モンゴル800のギターボーカル儀間崇さんが脱退!コメント全文

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

 沖縄県出身のロックバンドMONGOL800(モンパチ)のギター・ボーカルを務める儀間崇さんが3日、バンドを脱退すると公式ホームページで発表した。

ハタチのモンパチが打ち明けた「あの頃」のこと 儀間さんは1998年、沖縄県の浦添高校在学中にベース・ボーカルの上江洌清作さん、ドラム・ボーカルの高里悟さんの3人でモンパチを結成。

2000年4月に初アルバム「GO ON AS YOU ARE」で全国デビューし01年9月に発売したセカンドアルバム「MESSAGE」では300万枚以上の売り上げを記録した。

儀間さんはモンパチの放つメッセージの利いた楽曲を、熱を込めたギターと低音の歌声でファンに届けた。

昨年は結成20年を迎えて、沖縄県立博物館・美術館で「モンパチ展」を開催し、今年2月には日本武道館ライブを成功した。

5月には代表曲をテーマにした映画「小さな恋のうた」が公開された。

7月5日にはモンパチのドキュメンタリー映画「MONGOL800―message―」も公開される。

以下、儀間さんのコメント全文。

いつもMONGOL800を応援してくれてありがとうございます。

この度、MONGOL800を脱退することに致しました。

突然のご報告になってしまい申し訳ございません。

4月からMONGOL800としての活動をお休みしていた事で、ファンの皆様、関係者の皆様を驚かせてしまい、ご心配と多大なるご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます。

自分は変わらず元気に過ごしております。

昨年バンド結成20周年を迎え、今後も25年、30年とMONGOL800を続けていくつもりでした。

しかし、いつの頃からかMONGOL800の活動を負担に感じる事が多くなってきました。

理由をひと言で表す事はとても難しいのですが・・・ 時間の経過の中で、人間性や音楽性、感覚や感性のズレが大きくなっていったのだと思います。

正直、10年以上前から「辞めたい」という思いが頭の片隅にあり、脱退したいと相談した事もありました。

そして説得される度に「何かが変わるかも」と信じて活動を続けました。

しかし状況は変わりませんでした。

「これは贅沢な悩みなんだ」

「世の中に楽な仕事は無い」

「どんなバンドだって悩みを抱えながら続けている」

と言い聞かせ、お客さんの為に頑張ろうと決めて続けてきました。

実際ステージに立ち、お客さんの前で演奏している時は、心から楽しんでいました。

それはバンドを始めた高校生の頃から、最後となった武道館ライブまで全く変わらない気持ちのままです。

恵まれた環境で音楽が出来る状況。

それを自ら離れる事が正しいのか、今の自分には正直分かりませんが、これからは1人の人間として今までやってみたかった事を全て経験していくつもりです。

そう考えるととても楽になりました。

学生を終えて、すぐに音楽の道に突入し、ひたすら突っ走って来たモンパチは自分の全てでした。

沢山の奇跡を目の当たりにし、あり得ない経験を沢山させて貰いました。

キヨサク、サッシには心から感謝しています。

そして、2人に1番申し訳なく思っています。

本当にごめんなさい。

2人はこれからも突っ走って行くと思うので、皆様変わらない応援をよろしくお願いします。

自分は別に音楽が嫌になった訳じゃないし、普通にギターは触り続けるし、音楽を辞めるつもりはありません。

この先、音楽以外の事も含め、何かしらの表現が出来たらいいなと思っています。

その時はモンパチ共々どうかよろしくお願いします。

そして 今まで関わってくれた全ての方々に感謝しています。

本当にありがとうございました。

2019年7月3日 儀間 崇

【琉球新報電子版】

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00010000-ryu-oki

『モンゴル800のギター・ボーカル儀間崇さんが脱退 「音楽性のズレ」「モンパチは自分の全て」【コメント全文付き】』のニュースに世間の声は

脱退は残念だけど、これからも頑張ってほしい!

人間は成長していく。

3人がずっと一緒と言うのは難しい。


やりたいと思うことがあるなら、やったら良い。


まだ若いし、エネルギーにも満ちている。


失敗もきく。


やり直しもきく。


誰も非難しませんよ。


応援してくれる人はいっぱいいるはず。


頑張っていきましょう~!

体調不良で辞めるんじゃなくて方向性の違いで脱退と言う事?

文章うまいですね。

自分も15年ほど趣味でバンドをやっていますが、本当に心から思っていることを書いたんだな、と感じました。

まったく違和感なくスッと入ってくる文章でした。

自分が出来ること(環境のおかげでも何でも)と、自分がやりたいこと、これらに相違があると悩みますよね。


恵まれた環境を手放して何かに挑戦するのでしたら、それは本気だと感じましたので、心から応援致します。

頑張ってください。

大好きです。

1stアルバムから2月の武道館まで、行けるところは全部行ってました。


途中、キヨサクは個人的にやりたいバンドや色々なバンドとのコラボ、サッシーは釣り、タカシはDIYやDJとやりたいことをやりながらモンパチもしてくれてるなと思っていました。


