは嫌なのか会社や他の芸人まで道連れにしているだけにしか見えない。


潔さが全くなく、器が小さすぎです。


マスコミも問題を煽るのではなく、こんな状況でも一生懸命頑張っている芸人がいることをもっと放送すべきだと思います。


今までのどんな批判よりも二人には効いたのではないだろうか?
二人がした行為がどういうことなのかをハッキリさせた対応。


これは早期復帰を願う吉本芸人達にも伝わっていることを願う。


この問題で渦中の芸人達の処遇で、復帰を願うのは時期早々なんだと。


そう重く受け止めても、けして大げさではないように感じた。


宮迫さんや亮さんだけじゃない
あの闇営業に出た全員がこの発表を見るべきですね。


松本さんやさんまさんや加藤さんも。


まだ「やったとこは悪いが~」などと言ってる時期ではないのかもしれない。


どこかでその被害の現実を甘く見ている所あるのかもしれない。


笑い飯の人の言う通り、
社員の待遇をしっかりし、
このような事にも対処できる体制作れば良い。


ネットで払ったから寄付したって、
ずさん過ぎる。


芸人は社員じゃないし、芸の道は厳しいから
売れるまで金がないのは良いと思う。


売れて不満あるなら取り分について会社と話せば良い。


芸人と社員は立場が違う。


吉本興業の対応はとても失礼。

相手団体の方が断るのも当然。


寄付は心が伴ってこそであり、受け取った金額をそのまま寄付しても不快感しか残らないでしょう。


謝罪と言う名の、内部告発これでは納得出来ないでしょう。

謝罪では無いから。

会社の揉め事ウンザリ。

いい加減にして。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!