正直12年くらい前はバンドの音がハマらない演奏をライブでやってたり、『練習できてるのかな?』と思う回もありました。


政治的にとんがりが強く、ライブ自体を楽しめない時期もありました。


でもここ数年は3人がとても安定していると思うほど好きなライブばかりでした。


タカシの体調不良に違和感はありましたが、起きてほしくないことが起きてしまいました。


でも20年間も変わらずモンパチでいてくれた3人に感謝しかありません。


大好きで追いかけさせてくれて本当にありがとうございます
これからも3人を応援します

10年も、違う事をしてみたいと思っていたなら脱退も良い経験だと思う。

ただ失って初めて気づくこともあるから、またモンパチの曲を歌いたくなったら、再結成じゃなくても良いから3人でステージに立ってほしい。


タカシ君はネットの中傷に悩まされてた時期もありました。
今もかもしれない。

本人はすごく穏やかな人でありながらネットではいつ捕まるか、薬やってるでしょ?とかそんな事ばかり。


音楽も人生もゆっくり楽しんだらいいさ。


30もとうに過ぎて、未だに高校時代のものを求められる苦しみかな。

むしろ続けられるほうが凄いと思う。


脱退は、凄く悩んだ結果だなと思う。

決まって発表されただから、今後の活躍を願っています。


頑張って欲しい。


高校時代毎日のように聞いていました!ありがとうございました!
これからも聞いていきます!

お疲れ様でした。

何故かメンバーの体が巨大化する中、唯一結成当初と変わらない多型をキープされていましたね。


これからも大好きなギターでお会いできることを願っています。


自分も音楽をやっているけど、こんな事はたくさん感じる。

むしろ、音楽的に成熟していくにつれて、バンドメンバーと大きくズレていく。


これは悪いニュースではないと思う。


自分達世代からしたら、聴かないジャンルの音楽だけど、大きく成長する時期が来たんでしょう。


ファンは期待して追っていくべきだと思うな。


頑張ってください。


現状に疑問を持ち、自分に言い聞かせながら続けてきていたのだと思います。

これは恐らく社会人、学生関係なく大多数の人間が感じていることだと思います。


私も現在、仕事を休職しています。

間もなく34歳になろうかというところ、これまで歩んできた人生とこれからの人生を考えた時、心と体のバランスが取れなくなったんだと思います。

私自身、これからどうするか悩みに悩んでいます。

彼の脱退という決断はとてつもないエネルギーが必要だったと思います。

どうか、明るい未来を切り開いていってほしい。

それは私にも言えることなのかな…。

この文章で、気持ちは十分伝わってきました。
モンパチは、私世代の青春ソングです。
私自身も色々と考える年齢になり、儀間さんのおっしゃっていることは抽象的であるけれど、すごく理解できます。
人生の転機なのでしょうね。
また新たな場所で頑張って下さい!

とてもとても凄く残念だけど
儀間ちゃんが重い病気なのではとか心配していたので
健康ならば良かった。


儀間ちゃんが好きなことをして輝いて欲しいし
キヨサクとサッシーには引き続きモンパチで頑張って欲しい
応援しています
( ̄ー ̄ゞ-☆

52歳のオッサンですがモンパチはデビュー当時から大好きで車でも携帯でもいつも聴いてます。

脱退はとても残念ですがそれぞれ自分の人生のため色々と考えることもあってのことだと思うので。


今まで素敵な音楽を聴かせてくれてありがとう。


これからも頑張ってほしいです。


まさに世代ドンピシャなので、モンパチたくさん聴いてました。
自分も歳をとってから特に感じるけど、10代の感性、20代の感性、30代の感性、どんどん変わってくなぁって。
バンドから始まったことだから足並み揃えるのも大事なことだったと思うけど、自分の人生を考えたらそこは別々でも良いかなぁと思います。
音楽を楽しむことが出来てれば、今後も何かの形で、共演したりもあるんじゃないかなぁと思います。
それが人前であれ、仲間内のことであれ、メンバー同士で楽しく過ごすことが出来てれば、ファンも嬉しいことだと思います。

このコメントを見ると、儀間さんの人間性はちゃんとしてるし、悪い脱退の仕方ではないと思う。

今でもやりたいことがあるということは素晴らしいことだし、今の自分があるのもモンパチのおかげであることは間違いない。


あの頃のメロコア、スカ、パンク、ヒップホップ、ミクスチャーの流行り方は異常だった。


俺らはただ懐かしくあの頃の曲を聴いてるだけだけど、今同じような曲を出して売れるのか?
今どうすればいいのか。


今の流行りに乗るのか。

昔からの音楽を突き通すのか。
ファンは何を求めているのか。

レコード会社はどう売りたいのか。


難しいよね。


バンドの10年は夫婦の100年なんて話を聞いた事がありますが、21年も一緒にやってきてその中で大人になって年を重ねれば何かしら考えが変わる事は当然かなと思います。
ファンの為に自分の為に今まで活動してもらって本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

僕が中高生の頃にカラオケいったら皆モンパチさんの歌ばかり歌ってました。

モンパチさんは僕らの青春です。

これからは、自由に自分の思うように活動して頂ける事を陰ながら祈らせてもらいます。


モンパチずっと大好きでいつも聞いていました。

こどもが産まれて、自分の趣味ややりたい事よりも子育て中心に過ごした数年間でしたが、今年2月の沖縄ファイナルのライブで2歳の三番目が限界で会場にいられなくなっても少しでもモンパチの生の歌声を聞きたい!と家族で行ったライブは本当に本当に楽しかった。

大好きに囲まれた幸せな時間だった。
少し前に体調不良でお休みすると報道があり、今回の脱退…体調のせい?と心配しましたが、元気そうで良かった。
前を向いて新しい出発なら寂しいけど応援しよう!モンパチとして最後のライブに行けて良かった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



error: Content is protected !!